マロウドイン飯能 ムーミン。 ムーミンバレーパークオフィシャルホテルに泊まってみた!感想・特典・料金などまとめ【マロウドイン飯能】

ムーミンバレーパーク 公認ホテル|2019年5月 4日|出没!アド街ック天国:テレビ東京

マロウドイン飯能 ムーミン

ムーミンバレーパーク 周辺のおすすめホテル4選 マロウドイン飯能 「」はムーミンバレーパークに一番近い公認オフィシャルホテル です。 出典: JR八高線 東飯能駅からは徒歩5分、西武池袋線 飯能駅からは徒歩15分です。 それぞれの駅からは、ムーミンバレーパークへのバスが出ているので電車で行く人にはとっても便利な立地です。 圏央道の 「狭山・日高IC」からは約15分の場所ということもありアクセスはかなり良好です。 駐車場も40台、駐車料金無料なので車で行かれる方も時間を気にせずくつろぐことができますね。 出 典: 基本的には3名様までのお部屋のみのようなので、少人数のファミリー向けのホテルになっています。 高くてもひと部屋20,000円前後で泊まることができるので、ちょっとでも宿泊代を 節約したい方におすすめのホテルです。 こちらのホテルはオフィシャルホテルということで、 ムーミンスペシャルルームプランがあります。 <ムーミンスペシャルルームプラン料金>• シングル(1人利用):15,000円(税込み)• ツイン(2人利用):14,000円(税込み)• ファミリー(3人利用):14,000円(税込み)• ムーミンスペシャルプランなので、他のお部屋より少し割高ですがとってもかわいいお部屋だし、何より特典がとても多いのが魅力です。 非売品のかわいいムーミングッズが持って帰れるなんてうれしいですよね。 もちろん一般の客室もありますし、素泊まりもできます。 一般客室の場合、未就学の子供の料金は無料です。 出典: こちらはたびポチが声を大にして推したいNo. 1ホテルです! <パートナーホテルの特典がこちら>• ムーミンバレーパーク特別入園引換券付き• 入園保証付き(入園制限がかかっても入園できます)• ここでしかもらえないムーミンバレーパークグッズ また、こちらのムーミンバレーパークプランで宿泊すると、先着限定で ムーミンバレーパークまでの送迎サービスが利用できます。 2018年に大浴場、ビュッフェレストラン、新しい宿泊棟も完成したてのとーってもきれいなホテルです。 出典: 出典: 大浴場も地元の特産木材を使用した檜風呂も新設され、ゆっくりとくつろぐことができます。 出典: 夜空を見るツアーや木材でおもちゃを作る体験、初夏には蛍の鑑賞会など季節折々で楽しむことができ、朝のヨガやウォーキングなども無料で参加できるんですよ。 そして一番すごいのが、 お子様は土曜日、祝前日、GWなどの長期休暇、いつでも 同一料金なんです! ホテルって休日前とかゴールデンウィーク、お盆は高くなるのが通例ですが、ここのホテルは子供たちの料金が年間通して一律なのです! また、わんちゃんが同伴OKのログハウスプランや夕食がバーベキューになるプラン、いちご狩りが付いたプランなど、目的別にたくさんのプランがあります。 詳しく書いていますのでぜひ見てみてくださいね。 あわせて読みたい ムーミンバレーパークからは車で大体30分ほどです。 ムーミンバレーパークで遊んだ後は、こちらの宿で心も体も癒されてはいかがでしょうか。 ホテルヘリテイジ飯能sta. 出典: こちらの「 」は 西武池袋線 飯能駅と直結・徒歩0分のホテルということでアクセスは抜群です! 駐車場も400台完備(料金は800円)してありますので、車の方も安心です。 出来るだけ安く泊まれて、キレイで、朝食がついて、WiFiも完備されてて、アクセスがとってもいいホテルはないかしら・・・・という方にぴったりです! 出典: 朝食バイキングがあり、全室WiFi完備、アメニティも充実していて室内もきれい! また泊まりたいという口コミが多数ある リピーターさんが多いホテルなんです。 いいホテルでなければリピートしませんからね、納得です。 出典: 比較的料金もリーズナブルでファミリープランもあります。 連泊して秩父や飯能をゆったり観光したい方にもおすすめですよ。 名栗温泉 大松閣 ムーミンバレーパークから車で約30分。 こちらの素敵なお宿は「 」です。 TVでも紹介されたこともあるかなりおすすめの旅館です! 飯能駅からは無料の送迎バス(要予約)も出ており、30分ほどで到着します。 マイナスイオンたっぷり、自然に囲まれたこちらのお宿は館内すべてにおもてなしが盛り込まれています。 出典: こんな素敵なところなら日頃のストレスも全部吹っ飛んでいきそうですよねぇ・・・。 綺麗な館内とお部屋で都会での喧騒を忘れて、ゆったりくつろいではいかがでしょうか? 出典: 館内には、キッズコーナーやその横に読書ラウンジもあり、大人は遊ぶ子供を見ながら読書やお茶を楽しむことができます。 しかもすぐ隣には大人がお茶や、読書できるスペースがあるなんて・・・女将さん、さすがです!おもてなしが伝わりますよね。 とってもファミリーにも優しいお宿なのです。 そんな素敵なお宿なので、 「最高のお宿」「感動した」など高評価の口コミがなにしろ多い! 出典: 食事も地元の食材を使った懐石料理。 上品で優しく見た目にも美しいメニューです。 宿泊料金ですが、素泊まりのプランも含めると、大人一人8,000円~20,000円ほどの料金です。 少し贅沢に宿泊したい方、ゆっくりとお部屋でご飯を楽しみたい方におすすめのお宿です。 ムーミンバレーパーク周辺のホテル まとめ 家族で泊まれるムーミンバレーパーク周辺のホテルについて調査してみましたがいかがでしたでしょうか? 飯能駅周辺は比較的ビジネスホテルが多いので、5人以上のご家族だと部屋を分けて泊まるなどしないと難しいのかなといった印象でした。

次の

ムーミンバレーパーク公認ホテル!お得な特典や入園保証まで!宿泊者限定グッズも♪

マロウドイン飯能 ムーミン

今年3月16日にオープンした、ムーミンバレーパーク。 今回はムーミンバレーパークの公認ホテルである、「マロウドイン飯能」というホテルの、ムーミンスペシャルルームについてレポします^^ ムーミンバレーパーク公認ホテル ムーミンバレーパークには公認ホテルが14箇所ほどありまして、各ホテルにはムーミンスペシャルルームが用意されています。 ムーミンスペシャルルームの特典は以下の通り。 入園保証されます。 今回はせっかくなので、ムーミンバレーパークから最も近い公認ホテル「マロウドイン飯能」に宿泊してみました。 東飯能駅が最寄りのこのホテルは、ムーミンバレーパークのあるメッツァから車で約15分。 よくあるビジネスホテルで、目の前はファミレスでコンビニも近いです。 ムーミンスペシャルルーム限定プレゼント 部屋に入ると、こんなふうにベッドの上に、限定のプレゼント用アメニティーが置かれていました。 ここでしかもらえないレア感はありますが、スリッパやブラシはまさに「ビジネスホテルのアメニティー」ですね。 でもちゃんとムーミンの絵柄が印刷されています。 タオルは結構しっかりした素材でした。 ブランケットもデニム調の生地に片面がボアになっていて暖かく、かわいいです。 これらが、宿泊者数分用意されています。 ムーミンスペシャルルームの内装はどんな感じ? 中に入るとこんな感じでした。 ツインルームを予約したのですが、ビジネスホテルのシングルルームの真ん中の壁を取って無理やり2部屋を繋げてツインルームにしています。 壁にはムーミンの絵が飾られていたり、ムーミンのクッションやぬいぐるみ、絵本、ニョロニョロのライト、ムーミンのラグなどで、一応ムーミンルームっぽく仕上がっていました。 娘は大きなぬいぐるみや絵本に喜んでいたので良かったです。 でも、壁紙も家具もカーテンもそのままで、正直「ビジネスホテル感」は全然消せていなくて、ムーミンの世界観からは程遠いと感じました。 辛口ですが、中途半端な印象を受けてしまい、おそらく2度目はないと思います。 ちょっと期待しすぎてしまったかも 内装にはちょっと期待しすぎてしまったせいで、正直がっかりしてしまったのですが、ムーミンバレーパークから近いことや、チケット代込みの宿泊費であることを考えたら、まあこんなものかな?と思いました。 ちなみに、ムーミンバレーパーク内でムーミンスペシャルルーム宿泊者のみが買える限定グッズというのは、ホテルでよく使われるルームキーようなプラスチックのキーホルダーでした。 少なからず夢を求めて日本の「ムーミン谷」へ行く方々がその気分をお部屋でも味わえるように、もうちょっとだけ工夫して欲しかったな、というのが正直な感想です^^ でも、娘は大喜びだったし、プレゼントのグッズも可愛かったので、宿泊して良かったです。

次の

お知らせ

マロウドイン飯能 ムーミン

写真は、中華ドレッシングをかけています。 ドリンクバーではあまり見かけない、アセロラの炭酸をチョイスしてみました。 もちろん、お茶やコーヒー、紅茶もあります。 サラダバーは、以下の5種類です。 A:中国高菜入り豆腐の塩味煮込み• B:豚肉とレンコンの醤油炒め• C:煮込み八宝菜 今回は、BとCを選びました。 まずは 『豚肉とレンコンの醤油炒め』です。 豚肉、レンコン、ピーマン、タケノコなどボリューム満点!中華料理特有の強い火力でサッと炒めてあるためか、野菜はシャキシャキです。 続いて 『煮込み八宝菜』です。 どれだけ野菜が入ってるんだ?というくらい、色々な食材が楽しめます。 今回は醤油味にしてみました。 野菜、ねぎ、ウズラの卵など手抜きはありません。 杏仁豆腐は甘さ控えめなので、いくらでも食べてしまいそうでした。 続いて、お店全体のレビューをしていきます! 店内の雰囲気 入り口にあった立て看板です。 全体的に落ちつた赤系の色で統一されています。 テーブル席と円卓があり、中央にはサラダバーと杏仁豆腐の長テーブルがセッティングされていました。 ホール横にドリンクバーがあります。 テーブルのセッティング次第でいかようにもアレンジ可能なので、イベントにも使いやすそうです。 座席数と設備 席は100席ほどあります。 4人掛けのテーブルと、円卓が用意されていました。 混雑状況|注文から提供までの時間 今回は、平日のお昼12時に訪問しました。 その時はすでに、半分ほど席が埋まっている状態です。 食べ終わって出るころには、満席となっていました。 しかし、4人掛けのテーブルに1~2名で座っているところもあります。 またフロア全体もゆとりがあるので、キャパとしてはまだまだ入りそうです。 注文から提供までは、15分もかかりませんでした。 子供連れに向いているか テーブルや床を汚さずに食事ができるようになれば、利用してもOKだと思います。 テーブルにはクロスが敷いてあるので、あまり汚すようではお店側も大変でしょう。 小さいお子さんと泊まるときは、隣のデニーズの方が気楽に食べることができそうです。 おすすめポイント それでは、マロウドのおすすめポイントをまとめてみます。

次の