ユーフォルビア ダイヤモンド スター。 ユーフォルビア(「ダイアモンド・フロスト」など)の育て方

ユーフォルビア(「ダイアモンド・フロスト」など)の育て方

ユーフォルビア ダイヤモンド スター

日光を好みますので、日当りのいい場所で管理します。 <春>日当たりで管理します。 見た目は繊細ですが、実は乾燥に強く頑健。 <夏>日当たりでも大丈夫ですが、あまりに暑いと傷んでしまいます。 出来ればで管理します。 <秋>また春と同様に日当たりで管理します。 霜が降りる前に室内に取り込むか軒下に移動させます。 <冬>霜の降りないであれば戸外で越冬可能です。 霜が降りる地域ならば、室内で管理するか軒下で管理すれば越冬して春からまた花を咲かせてくれます。 あまりに暑い場合は半日陰に移動させてください。

次の

【楽天市場】ユーフォルビア ダイヤモンドスター 3号ポット苗 PW PROVEN WINNERS:花みどりマーケット 楽天市場店

ユーフォルビア ダイヤモンド スター

ユーフォルビア「ダイアモンドスター」 3. 同じ3. 5号苗でも 状態によって価格差があります。 ユーフォルビアの元祖!ハクサンさんの「ダイアモンドフロスト」の八重咲きタイプがこの「ダイアモンドスター」です。 やっぱりトップブランドなのでちょっとお高いですが。 一重のユーフォルビアも涼し気で綺麗ですが、似たような品種が何処にでも販売されているようになり、いつの間にかご無沙汰に。 でも、今もちょこちょこ「夏のお庭の定番」と聞こえてきます。 八重花の「ダイアモンドスター」は、一重の「ダイアモンドフロスト」より花が豪華なだけでなく、伸びにくくコンパクトに育つので、花の密度が凄いんです。 画像でもお分かりいただけると思いますが、苗のままでも目に留まる美しさ。 一重のユーフォルビアは、苗のままでは存在感がなく、お値段の割に寂しいものが多かったんですよね。 すぐに茎が伸びるのでピンチするとしばらく花がなく、また開花する頃には枝の張り過ぎた苗になってしまうことも。 ぎゅっと詰まった良品の開花株を目指すとなると厳しいものがありました。 カスミソウ色に、色物の花と一緒に植えて育てると綺麗なんですけれど。 ユーフォルビアの人気のポイントは、 お手入れいらずで晩秋まで花が途切れずに次々と咲いてくれること。 花がら摘みをしなくても全然見苦しくなりません! そしてもう一つ。 どんな花とも合わせやすいこと。 そのままでいいんです。 ただ、開花期が長いので、長く育てていると大きくなりすぎてしまうこともあります。 その時には切り戻してくださいね。 それでもこの苗でしたら、そのお値打ちに感激していただけることでしょう。 是非お試しくださいね。 画面上は在庫がありご注文を承りましても、急に在庫が足りなくなっている場合もあります。 その場合、ご注文承った後に当店よりメールにて、「数量変更のお願い」もしくは「再入荷予定日」をご案内させていただきます。 枝ぶり、蕾・花の数が全く同じものはありませんが、似たようなものです。 植物は日々生長していることをご理解ください。 また、色はできるだけ現物通りに再現する努力はしておりますが、発色はご覧のPC環境によって異なります。 *商品スペック* 3. 5寸(直径10. 5号ポット 税込み販売価格 605円 税別価格 550円 在庫数 数量:.

次の

ダイアモンドフロストの育て方|置き場所や水やりの頻度は?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

ユーフォルビア ダイヤモンド スター

置き場所 日が当たる、風通しの良い戸外で管理しましょう。 水やり 土の表面が乾いたら、鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと灌水します。 夏は日中の暑い時間帯を避け、朝か夕方に与えてください。 肥料 4~10月に「IBのチカラ グリーンそだちEX」などの固形肥料を月に1回与えてください。 また、週に1回「花工場」などの液体肥料を与えると良いでしょう。 花が咲き終わったら・・・ ・咲き終わった花は、こまめに摘み取りましょう。 ・株が乱れてきたら、形を整えるように、枝先を刈り込みましょう。 ユーフォルビア「ダイアモンドスター」を育てるポイント ・肥料が不足すると葉が黄色くなります。 開花中は切らさないようにしましょう。 ・寒さに弱いので、日本の気候では一年草として扱われています。 室内に取り込み、暖かい場所で管理すると、冬越しできる場合もあります。

次の