高齢 者 足 の 甲 むくみ マッサージ。 高齢者の足のむくみの原因と解消法

高齢者の足のむくみについて

高齢 者 足 の 甲 むくみ マッサージ

Contents• 高齢者の足のむくみとは むくみって何? 体の一部や全体が太ったり筋肉が増えたわけでもないのに太くなっている、膨らんでいるような状態を「むくんでいる」と言われます。 むくみとは通常なら循環している体の水分が流れずに溜まってしまうことで体の一部や全体が膨らんでしまう状態です。 むくみなの? 太ったの? 見分け方 ただ足が太くなっただけなのかむくみなのか、簡単に見分ける方法があります。 むくんでいると思われる場所を指で数秒押します。 指を放した時に押した部分が凹んだまま戻らない場合はむくみです。 むくみって何が起きているの? むくみとは水が溜まっている状態ですが、針を刺して水を抜くというようなことができません。 むくみは水疱のような水の溜まり方とは少し違います。 通常水分は血液とともに体を巡り、毛細血管から各細胞へと受け渡され、古い水分は老廃物とともに排泄されます。 しかし何らかの原因でそれがうまくいかなくなったとき、水分が細胞と細胞の間で溜まってしまいます。 スポンジが水をすっているような状態になります。 それが体の一部や全体で起こるため、ぼってりとふやけたような膨らみ方になります。 また皮膚が広がれる限界に達すればパンパンに皮膚が張った状態になります。 なぜ足がむくみやすいの? 水分は重力によって下にたまりやすくなります。 人間は基本的に活動しているときは立ったり座ったりしていて足が一番下になります。 そのため足が一番むくみやすく、臓器や水分の循環で異常が起きた時にむくみの症状が出やすくなります。 高齢者の足のむくみの原因 足の筋肉を使わない 体の血液を送り出すポンプの役割をしているのはどこでしょうか。 実は心臓だけではありません。 心臓によって送り出された血液は各筋肉の収縮の力も使いながら全身を流れていきます。 特にふくらはぎの筋肉は第二の心臓とも言われています。 重力によって下に溜まりやすい血液を重力と逆の方向に押し上げる働きをしています。 足の筋肉を使う機会が減ったり、筋力が低下することで足のポンプとしての機能が弱くなり水分がたまりやすくなります。 座りっぱなし 高齢者は腰膝等の痛みや筋力の低下で歩く機会が減ったり、車椅子を利用して座っている時間が長くなりがちです。 足の筋肉を使うことが少なくなるのでポンプの作用が弱くなり足がむくみやすくなります。 冷え 体が冷えると血管も収縮します。 体を巡る血液の循環も悪くなるので水分の排出がうまくいかなくなり体がむくみやすくなります。 塩分、水分などの取りすぎ 塩分は体に水分を取り込もうとする働きがあります。 体の水分が増えるとそれを排出する機能が間に合わないことで水分が体にたまっていきます。 行き場をなくした水分はむくみとなって現れます。 内蔵、循環器の機能低下・老化 水分がうまく体をめぐるようにする循環器や排泄のための臓器の機能が低下しているとそれだけ水分をうまく排出できなくなります。 病気とまではいかなくても老化によりこれらの機能が低下してむくみが起きやすくなります。 病気 むくみは体の異常を知らせるサインでもあります。 高齢者の場合は特に急激に強いむくみが出た時は臓器や循環器などに異常が起きている場合があります。 高齢者で足の強いむくみ等がある場合、他にも何か目立った症状がないかなどよく観察すると病気の早期発見につながることもあります。 薬の副作用 薬の副作用でむくみの症状を引き起こす場合があります。 薬を飲んでからむくみが出やすくなった場合や飲んでいる薬に心当たりがある場合は医師に相談しましょう。 高齢者足のむくみの予防と対策 足を高くする 足を高くすることで足にたまった水分が低い方へ移動します。 重力を利用して水分を循環させます。 足の筋肉が弱い高齢者でも簡単に取り組める方法です。 方法としては、仰向けに寝て足の下にクッションなどをいれて体より高い位置にします。 また椅子に座った状態で足を乗せられる台などを用意して足を乗せます。 できれば座っている椅子より高い位置に足があると効果的です。 足が上手く上がらない場合は背中を少し倒せるような姿勢になると足が上がりやすくなります。 歩く、立つ(足を使う) 歩行が可能であれば出来るだけ立ったり歩いたりという機会を増やします。 足の筋肉の低下を防ぐことでむくみを予防します。 ただしあまり動いていなかった高齢者が急に取り組もうとすると体を壊したりしますので注意が必要です。 マッサージ 足の血流を良くすることで細胞に溜まった水分の排出を促します。 マッサージは基本的には末端から心臓へ向かって行います。 自分でやる場合は力を入れすぎると筋肉を痛めたりしますので注意しましょう。 温める 温めることで血管が拡張して血流が良くなります。 入浴や足浴などで温めたり衣類等で温めたりします。 入浴は心臓に負担がかかるので心配な場合は足浴でも温めることができます。 衣類で温める場合は部分的に締めつけすぎたりするとかえって血流が悪くなりますので注意しましょう。 食生活の改善 塩分や水分の摂り過ぎでむくみやすくなっている場合があります。 塩分の調整を行うなどしてむくみを防ぎます。 塩分の摂り過ぎは確かに体に良くないのですが高齢者の場合 必ずしも塩分が原因のむくみとは限りません。 また味気ない食事になることで生活の楽しみが減ってしまうこともあります。 塩分は調整しても食事の楽しみが無くならないように工夫が必要です。 水分の調整は、うまく水分を排出できない状態で水分が入ってくるとどんどんむくんでいきます。 しかしむくんでいるからといって必要な水分が足りているとは限りません。 むくんでいても脱水症状を引き起こします。 食事や水分の調整は独断で行わず医師や専門の機関に相談しましょう。 サポーター サポーターで足を引き締めてむくみを予防したり改善したりする方法があります。 足の筋肉を引き締めることで水が溜まりにくい(むくみにくい)状態になり弱った足の筋肉のポンプ機能をサポートしてくれます。 締め付けすぎると逆に血液の循環が悪くなる場合もありますので心配な時は医師や専門の機関に相談しましょう。 薬 病院ではむくみに対して利尿剤などを用いて改善を図ります。 この場合心臓への負担やほかの病気への配慮から薬でむくみを治療します。 薬には副作用もありますので医師や薬剤師等とよく相談しましょう。 高齢者の足のむくみでのマッサージ 高齢者だけに限らない話ですが、足のむくみを解消するマッサージにおいて 「足先から心臓へ向かってマッサージする」というのは基本中の基本です。 しかしながら注意しなければならない点もあります。 高齢者というのは血管がもろくなりやすく、ちょっとの負担や圧が大きな負担になりやすいのです。 そのため、20〜30代の若い人の体にマッサージするように、強めの圧や負荷ではいけません。 体をあくまでも優しくさすったり温めたりすることが大切です。 たち仕事でむくんだ若い女性の足を揉みほぐすのと、高齢者の血管機能が低下したゆえのむくみでは、そもそも大きく原因も異なりますし、耐えられる負荷や負担も大きく異なります。 足のむくみでマッサージをするならば、揉むのではなく「さする」ようにしましょう。 優しくさすって血流を促すことが大切なポイントです。 介護の現場や医療の現場でも用いられているのは、足湯などの下半身から優しく温めるマッサージ法です。 体を足先から温める足湯や温浴マッサージというのは、体を優しく温めて負荷をかけることなく血流改善効果が期待できます。 心地よい足湯などの温浴マッサージは、心も体もホッとできるので高齢者にとってもストレス解消やリラックス効果となるでしょう。 注意点 高齢者の足のむくみにはいろいろな病気が隠れていることがあります。 老化によってむくみやすくなっているのか、病気なのか。 その違いは病院に行って検査をするのが一番間違いはないのですが、気になるたびに病院に行くわけにもいきません。 多くの場合むくみの他に症状が出たりします。 他の症状と合わせると病気を見つけるヒントになります。 リンパ浮腫 リンパ管が怪我や癌の手術などにより傷つき、機能に異常が生じたときに起きます。 代表的な症状:手や足に強いむくみが出やすい。 手や足のだるさ。 腎性浮腫 腎臓の異常によって起こるむくみです。 足だけではなく全身にむくみが現れます。 腎性浮腫のむくみは左右対称に現れます。 ひどい時は肺に水が溜まることがあります。 腎性浮腫を起こす病気としてネフローゼ症候群や慢性腎不全などがあります。 肝性浮腫 肝臓の異常によって起こるむくみです。 肝臓に異常が起こると血管に水分をとどめておく物質が分泌されなくなり、むくみを生じます。 むくみは全身に見られますが足から起こりやすくなります。 腹痛や腹水、黄疸などの症状が現れます。 肝性浮腫を起こす病気として肝硬変などがあります。 心性浮腫 心臓の異常によって起こるむくみです。 心臓の機能が弱くなり血流が悪くなることでむくみが起こります。 むくみは主に足に見られます。 夕方になるとむくみの症状が強くなったり呼吸が苦しくなったりします。 心性浮腫を起こす病気として心不全や肺性心などがあります。 内分泌性浮腫 内分泌系の異常によって起こるむくみです。 顔や手足のむくみ、汗をかかなくなったり、寒気をうったえるなどの症状があるときは甲状腺機能低下症の疑いがあります。 栄養障害性浮腫 栄養の取りすぎや不足、栄養吸収の異常などによって起こるむくみです。 栄養の種類によって様々な症状があります。 代表的なものはビタミンB1欠乏症で手足のむくみ、しびれ感、動悸、筋力低下などの症状がでます。 静脈性浮腫 静脈の異常により血液が心臓に戻れなくなることによって起こるむくみです。 足の静脈の怒張、立っているとき足がだるい、重い、痛いなどの症状がでます。 静脈瘤深部静脈弁機能不全症、深部静脈血栓症などの疑いがあります。 まとめ 足はむくみが出やすい場所であり、何らかの病気や異常を知らせるサインでもあります。 上記むくみを起こす病気に関してはごく一部です。 むくみを起こす病気や体内での異常は様々なものがあります。 むくみは心臓への負担や日常生活に支障がでたりします。 日頃から改善につとめ、気になることがあれば他の症状と一緒に早めに医師に相談しましょう。 介護の相談を受けて報酬がもらえるサービス? 会社勤めの方が家族の介護を理由に辞めてしまう【介護離職】 そんな人の介護の相談に乗るだけで報酬がもらえちゃうサービスを紹介します! 空いた時間でお小遣いが稼げ、スキルや資格を活かせるサービス【JOJOS】の登録はこちら! LINEからのご登録はこちら! 関連記事.

次の

足のむくみはふくらはぎマッサージでは効果なし!改善法を医師が解説

高齢 者 足 の 甲 むくみ マッサージ

ご高齢の方にマッサージは禁物です。 血管が弱くなっていますから…さする・なでる程度で。 うちの母も同じような状況ですが、足浴が効果あるようです。 母の場合は足首から甲にかけてのむくみなので、バケツにぬるめのお湯でゆっくりつかってもらい、ついでにふやけた足の爪を切ります。 ふくらはぎまでむくんでしまったときは、襟巻を巻いて足を高くして横になってもらってます。 汗をかかないよう気を付けます。 なにより少しでも体を起こし、起きて動いてもらうことがいちばん効果的と感じています。 手を上げることだけでも効果あるよと主治医に言われました。 ムッシュさんのようにやさしいお孫さんがあれこれしてさしあげること自体が、心や身体の元気・血行の良さにもつながっていくのではないでしょうか。 どうぞいろいろ声かけてあげてくださいね。 337.

次の

高齢者の足のむくみ解消法は?甲がむくんだ場合は?

高齢 者 足 の 甲 むくみ マッサージ

むくみには、病気が原因で起こる慢性のものと、生活習慣による一過性のものとがあります。 慢性のむくみ• 全身のむくみ 心臓、肝臓、腎臓、甲状腺などの病気• 片足だけのむくみ 深部静脈血栓症、リンパ浮腫、下肢静脈瘤など 高齢者の場合、年齢による臓器の機能低下があり薬の服用も多いため、薬剤の影響も考えられます。 また、高齢の場合で急激なむくみの他に、体重の増加や息切れなどの症状があるときは、緊急を要する病気の可能性があるかもしれません。 はじめに受診して、足の甲のむくみに病気の原因がないかを確認しましょう。 一過性のむくみ• 長時間の同じ姿勢によっておこる• 塩分で水分を摂りすぎ、糖分で水分を溜める• 加齢による基礎体温の低下• 身体的・精神的なストレス など 一晩寝て足の甲のむくみが改善するようなら、生活習慣によるものが多いものです。 しかし、同じ生活を繰り返すことで、足の甲がすぐにむくんでしまうようなときは、生活習慣を変えていく必要があります。 生活習慣による足の甲のむくみ 1. 長時間の同じ姿勢によっておこる 座っていることが多い高齢者にとって、ふくらはぎを動かすことが少なくなり、足のむくみに繋がります。 そのような時の対処法には、次のようなものがあります。 立つ機会を増やす• 足を高くする• 体操をする• 土踏まずを刺激する 1.立つ機会を増やす ふくらはぎのポンプ機能を高めるために、立つ機会を増やし歩いてみましょう。 食器を片付ける、カーテンを開ける、物を取るなど、ご家族がいるとどうしても頼んでしまいがちですが、「歩く機会を増やすため」と思って行っていきましょう。 2. 体操をする 椅子に腰かけた状態で出来る体操をしてみましょう。 片方のふくらはぎを、反対の膝に乗せます(足を組んだ状態)• 膝に乗せた足の、足先を前後に大きく上げ下げします• 5回ほど行ったら、反対も同様に行います 思いついたら一日に何回か行いましょう。 痛みのないように行って下さい。 3.土踏まずを刺激する 足の裏には、静脈の血が溜まりやすい部分があります。 青竹や足ふみマッサージの用具を使って、足裏を刺激しましょう。 土踏まずを刺激することで、足のポンプ機能を助けます。 足ふみマッサージの用具は、100均でも購入できます。 4.足を高くする 動く動作が大変な方は、足を高くして過ごしましょう。 足は心臓の高さと同じくらいが良いのですが、それでは寝たきりになってしまうので、膝と同じ高さになるようにしてみましょう。 椅子に座って過ごすことが多いときは、スツールに足を乗せて過ごすとむくみに効果があります。 2.塩分で水分を摂りすぎ、糖分で水分を溜める 高齢になると味覚に変化があらわれ、しょっぱいものや甘いものを欲しがるようになります。 塩分を過剰に摂取すると、血中の塩分濃度が高くなり、濃度を下げようと体が水分を欲しがるようになります。 また、糖分には水を溜め込むという性質があります。 塩分の摂り過ぎで水をたくさん飲んだり、甘いものを多く食べることで、体内に水分が溜まってしまいます。 そして、そのような水分の摂りすぎが足の甲のむくみに繋がっていきます。 改善するためには、しょぱいものや甘いものを控える必要がありますが、その他にカリウムを含む食品を摂ると改善が見込めます。 しょっぱいものを多く食べたとき カリウムは塩分であるナトリウムを、運ぶ役目を持っています。 塩分を摂り過ぎたときは、カリウムの多い食品を摂って塩分を体外に排出しましょう。 カリウムの多い食品 カリウムを多く含む食品は、野菜と果物です。 その他には、海藻類やナッツ類、芋類などがあります。 カリウムは、水に溶けやすいという性質があります。 煮たり茹でたりすると、水に溶け出て成分が少なくなってしまいます。 効率的に摂るためには、生の状態で食べることをおススメします。 腎臓の病気のある方 腎臓の病気のある方で、食事制限のある方では、カリウムの制限のある場合もありますので、栄養指導を受けながら食事療法を行ってください。 3.加齢による基礎体温の低下 高齢者の方は、基礎体温の低い方が多いものです。 50歳以下の方の平均体温が36. 89度前後なのに対し、65歳以上の方ではその平均体温は36. 66度前後で、0. 2度以上低くなっていきます。 施設に入所している方にも、基礎体温の低い方が多く35度代が平熱という方もいるほどです。 冷え性は、血の巡りを悪くして水分の巡りも悪くしてしまいます。 寒い時期の冷え対策は、とても大切ですので改善していきましょう。 足の冷え性を改善する方法には、次のようなものがあります。 入浴や足浴• 衣類を重ね着する• フットウォーマーを使う 1. 入浴や足浴 入浴は40度程度の湯温で、5分~10分位が目安です。 湯温が高かったり長湯をすると、高齢者にありがちなかゆみを伴ってしまいます。 足浴は、40度前後のお湯をバケツや専用の容器に入れ、10分程度足を入れて温めます。 寒い時期は、少しずつお湯を足していくと湯温を下げずにすみます。 2.衣類を重ね着する 衣類の重ね着は、カーディガンなどの上着で行うことが多いのですが、高齢者の方にはズボン下の肌着を1枚増やすと、保温性が高まります。 かゆみのある方には、綿100%の素材がおススメです。 フットウォーマーを使う 足を温めるための用具で、両足を揃えて袋状の保温具に足を入れて温めます。 ソックスタイプなど様々な種類があります。 介護施設などでは、フットウォーマーにホッカイロを入れて使っています。 足の血行が良くなり、長い時間使用できるのでおススメです。 高齢者のストレスには、若年者とは違うストレスの変化があります。 退職による生活の変化のストレス• 家族の病気や介護によるストレス• 配偶者や親近者との死別• 眠りが浅い• 判断力が落ちる• 物事が面倒になる など 『ストレスホルモン』で体内に水分が溜まる 体に大きなストレスがかかると、『コルチゾール』というホルモンが増えます。 このホルモンは、俗にストレスホルモンと呼ばれ、このホルモンが多くなると水分の排出がスムーズに行われず、体内に水分を溜め込んでしまいます。 また、『コルチゾール』は、筋肉を構成するタンパク質に影響し、コルチゾールが増えてしまうと筋肉を落としてしまいます。 筋肉が減ると、足の筋肉も減少しますから、ポンプの機能が果たせず、足のむくみに繋がっていきます。 高齢者のストレスは、「自分の思ったように出来ない」ことがストレスに繋がりやすくなります。 家族や周囲の人が、焦らせたり急がせたりすることがないよう、「遅れてもいい」「できなくてもいい」という心構えで接していきましょう。 足のむくみは静脈で起こる 心臓から送られる血液は動脈を通って、全身の毛細血管まで運ばれます。 毛細血管まで運ばれた血液は、静脈を通って心臓に戻る仕組みになっています。 足の毛細血管まで行きついた血液。 その血液は、毛細血管から今度は静脈に運ばれます。 静脈に運ばれた血管は、心臓に戻りますが、重力があって戻りづらくなります。 その送り出す力となるのが、ふくらはぎの筋肉です。 ふくらはぎを動かすことによって、ポンプとしての役割を行い、心臓まで送り届けます。 静脈には、弁がついていて逆流を防いでくれます。 血管の壁には、細かい穴があり水分が染み出ています。 染み出た水分の一部は、リンパ液としてリンパ管に吸収されます。 足の静脈で、血液が滞ると水分が血管外に流れやすくなります。 すると、リンパ管では吸収しきれない水分が、細胞間に流れ足がむくみます。 足の静脈で、血液が戻りづらい• 血管の穴から、水分が漏れ出る• リンパ管で吸収できない水分がある• 細胞間に流れる細胞間液(余分な水分)となる• 足のむくみになる むくみが起きる仕組みを知ることで、なぜ温めたり運動したりするのかを理解できます。 さいごに 高齢者の方の足の甲にむくみがあると、ご本人はもとより周囲の方も気になりますね。 高齢者の方の足の甲に、むくみがあるときは、一度受診して原因が病気によるものなのかを確かめましょう。 むくみに繋がる病気が見つからないときは、生活習慣を変えることで改善が見込めます。 1.『長時間の同じ姿勢によっておこる』のときは、体を動かす。 2.『塩分で水分を摂りすぎ、糖分で水分を溜める』のときは、カリウムを摂る。 『加齢による基礎体温の低下』のときは、体を温める。 4.『身体的・精神的なストレス』のときは、リラックスして過ごす。 様々な原因で起こる場合の対処法を試してみて、むくみを軽減していきましょう。 おすすめの記事.

次の