ターニャ フォン デグレチャフ。 【幼女戦記】ターニャ・デグレチャフの怖すぎる悪魔的表情、企み顔、焦り顔画像まとめ

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

ターニャ・デグレチャフとは、『』のである。 統一1年生まれ。 はくらいと年齢相応のの軍官。 8歳にして士官にし、時点で准尉任官。 その時の年齢は9歳。 その獅子奮の活躍ぶりからで「 」のを下賜され、後にその戦いぶりの苛さから血に塗れた「 錆」と揶揄されるようになる。 その前世は、現代のに勤めていたである。 学に属し、自身をでも才でもない、性格のまくったの塊の様なであると評している、規範と職務(人事の首切り役)に忠実な男。 勤務態度の社員にを勧告したある日の、そのの逆恨みによってのから突き落とされ命を落とすこととなる。 その際、「創造」を自称する「存在X(による仮称)」と、のあげくその性の狂いと信仰心のなさを 「ので、男で、を知らず、追いつめられていないから」とに断じられてしまう。 そして如何様にすれば現代人の信仰心を覚せられるか、という難題に対するとして、その全く 逆のへ 「 非的なで、女に生まれ、を知り、追いつめられるがよい!!! 」 というで前世の記憶を残したまま転生させられてしまう。 かくしては飲み子となり、「」の孤児院でターニャ・デグレチャフとして。 両親に捨てられたとして、混迷する情勢の中成長していく。 ある日の診断で自身の適性が発覚し、自身の進路がに定まったと判断したターニャは、弱冠8歳にして軍士官へするを選び、官として9歳で任官。 の警備にあたるターニャのの前で協商連合の領土侵攻に端を発するが勃発。 これを機に、安全な後方での勤務とで文化的な生活を渇望する、の長く過酷な戦いが始まった。 人物像(軍事面) 極端なまでの効率義者で、自称・文明人の義者で個人義者。 殺すのも殺されるのも嫌い、非生産的なも嫌いと言するだが、軍人としてを犯すことにいはなく、出世と身の安全と休暇の為に敵対するは容赦なく殺傷する。 自己保身のための労を厭わず、や戦時協定などを自軍に有利なように解釈することにも長ける。 部下は具とみなして使えると判断すればり権限を与えするが、であればなくに出来る合理義者。 特に抗命行為を嫌っており、命を遵守出来ない者をとして扱い排除する。 しかし、同時に部下を駄に失うこともキャにく(ついでにいざというときのを失う)と考えているため、手に掛けて育てた直属の部下達を失うことを忌避している。 またを心底嫌悪しており、勢が相手取ったでは単なる以上の情熱を見せる。 果たして、その辺りはでは放映できるのか 転生以前より・戦史・際等に関する深い教養が有り、関連する知識は非常に豊富で幅広い。 や口といった言葉をで使っているあたり、某のにでも出入りしていたのかもしれない。 の体ながらとしての技術や揮は一流で、一・部のいずれの時期にいても抜きんでた戦果を挙げただけでなく、軍・軍においても戦術・戦略・といった各方面で卓越した知識を披露したため、一部の上層部からは相当にをかけられている。 一方、あまりに突き抜けたその感性故か、『自分の発言が周囲の(常人)にどのように解釈され、どのような人格と認識されるか』という一点では頻繁に的を大きく外した思考を披露する。 そのため、本人はあくまで自らの立身出世と保身のために「後方での軍務に繋がりそうな、軍人として上官に評価されるような」行動を心がけているに過ぎないのだが、前世のの思考と軍人の思考の差異に加え、これまた複雑な事情が噛み合って、周りからは『理想的な軍人像を体現し、いなく最前線に身をせる稀有な存在』だとか、『合理的かつにとらわれず、あらゆる手段でもって的を達成する生の屋』だとか、『のを前にし、いかなるや利も通用しない狂信的者たるの信仰者』などといった方向性で捉えられている。 これにより『出世して安全な後方での勤務』を望むターニャの意思に反し、は過酷な前線にばかり送り出されることとなる。 人物像(その他)• 前世のとしてのを強く引き継いでおり、外見相応の「」としての行動を強いられるでは多大なを受けていることが伺える。 の経験群から「存在X」や、創造といった存在に強い忌避感を抱く。 効かないとは理解していても、いつでも弾を込めるようにと軍在校時は移動中を常にするほど。 前世が現代ということもあり、この時代の「」のにしては舌が肥えている。 その為味気ない食はあまり好まず、栄養素やを悉く台しにする参謀本部のについては「某と食事の最を争っている」とまで酷評する。 好物は。 美味しいを淹れるや、代用品ではない本物のを仕入れて差し入れてくれるレルゲンやに対しとして好印を抱いている。 沙汰に関してはを持たず、劇中で他人に慕する描写は。 自身の将来の伴侶としてどちらにすべきか、ちらりと思慮を巡らせる程度である。 前世から者であり、当然ながらの身である現代においてもの煙は苦手であり、上官達とのの打ち合わせに赴く際、所と化している室に赴く度に溜息を吐いている。 物語序盤の来歴 孤児院の診断で素質を認められ、士官に「他にはない」と、弱冠8歳で(なお、資質の程度については各で差がある)。 また、の 「戦域機動における」は部から絶賛を受けている。 ノルデンで官として警備に着任した直後、協商連合の大規模な越行動により紛争が発生。 「08」として前線観測任務につき、線を掻い潜って襲撃を試みた中隊規模の敵を一人で相手取る羽に陥る。 全体的な味方の優勢の中で、自身のみがしてキャに傷がつくのを恐れたは全で抗戦しその突破を。 の重傷を負いながらも事生還し、の誉れたる突撃章とともに「」のを下賜された。 傷をたターニャに伝達されたのは、戦技教導隊への内示と総監部付き技術員としての出向要請。 次なる、対「共和」戦線でも底した効率義と出世安泰至上義に由来する苛さと果断さをもって戦功(確認撃墜、実際には以上)をあげ、名実ともに・・となったは、11歳にしてに昇進するとともに軍に。 人中十二位の成績で。 軍の誉れたる十二の一を占め、新規叙爵を受け「ターニャ・ フォン・デグャフ」を名乗る。 また就学中、で偶然出会ったゼートゥーアの問いかけに、前世の知識を基にした戦況予測の提唱したことをきっかけとして、試験編成の即応大隊である 第二〇三大隊を任されることになる。 ファン・公式からの扱い からの称は版時代からも使用している「 デグさん」、「 デグ」、を経てやの間で呼ばれ始めた「 ターニャ」など。 所謂、「」を経たとして見ればを皮ったかのような人物。 作品のにあまりされていないだけを読んだようなからは、本人のであるため「中身が」と揶揄されることがあるものの、劇中での発言や振る舞いでそれらしいものがなことや、版の転生前の描画等がどう見ても一般的なのものではないことからただの「」ではない独特の像をしている。 ()としてみても、の(の「」記事参照)の大半をし、そもそも媒体だと外見の描写が入ると「 あ、この人だったね」とがたまにすでしていない。 更に言うとがを使う、すなわち だということを大半のが忘れている。 ちなみに、版では部下のが戦勝記念を開く為に、とあるを部隊で貸し切ったのだが、その店はだった為にターニャだけが外につまみ出された事があった。 版の版権絵が色々な意味で媚を売らず、をブン投げてている代物であるなど、昨今のとは一線を画する。 これらをして、は「デグさんにるも少なからずいる」とでっていたが、ターニャの外見を常時映す必要のある・版ではそのギャップのある姿や墓掘り芸などでにとみなす人たちも増えてきている模様。 特に版では多な表現が用いられたターニャ像やターニャ像が拝めるので、一般的なのに対する要素を期待するならこちらを購読するのが良いかもしれない。 余談 名前元ネタ 名前のは版における が名はターニャ・デグレチャフ。 命名は、信じるならば、と称する存在Xによる行。 うん、この前ターニャさんなる人物、、デグちゃんに撃ち抜かれてましたよね? いや、さすがに中二は、嗜んだ程度なので、はっきりとは覚えてませんが。 というを感じるのですが。 というくだりから、おそらく「ターニャ・ア」()およびを射殺した「デグチャレフPT11」であると思われる。 他作品への出演 の者である、氏がを執筆した戦略『』にて、として登場。 自のによって累積される「死者の魂」を消費し発動する「禁呪」により召喚することが出来、以後自軍としてその辣腕を振るう。 (・さんだって、疲れているからね。 by ) なお、同作品はターニャが元居たよりも前の時代(~19世紀)がだが、長射撃や高などとしてのはそのままされている。 またの別作品では、某 人類に敵対的な外起種によってされるで奮闘するの姿があるとか。 関連動画 関連商品 関連項目• 正社員•

次の

ターニャ・デグレチャフ

ターニャ フォン デグレチャフ

ターニャ・デグレチャフとは、『』のである。 統一1年生まれ。 はくらいと年齢相応のの軍官。 8歳にして士官にし、時点で准尉任官。 その時の年齢は9歳。 その獅子奮の活躍ぶりからで「 」のを下賜され、後にその戦いぶりの苛さから血に塗れた「 錆」と揶揄されるようになる。 その前世は、現代のに勤めていたである。 学に属し、自身をでも才でもない、性格のまくったの塊の様なであると評している、規範と職務(人事の首切り役)に忠実な男。 勤務態度の社員にを勧告したある日の、そのの逆恨みによってのから突き落とされ命を落とすこととなる。 その際、「創造」を自称する「存在X(による仮称)」と、のあげくその性の狂いと信仰心のなさを 「ので、男で、を知らず、追いつめられていないから」とに断じられてしまう。 そして如何様にすれば現代人の信仰心を覚せられるか、という難題に対するとして、その全く 逆のへ 「 非的なで、女に生まれ、を知り、追いつめられるがよい!!! 」 というで前世の記憶を残したまま転生させられてしまう。 かくしては飲み子となり、「」の孤児院でターニャ・デグレチャフとして。 両親に捨てられたとして、混迷する情勢の中成長していく。 ある日の診断で自身の適性が発覚し、自身の進路がに定まったと判断したターニャは、弱冠8歳にして軍士官へするを選び、官として9歳で任官。 の警備にあたるターニャのの前で協商連合の領土侵攻に端を発するが勃発。 これを機に、安全な後方での勤務とで文化的な生活を渇望する、の長く過酷な戦いが始まった。 人物像(軍事面) 極端なまでの効率義者で、自称・文明人の義者で個人義者。 殺すのも殺されるのも嫌い、非生産的なも嫌いと言するだが、軍人としてを犯すことにいはなく、出世と身の安全と休暇の為に敵対するは容赦なく殺傷する。 自己保身のための労を厭わず、や戦時協定などを自軍に有利なように解釈することにも長ける。 部下は具とみなして使えると判断すればり権限を与えするが、であればなくに出来る合理義者。 特に抗命行為を嫌っており、命を遵守出来ない者をとして扱い排除する。 しかし、同時に部下を駄に失うこともキャにく(ついでにいざというときのを失う)と考えているため、手に掛けて育てた直属の部下達を失うことを忌避している。 またを心底嫌悪しており、勢が相手取ったでは単なる以上の情熱を見せる。 果たして、その辺りはでは放映できるのか 転生以前より・戦史・際等に関する深い教養が有り、関連する知識は非常に豊富で幅広い。 や口といった言葉をで使っているあたり、某のにでも出入りしていたのかもしれない。 の体ながらとしての技術や揮は一流で、一・部のいずれの時期にいても抜きんでた戦果を挙げただけでなく、軍・軍においても戦術・戦略・といった各方面で卓越した知識を披露したため、一部の上層部からは相当にをかけられている。 一方、あまりに突き抜けたその感性故か、『自分の発言が周囲の(常人)にどのように解釈され、どのような人格と認識されるか』という一点では頻繁に的を大きく外した思考を披露する。 そのため、本人はあくまで自らの立身出世と保身のために「後方での軍務に繋がりそうな、軍人として上官に評価されるような」行動を心がけているに過ぎないのだが、前世のの思考と軍人の思考の差異に加え、これまた複雑な事情が噛み合って、周りからは『理想的な軍人像を体現し、いなく最前線に身をせる稀有な存在』だとか、『合理的かつにとらわれず、あらゆる手段でもって的を達成する生の屋』だとか、『のを前にし、いかなるや利も通用しない狂信的者たるの信仰者』などといった方向性で捉えられている。 これにより『出世して安全な後方での勤務』を望むターニャの意思に反し、は過酷な前線にばかり送り出されることとなる。 人物像(その他)• 前世のとしてのを強く引き継いでおり、外見相応の「」としての行動を強いられるでは多大なを受けていることが伺える。 の経験群から「存在X」や、創造といった存在に強い忌避感を抱く。 効かないとは理解していても、いつでも弾を込めるようにと軍在校時は移動中を常にするほど。 前世が現代ということもあり、この時代の「」のにしては舌が肥えている。 その為味気ない食はあまり好まず、栄養素やを悉く台しにする参謀本部のについては「某と食事の最を争っている」とまで酷評する。 好物は。 美味しいを淹れるや、代用品ではない本物のを仕入れて差し入れてくれるレルゲンやに対しとして好印を抱いている。 沙汰に関してはを持たず、劇中で他人に慕する描写は。 自身の将来の伴侶としてどちらにすべきか、ちらりと思慮を巡らせる程度である。 前世から者であり、当然ながらの身である現代においてもの煙は苦手であり、上官達とのの打ち合わせに赴く際、所と化している室に赴く度に溜息を吐いている。 物語序盤の来歴 孤児院の診断で素質を認められ、士官に「他にはない」と、弱冠8歳で(なお、資質の程度については各で差がある)。 また、の 「戦域機動における」は部から絶賛を受けている。 ノルデンで官として警備に着任した直後、協商連合の大規模な越行動により紛争が発生。 「08」として前線観測任務につき、線を掻い潜って襲撃を試みた中隊規模の敵を一人で相手取る羽に陥る。 全体的な味方の優勢の中で、自身のみがしてキャに傷がつくのを恐れたは全で抗戦しその突破を。 の重傷を負いながらも事生還し、の誉れたる突撃章とともに「」のを下賜された。 傷をたターニャに伝達されたのは、戦技教導隊への内示と総監部付き技術員としての出向要請。 次なる、対「共和」戦線でも底した効率義と出世安泰至上義に由来する苛さと果断さをもって戦功(確認撃墜、実際には以上)をあげ、名実ともに・・となったは、11歳にしてに昇進するとともに軍に。 人中十二位の成績で。 軍の誉れたる十二の一を占め、新規叙爵を受け「ターニャ・ フォン・デグャフ」を名乗る。 また就学中、で偶然出会ったゼートゥーアの問いかけに、前世の知識を基にした戦況予測の提唱したことをきっかけとして、試験編成の即応大隊である 第二〇三大隊を任されることになる。 ファン・公式からの扱い からの称は版時代からも使用している「 デグさん」、「 デグ」、を経てやの間で呼ばれ始めた「 ターニャ」など。 所謂、「」を経たとして見ればを皮ったかのような人物。 作品のにあまりされていないだけを読んだようなからは、本人のであるため「中身が」と揶揄されることがあるものの、劇中での発言や振る舞いでそれらしいものがなことや、版の転生前の描画等がどう見ても一般的なのものではないことからただの「」ではない独特の像をしている。 ()としてみても、の(の「」記事参照)の大半をし、そもそも媒体だと外見の描写が入ると「 あ、この人だったね」とがたまにすでしていない。 更に言うとがを使う、すなわち だということを大半のが忘れている。 ちなみに、版では部下のが戦勝記念を開く為に、とあるを部隊で貸し切ったのだが、その店はだった為にターニャだけが外につまみ出された事があった。 版の版権絵が色々な意味で媚を売らず、をブン投げてている代物であるなど、昨今のとは一線を画する。 これらをして、は「デグさんにるも少なからずいる」とでっていたが、ターニャの外見を常時映す必要のある・版ではそのギャップのある姿や墓掘り芸などでにとみなす人たちも増えてきている模様。 特に版では多な表現が用いられたターニャ像やターニャ像が拝めるので、一般的なのに対する要素を期待するならこちらを購読するのが良いかもしれない。 余談 名前元ネタ 名前のは版における が名はターニャ・デグレチャフ。 命名は、信じるならば、と称する存在Xによる行。 うん、この前ターニャさんなる人物、、デグちゃんに撃ち抜かれてましたよね? いや、さすがに中二は、嗜んだ程度なので、はっきりとは覚えてませんが。 というを感じるのですが。 というくだりから、おそらく「ターニャ・ア」()およびを射殺した「デグチャレフPT11」であると思われる。 他作品への出演 の者である、氏がを執筆した戦略『』にて、として登場。 自のによって累積される「死者の魂」を消費し発動する「禁呪」により召喚することが出来、以後自軍としてその辣腕を振るう。 (・さんだって、疲れているからね。 by ) なお、同作品はターニャが元居たよりも前の時代(~19世紀)がだが、長射撃や高などとしてのはそのままされている。 またの別作品では、某 人類に敵対的な外起種によってされるで奮闘するの姿があるとか。 関連動画 関連商品 関連項目• 正社員•

次の

ターニャ

ターニャ フォン デグレチャフ

これが生存と保身を優先させる…最善の…方法」 仕事のため自分を押しころすターニャ 「 はじめまして!私は白銀、ターニャ・デグレチャフです」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情、焦り顔 画像まとめ【幼女戦記3話】 計画的に喜びを隠すターニャ・デグレチャフ まさに理想的な配属先、だが大げさに喜ぶわけにもいくまい 想像以上にハードな実験に焦るターニャ・デグレチャフ 「 ふざけるな!これのどこが」 「 安全な後方勤務だーーーー」 存在Xにもひるまないターニャ・デグレチャフ 「 奇跡など、観測と体系化が不十分なゆえの錯覚」 「 言うなれば…」 「 素晴らしき勘違いです」 存在Xの策略に気づき、怒るターニャ・デグレチャフ 「 謀ったな…」 「 謀ったな存在X!!!」 「 あ、悪質すぎるマッチポンプ どこまでくそったれなんだ」 部下の発言に冷たい視線を送るターニャ・デグレチャフ 「 なんだと?」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情、画像まとめ【幼女戦記4話】 まさに千載一遇の好機 図書館通いのかいがあったな あの時か 即応大隊を率いるなど、前線以上のリスク ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記5話】 「 では始めよう!防衛訓練の開始だ!!」 「 おかしいなあ?むこうの手違いか実弾も含まれているようだ」 「 航空支配が約束されている以上、ある種のマンハント!」 「 あれに撃墜される魔道士がいれば敵より先に私がころしてやる」 ビザを持ってない敵には容赦しないターニャ・デグレチャフ 「 ビザはお持ちではない?では捕虜としてのご入国を希望されますか?」 「 首都だ」 幼女のようなかわいい声で国際法上の義務を果たすターニャ・デグレチャフ 「 宣誓!僕たち、私たちは国際法にのっとり、正々堂々戦争する事を 誓います! 警告します 帝国軍はこれより軍事施設を攻撃します!」 「 さて諸君、国際法上の義務は果たした。 仕事にかかるとしよう」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記6話】 「 ようやくおでましか」 「こんにちは そして さようなら」 「 こんにちは!そして、さようなら」 超遠距離射撃も余裕でこなすターニャ・デグレチャフ 「 土に隠れし暗きを照らせ いまぞ うまれし主をたたえよ」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記7話】 「 少し早いが自分へのクリスマスプレゼントにちょうどいいな」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記8話】 「 我々は自国民保護のための任務にあたるとしよう」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記9話】 番犬は優秀であるという事を教えてやれ! 「 戦友諸君…、私は神ではなく参謀本部を、論理と知性の牙城を信ずる。 義務と献身こそ が我らの誉れだ!」 「 この戦い、勝ちに行くぞ… 煉獄であろうと赴き、征服する事こそ帝国 軍人の本務! 」 「 番犬は優秀であるという事を教えてやれ!」 生きて絶対に …絶対に…終わらせる!!! 「 安全な後方で出世するはずが どうして…」 「 全ては…全ては存在Xのせいだ。 あのクソったれに市場原理 を叩き込むまでは何があろうと死ぬわけにはいかない。 生きて絶対に …絶対に…」 「 終わらせる!!!」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記10話】 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情画像まとめ【幼女戦記11話】 「 トレッチガン!?条約違反だぞ野蛮人め!」 デグレチャフがヴァイスを救うシーン ぉ デグレチャフ VS アンソン 「 存在X…また貴様かぁぁぁ」 「 離せーーーー」 お手出し無用に願います 「 お手出し無用に願います」 「 我々は戦争を終わらせる機会を逃したんだぞ…」 ターニャ・デグレチャフの悪魔的表情セリフまとめ【幼女戦記12話】 「 この世を司る神がいるとすれば、 どこまでも厳格で限りなく善良、」 「 あまりにも偉大な存在であろう。 」 「 神とやらは、非情な 運命ばかりを突きつけてくる。 それが、世界に課せられたルールのようだ。 」 「 そこでだ 私は今ここに、改めて宣言する。 」 「 ああ、神よ…」 「 貴様を切り刻んで、」 「豚の餌にでもしてやると」 「 くそったれの神に、我らが戦場は不似合いだ。 」 「 今こそ神の仕事を肩代わりしてやろうではないか!」 「 我ら将兵のあるうちは、我々が神に取って代わるのだ!」 「 傲慢な神とやらを、失業させてやれ!!」 「 では戦友諸君、戦争の時間だ」 以上、ターニャ・デクレチャフの顔芸でした~.

次の