ブックカバーチャレンジ 著作権侵害。 再度:七日間ブックカバーチャレンジは著作権侵害

Web小説サイト「カクヨム」 カクヨム誕生祭2020 ~ 4th Anniversary & 1st Birthday Special ~

ブックカバーチャレンジ 著作権侵害

もう一度書きます。 「七日間ブックカバーチャレンジ」というものは、他人の著作物である本の表紙の写真を7日間に渡って何の本人の説明も付けずに自分の投稿として公開するというのをルールにしており、それは著作権者の公衆送信権の侵害になります。 本の表紙でたとえば単にタイトルと著者、出版社が印刷されているだけ、といったものは保護の対象になる著作物とは認められない可能性があります。 しかし何らかの意匠としてデザインがあったり、絵・イラスト・写真を使っているものは明らかに著作物です。 (これまで私が見た範囲ではほぼすべて著作物と認められるようなものでした。 わかりやすい例ではコミックの表紙{当然絵入り}を上げた人もいました。 ) そんなことを言ってもお前も普段やっているじゃないかという人もいるでしょうが、個人が自分の責任で勝手にやっているのと、不特定の集団が著作権侵害そのものをルールにしてチェーンメール的にやるのは意味が違うと思います。 それに私がやっているのは本の紹介が主で写真は従であり、もし著作権者から写真を削除しろと言われたら従うつもりでやっています。 (その場合はA mazonなどの販売サイトへのリンクに変えますが。 ) それからフェースブックで友達限定だから私的使用の範囲内と言う方もいらっしゃいますが、フェースブックの設定はいつでも変更出来ますし、また友達限定といっても実際にはフェースブック側の人間も目にしているため、私的使用にはあたらないと判断しています。 (証拠としては、フェースブックで他人の著作物の動画を友達限定で上げても、すぐフェースブック側から削除されます。 )この手のものは多くの人がアクセス出来るサーバーに上げた瞬間に侵害になると理解しています。 このチェーンメールの目的に「読書文化の普及に貢献する」とありますが、本当に嘘くさいですね。 こういうのをThe road to hell is paved with good intentions. (地獄への道は善意で舗装されている。 )と表現するんでしょうね。 Facebookの規約に 以下の行為、または以下のコンテンツの共有を目的として弊社製品を利用することを禁止します。 本規約、コミュニティ規定、およびFacebookの利用に適用されるその他の規約やポリシーに違反する行為や情報。 違法行為、誤解を招く行為、差別的行為、または不正行為。 知的財産権などの他者の権利を侵害する行為。 とありますので、Facebookが削除しなくても規約違反です。 それをFacebook側がきちんと管理出来ていないのはFacebook側の問題です。 著作権に関する犯罪は親告罪なので、著作権者がアクションしなければ何も起きませんが、現在それを親告罪では無くそうとする動きがあります。 ともかくそういう違法行為をルールとするようなものに参加しないのが一番賢明なことだと思います。

次の

7日間ブックチャレンジ、腕立て伏せ、昔の写真投稿とかするのはいいけど他人に回すのはチェーンメールと同じだからやめましょう!

ブックカバーチャレンジ 著作権侵害

モップがついたスリッパなど、あちらこちらでアイデア商品を目にすることがあります。 中には主婦の発案したキッチン用品が爆発的にヒットするなど、ちょっとした不便さをアイデアで改善する商品が人気を集めています... 特許…それは夢のある言葉です。 働かずしてうなる札束の生活を夢見させてくれます。 必要は発明の母といいますが、何気ない生活の中の不便に発明のヒントが眠っているかもしれません。 教えて!gooから、様々なアイデア... マモニャンは神様の庭にある大きな世界樹にそびえ立つイチジクの実から誕生したお守りの猫。 都会に破れた雪は、地元の酒蔵を受け継ぐことになった。 意地でも帰らないと決めていた地元の酒蔵。 悔し涙を流しながら嫌いな日本酒造りをしていたら、その涙が酒男子【酒神】を生み出す。 日本酒の酒男子を美味しい日...

次の

Facebookに著作権を侵害する動画を投稿すると削除されるよ!

ブックカバーチャレンジ 著作権侵害

先週の半ば頃だったでしょうか。 会社宛に日本音楽著作権協会 JASRAC から電話があり、店で音楽を流しているかと、問われました。 そういえば、ネットで配信されるニュース記事か何かで見た記憶がありますが、個人的に買ったCDやデジタル音源を、お店で流すのはNGだとかで、話題になったこともあるようです。 文書を郵送するので、読んで対応してくれという趣旨でした。 それにしても、うちのような小さな店までも、片っ端から電話で問い合わせしているとは、コピーが簡単にできるデジタル時代の背景が、透けて見えるような気がしました。 そして、届いたのがこの封書です。 朱書きで、提出日を指定(到着後およそ、5日以内)されています。 何だか、有無を言わせない雰囲気です。 さて、風林堂ではと言いますと、専らお店のBGMは、海外のインターネットラジオが配信する、クラシックか、日本の伝統音楽をオーケストラアレンジしたBGM用のCD再生、そしてたまに、50年代以前のジャズスタンダード配信を利用すると決めています。 その場合、同協会が管理する権利に該当するのかどうか良く解りませんでしたので、ちょっと調べてみることにしました。 ちなみに、協会から届いた説明には、どのような楽曲が対象となるかといった説明無く、著作者の権利を保護することの重要性などが、細かく書かれております。 違法コピーや配信が、著作者の権利を侵害することは当然で、営利利用には正統な対価を払わなくてはいけないということは、当然と考えますが、対象となる使用者の状況について、もう少し明示してもらえるとありがたいなあと、感じます。 協会のHPを見てみますと、管理されている音楽の膨大なDBを閲覧することができるようになっています。 風林堂では、クラシックの楽曲は、主に室内楽を選んでいます。 ハイドンやモーツァルト。 あるいは、少し前のバロック音楽、バッハ、ヘンデルなどです。 これらを日本語、英語、ドイツ語などで検索すると。 諸作権は消滅していると表示されます。 (300年以上前に死んだ人たちですから当然ですが) あるいは、日本の曲「赤とんぼ」「おぼろ月夜」「われは海の子」といったおなじみの曲では、もともと著作権が無いか、既に消滅しているものがほとんどのようです。 であれば、使用料を払う必要があるのかという疑問が当然湧きますね。 ちなみに、協会に払うよう求められているのが、1ヶ月500円、年間6000円です。 (そんなに高いわけではありません) ただ、いつからBGMを使用しているか、期間も書き入れるようになっているので、該当すれば遡って請求される可能性が高いようです。 (正直に申告するひとがいるかは疑問) そこで、リーフレットに書かれている、担当地域の番号に問い合わせてみることにしました。 受付の女性が、担当者に繋いでくれましたので、状況を話しましたところ、クラシック及び、日本の旧い唱歌などは対象ではないという回答で、支払う必要も無いそうです。 ただ、クラシックでも、作者の没後50年を経過していない曲、あるいはモダンジャスなどには、権利があるるので、気をつけてくれという念押しをされました。 まあ、その辺は理解しているので、今後は使用を控える旨伝え、一件落着という結末となりました。 ちなみに、有線放送などと契約すれば、代金に使用料も含まれるので、別に払う必要はないようですが、毎月大きいコストですよね。 サービス業を営んでいらっしゃる方には、雰囲気作りのBGMは不可欠でしょうから、お気を付けください。

次の