社会 保険 料 コロナ。 《コラム》コロナウイルスの影響で社会保険料・労働保険料猶予特例

コロナ減収で国民年金保険料が減免できる!?

社会 保険 料 コロナ

1.政府からの補助はあるの? まず、新型コロナウイルスに関連する、会社経営者や個人事業主を対象とした現状の助成金制度について紹介します(2020年3月27日現在)。 なお、新型コロナウイルスについての状況がアップデートされるにつれ、助成金制度も次々と更新されていくことが予想されるので、常に 最新の情報を仕入れることが必要です。 1-1.雇用調整助成金 雇用調整助成金は、新型コロナウイルスの影響により事業活動を縮小せざるを得ず、そのため労働者を一時的に休業させるなどの措置をとった事業者に対して、労働者に支払うべき休業手当等の一部(大企業2分の1、中小企業3分の2。 労働者一人当たり8330円、支給限度日数100日)を助成する制度です。 事業者にとっては、休業期間中の労務コストを 大幅に削減する効果があるため、休業等をした場合には必ず利用しましょう。 なお、3月27日には、新型コロナウイルス感染症にかかる雇用調整助成金の特例措置の拡大として、下の図の内容が厚生労働省から発表されました。 ただし、これはまだあくまで「政府の方針」で事業者の為に先出しした情報であり、確定ではありません。 4月7日現在、まだ正式な発表はされていません。 事業者の方は今後の動向を見守ってください。 子供のいる事業者は、国会における制度の審議状況を注視しましょう。 厚生労働省「 なお、労働者を雇用する事業主の方向けの同制度もあります。 厚生労働省「」 新型コロナウイルスに関する休業補償助成金については、ZEIMOにて詳しく解説しています。 2.納税の猶予について 税金については、国や都道府県に対して申請を行うことにより、換価の猶予や徴収の猶予が認められるケースがあります。 2-1.国税の納税猶予 所得税、法人税、消費税などの 国税は、国税を納付することにより生活が困難になる場合や、事業を継続して行うことが困難になる場合には、一定の要件の下、 納税猶予が認められる場合があります。 国税庁のHPでは、コロナによる影響も当然に猶予が認められる旨を公表しています。 国税庁「」 2-2.地方税の納税猶予 個人事業税、固定資産税、住民税などの 地方税は、災害等の被害に遭った場合には、申請により納税猶予を受けることができる場合があります。 新型コロナウイルスによる被害も、減免対象に含むという取り扱いがなされる可能性は高いと言えます。 また、災害、疾病、事業の休廃業により損害が発生した場合には、申請により住民税の支払いが 猶予される場合があります。 地方税に関しては、地域ごとに異なる取り扱いが条例で定められていることがあるので、具体的にどのような制度があるのかについては 地域の条例も併せて確認しましょう。 2-3.社会保険料の猶予について 国民年金保険料、国民健康保険料についても、所得の急激な現象等が発生した場合には、納付が減免される可能性があります。 また、厚生年金保険料については、申請により納付が猶予される場合があります。 詳細については、国民健康保険の加入先や年金事務所などに問い合わせてみましょう。 新型コロナウイルスに関する措置についての詳細は、ZEIMOの記事でも解説しています。 3.助成金や減免・猶予を受けても経営が立ち行かない場合 これらの税金・社会保険料の減免や猶予を受けても、日々の支払いに十分でなかったり、そもそも助成金等を受けられなかったりするケースもあるでしょう。 そのような場合には、 債務整理の手続きを検討する必要があります。 債務整理とは、債権者との交渉や、裁判所を通じた手続きにより、債務を減らしたり、支払いを猶予したりしてもらう手続きを言います。 3-1.任意整理・個人再生 事業を継続する前提であれば、まずは任意整理または個人再生の可能性を探ることになります。 任意整理では、個別の交渉によって債権者に債務の 減免やリスケジュールに同意してもらうことを試みることになります。 ひとまず目先の支払いさえ期限を引き延ばすことができれば何とか事業を続けていける、というようなケースでは、任意整理が最も有効な手段となるでしょう。 1.個人再生とは 「個人再生」とは、自己破産や任意整理と同じ「債務整理」の一つの手法であり、裁判所を介して行う手続き… 3-2.最終的な破産(自己破産) 任意整理や個人再生が成功すれば、その後も事業を続けていくことが可能です。 しかし、任意整理は債権者との個別の交渉になるため、債権者が 同意してくれなければ債務の減免や支払い猶予を実現することができません。 特に、コロナウイルスの影響で店の売り上げが減少したために月々の家賃や仕入れ代金の支払いができなくなったというようなケースでは、債権者が任意整理の交渉に応じてくれない可能性が高いと思われます。 また、個人再生においては、基本的に債権者の 過半数の同意がなければ債務の減免や支払い猶予が認められないので、やはり任意整理と同様の問題が生じる可能性があります。 任意整理・個人再生ができない場合には、最終的には 破産を選択するほかありません。 破産の場合、破産法という法律に基づき、裁判所の下で破産手続を進めることになります。 破産手続では、債務者の財産について、生活に必要となる最低限の現金などを残して処分した上で債権者に分配し、その後、基本的には債務を全額免除することにより、債務者を返済の負担から 解放することになります。 「クレジットカードを使いすぎてしまい、気がついたら自分の給料では返せない金額になっていた」 「経営している会社が倒産… 3-3.法人破産 株式会社や合同会社を設立して事業を行っている場合に破産を選択する場合は、その会社について破産手続の開始を申し立てることになります( 法人破産)。 法人破産の場合、最終的にはその会社は清算手続きによって消滅することになります。 清算手続きが完了してしまえば、会社には税金なども含めて一切債務が残ることはありません。 なお、株式会社や合同会社の場合、会社の債務を経営者も自動的に負担するということはありません。 しかし、経営者が会社の債務を 連帯保証している場合には、経営者も会社と同等の債務を負担することになります。 このような場合に会社が破産すると、 経営者自身についても破産手続き 自己破産 を開始することになる可能性が高いです。 なお、経営者が会社と一緒に破産する場合には、同時に手続きを行うことにより、裁判所に納付する予納金が少なくて済むというメリットがあります。 会社の「倒産」という言葉は、ニュースなどでよく耳にします。 しかし、皆さんは会社の「破産」と「倒産」の違いをご存知でし… 4.破産は弁護士に相談を 破産手続の申立てをする場合、裁判所に対して提出する書類等の準備をする必要がありますが、一般の方がこれを準備するのは大きな負担になってしまいます。 そのため、破産を検討する際には、債務整理に強い弁護士に相談するのが良いでしょう。 弁護士は、依頼者の状況を具体的に聞いた上で、任意整理や個人再生の可能性を含めて、依頼者にとって 最善の解決策を一緒に考えてくれます。 また、破産等の手続きに必要な書類についても、作成の一切を 代行してくれます。 依頼費用がない場合でも、法テラスによる立替払いの制度などを使えば、弁護士に依頼することは可能です。 債務の支払いに困っているという事業主の方は、ぜひ一度弁護士に相談をしてみてはいかがでしょうか。 債務整理に強い弁護士が無料相談いたします 借金返済ができず、滞納・督促でお困りの方は、債務整理に強い弁護士にご相談ください。 自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求、法人破産などで、借金問題を解決できる可能性があります。 弁護士に相談することで、以下のような問題の解決が望めます。 債務整理したいが自宅だけは手放したくない• 連日の督促・取り立てで精神的につらい• 会社が倒産したので破産処理をしたい 債務整理に強い弁護士に相談・依頼することで、厳しい督促が止まり、難しい手続きもサポートしてもらえます。 1人で悩まず、今すぐ債務整理に強い弁護士にご相談ください。

次の

【新型コロナ特例】社会保険料(健康保険・厚生年金)の猶予特例を解説

社会 保険 料 コロナ

これ、経産省も財務省も、 「そんなことを言ってられない。 景気対策して徴収する。 」って大臣がいってるぞ。 まず、消費税0法案があるので、所得税、法人税のみの税収ということ。 1988年以前の税収になる。 さらに、10万円給付の第二弾も予定している。 たいがい・・・野党が反対するんだけど、 その野党が「認めざるを得ない」と言っている。 政府は「そんな悠長なことを言ってられない」とのこと。 リーマンショック以上の不景気になろうだ・・・ってときだ。 象はカラダがデカい分食べるだろ。 最低食べないとならない分を下回ると死んでしまう。 日本も同じ。 最悪はデフォルト。 政府がなくなる。 日本政府存亡の危機なのに税収を気にして・・・どうするの?.

次の

勤め先休業で給料減 コロナ危機で社会保険料どうなる

社会 保険 料 コロナ

新型コロナウイルス感染症による世界的な株安や、外出自粛などによって家で過ごす時間が増えたこと、また今回のことを機に生き方や貯蓄のあり方について考えた方も多いのではないでしょうか。 こうした影響のためか、この1か月でネット系証券会社の口座開設数が過去最高のペースで増えているそうです。 コロナによる「一時帰休」などで自宅にいる時間が増えた方は新しいことを始めるチャンスでもあります。 AIが最適な投資対象へ分散投資を行ってくれるため、初心者でも取り組みやすく「積立・分散」という投資の必勝パターンを無理なく実現できる「ロボアドバイザー投資」をご存知ですか? ロボアドバイザー投資を始めるなら、 ノーベル賞受賞の経済理論によりAIが自動であなたの投資信託を運用してくれる がオススメ!月1万円から積立投資が始められます! は、 5つの質問に答えるだけであなたの投資スタイルや運用目的に最適な運用をAIが自動で行ってくれるサービスです。 「ロボアドバイザー投資」を利用している方の 67.1%は「投資初心者」の方というデータもあり、投資をこれから始めるという方にもピッタリなサービスです。 さらに とドコモが連携したサービスである「」ならdカードとも連携しているから、 買い物の「お釣り」を積立てて投資ができるうえ、「dポイント」も溜まります。 口座開設は 「簡単3ステップ」で完了しますので、まずは口座開設してみましょう。 昇給又は降給等により固定的賃金に変動があった• 変動月からの3か月間に支給された報酬(残業手当等の非固定的賃金を含む)の平均月額に該当する標準報酬月額とこれまでの標準報酬月額との間に2等級以上の差が生じた• 3か月とも支払基礎日数が17日(特定適用事業所に勤務する短時間労働者は11日)以上である より まず1点目ですが、• 昇給・降給などによって月給・日給・時給などのベースが変動した• 住宅手当・家族手当など毎月固定の手当などが増減した• 2点目は、 「継続した3か月」の平均報酬月額(残業代などの手当含む収入額)が、これまでと 「2等級以上の差が生じた」場合です。 ポイントはこの「継続した3か月」と「2等級以上の差」です。 「2等級以上の差」とは、 社会保険料を算定するうえでの「報酬のランク」が2ランク以上変わった場合 ということです。 社会保険料の額は給与の額に応じて1等級から50等級(厚生年金は31等級まで)まで保険料の「ランク」が定められていて、 ランクが高くなるほど保険料が高くなる仕組みです。 この「ランク=等級」が2つ以上変動した場合に「随時改定」を行う可能性が出てくるということです。 いくらくらい変動すれば「2ランク」変わるかですが、ランクが低い方だと月平均1万円前後、高くなるほどに2万円~4万円ほど、さらに高くなると6万円~ といったように、報酬の額に応じて「ランク=等級」の幅も変わるため一概には言えません。 東京都の場合のランク一覧は、にある通りです。 都道府県によってそれぞれ保険料が異なりますので、ご自分のお住まいの都道府県の保険料はより該当の都道府県をクリックしてください。 3番目の「支払基礎日数」については、• 月給の場合は「その月の暦の日数」(カレンダー上の日数で土日祝日なども含む、例えば4月なら30日、5月なら31日)• 時給や日給の場合は、「出勤日数+その月の有給取得日数」 が3か月とも17日以上ある場合です。 休業などで出勤日数が少なくなって給与が減った場合は、支払基礎日数17日以上の要件を満たさないため、「原則」随時改定の対象にはなりません。 コロナで会社が休業した場合は? 休業した場合でも「随時改定」の対象となる「例外」があります。 以下は、日本年金機構のHPからの抜粋です。 一時帰休(レイオフ)のため、継続して3か月を超えて通常の報酬よりも低額の休業手当等が支払われた場合は、固定的賃金の変動とみなし、随時改定の対象となります。 また、一時帰休が解消され、継続して3か月を超えて通常の報酬が支払われるようになった場合も随時改定の対象となります。 日本年金機構HP 随時改定 より とあります。 「一時帰休(いちじききゅう)」というのは、 不況による業績悪化などを理由に、労働者を在籍のまま一時的に休業させることをいいます。 この場合、会社都合での休業ということで、労働基準法26条の規定により通常の賃金の6割以上を支払わなければなりません。 この「一時帰休(いちじききゅう)」の状態が3か月以上続いた場合には、固定的な賃金が変動したとみなして「随時改定」の対象とする という「例外規定」があるのです。 以下は労働基準法26条の条文です。 第二十六条 使用者の責に帰すべき事由による休業の場合においては、使用者は、休業期間中当該労働者に、その平均賃金の百分の六十以上の手当を支払わなければならない。 そのため今回のコロナショックの影響で、会社都合により自宅待機などを命じられ、通常の賃金よりも少ない額の「休業手当」などを受け取った場合で、その状態が3か月以上続いた場合には、 「随時改定」の対象となり、社会保険料が引下げられることとなります。 ただし「一時帰休」が解除されて元の賃金に戻って3か月以上経った場合には、再び「随時改定」によって社会保険料が元に戻ることになる点は注意が必要です。 まとめ いかがでしたでしょうか? コロナで休業させられた場合にも、社会保険料が下がる可能性があります。 ただしその場合でも、「3か月」以上経たないと変更されないため注意が必要です。 コロナによる「一時帰休」などで自宅にいる時間が増えた方は新しいことを始めるチャンスでもあります。 AIが最適な投資対象へ分散投資を行ってくれるため、初心者でも取り組みやすく「積立・分散」という投資の必勝パターンを無理なく実現できる「ロボアドバイザー投資」をご存知ですか? ロボアドバイザー投資を始めるなら、 ノーベル賞受賞の経済理論によりAIが自動であなたの投資信託を運用してくれる がオススメ!月1万円から積立投資が始められます! は、 5つの質問に答えるだけであなたの投資スタイルや運用目的に最適な運用をAIが自動で行ってくれるサービスです。 「ロボアドバイザー投資」を利用している方の 67.1%は「投資初心者」の方というデータもあり、投資をこれから始めるという方にもピッタリなサービスです。 さらに とドコモが連携したサービスである「」ならdカードとも連携しているから、 買い物の「お釣り」を積立てて投資ができるうえ、「dポイント」も溜まります。 口座開設は 「簡単3ステップ」で完了しますので、まずは口座開設してみましょう。

次の