ハリウッド ザコシショウ。 ザコシショウ&くっきー!“最狂”2人が語る芸人論 スベり上等、何でもありの状況で試される地肩の強さ

ハリウッドザコシショウとは

ハリウッド ザコシショウ

もくじ• この高校は 1959年開校の県立高ですが、同じ県立高の静岡工業高校と統合されて 2008年 3月に閉校となっています(現在は静岡県立科学技術高校:偏差値 51~ 55)。 ザコシショウさんは高校時代は部活動などはおこなっておらず、帰宅部だったようです。 また当時からお笑い芸人を目指しており、同級生だったお笑い芸人の静岡茶っぱさんとお笑いコンビも結成しています。 当初は高校卒業は 2人で養成所に行ってプロの芸人を目指すことになっていましたが、高校 3年生の時に静岡さんが担任から「現実を見ろ」と言われて就職の面接に行ってしまいます。 ところが静岡さんが就職試験に失敗したことから、再び 2人でお笑い芸人を目指すことになったとインタビューで話しています。 【主な卒業生】 市川大祐(サッカー元日本代表) そしてハリウッドザコシショウさんは高校卒業後は大学などに進学せずに、吉本総合芸能学院( NSC)に入校しています。 当初は NSCかウッチャンナンチャンらを輩出した横浜放送映画専門学院(現在は日本映画大学)か迷いましたが、映画専門学院は入学金だけで 60万円もかかることから当時は 5万円で入校できた NSCに進んでいます。 NSCでは中川家やケンドーコバヤシさん、陣内智則さんやたむらけんじさんらと同期の豪華な世代です。 またザコシショウさんは若い頃はかなりのイケメンでした。 ザコシショウさんはウッチャンナンチャンらの成功から「簡単に売れると思った」と当時を振り返っていますが、下積み生活が長期間続いています。 以降はピン芸人として活動を開始して、 2007年からバラエティ番組「あらびき団」に出演したことで知名度が上昇。 そして 42歳だった 2016年にピン芸人 NO. 以降は人気芸人の仲間入りを果たし、数々のバラエティ番組に出演しています。 この中学校の 2学年下にお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣さんが在籍していました。 ザコシショウさんは小学校時代からお笑い芸人に憧れていましたが、中学時代に観た深夜番組「東京イエローページ」に出演していた竹中直人さんの芸に大きな影響を受けたとインタビューで話しています。 「狂気の芸人」とも呼ばれるザコシショウさんですが、その芸のルーツは中学校時代にあったようです。 家族構成や兄弟姉妹についての情報は見当たりません。 ザコシショウさんは子供の頃からお笑いが大好きで、小学校時代はバラエティ番組「オレたちひょうきん族」がお気に入りでした。 特にこの番組に出演していたビートたけしさんが他の芸人に突っ込む姿を見て、「カッコいいな」と思ったことをインタビューで述べています。 以上がハリウッドザコシショウの学歴と学生時代のエピソードのまとめです。 コアな芸風ですが、熱心なファンに支持されています。 前記のようにかなりの苦労人ですから、末永い活躍を期待したいところです。 スポンサードリンク このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

ハリウッドザコシショウ、バンド結成。目標は「2兆枚くらい売りたい」

ハリウッド ザコシショウ

読み : ハリウッドザコシショウ ハリウッドザコシショウはピンで活動しているお笑い芸人。 本名は中澤滋紀(なかざわしげき)。 R-1ぐらんぷり2016で優勝。 大阪NSCの11期生(中川家、ケンドーコバヤシ、陣内智則らと同期)で吉本に所属していたが、現在はソニー・ミュージックアーティスツのSMA NEET Project所属。 コンビ時代はザコシショウ(ザコ師匠)と名乗っていた。 ピンでの芸名表記はハリウッドザコシショウであり短縮形はザコシショウだが、ハリウッド・ザ・コシショウでもなければハリウッド・ザコシショウでもない。 ハリウッドザコシショウの由来・意味 芸名のハリウッドザコシショウは、「ハリウッド」と「ザコシショウ」にそれぞれ由来がある。 「ハリウッド」は、プロレスラーの ハリウッド・ハルク・ホーガンに由来する。 ホーガンは元々はベビーフェイス (善玉のレスラー)であったが、40歳を越えて移籍した際にヒール(悪役レスラー)に転向したことに衝撃を覚え、ピン芸人になった際にヒールへのキャラ変更を決意しコンビ時代の芸名・ザコシショウにハリウッドを加えた。 元相方は高校の同級生でいじめられっ子であったため、ザコシショウは「 お前、ザコの師匠」とよく言っていた。 そこから「ザコシショウ」を相方の芸名として考案したが拒否されたため自分の芸名にしたそうな。 つまりは「ザコシショウ」=「 雑魚の師匠」という意味である。 ちなみに、いつもかぶっているテンガロンハットはプロレスラーのジョン・レイフィールドに影響を受けている。 ブリーフ一枚にテンガロンハットをかぶった完全に変態な出で立ち。

次の

ハリウッドザコシショウと佐山聡のタイガーステップを比較

ハリウッド ザコシショウ

コンビ時代の芸名はザコシショウ(ザコ師匠) 愛称は「ザコシ」「ザコシショウ」など。 陣内智則、中川家、ケンドーコバヤシなどが同期。 翌1993年デビュー。 コンビ時代はザコシショウ・茶っぱともにわめき散らすなどのハイテンションな芸風だった。 当時は心斎橋筋2丁目劇場に出演しており、この頃に競演していた芸人と親交が深く、ケンドーコバヤシとは「ザコバ」と言うユニットを組んだり、ジャリズムの渡辺鐘(世界のナベアツ)らを加えて「ザコバwith港超」というユニットを組んだりしている。 2002年、静岡茶っぱの芸人廃業に伴い、ピン芸人として活動を始める。 ピンとなってからはイベントや舞台への出演が多く、テレビには殆ど出なかったため、認知度が低かった時期があった。 2007年10月10日放送のTBS『あらびき団』初回から出演。 「キング・オブ・あらびき」と称される。 (フジテレビ、2008年3月27日) ジャガイモン(テレ朝チャンネル、2008年12月25日) Goroプレゼンツ マイ・フェア・レディ(TBS) カンニングの恋愛中毒(GyaO! ) おもしろキング(ABC) キリウリ(TBS) Qさま!! Best10(ABC) 爆笑!Booing(関西テレビ) ボキャブラ天国(フジテレビ系列) 本能のハイキック!

次の