剣盾 炎統一。 【ポケモン剣盾】パーティ考察【炎統一】

【ポケモン剣盾】パーティ考察【炎統一】

剣盾 炎統一

戦った相手 12月の3週目と4週目で、マスターボール級で57戦し、 対戦したポケモンを多い順にまとめました。 相手のパーティにいるポケモンではなく、 実際に選出されたポケモンであることに注意して見ていただきたいです。 9位:オーロンゲ(5回) 炎と相性の悪い フェアリータイプですが、意外に出してくる相手は多いです。 オーロンゲは特性「 いたずらごころ」によって変化技を先制で使えます。 先発で壁を張ることがほとんどですね。 こちらからの対策としては オーロンゲを倒さずに壁ターンを枯らすか、 すりぬけシャンデラで壁を無視して攻撃するか。 8位:ウォッシュロトム(6回) 草技でしか対抗できないため、選出を縛られてしまう上に、 ダイストリームで天候を奪いに来るのが厄介です。 7位:トゲキッス・ドラパルト(9回) どちらも 弱点保険を持っていることが多いです。 トゲキッスは耐久力が高いため、ダイマックスされると臆病サンパワーリザードンの晴れ眼鏡オーバーヒートでも倒せません。 (無振りダイマックストゲキッスを乱数1発) 5位:サザンドラ(10回) 炎統一には、悪技やドラゴン技を半減で受けられるポケモンがいないため、たびたび出てきます。 4位:ミミッキュ(11回) ダイマックス登場によってさらに凶悪化したポケモンですね。 つるぎのまいを積まれてからの ダイマックスで敗北したこと多数。 1位:バンギラス・ギャラドス・ドリュウズ(15回) まさかの3匹並んで同率1位。 相手のパーティにいたらほぼ出てきます。 この3匹がセットで出てくることもしばしば。 ウインディを3匹連れて行きたくなります。 リザードンの特殊技を受けにバンギラスが出てくることも多いので、 物理リザードンなら逆に狩れるかも? 10位以下は、カバルドン・パルシェン・ヒートロトム・ラプラスが4回、ウオノラゴン・オノノクス・カビゴン・ヌオーが3回選出されました。 最終順位 最終順位は、 42003位でした! 最後の1週間はこのあたりを上下していたので、これが今の実力ということでしょう。 結局、最終的なパーティは前回から変更なしで以下の6匹です。 シーズン2に向けて キョダイマックスが解禁されるので、リザードン・マルヤクデは新たな活躍が期待できます。 追加ダメージがある技を使えるポケモンたちなので、 きあいのタスキや がんじょう相手には強く戦えそうですね。 シーズン2では 10000位以内を目指します! さらにできれば 5000位以内に入りたい! おまけ 今シーズン戦った統一パたち vs ドラゴン統一・ ゴースト統一・ 虫統一・ 水統一。 ゴーストと虫には勝利! vs ブイズ統一。 ブイズからも炎からもハブられるブースター…… vs 炎統一!お互いにコータスのステルスロックでご挨拶。 サンパワーリザードンの活躍により勝利! これからも面白い相手とたくさん戦えますように。 前回の記事はこちら 次回の記事はこちら.

次の

【ポケモン剣盾】ゴースト縛りでもランクバトルで戦えるのか。【ゴースト統一】#1|スロー|note

剣盾 炎統一

はじめに はじめまして。 めくみね と申します。 この記事では表題の通り鋼タイプ統一パーティのレート戦における考察を行います。 「統一パーティをつくってみたい!」「対人戦やってみたいけど厨パはちょっと・・・」「癖のあるパーティを作ってみたい!」という方に向けた記事です。 ポケモン徹底攻略様からの引用を多数行っています。 以下の注意書きは読み飛ばしてもらっても結構です。 私自身は今作からまともにレート戦を始めた初心者で、マスボ3桁台などの上位に立った実績もなく、鋼統一パーティでマスターボール級に血反吐を吐きながら到達したというだけの人間であるため、至らない箇所などがあると思いますが生温かく見守りアドバイスを頂けると幸いです。 タイプ統一パーティとは? パーティ6体を同じタイプで統一したパーティのこと。 当然ながら弱点のタイプは多くの場合一貫性を持たれてしまうためつらさが付きまといます。 しかし敵の選出を読みやすく、なおかつこちらは構築が異様なので選出が読まれづらく、弱点に対策をしておけば逆に圧倒、ということも出来ます。 私の場合はポケモンでロールプレイをしたかったため、ストーリーの人物のようにタイプ統一して気分は四天王!ロマンプレイでレートするぜ!となって鋼統一パーティを作りました。 初心者こそタイプ統一がオススメ? パーティを0から作るとなった時、1体1体で目まぐるしく考えられる要素が出てきます。 環境を知らない初心者はとても大変です。 そういう時にオススメ出来るのは「コンセプトをもったパーティ」です。 もちろん対面で強いやつを6体選ぶ厨パの構築もいいですが、コンセプトをもったパーティというのはポケモン1体1体というより弱点も強みもパーティ一つで考えが出来るため考える負担が少ないです。 こちらが敢えて縛ることにより普通なら多数ある改善策も絞られ、初心者でも無理なく考える力を養うことが出来ます。 そうしてレート戦に潜った時、相手はよくわかんねえパーティを相手するためテンプレ通りや弱点をつくポケモンで固めてきます。 そうして環境を知り、あとはオリジナルのパーティを作るのもよし、新しいコンセプトパーティを作るのもよしです。 統一パーティをした後にノーマルなパーティでやると読みがめちゃくちゃ冴えます。 だって弱点一貫してないし… コンセプトパーティはいいぞ!タイプ統一はいいぞ! では本論をどうぞ。 パーティ単位での駆け引き ここではパーティ全体の選出や苦手部分について書いていきます。 下のトピックスとどっちを先に書くか迷いましたがこちらを先に書いておきます。 どちらから先に読んでいただいてもかまいません。 こちらの選出 こちらの選出傾向としては、壁張りや積みポケモン、耐久ポケモン、ドラパルト、バンギラス、ドリュウズが見えたら必ず キリキザンを出します。 これはちょうはつもちであることと壁破壊が出来るかわらわりを持っていることが理由です。 相手にギャラドス、サザンドラなどのりゅうせいぐんや10まんボルトが刺さる相手に ジュラルドンを出していきます。 スカーフ持ちサザンドラに対してはジュラルドン以外では太刀打ちは難しいためです。 アーマーガアは相手が物理に寄っている時に選出します。 ちょうはつ持ちであるため融通が利きます。 私のパーティにありがたいサイクルを回せる要員です。 アイアントはほぼピックします。 どのポケモンにも火力を出せるためとトゲキッスに対する打点ゆえにです。 ダイロックからの砂嵐でパルシェンのタスキをつぶしたりダイサンダーであくびループの阻止も出来ます。 ドリュウズはアイアントとのダブルピックあるいは選択しての選出となります。 1発確実に受けられるためドリュウズ本人やアイアントのダイロックからのすなかきで勝利、という勝ち筋を何度も拾ってきました。 かたやぶりでないためサザンドラやロトムに対する打点が厳しいですがダイマックスします。 あくびループやサニーゴやナットレイ相手にじわれも打てるようピックすることもあります。 ギルガルドはこちらがSで負けていると判断したとき、特殊が刺さりそうなとき、トリルを予見したときにピックします。 役割はあまり果たせていませんが… 相手の選出 通常?通りかわかりませんがある程度変わり種などは出てきません。 こちらの予想した敵の炎技や格闘技を持っているポケモンはほぼ出てきます。 サザンドラ、トゲキッス、ドラパルト、エースバーン、リザードン、ローブシン、ヒヒダルマなんかは必ず出てきます。 特にエースバーンはSの種族値が高く、上をとれないため課題となっています。 ヒヒダルマも技がばかぢから、フレアドライブ、じしんと全て刺さるためなかなか勝てません。 とても重いです。 1体の犠牲と半分以上の体力を捧げて突破できます。 他にはアーマーガア相手もなかなかきついです。 落とせないというわけではなく、落とす前にボディプレスによって壊滅するためです。 アイアント、ジュラルドンの電気技で落としています。 また、鋼ポケモンで固められているだけあってミミッキュなどのフェアリータイプは出てきにくいです。 この圧力もありドリュウズはすなかきにしています。 パーティとしての戦い方 サイクルを回す、というのはなかなかできません。 アーマーガアがいれば多少可能となります。 よってこちらと相手の選出時点で有利不利がだいぶ決まります。 選出による運要素はとても大きいです。 ダイマックス担当はドリュウズ、アイアント、ジュラルドンの3体です。 ドリュウズアイアントのためにいかにスカーフ持ちを先に倒せるかが焦点となります。 鋼統一パーティの例 Y1S1、Y1S2でマスターボール級に入った時の私のメンツとパーティ入りはしてないが考察しがいのあるポケモンを紹介します。 調べればわかる程度の略称を用いています。 文中の「Y1S〇」はYEAR1 SEASON〇の略です。 仮想敵はドラパルト、サニーゴ、オーロンゲ、バンギラス、ドリュウズ、ミミッキュ、いかくギャラドス他挑発が刺さる相手。 参考元の育成論では中継ぎという役割でしたが私のパーティではS1では先発としての起用が多かったです。 Y1S2では先発は比較的減りましたが 壁張りにきたロン毛に対してかわらわり、荒らしに来たバンギラスにかわらわり、ドラパルトに不意打ち 高乱数1発 など刺さる場面はかなり多いです。 とくに ドリュウズはふうせんで確実に起点になります。 弱点としてはローブシン、ヒヒダルマ、ヒートロトムなどのポケモン、さらには炎技をもつダイマックス相手には役割は果たせません。 とつげきチョッキを持たせることにより不安の特防をカバー、Sに振ることで最速ギャラドスを抜けます。 コンセプト自体は参考元の育成論がわかりやすく解説してくれているためそちらをご覧ください。 ドラパルト、ミミッキュ、ギャラドス、トリトドン他ドラゴンタイプを仮想的としています。 Y1S2では先発で出すことが多かったです。 先発で出していきなりダイマックスという雑な戦い方でもそこそこやれます。 弱点はドリュウズ、バンギラス、ヒヒダルマ、トゲキッスなどが苦手です。 とくにキッスバンギはじゃくてんほけん持ちが多くラスターカノンでも削り切れないためきついです。 参考元の育成論ではようきでとつげきチョッキを持たせていますがこれは違います。 かたやぶりにしないのは砂嵐状態での速度と性格による火力の両立を意識しました。 正直なところ適当にやってしまった感があるので改善の余地があります。 が、十分にやれているためこれはこれであり…?脳死でたいていの勝てるためこの項についてはあくまで参考としてください。 苦手な相手はスカーフ持ち、ヒヒダルマ、エースバーンです。 上を取られます。 ですがタスキにより必ず仕事は出来ます。 苦手な相手には積極的にダイマックスし砂嵐を起こすことで打開も可能です。 計12タイプの攻撃を半減以下で受けることができ、補完性能に優れています。 汎用性の高いポケモンということで採用しました。 ダイマックスをキングシールドで耐えてのじゃくてんほけん発動からのかげうちが強いです。 他には貴重な特殊アタッカーとしての採用。 アーマーガアへの打点、ドラパルトミミッキュへの打点にもなります 通常時でもかげうちで2発、じゃくてんほけん発動時には1発 弱点としてはドリュウズの地震、ヒヒダルマの地震、その他炎技…Bに振っていないのでしょうがない側面もありますが、思ったより柔らかいのが鋼統一ではつらいところです。 私のパーティはサイクル戦の概念が非常に薄いため活用しきれない現状です。 あえて入れる、というケースが少ないのも理由です。 物理受けは鋼ポケモンの得意であること、ジュラルドンでもいいじゃんとなること、ミミッキュドラパルトへの対策を全員がしっかりしていることが挙げられます。 ダイマックス中は絶対攻撃が命中するため、デメリットなしにはりきりの恩恵を受けることができ、 1. 5倍の威力上昇だけが効果として残ります。 素早さ種族値109という優秀さで環境において上を取られるケースはスカーフ持ちかエースバーンか天候によるバフぐらいです。 虫鋼というタイプ耐性が9つあり弱点は炎だけ、そのためダイマックスすれば炎技以外は大抵一発は耐えてくれます。 かみなりのキバはギャラドス、ばかぢからはドリュウズ等、岩技はロトムやパルシェンや後続のドリュウズのための砂嵐起こし、アイアンヘッドはタイプ一致。 ダイスチルはにっくきトゲキッスに対しダイマックスされようと先手をとりなおかつ確定1発という化け物火力を誇ります。 体感ピック率はキリキザン以上です。 期待値として最低1. 7体は倒してくれます。 2、3タテもままあるというぐらいです。 弱点としてはスカーフ持ちには上を取られること、特にヒヒダルマ、サザンドラには勝てません。 素でSの種族値が負けているエースバーンもつらいです。 ただ鋼統一パーティだと話は別、炎技に対して無力すぎるためY1S1ですらほとんどピックせず、Y1S2ではアーマーガアにとって代わられました。 特にS1中盤からナットレイ警戒のためにサブとして炎技を搭載しているポケモンも増え逆風は増しました。 しかし炎技を持たない相手に対しては絶対的な強さを発揮するためいずれ復権の可能性はあります。 地震を透かせる点、はねやすめてっぺきでダイマックスをしのぎやすい点、鋼統一パーティとしては珍しくサイクルが可能となるポケモンです。 てっぺきを積んでのボディプレスの火力もばかに出来ません。 が、ドラパミミッキュサニーゴへの打点がないためドリルくちばしも候補にはなります。 まだ採用してから実戦が少ないため後程追記します。 他 採用していないが有用性のある鋼ポケモン 以下は私が鋼統一パーティで使用していない、育成していないポケモンの紹介になります。 ざっくりした紹介となります。 鋼統一パーティでは使用していませんが別のパーティで使用しています。 敵の物理アタッカーのダイマックスをカウンターで返り討ちにするというコンセプトです。 もちろんSで勝っている相手なら普通に殴りに行ってもいいですし、パルシェンのようなタスキからやぶり戦法に対しても先制技で優位をとれます。 ヒートロトムのような弱点を突けない特殊アタッカー、ステロを撒いてくるカバなどの相手には刺さりません。 しかし物理アタッカーとサザンドラ相手に対し役割を確実に果たせるのは強みです。 現環境ではまだ物理アタッカーによるダイマックスでの突破が見られるためハガネールのBの高さはマッチしています。 さらにボディプレスの相性がよいため一転攻勢も仕掛けられる強みや、S30という鈍足でのジャイロボールも強みとなります。 ヒヒダルマやパルシェンを止めることが出来、親の仇であるエースバーンも受け止め、半分から6割のダメージを与えることが出来ます。 バンギラス相手に確実に仕事が出来るとは聞いていましたが…かたやぶり相手でなければ確実に仕事ができる点が魅力でしょうか。 起点作りとして麻痺を撒ける、きしかいせいで火力を出せるのが強みです。 最後に いかがだったでしょうか。 1日ほどで夢中に書き上げたため稚拙な文などがありますがお許しください。 随時修正します。 よかったらコメントや共有をしていただけると嬉しいです。 鋼統一パーティは私がはじめて作ったパーティで一番対戦回数が多いです。 水統一やシロナパーティも作っていますのでいずれ記事にするかもしれません。 Twitterではこれらのパーティでのレート戦での様子をつぶやいたりしています。 フォローしていただけると喜びます。 最後まで読んで頂きありがとうございました。 よいポケモンライフを!.

次の

【剣盾】【議論】各タイプおすすめレイド用ポケモンみたいなの教えてくれ!!

剣盾 炎統一

S6おつかれさまでした! 前シリーズ、S4、S5は思うような結果が出せずS6も前統一ロムをメインに頑張ってました さて今回使用したパーティは 、、、、、です <構築コンセプト> 鬼火挑発の物理に対する詰ませ性能の高さに注目し構築スタート は有利不利がはっきりしておりサイクルを回すのが強いと考え、苦手なミトムアシレに後出すため、苦手なドラパキッスギャラに後出すためを採用し、ヤミンギのサイクルを基本選出にしました 他のについては の苦手な、オーロンゲといった物理悪対策枠としてを採用 悪タイプはの悪戯心鬼火、挑発を無効化してしまうので、サイクルパーツとしても使用可能な物理悪対策を採用する必要がありました また、の苦手なエースバーンといった物理炎対策枠であり、サイクルパーツとしても使用可能なを採用 ここまでで詰ませ性能の高いアーマーガアに対する対策が薄いと感じ、サイクルを回すのが難しい際にで崩すことができるを採用しました <個別紹介> ・ 性格:図太い、特性:悪戯心@食べ残し 技:鬼火、挑発 自己再生、はたき落とす :31-31-31-31-31-31 :252-0-252-0-4-0 実数値:157-72-139-85-86-70 メモ:食べ残し、物理受けその1 H、奇数 A、はたき落とすで無振りドラパルト67. 5-81. 3-52. 8-98. 0-46. 8-93. 3-97. 8-222. 6-199. 1-99. 5-81. 6-199. 6-147. 6-60. 2-121. 4-129. 9-40. 4-80. 2-107. 4-127. 3-102.

次の