余り 類語。 「冥利に尽きる」の意味と使い方、例文、敬語、類語、対義語、英語表現を解説

余り(あまり)の類語・言い換え

余り 類語

「察するに余りある」の意味とは? 「察するに余りある」の類語や言い換え• 「察するに余りある」の使い方• 「察するに余りある」を使った例文と解釈• 「察するに余りある」の語源• 「察するに余りある」の英語• 「察するに余りある」の対義語• 「察するに余りある」の敬語での使い方 「察するに余りある」の意味とは? 「察するに余りある」という言葉の意味を調べてみると、まず 「察する」の意味を知ることがいいでしょう。 この言葉の意味は、 「表には出ない気持ちや物事に気付くこと」あるいは 「その場の雰囲気や相手の表情からその心境を推測すること」となります。 「気まずい雰囲気を察して、話題を変えた」 「彼女の気持ちを察してあげて、彼は、ゆっくりと会話ができるカフェに連れていった」 のような使い方をしますが、言わば 「空気を読む」ということになります。 次の 「余りある」は、 「どれだけやってもやり尽くせない」という意味を持っています。 このような意味から、 「察するに余りある」は、 「相手の気持ちや状態が読み取れなかったり、想像を超えてしまっている」というニュアンスになってきます。 「察するに余りある」の語源 「察するに余りある」という表現の始まりを調べてみると、正確な語源や明確な由来を見ることができないのですが、構成される語句から読み解くことができるかもしれません。 「察する」とは、 「思案する」1つの現れですが、相手の 「悲しみ」などは、計り知ることができないものです。 その状態を見て、相手がどのような心境にあるのかを 「思案」することになります。 言わば、 「心中を察する」ということになりなることから、 「察する」が使われるようになったのではないかと思われるのです。 このようなことから、 「察するに余りある」が生まれてきたのかとしれません。

次の

「余り」に関連した英語シソーラスの一覧

余り 類語

体調の悪い妻の様子を、夫が 察する。 体調の悪い妻の様子に、夫は 無関心だ。 察する夫の行動は「食事を作ってあげる」「部屋の温度を気にかける」などが挙げられます。 一方、無関心な夫は「様子も見に行かずにダラダラしている」「今日のご飯なに?と尋ねるなど、妻の辛さを考えない」などがあるでしょう。 「あなたって、ほんと私の気持ちを察してくれない!」と言われた場合には、「あなたは私に無関心なのね」と言われたのと同じということですね。 5.「察する」の英語表現 「察する」の英語表現は、多数あります。 相手の(見えない)メッセージや感情を受け取るという意味で、使うならば、次の表現を使うと良いでしょう。 相手に興味を持って話を• 相手の言葉を鵜呑みにしない• 「自分ならどうされたい?」と問いかける 「察する」ために最も重要なのは、 相手の気持ちをどれだけ感じ取ることができるかです。 そのため、まず話を聞いていなくては気持ちがわかるはずもありません。 また、話を言葉通りに受け取るだけでは「そういう気持ちで言ったんじゃないのに・・・」と相手に思わせてしまうことも。 それでもなかなか相手の本心を感じ取ったり、相手の気持ち全てを理解したりするのは難しいですよね。 「なんかおかしいな?」と感じたら、自分なら相手にどんな行動をしてほしいかなと考える習慣をつけていくことが、察する力を鍛えるひとつの方法かもしれません。

次の

「余り」に関連した英語シソーラスの一覧

余り 類語

ビジネスシーンやプライベートでも使われている「申し訳ない」という言葉の意味について考えます。 「申し訳」の意味は「自分のとった行動について相手に理由を説明すること」「言い訳」「弁明」です。 そして「申し訳ない」の意味は「相手にすまない気持ちで、弁明のしようがない」「たいへんすまない」など相手に詫びるときに使います。 そんな「申し訳ない」の敬語にすると単純に考えると「申し訳ない」に丁寧語の「です」を足して「申し訳ないです」となります。 丁寧な表現ですので目上の人にも使えます。 しかしビジネスシーンでこの表現は軽く聞こえてしまい謝罪に誠意が感じられないためふさわしくありません。 敬語表現でビジネスシーンで使えるものとしては「申し訳ない」に「思う」の謙譲語「存ずる」をつけて「申し訳なく存じます」など用いるのが適切です。 「申し訳ない」の敬語の類語 「申し訳ない」の間違った使い方をご紹介します。 「申し訳ございません」 「申し訳ない」の敬語を「申し訳ございません」と思う方も多いのですが、国語的には間違っています。 「申し訳ない」は形容詞ですので、名詞として使うことはできません。 「申し訳ございません」では「申し訳ない」という形容詞に動詞の「ある」の否定表現「ない」の丁寧語「ございません」がついた形になってしまいます。 接客のシーンでは「申し訳ございません」と良く聞きますし、違和感なくお使いになる方が多いです。 しかし国語的には間違いです。 似た事例では「とんでもございません」があります。 こちらも「とんでもない」は形容詞ですので敬語にしても「ございません」という謙譲語はつきません。 正しくは「とんでもないことでございます」です。 以上のことから「申し訳ございません」という使い方は間違いです。 「申し訳ない」の敬語の使い方 電話で謝罪というのは緊張します。 電話は顔が見えない分、声色や言い回し次第では怒りを増長させてしまったり、トラブルに発展することもあります。 そんな電話で「申し訳ない」ことを上手く伝える方法は、こちらもきちんと使うことと誠意をまっすぐ伝えることです。 「申し訳ないことでございます」も「申し訳なく存じます」も聞いただけでは「反省してる」「申し訳ない」という気持ちは伝わりにくいです。 これらは正しい敬語の限界です。 では正しい敬語を使いながら、「申し訳ない」気持ちを伝える表現についてです。 「ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ないことでございます。 」「不快な思いをさせてしまい、申し訳なく存じます」というように、具体的に何が申し訳ないのかということがはっきりわかる言葉を付け加えることです。 ただただ「申し訳ないことでございます」「申し訳なく存じます」と繰り返しているだけでは余計に怒らせてしまいます。 ビジネス 「恐縮」という言葉の意味は「身も縮まるほど恐れ入ること」で、相手へ感謝する気持ちや迷惑をかけて申し訳ないという気持ちを表現する敬語表現として使われます。 こちらに似た言葉で「恐れ入ります」という言葉があります。 こちらは相手に何か依頼するときやお手数をかけてしまい申し訳ないという気持ちを表現する敬語表現として使われます。 接遇表現ではクッション言葉とも言われています。 つまり、「恐縮」という言葉はビジネスシーンや接客のシーンで見聞きすることの多い表現です。 恐縮と申し訳ないの違い 「恐縮」と「申し訳ない」の違いは「誰に対して使うのか」ということです。 「恐縮は「相手へ」感謝する気持ちや迷惑を申し訳ないという気持ちを表現するときに使うことに対して使います。 それに対して「申し訳ない」は自分のとった行動について相手へのすまない気持ちを表現するときに使うことです。 つまり、「恐縮」と「申し訳ない」の違いは相手なのか自分なのかというところにポイントがあります。 恐縮の使い方 恐縮の使い方としては「お忙しいところ、お越し頂きまして恐縮でございます」や「お褒めいただき恐縮でございます」です。 「お忙しいところ、お越し頂きまして恐縮でございます」については、忙しいのに来てもらったことへの感謝とすまないという気持ちが表現されています。 「お褒めいただき恐縮でございます」には褒めてもらったことへの感謝が表現されています。 相手の行動について、「どの点に感謝しているのか」きちんと伝わるように、使いましょう。 「申し訳ない」という一つの言葉でたくさん学ぶことがあります。 今回はその中でも一部に絞っています。 本来謝罪は誠意が伝われば間違いありません。 しかし、その誠意が言葉一つで伝わらなかったり、それどころか相手を余計に怒らせてしまいさらなるトラブルに発展したりします。 特にきちんと日本語を学んでいる人にとっては敬語の間違いや言葉の国語的な間違いはとても気になります。 だからこそきちんと理解して使うことが大切です。 イギリスではいまだに話し言葉で職業がわかるといわれています。 ほんの一言で自分が判断される、それはあまりに残念です。 言葉は生き物で敬語表現は日々変わっていくということから、コンビニ敬語と呼ばれる本来なら間違いとされていた言葉も浸透し、そちらが正しいと変わったものもあります。 だからこそ正しい言葉を学び理解して使いましょう。

次の