ケイジとケンジ 視聴率。 「ケイジとケンジ」視聴率急落!東出昌大を救えるのはこの人しかいない!?

東出昌大“最後のドラマ”!? 『ケイジとケンジ』視聴率回復にドヨメキ!

ケイジとケンジ 視聴率

俳優・とがW主演するドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(テレビ朝日系)の第6話が2月20日に放送され、平均視聴率は0. 6ポイントアップの9. 9%と二桁視聴率まで、あとわずかのところまで回復している。 「初回視聴率12. 0%と好スタートを切った同ドラマですが、東出の不貞騒動発覚後の第4話は8. 3%と最低を記録。 それが、第5話9. 3%、第6話9. 9%と順調に戻しています。 元高校教師の熱血刑事・仲井戸豪太(桐谷)と東大出身のエリート検事・真島修平(東出)が異色のコンビを組むという設定の面白さもさることながら、ヒットメーカー福田靖氏脚本の東出をイジるようなセリフが大ウケしていますね」(女性誌記者) 真島検事が思いを寄せる事務官・仲井戸みなみ()に「真島さんはもっと女性に優しいのかと思ってました」と詰め寄られた真島は「優しいですよ、僕は。 僕は基本、フェミニストなんです」と答えるセリフには《(女性に)優しいんだ!》といった失笑コメントが躍り、さらに、なかなか振り向いてくれないみなみに「仕事で気を引くしかない」と呟く場面もお茶の間を苦笑させている。 こうした脚本の妙もあり、バッシングされ続けてきた東出を取り巻く環境にも変化が現れているという。 「ネット上には『棒演技だなんてdisられてるけど、どん底のメンタルでもコミカルな演技できるあたり、やっぱりプロの役者じゃん!』『東出さんの演技結構好きなので、俳優として消えないで欲しい』『東出くんの演技、クセになる。 シリーズ化希望』といった応援の声が徐々にですが散見されはじめましたね」(前出・女性誌記者) 2月19日の「バイキング」(フジテレビ系)では、ゲストのコラムニスト・山田美保子氏がドラマ「ケイジとケンジ」のクランクアップを待って、今月末か来月頭に東出自身の謝罪会見が行われるのではないかと予想。 その時期は同ドラマが大詰めを迎える微妙なころでもある。 「テレビ局としては逆にこれに期待しているかもしれません。 東出にはドラマ放送中にスキャンダルが発覚したという局や共演者への負い目がありますし、自分のせいで視聴率を落としたという引け目もある。 会見を強く促されれば断れないでしょう。 (窪田史朗).

次の

東出昌大がクセになる?「ケイジとケンジ」に視聴率爆上げの予感(2020年2月27日)|BIGLOBEニュース

ケイジとケンジ 視聴率

「ケイジとケンジ」6話視聴率 「ケンジとケンジ」6話が放送されました。 気になる視聴率は、 9. 9%でした!前回より0. 6%アップしました。 脚本・福田靖さんは、海猿やHIROを手掛けた方です。 昨年は、NHKの朝ドラ「まんぷく」の脚本も担当しました。 「ケイジとケンジ」6話あらすじ 女子力が低くて恋愛方面はてんでさっぱり…な横浜桜木署の刑事・ 毛利ひかる(今田美桜)は職業を偽り、頑張って女子っぽさを意識しながら合コンに参加。 ところが、ついつい刑事のさがが前面に出てしまい、残念な感じに…。 女の幸せを見失い、落ち込みながら帰途につく。 そんな中、コンビニで強盗事件が発生した! 逃走した犯人・半田(長谷川朝晴)を逮捕したひかるは、取り調べもスムーズに終え、無事に送検。 仲井戸豪太(桐谷健太)ら刑事課の仲間も彼女のファインプレーをたたえ、警察の捜査は大団円を迎えたかに見えたが…。 その直後、捜査は振り出しに! というのも、横浜地方検察庁みなと支部の検事・ 真島修平(東出昌大)が半田を単独犯として起訴しようとしたところ、調書を読んだ部長検事・ 樫村武男(柳葉敏郎)の表情が一変。 捜査のやり直しを命じたのだ。 再捜査の指令を受け、ひかると 目黒元気(磯村勇斗)が入手した一枚の運転免許証データを見た豪太らは、我が目を疑う。 出展: 偽造された免許書 コンビニ強盗・半田には、兄がいる。 単独犯だと言い切れるのか?樫村は、真島に詰め寄る。 「半田一郎?兄弟が事件と関係あるんですか?あれは単独犯じゃ?」 なぜそう言い切れる?もし、一郎が知っていたら、そそのかされてやったのかも知れない。 ひかるは、兄を調べることになった。 「半田の兄貴の免許証です。 」 逮捕されたのは、半田一郎であることが分かった。 弟の半田二郎になりすまして免許証を更新していた。 弟は行方不明だった。 「あなたは、半田二郎じゃない。 半田一郎さんだよね。 言い訳したってムダだよ。 」 一郎は、素直に認めた。 少し痩せたという理由で担当者は騙せた。 弟の免許書で借金をしたこともある。 「お前が殺したんだろ?」 「殺したりしてませんよね。 生きてるんでしょ?生きてるのよね、弟さん。 」 半田二郎の所在を確認することになった。 半田の家からルミノール反応が出た。 床下からは、骨らしきモノも発見される。 「弟は、よく鼻血を出していました。 」 捜査一課が動きだした。 真実を見つけるために所轄が現場に向かった。 床下からは、タイムカプセルが見つかった。 タイムカプセルに込めた未来への想い 「もしかして、半田二郎さん?これって、あなたですか?」 「何で俺の写真?」 半田二郎は、生きていた。 ひかるは、二郎を抱きしめてしまう。 真島は、タイムカプセルにあった手紙を見せた。 30年後の僕たちへ、今僕は12歳です。 隣には10歳の二郎がいます。 30年後の僕は、今何をしてますか?きっと立派な大人になって、人の役に立つ仕事をしていますよね。 ステキな恋をして、キレイな奥さんと可愛い子どもたちに囲まれていますよね。 二郎とも仲良く家族ぐるみの付き合いをしていますよね。 僕も二郎も全然、勉強はできないけど30年後は、みんなに羨ましがられる生活をしていると思います。 二郎は、お金持ちになって自由気ままに生きたいと言っています。 これからも、頑張って下さい。 30年前の一郎より。 「情けない。 」 一郎は、つぶやいた。 二郎は、兄に久しぶりに会う。 ホームレスは気楽でいい。 ごめん、兄は弟に謝った。 あと落としの長さん!今度は取り調べで落としてるとこ観たいっす😂ゲストの長谷川朝晴さんもダメっぷりがさすが。 — koharu koharu0219 6話目🎵 もうコントだね、コメディーだね。 本当に面白い!! 笑 やっぱり笑えるドラマは良い! 強盗で逮捕された兄。 目が大きくて綺麗な顔立ちしてるから、キツイ役ばっかり当たるよね残念だね。 「逮捕しちゃうぞ」はめちゃめちゃ可愛いそれはずるい。 コンビニ強盗から免許書偽装、弟殺し疑惑。 オチがうーんって感じだった。 前回の方が面白かった!豪太と真島が張り切ったから死体は出ないなって思ったけど。

次の

『ケイジとケンジ』1話~最終話までの視聴率と感想は!見逃したら?

ケイジとケンジ 視聴率

【ケイジとケンジ】第7話の視聴率 第7話の視聴率は9. 7%! 前回より0. 2ポイントのダウンでした。 【ケイジとケンジ】第7話のあらすじネタバレ 第7話のあらすじ 横浜桜木署の管轄内にある公園で大学生・江島陸(永田崇人)が知人男性らから集団暴行を受け、全身を打撲した上、何らかの凶器を使って脚の骨を折られた。 加害者は会社員の久保田明(濱正悟)、フリーターの宮前幸介(柾木玲弥)、専門学校生の黛友之(今井悠貴)の3人。 彼らは江島と同じ高校の卒業生と判明する。 さっそく桜木署では加害者3人の取り調べが行われることに。 すると、 仲井戸豪太(桐谷健太)が聴取した黛が真っ先に、久保田にやれと言われたと打ち明け、素直に自白。 それを受け、最初は否認していた久保田と宮前も犯行を認め、3人は集団暴行の容疑で横浜地方検察庁みなと支部に送検される。 検察では求刑を決めるため、誰が主犯か、そして誰が江島の骨を折ったのかを追及する取り調べを敢行。 真島修平(東出昌大)が久保田を、 日下直樹(渋谷謙人)が宮前を、 持丸栄(峯村リエ)が黛を担当する。 ところが、3人とも自分は主犯でなく、骨折もさせていないと主張! 豪太ら刑事と修平ら検事たちの間でも、誰が主犯かをめぐって意見が分かれてしまう。 第7話のネタバレ 加害者の久保田と宮前は被害者・江島のひとつ先輩。 黛は一つ下の後輩だった。 動機は江島が久保田の元カノ・小山きら(森高愛)と付き合い出したのが原因らしかった。 三人とも現場にいたことは認めたため、送検は出来たが誰がどういう役割をはたしたかで起訴内容が変わるため、主犯や骨折させた人物を特定する必要があった。 主犯の被疑者を担当したものが法廷に立てるため必死に自分の担当を主犯にする証拠がほしい修平と日下。 しかし、久保田は宮前が、宮前と黛は久保田が主犯と言う。 被害者の脛の傷は細い棒状のもので出来たもの。 宮前は以前からヌンチャクをしていた証拠が上がる。 しかし宮前はかなり前に捨てたと言い張る。 被害者に話を聞くため病院に行ったひかるは面会に来ていたきらに会って話を聞く。 きらは見た目は華やかな美人だが、次から次へと男を変える軽い女だった。 日下は骨折させたのは宮前と考え、修平は久保田が主犯と言い切る。 一方、ひかるに好意を持つ目黒はひかるといっしょに食事した帰り、豪太とみなみに見られ付き合っていると勘違いされる。 身上調査報告で上に報告する義務があると言われ、咄嗟に結婚を前提に付き合っていると嘘をつく目黒。 捜査の進展はと言えば、久保田担当の刑事・桂は被害者や被疑者たちは高校時代同じサッカー部で、久保田がリーダー格だったことと修平に、宮前担当の目黒は、宮前は高校時代にヌンチャクで下級生を殴り怪我を負わせたことがあること、そして宮前もきらに好意を持っていたことを日下に伝える。 一方、黛を調べていた豪太は、黛もきらに惚れていたことをつかむ。 そして、黛は事件の3日前ミリタリーショップで特殊警棒を購入していた。 そして久保田の証言で3人で暴行したあと、黛だけスマホを落としたと現場にひとりで戻ったことがわかる。 すべては黛が仕組んだことだった。 江島がきらと付き合い出したことに腹を立て、久保田らを焚き付けて暴行するよう仕向け、ひとり戻って特殊警棒で骨折させたのだった。 主犯は黛。 彼の罪は一番重いものとなるのだった。 【ケイジとケンジ】第7話の感想とまとめ 東出ネタもかなり少なくなってきたように感じました。 すでにそのネタには飽きて来たのか視聴者の切り替えは早いようですね。 あー法廷に立ちたかった? そんなこと言わなくてもいづれ 離婚調停?で立つのでは? — itunescard itunescard きつ~い一言ですね。 東出は室内シーンばっかりだな。 何でよ。 — fumipage fumipage ロケに出ると大変なので室内シーンがメインに書いているようです。 福田さんも苦労しているみたい。 共演者やゲストのツイートが多くなってきた気がします。 犯人役多かった渋谷君がコミカルな検事役ってのがいいね。 — yasu.

次の