アブ に 刺され る と。 アブとブヨ刺された時の対処は違う?正しい処置と予防方法を紹介

画像で分かる!ダニと虫刺されによる症状の違い!

アブ に 刺され る と

アブとブヨの違い アブとブヨでは見た目も刺された時の対処方も違ってきます。 間違った対処をすることにより治りが遅くなってしまう恐れがあります。 アブとブヨの違いを次の章からそれぞれ紹介していきます。 アブとは? アブの体長は約2センチで体の色はハチに似て黒と黄色の色をしてます。 アブの活動時期は6月~9月で気温18度~30度といわれていて家畜の豚や牛そして人を刺すことがあります。 生息場所は土中、水中で主に森林、川、湿地帯に多くいます。 アブから身を守るには アブから身を守る方法を説明します。 アブが多く発生しそうな場所に行く際には気温が高く暑くても長袖、長ズボンを着用するようにしましょう。 特に足、足首、膝が露出する服装は避けましょう。 アブは脚周辺を狙って刺す習性があります。 アブを駆除するには アブはハエ科の虫にあたります。 ですのでアブを駆除する場合には殺虫スプレーでもハエを殺虫できるスプレーを使いましょう。 アブに刺された時の対処法 アブに刺されると強い痒みと蚊に刺された時のように皮膚が赤く膨れ上がります。 人にもよりますが長いとその症状が3週間程続く場合があります。 刺された直後は刺された場所を水で洗い冷やすことをおすすめします。 決してシャワーやお風呂などで温めることはしてはいけません! アブは毒を持っていないので幹部を冷やした後に市販の虫刺されの薬、ムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの抗ヒスタミン軟膏の薬を塗るようにしましょう。 スポンサーリンク ブヨとは? ブヨの体長は約3~5ミリとアブに比べ小さく小バエに似ています。 ブヨは体の色は黒くお尻が真ん丸な形なのが特徴といえるでしょう。 ブヨの活動時期は3月~10月で気温の低い朝と夕方に活動します。 日中の気温の高い時間はあまり活動しないですが、曇りや雨などで気温が上がらない直射日光を受けない状況であれば朝、夕関係なく活動するといわれています。 生息場所は川の近くや森林に多くいます。 ブヨから身を守るには ブヨから身を守る方法を紹介します。 ブヨはハチと同じように黒い色に寄ってくる習性があります。 ですのでなるべく黒色の服装は避け明るい色 イエロー・オレンジ などの色の服を着るようにしましょう。 また、アブ同様になるべくアブがいる場所や朝夕の活動時間帯は長袖、長ズボンを着用することをおすすめします。 ブヨに刺された時の対処法 ブヨは単独ではなく集団で刺してくる場合が多いです。 ですので刺される時には複数個所刺される恐れがあります。 刺されると皮膚が赤く膨れ上がります。 酷い場合だと水膨れの様になる場合があります。 水膨れの様になってしまった時には専門医に早目に行く必要があるといえます。 人にもよりますが症状が消えるまでには一ヶ月程掛かる場合があります。 ブヨは毒を持っています。 ブヨに刺された直後は毒素を抜いて幹部を温めましょう。 何故かというとブヨの毒は熱に弱いといわれているからです。 ブヨが多く発生する場所に行く際には事前にポイズンリムーバーを用意していくことをおすすめします。 刺された後に塗る薬はアブの時と同様で抗ヒスタミン軟膏のムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの塗り薬を塗るようにしましょう。 虫よけ対策も必要 事前にアブやブヨ、蚊が多くいそうな場所に行く際には虫よけ対策も必要です。 虫よけスプレーや蚊取り線香、今では電池式の虫よけグッズなども販売されています。 また、ブヨに関してはハッカのニオイを嫌うようですのでハッカの香りのする虫よけグッズを用いるのも手ですね! 刺されてしまう前に刺されないように対策する方が後々の為にも良いと思います。 まとめ 今回はアブとブヨの違いと刺されないように予防策と刺された時の対処法を紹介しました。 アブとブヨ、どちらも刺されたら痛い、痒いと不快な思いをするのは嫌ですからね! アブやブヨ、蚊などが多くいそうな場所に行かれる際は予防と刺された時に対処できるよう事前準備をして行きましょう。 今回の記事が快適な生活を送るお手伝いになれたら幸いです。 最後までお読み頂き有難うございました。

次の

アブに刺されたときの症状や対処法!病院には行くべき?

アブ に 刺され る と

出典: アブ(虻)は、 昆虫綱ハエ目ハエ亜目に属する昆虫の総称で、日本には約100種類ほどのアブが存在します。 そのうちの10種類程度が蚊のように人を吸血します。 アブは非常に種類が多いために分類上の判別が難しく複雑です。 アブの特徴 アブは見た目がハエやハチによく似ていますが、ハチとは分類上は別種です。 ハチはお尻にある毒針で人を刺しますが、アブの場合は口で人の皮膚に噛みつき吸血するのです。 アブの体長は種によって異なり、イヨシロアブやキンイロアブのように小型の種は約9~12mm、日本最大と言われるアカウシアブの場合は約20~30mmにもなります。 大型種ともなればハエよりも大きいので、近づいてきたらすぐにハエではないと分かるでしょう。 ウシアブ 出典: アブの卵は、発生源の近くにある葉っぱなどに産みつけられます。 1週間ほどで孵化し、1~3年ほどの幼虫期間を経て蛹となり成虫へと羽化するのです。 アブの種によっては家畜の糞尿に産卵するものもいて、家畜業者の間で厄介視されているようです。 アブの食性は、幼虫期間は土壌中の小さな昆虫などを食します。 成虫になってからの食べ物は種によって異なり、ハナアブは花の蜜を吸い、シオヤアブやアオメアブなどは他の昆虫を捕食するなどさまざまです。 吸血性のアブは、牛や馬などの家畜や人間の生き血を狙います。 吸血するのはメスのみで、鋭い口吻によって皮膚を刺し、傷口から出てきた血を吸うのです。 この吸血行動は蚊と同様、メスが産卵のためにタンパク質を必要としているためと言われています。 アブに刺された時の症状 では、人間がアブに刺されてしまったらどのような症状が起きるのでしょうか。 アブは皮膚を噛み切るように刺すため、刺された瞬間はチクッとした 強い痛みを感じます。 噛み切るため当然傷口からは出血し、痛みとともに 腫れや 強いかゆみに襲われます。 腫れやかゆみは2日ほどで治まることもありますが、ひどい場合には2週間近く続くこともあります。 また、微熱を伴うこともあったり、アレルギーにより化膿してしまうケースもあるので、刺された時は悪化しないようにすぐ対処する必要があります。 出典: せっかくのレジャーシーズン、アブに刺されるのが嫌だからと外出を控えるわけにはいかないですよね。 アブの発生しやすい場所に行く際には、刺されないための対策をとる必要があります。 まずは、 帽子、長袖長ズボン、靴下の着用です。 アブは足首やすねあたりを狙ってくることが多いです。 決して半ズボンにサンダルといった格好では行かないようにしましょう。 そして、 虫よけスプレーや携帯用の蚊取り線香なども効果的です。 レジャーの際は忘れずに対処しましょう。 アブはハチの場合と同じく、柔軟剤の強い香りや黒系の色に反応します。 こういった衣服は避け、 白や黄色と言った明るい色の衣服を着用すると良いでしょう。 また、飲酒した場合もアブは寄ってくることがありますので注意しましょう。 アブは外だけでなく、車の窓を開けていると車内に飛び込んでくることもあります。 外出する際にはフマキラーといった殺虫剤を携帯しているとより良いですね。 スポンサードリンク ハッカ油で虫除けスプレーを自作しよう! 薬局などで、1000円程度で購入できる「ハッカ油」、口に入れても安心な天然成分100%でできています。 このハッカ油はアブが嫌うので、できるだけ自然な物質を使って、アブから身を守りたい人にオススメです。 またアブだけではなく、蚊、コバエ、ゴキブリ、アリ、ダニにも効果があります。 体にスプレーする場合は、薬局に売っている無水エタノール10mlに、ハッカ油を20滴程度たらし、同じく薬局で100円程度で売っている精製水を90ml混ぜれば完成です。 100円均一で売っている、空のスプレーボトルに入れて持ち歩くのをオススメします。 ハッカ油は、アブを含めた虫に効果があるだけではなく、すーっとした冷感作用もあるので、夏の暑い日には助かります。 ハッカ独特の香りが苦手な人は、自分の好みのアロマオイルを足してもいいです。 こちらも、肌から有効成分が消えてしまうと効果がなくなってしまうので、こまめに塗りなおしましょう。 スプレーが余った場合は、玄関先や、靴にふっておけば、香りがある間は虫除けの効果があるのでおすすめです。 まとめ アブはほぼ日本全国に生息しており、森林や川、沼、湿地といった水辺付近でよく見かけます。 刺されると、激痛とともに腫れや強いかゆみに襲われます。 もし刺されたら、患部を清潔にして冷やし、抗ヒスタミンやステロイド入りの軟膏を塗りましょう。 夏になると、川でキャンプやバーベキューなどする機会もあると思います。 アブやハチといった虫のせいで嫌な思い出とならないように、服装に気を付け、虫よけスプレーを忘れないよう、入念な準備をして遊びに行ってくださいね。

次の

アブとブヨの違いや、刺された時の症状と対処方法をご紹介!

アブ に 刺され る と

気温が温かくなってくると、肌の露出が増えてきますよね。 肌の露出が増えると同時に、虫に刺される頻度も多くなってきます。 特に、虫刺されの頻度が多くなる、夏から秋にかけては、十分注意が必要になります。 しかし、十分注意をしてても、虫に刺されてしまいます。 ひとまとめに虫刺されと言っても、刺された場所が、かゆい場合やかゆみと痛みがある場合など症状は様々です。 「虫に刺されたけど、どの虫に刺されたの?」「どの虫に刺されるとダメなの?」と思う人もいますよね。 また、刺された場所の見た目も、湿疹のような状態や水ぶくれの状態などで、違います。 症状が違うということは、当然違う虫に刺されているということです。 刺される虫によって対処法も違います。 間違った対処法を行わないように、症状とどの虫に刺されたのかをしっかりと把握しましょう。

次の