田中将斗。 藤田和之・公式オフィシャルサイト/KAZUYUKI FUJITA

【DDT】田中将斗が緊急決定試合で青木真也を破り、KO-D無差別級王座V4に成功! | ガジェット通信 GetNews

田中将斗

田中将斗選手の軌跡 まずは田中選手のプロフィールを 見ていきましょう。 田中将斗選手は 1993年に FMWにおいて本名の 田中正人としてデビューしました。 当時は 大仁田厚がFMWにおいて 全盛期の頃で、田中選手は 有刺鉄線などを使った デスマッチスタイルの試合も多く 彼の体や額の傷がその過酷さを 物語っています。 大仁田厚の引退後の 新生FMWで 田中選手はエースのハヤブサ選手と 並び、 団体の顔として、 FMWマットを守りました。 中でも エンターテイメント路線に 舵を切った当時のFMWで 冬木弘道さん団体の コミッショナーとして就任した際に 1度でもフォール、ギブアップ負けを した場合、即リストラという 過酷な条件で連日激しい試合を 乗り越えてました。 最終的に 逆に冬木さんをFMWから追放する というストーリーは当時の FMWファンを熱狂させていました。 その後FMWにおいて、 邪道選手、外道選手、中山選手と コンプリート・プレイヤーズを 結成し、 エンタメ色の強くなった FMWにおいて、バチバチの プロレスを展開していました。 海外マット、 ECWでの熱戦も 話題となっていました。 FMW崩壊直前に退団し、その後 ZERO-ONEに主戦場を移し、 おない年の大谷晋二郎とのタッグ 「炎武連夢」を結成して、 2002年に プロレス大賞ベストタッグを受賞し 見事なタッグワークを見せつけて くれていました。 その後は新日本プロレスにも参戦し、 IWGP インターコンチネンタル、 IWGP NEVERの両タイトルを 獲得し、その実力がメジャー団体でも 通用することを証明しました。 特に石井智宏選手との試合は その年のベストバウト候補に あがるほどの試合となり、 良い意味でこの二人の試合は 近年の新日本プロレスらしくない ゴツゴツした試合となり、 後楽園ホールを熱狂の渦を 巻き起こしました。 現在もZERO-ONEを主戦場に 多くのプロレス団体で、暴れまわり いまなお、多くの刺激的な試合を 展開し、メジャー、インディーを 問わず活躍する選手となっています。 田中将斗の筋肉がすごい! 田中将斗選手はFMW全盛の頃には 体重は100Kgを超える ヘビー級の選手として、団体を 牽引していましたが、 退団する前に 大幅な肉体改造を 敢行しました。 FMW時代の田中選手の体がこちら。 ヘビー級の選手らしい体ですね。 今の田中選手しか知らない人が この写真を見ると、 少しぽっちゃり? と思う方もおられるかもしれません。 そして 現在の田中選手の体がこちら。 明らかに体つきが違うことが 誰の目から見てもわかりますね。 まるで 彫刻のような肉体で、 体重は 90Kg台までおとし、階級でいうと ジュニアヘビーの体重になっています。 ZERO-ONEジュニアのトーナメント、 2007年の「天下一Jr. 」で 見事 優勝しています。 ZERO-ONEにおいては、ヘビーの リーグ戦、「 火祭り」でも 田中選手は優勝しているので、 ジュニア、ヘビーの団体における 大会で両方優勝するという まれな現象を引き起こしています。 FMWを退団する前に組んでいた、 コンプリート・プレイヤーズで 邪道選手、外道選手と共に 大幅な肉体改造を行いました。 もともと3人ともどちらかというと 脂肪を蓄えたぽっちゃりした体を していました。 しかし、3人の現在の肉体を見ると どれだけの努力で今の体を 手に入れたのか、その苦労が 良くわかります。 見ただけで、すごい筋肉!! と思わせる田中選手の肉体は まさに 努力の結晶を具現化した ものでしょう。 そんな田中選手の かっこいいカラダ。 あこがれますね。 田中将斗は結婚している? そんな田中選手、プライベートでは 2018年にリング上でご結婚を 発表されました。 気になるその お相手は20代前半の 一般女性とのこと。 20歳以上年下の奥さんとは、 たまに 親子と間違われるんだとか。 そして奥様との間にはお子さんにも 恵まれたそうで、現在妊娠中 とのことです。 DANGANジュニアの誕生が 楽しみになりますね。 田中選手と言えば、一時期 コンプリート・プレイヤーズでも 行動を共にした、 中山香里選手と ウワサがありましたが、 お相手は一般女性ということで、 あくまで、噂だったようです。 奥さんのことなどはあまり きいてほしくないようで、 詳しくは公表されていませんが お二人で幸せな家庭を作って いただきたいものですね。 結び 弾丸戦士田中将斗。 彼の昔からの入場テーマである 「DANGAN」が会場に 流れるだけで、様々な思いを 巡らせるファンが多くと思います。 私もその一人です。 FMW時代に 体を張った デスマッチで傷だらけになった時、 リストラの危機を乗り越えて 電流爆破で激勝した時、 ZERO-ONEでヘビー、ジュニア 両階級で無敵の強さを見せるとき、 新日本プロレスのドーム大会の タイトルマッチで東京ドームに 立った時。 ここまでメジャー、インディーで 様々な顔を見せるレスラーは そうはいないでしょう。 まだまだ 田中将斗は進化を続けている そんな風に思えて仕方ありません。 これからも 様々な会場で 「DANGAN」にのって、 さっそうと入場し、その肉体美を 惜しげもなくファンに見せつける 田中将斗選手を見たいものです。

次の

田中将斗はエルボーとキャリアがすごいプロレスラー。

田中将斗

20日、DDTプロレス後楽園ホール大会が開催。 メインイベントでは田中将斗の持つKO-D無差別級王座に竹下幸之介が挑戦した。 小さな頃からプロレスファンであり、3歳からビデオでプロレスを見ていた竹下少年は、田中将斗を真似てスライディングDを練習していた過去もあった。 そんな竹下は2012年に現役高校生レスラーとしてデビューし、現在はキャリア8年にして24歳。 王者である田中将斗からの指名を受け、過去の憧れを払拭するため王座戦に挑んだ。 開幕から強烈な打撃戦となり、どちらかがラリアットを叩き込めばラリアットで答え、田中のスーパーフライを竹下が剣山で迎撃すれば、竹下のダイビングボディプレスも田中が剣山で迎撃。 スライディングDをくらえば掟破りのスライディングDを竹下が叩き込み、ほぼノンストップの一進一退の攻防を見せた試合は、22分56秒ローリングエルボーで田中が打ち勝ち勝利した。 田中は「こんなご時世でDDTの大会が何本か飛んで、皆さんもこれへんかった大会いっぱいあると思う。 でも今日のこの戦い見てそのフラストレーション飛びましたよね?こういう状況でメイン、竹下幸之介、アナタとやれて俺は幸せでした。 俺がこないだ竹下幸之介呼び込んで、HARASHIMA、遠藤哲哉、竹下っていうのは俺にすごく刺激を与えてくれた人間。 この3人終えて今誰も出てこんし、そんな刺激のない奴らなら」とDDT選手に興味を無くしかけていたが、坂口征夫が入場ゲートからコーナートップに駆け上がりダイビングニーで襲撃。 これを避けた田中に坂口は「おい田中、刺激がねぇだと?いいか?4月俺に挑戦させろ。 どっちかがぶっ倒れるまで、もう勘弁してくださいと言うまで、俺はとことん殺ってやるからな」と挑戦を表明。 田中はこれを受諾し、次回4月12日のDDT後楽園ホール大会で田中将斗vs坂口征夫のタイトルマッチが決定した。

次の

田中将斗

田中将斗

坂口がエルボーからミドルキックの連打、PKで奇襲をかけ、マウントエルボーから三角絞めで捕獲、田中は逃れるも、坂口は飛びつき三角絞めで捕らえると、田中は逃れて場外へエスケープする。 坂口のプレッシャーは計り知れない。 DDTとしてEruptionとして一プロレスラーとして。 どう出るか。 — DDT UNIVERSE ddtuniverse 坂口はエプロンからのPKで追撃を狙ったが、田中が避けると、場外へ引きずり落として、エプロンに叩きつけ、先にリングに戻った田中は、ロープを跨いだ坂口にロープ越しでドラゴンスクリューを仕掛けると、右膝へスライディングDを炸裂させ、レッグロック、膝へニーを連発、膝へストンピング、関節蹴りの連打と右膝攻めで一気にリードを奪う。 田中の串刺し狙いは、坂口がジャンピングミドルで迎撃して、エルボーの連打も、ミドルキックをキャッチした田中は膝へスライディングDから足四の字で捕らえ、坂口はロープに逃れるが、田中はスーパーフライを投下すると、坂口は剣山で迎撃したが膝に更なるダメージを負ってしまう。 坂口はスリーパーも、逃れた田中はジャーマンで投げ、エルボーのラリーになうると坂口が崩れたが、田中のエルボーを避けた坂口は後頭部へ神の右膝から神の右膝を炸裂させる。 のめり込む技。 刻み込まれるダメージ。 意識が遠のいても本能で潰し合う…まさに死闘! — DDT UNIVERSE ddtuniverse 坂口は再度神の右膝を狙ったが、避けた田中が後頭部へローリングエルボーを炸裂させ、エルボーのラリーに持ち込むも、坂口はコブラクラッチで捕獲して一気に絞めあげ、田中はロープに逃れるも、坂口はスリーパーで捕獲する。 逃れた田中はマウントエルボーの連打を浴びせると、左右エルボーも、エルボーは避けた坂口は再びスリーパーで捕獲、逃れた田中はスライディングDもキックアウトした坂口が再びスリーパーで捕獲する。 スリーパーを解いた坂口は神の右膝を狙ったが、避けた田中はラリアットを炸裂させ、ローリングエルボーからマウントエルボーの連打を浴びせ、坂口がグロッキーとなったところでスライディングDが炸裂してカバーに入るが、坂口はキックアウトして立ち上がると、崩れるように倒れ、レフェリーはチェックに入って坂口が失神しているとして試合をストップ、田中が防衛となった。 \生放送中/『DDT TV SHOW 2』 坂口ダウンで無念のレフェリーストップ…。 Eruptionであり、KO-D挑戦剣を持つ樋口がリングに立つ。 行使するか!? — DDT UNIVERSE ddtuniverse 試合後は挑戦剣を持った樋口和貞が田中に迫るも、ERUPTIONが退場後は田中が「さいたまスーパーアリーナ、次の大会あるまで、俺が必ず、このベルト持っててやる」とアピールして締めくくった。 序盤こそは田中が右膝攻めでリードを奪ったが、後半からは坂口が田中の隙を突いてあと一歩まで追い込んでいたはずだった。 しかしマウントエルボーの連打で田中に狂気が宿り、スライディングDは坂口はキックアウトしたものの、そこで力尽きた。 田中の勝利だが、狂気が宿った田中将斗を見たのは初めてだった。 セミファイナルのクリスvs勝俣のハードコアマッチは、互いに竹刀を手にしてチャンバラも、クリスの竹刀をいなした勝俣はドロップキックで場外へクリスを追いやり、トペを狙ったが、クリスが竹刀でフルスイングして迎撃し、場外戦で誰もいない客席へ勝俣を叩きつけ、イスを首にかざすと絞めながらバックブリーカーで捕らえ、柵に叩きつけると幕で首を絞める。 \生放送中/『DDT TV SHOW 2』 セミファイナル ハードコアマッチ クリス・ブルックス vs 勝俣瞬馬 殺害予告 被害 vs垢BAN。 憎しみからは何も生まれない?いいえ、ハードコアマッチ生まれました。 言いがかりなんてクソ喰らえなクリス。 だって「バカガイジン(褒め言葉)」なのだから。 — DDT UNIVERSE ddtuniverse 勝俣も反撃してテーブルに叩きつけると、テーブルの上に乗ってエルボーのラリーとなり、クリスはテーブルの上で卍固めからプレイングマンティスボムを狙ったが、勝俣はリバースすると、テーブルから落ちたクリスにテーブルからプランチャを命中させる。 勝俣は竹刀でクリスを何度も殴打してからイスをリングに投げ入れ、リングに戻るとコーナーポストを外し、有刺鉄線バットとトラッシュ缶を投入してからコーナーにイスをセット、クリスにトラッシュ缶を被せてから有刺鉄線バットでフルスイング、コーナーにセットしていたイスに叩きつけてから串刺しエルボーから突進するが、クリスが避けたため勝俣がコーナーのイスに直撃する、 クリスはダウンする勝俣にイスをセットするとダブルニードロップを投下、逆水平からトラッシュ缶で殴打、左腕にトラッシュ缶をセットしてフットスタンプを投下する。 勝俣は天龍コンポで反撃したが、クリスはグラウンド卍で捕獲してからゆりかもめへ移行、クリスはイスを二脚を横にセット、その上へ前落としを狙ったが、勝俣が逃れると、逆にボディースラムで投げる。 勝俣はクリスをトラッシュ缶で殴打してから投げつけ、トラッシュ缶を被せてからミサイルキックを発射、バケツからレゴブロックをばら撒き、アスタラビスタを狙うが、逃れたクリスはショルダーアームブリーカーを決め、コーナーの勝俣をレゴブロックの上へ雪崩式ダブルアームスープレックスで叩きつける。 クリスはプラケースをたくさん投げ入れ、ラダーを持ち出すも、勝俣がスライディングキックでクリスの動きを止めると、プラケースでピラミッドを作ってからラダーをセット、プラケースの上にクリスの頭部をセットしてラダーへ昇るが、立ち上がったクリスがプラケースで殴打して追いかけるが、勝俣がプラケースピラミッドへサンセットフリップ式パワーボムでクラッシュさせる。 \生放送中/『DDT TV SHOW 2』 被害者でしかない勝俣、だから余計に負けられない! プラケースタワーがそびえ立つブロック玩具の海にクリスを放り投げる!!しかしクリスも意地で返す!! 両者全身真っ赤に…!!!!! — DDT UNIVERSE ddtuniverse 勝俣はブロックバットを手にしたクリスにムーンサルトアタックから突進するが、クリスはブロックバットでフルスイングして迎撃し、テーブルをセットして勝俣をイスでフルスイングする。 勝俣は意地で中指を立てたが、クリスは容赦なくイスでフルスイングし、ニーからテーブル貫通プレイングマンティスボムで3カウントを奪い激戦を制する。 ところが試合を終えたクロスをカリスマこと佐々木大輔が襲撃し、前回と一転して自身の保持するユニバーサル王座への挑戦を受諾すると、ダウンしているクリスにイスで滅多打ちにいする。 4WAYの選手権はカリスマは嫌だといいつつも、乱戦は得意としているだけにクリスや吉村、MAOは王座を奪取できるかどうか… 第1試合ではALL OUT皆殺しをアピールしたヨシヒコに、ALL OUTから彰人が対戦するも、彰人が雪崩式キン肉大断裂から完璧8の字固めでヨシヒコを圧倒、ヨシヒコは意地で彰人の足にしがみつくも彰人はストンピングを浴びせる。 彰人はハナマサを狙ったが、ヨシヒコが切り返してハーフネルソンスープレックスで投げと、カナディアンデストロイを決めたが、カバーは竹下が妨害してヨシヒコを襲撃、場外で乱闘となり、竹下はヨシヒコの脛を鉄柱に打ち付けると、振り回してから鉄柱に叩きつける暴挙に出る。 \生放送中/『DDT TV SHOW 2』 絶対絶命の彰人のところへなんと竹下が介入!目には目を歯には歯をと言わんばかりに、ヨシヒコに対し非道な攻撃を畳み掛ける竹下。 この抗争はこれからどう続いていくのか…お見逃しなく! — DDT UNIVERSE ddtuniverse 竹下はヨシヒコをリングに投げ入れると、彰人がカバーして3カウントを奪い勝利。 ヨシヒコからいつどこ挑戦権を奪取する。 竹下は第4試合で伊橋と対戦、久々の試合となる伊橋に苦しんだ竹下はビックブーツで反撃すると、コーナーでエルボーを乱打、レフェリーが制止に入るが突き飛ばしてしまう。 竹下は伊橋に垂直落下式ブレーンバスターからジャーマンを狙ったが、会場が暗転して、照明が点くと、前回同様ヨシヒコに入れ替わっており、ヨシヒコは第1試合の報復として竹下をスリーパーで絞めあげる。 勝俣vsヨシヒコのハードコアも決定! — DDT UNIVERSE ddtuniverse ヨシヒコが去って、伊橋がカバーも、レフェリーのカウントが遅れたため、竹下はキックアウト、伊橋のムーンサルトプレスを自爆させた竹下が丸め込んで3カウントを奪い勝利も、6日のSAMURAI TV「バトルメン」で生出演した際に襲撃を受けた勝俣がヨシヒコを挑発、ハードコアマッチでの対戦を要求する。 第3試合のアイアンマン選手権は3名の選手が先に試合して、残り1名は時間差で登場するルールで行われ、挑戦者の3人が先に試合をすることになったが、キャリアの浅い中村が二人に攻め込まれるも、何とか粘る。 そこで最後のディーノが登場するが、狩りタイムで入場するかと思えば、リング下から突如現れてHARASHIMAと高尾を排除、中村をリップロックから男色ドライバーで3カウントを奪い、今回はまともに防衛した。

次の