阪神 選手 コロナ。 【阪神】阪神“合コン”で寮クラスターか…19歳小幡コロナ感染の恐れ|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

球界内から「やっぱり」の声も!? 阪神タイガース「コロナ陽性」が続出する管理能力の低さ|日刊サイゾー

阪神 選手 コロナ

画像はイメージ プロ野球の阪神に対する「風当り」が強さを増している。 阪神は2020年3月27日に、投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)が新型コロナウイルスに感染したことを発表。 入院中の3選手は近日中にも退院に必要なPCR検査を受ける可能性があり、改善に向かっている選手もいる模様だ。 現時点でウイルスに感染した3選手に症状の悪化はない様子で、チーム内に感染者は出ていない。 球団は監督、コーチ、選手、スタッフに原則自宅待機を指示しており、感染予防策を強化している。 ただ、一方で他球団の関係者からは阪神に対して「情報開示」を求める声が出ており、その声は日を追うごとに強まっている。 食事会参加の20代女性らも感染 他球団が求める「情報」とは、阪神が公表していない4選手の実名だ。 この4選手は14日の食事会に藤浪ら3選手とともに参加している。 食事会には7選手の他に5人以上の参加者がいるとみられ、そのうち6人がウイルスに感染している。 4選手はウイルス感染の兆候がなく、PCR検査を受ける予定がないことから情報が遮断されている。 多くの球団が選手、スタッフの外出を禁止しているなかで、12人以上が集まる食事会に参加した選手には球界関係者だけでなくプロ野球ファンからも批判の声が上がっている。 加えて、大阪府、神戸市の発表により、食事会に参加した3人の20代女性がウイルスに感染したことが判明し、参加選手らは一層の不評を買っている。 これらの事実が発覚した後もウイルスの感染状況は好転の兆しを見せることなく、球界全体に大きな影響を与えている。 当初、12球団は4月24日の公式戦開幕を目指していたが、パ・リーグは3月31日の社長会で4月24日開幕を断念。 4月3日の12球団代表者会議で開幕の延期が決定される見込みで、5月中旬以降に先送りされる可能性もある。 「4選手が誰だか分からないと対策のしようがない」 公式戦の開幕さえ見通しが立たない状況のなか、今後新たに選手のウイルス感染が確認されれば、開幕はさらに遅れることになるだろう。 球界としては、これ以上、選手、関係者にウイルスの感染者を出さないことが最優先事項となるだけに、阪神の残り4選手の情報がいまだ共有されていないことに不安を覚える関係者も多いという。 在京球団の関係者は「我々は何も4選手の名前を世間に公表しろとは言っていない。 少なくとも同業者には情報を共有すべき。 首脳陣だけでなく選手にも不安が広がっている。 選手のプライバシーを守りたいのは理解できるが、すでに阪神だけの問題ではなくなっている。 4選手が誰だか分からないと対策のしようがない」と主張した。

次の

球界内から「やっぱり」の声も!? 阪神タイガース「コロナ陽性」が続出する管理能力の低さ|日刊サイゾー

阪神 選手 コロナ

室内練習場で行われた記者会見で、報道陣との距離を置き質問に答える阪神の揚塩健治球団社長(右端)=27日午後、兵庫県西宮市(代表撮影) 阪神は27日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査を26日に受けた藤浪晋太郎投手(25)、伊藤隼太外野手(30)、長坂拳弥捕手(25)の3選手が、いずれも陽性と判定されたと発表した。 甲子園球場の室内練習場で代表取材に応じた揚塩健治球団社長は「このような事態になったことを大変重く受け止めている。 これ以上の感染者を出さないように努力する」と語った。 プロ野球選手の新型コロナ感染判明は初めて。 3選手とも既に入院した。 阪神によると、藤浪は数日前から味覚と嗅覚の異常を訴え、医師からPCR検査を勧められた。 また、14日に藤浪と食事をした伊藤隼と長坂も類似した症状を申告していた。 3人について、揚塩社長は「まだ少し味覚と嗅覚に支障はあるが、良くなっている」と語った。 3人以外の関係者の感染については「選手の家族も含め、今はいない」と述べた。 現在、球団から選手とチーム関係者には活動休止が指示されている。

次の

阪神コロナパーティーの参加者は誰?タワーマンションで選手が濃厚接触?

阪神 選手 コロナ

食事会参加の20代女性らも感染 他球団が求める「情報」とは、阪神が公表していない4選手の実名だ。 この4選手は14日の食事会に藤浪ら3選手とともに参加している。 食事会には7選手の他に5人以上の参加者がいるとみられ、そのうち6人がウイルスに感染している。 4選手はウイルス感染の兆候がなく、PCR検査を受ける予定がないことから情報が遮断されている。 多くの球団が選手、スタッフの外出を禁止しているなかで、12人以上が集まる食事会に参加した選手には球界関係者だけでなくプロ野球ファンからも批判の声が上がっている。 加えて、大阪府、神戸市の発表により、食事会に参加した3人の20代女性がウイルスに感染したことが判明し、参加選手らは一層の不評を買っている。 これらの事実が発覚した後もウイルスの感染状況は好転の兆しを見せることなく、球界全体に大きな影響を与えている。 当初、12球団は4月24日の公式戦開幕を目指していたが、パ・リーグは3月31日の社長会で4月24日開幕を断念。 4月3日の12球団代表者会議で開幕の延期が決定される見込みで、5月中旬以降に先送りされる可能性もある。 「4選手が誰だか分からないと対策のしようがない」 公式戦の開幕さえ見通しが立たない状況のなか、今後新たに選手のウイルス感染が確認されれば、開幕はさらに遅れることになるだろう。 球界としては、これ以上、選手、関係者にウイルスの感染者を出さないことが最優先事項となるだけに、阪神の残り4選手の情報がいまだ共有されていないことに不安を覚える関係者も多いという。 在京球団の関係者は「我々は何も4選手の名前を世間に公表しろとは言っていない。 少なくとも同業者には情報を共有すべき。 首脳陣だけでなく選手にも不安が広がっている。 選手のプライバシーを守りたいのは理解できるが、すでに阪神だけの問題ではなくなっている。 4選手が誰だか分からないと対策のしようがない」と主張した。

次の