猫 ウイルス。 感染症 猫編 第1回:猫のカゼ

【獣医師監修】猫ウイルス性鼻気管炎(猫ヘルペス)の症状・原因・治療法は?

猫 ウイルス

結膜炎と流涙および鼻汁の排出 結膜炎と鼻汁 猫ヘルペスウイルス感染症は猫ヘルペスウイルス Feline herpesvirus-1; FeHV-1 によって引き起こされる感染症の総称である。 典型的な症状として鼻炎と結膜炎を主徴とする上部気道炎であるため猫ウイルス性鼻気管炎 Feline viral rhinotracheitis; FVR と呼ばれる。 感染猫の口腔・鼻腔・結膜からの分泌物にウイルスが大量に含まれており、それを感受性猫が口・鼻・眼より取り込むことにより感染が成立する。 感染したウイルスは鼻腔粘膜上皮で増殖後、結膜、咽頭、気管、気管支、細気管支に広がり発症する。 その結果として粘膜表面の糜爛、潰瘍がおこり、結膜炎や鼻炎を発症する。 稀ではあるが樹枝状角膜潰瘍はFeHV-1感染の特徴である。 典型的な症状は、発熱、沈鬱、食欲不振、漿液性・血様性の口腔・鼻腔分泌物、結膜の充血、鼻汁、そして稀に流涎や発咳である。 細菌などの二次感染が起こると分泌物は膿性となる。 感受性の高い子猫では肺炎やウイルス血症を引き起こし、一般症状が悪化し、時に死に至る。 口腔や皮膚の潰瘍、皮膚炎、神経症状、流産が認められることもある。 角膜の浮腫、血管新生、炎症細胞の浸潤、時に失明を伴う角膜実質炎と慢性の副鼻腔炎 は、FeHV-1感染により誘導された免疫介在性の疾患であり、ウイルスが分離されず核酸のみ検出される。 それ以外に、角膜腐骨、好酸球性角膜炎、ブドウ膜炎などもFeHV-1によるものと考えられている。 他の呼吸器病原体である猫カリシウイルス、猫クラミジア菌、ボルデテラ菌、マイコプラズマなどと重感染を引き起こし、様々な病気を引き起こす。 飼育猫がFeHV-1の主要な宿主であるが、ライオンやチーターなどのほとんどすべての猫科動物が感染すると考えてよい。 ワクチン未接種の飼育猫でも高い抗体陽性率を有していることから、ほぼすべての飼育猫が感染する機会がある。 急性症状から回復した個体では、ウイルスが神経節(主に三叉神経節)に潜伏感染(latent infection)し、生涯にわたりウイルスを保持することになる。 ストレスや副腎皮質ホルモンなどの免疫抑制剤の使用により、ウイルスは再活性化(reactivation)し症状の再発や他への感染源となる。 すなわち、急性期の発症個体とともにウイルスが再活性化した個体がFeHV-1の二大感染源となる。 経胎盤感染はないが、出産・泌乳がストレスとなりウイルスが再活性化し、その結果として新生児が感染する。 新生子猫は移行抗体により防御されるが、この防御は抗体量に依存し、移行抗体が多い場合は発症を免れるが、少ない場合は発症する。 多頭飼育がFeHV-1感染の重要なリスクファクターとなっており、シェルターや繁殖施設での飼育猫はハイリスク個体となる。 採材は、病変部のぬぐい液、主に口腔・鼻腔・結膜ぬぐい液を採取して検査材料とする。 採材後は、乾燥を防ぎ、冷蔵で保存し、出来る限り早期に検査を実施する。 血液は、抗凝固剤を入れないで採血し、血清成分を回収する。 抗凝固剤を使用する場合はヘパリンを用いてはならない。 ヘパリンはFeHV-1の感染を阻害するのでヘパリン以外のEDTAなどを用いて、血漿を回収する。 採材された検体は検査を実施するまで は冷蔵保存する。 猫ヘルペスウイルス感染症の診断法は3種類ある。 ウイルス抗原あるいは核酸の検出と抗体を検出する血清学的診断法である。 迅速診断が必要な現場ではPCRによるウイルス核酸の検出が有用である。 しかし、それぞれ診断法に特徴があるために、その特徴を理解したうえで、診断法を選択し、診断結果を解析する必要がある。 グラフは感染実験後の発症、ウイルス分離、抗体の推移を示している。 発症期はウイルスが多く、逆に抗体が存在していない。 防御免疫(その一部が抗体)が出現しだすと、ウイルスが急速に検出されなくなり、症状は回復する。 重要なことは、FeHV-1の場合は潜伏感染から再活性化が時々認められ、病気を引き起していない場合でもウイルスが検出されることがあるので注意する。 ウイルス分離は最も確実な診断方法であり、ウイルス分離陽性はほぼその疾患の主要な病原体であるといえる。 一方、ウイルス分離陰性の場合は、抗体の有無によりウイルス分離ができない場合があるため、疾患とFeHV-1の関与を否定するのは不可能である。 またウイルス分離は時間を要するため、事後の確定診断となることが多い。 PCRによるウイルス核酸の検出は、短時間かつ比較的簡単に実施できるため多用されている。 PCR陽性は核酸の存在を意味するが、活性のあるウイルスの存在の証明ではないので注意する。 また、感度が高いため潜伏感染からの再活性化あるいは持続感染している少量のウイルスを検出しているだけで病気と関連がない場合がある。 PCR陽性は臨床症状とともに総合的に判定する必要があるが、逆にPCR陰性はFeHV-1の病気へ関与を否定できる。 血清学的診断法としては、主にウイルス中和試験と間接蛍光抗体法が主に用いられる。 両診断法とも診断法としては特異的であり感度も十分である。 しかし、血清学的診断の検査結果を判定する際は、幾つか注意を要する。 病気の原因としてFeHV-1の関与を血清学的に判定するには、発症期(できるだけ早期)と回復期(2週以上後)の血清、いわゆるペア血清の抗体価を比較する必要がある。 回復期の血清が発症期の血清より4倍以上の抗体価が上昇している場合は、発症期前後にFeHV-1が猫の体内で増殖していたことを意味し、病気への関与が強く疑われる。 幼犬の場合は、移行抗体が存在する生後約10週以前では血清学的診断は移行抗体の影響を考慮しなければならず判定が困難となる。 病変部の組織所見では好酸性核内封入体も特徴的に認められる。 どの診断法を用いてもひとつの診断法のみで確実に診断できないので、臨床症状などと総合的に判定することが重要である。 低温で高継代された弱毒株を用いた生ワクチンと野外株を不活化した不活化ワクチンの2種類がある。 猫カリシウイルス感染症と猫汎白血球減少症に対するワクチンとともに猫ウイルス感染症に対するコアワクチンとなっている。 接種は生後9週と12週での2回接種し、1年後に追加接種が推奨される。 その後の追加接種に関しては、室内飼育でかつ、少数飼育の場合は感染の機会が少ないため3年毎の追加接種で良い。 多頭飼育などのリスクが高い場合は、毎年の追加接種が推奨される。 ストレスの軽減,感染の機会の減少などの良好な飼育管理が重要である。 また,猫ヘルペスウイルス感染症は幼若な猫で重篤であることから,特に幼若期の猫を他の猫から隔離するなどの措置も有効である。

次の

ネコカリシウイルス

猫 ウイルス

猫ヘルペスウイルスが原因の場合、鼻、のど、目の粘膜が影響されます。 そして、猫カリシウイルスが原因の場合、肺や口の中の粘膜に症状が現れます。 どちらのウイルスも猫の集団ではそのため、猫ウイルス性鼻気管炎は特に恐れられています。 合わせて読みたい: 猫ウイルス性鼻気管炎は上気道のウイルス感染症です。 感染力が非常に高いのが特徴ですが、適切な治療を行えば問題はありません。 猫ウイルス性鼻気管炎の症状 猫ウイルス性鼻気管炎の症状は2~4週間で現れ始めます。 カリシウイルスの場合は7~14日で症状が出るでしょう。 また、猫ウイルス性鼻気管炎の症状は次のようなものがあります。 くしゃみ• 目やにの排泄• 結膜炎• 唾液の過剰分泌• 食欲不振• 元気消失 呼吸器に分泌物が蓄積すると呼吸がしにくくなることがありますし、ヘルペスウイルス感染では角膜潰瘍を引き起こすこともあります。 カリシウイルスは通常、肺炎や舌や口蓋に潰瘍性口内炎を引き起こします。 合わせて読みたい: 猫ウイルス性鼻気管炎の拡散 猫ウイルス性鼻気管炎は、くしゃみ、涙、粘液の微量な飛沫液滴でも簡単に広がる感染症です。 感染した猫の顔と接触した服や物でも感染源になるのです。 猫カリシウイルスは伝染性で、回復後もしばらくは伝染します。 一方でヘルペスウイルスは一時的に感染力があり、通常はストレスに関連しています。 このような猫の習慣から、 猫の体内には生涯ウイルスが潜伏するようになります。 他の猫を感染させるだけでなく、感染すると軽度の再発が起こるのです。 治療法 獣医は、この治療不能の病気の適切な診断を下すため生体検査を実施します。 獣医にできることは症状を緩和し、二次感染を予防して治療することだけです。 これはあらゆる効果が期待されますが、これ以外にも次のようなことが必要になります。 化膿性結膜炎にかかっている場合、抗生物質点眼が必要です。 子猫や体の弱い猫にはバランスの取れた食事が必要です。 リンパ球性形質細胞性口内炎の場合、コルチコイドを投与するといいでしょう(猫カリシウイルスで起きます。 家庭用消毒剤はウイルスを殺すのに有効ですが、いつもから衛生面には気を付ける必要があります。 病気の猫や感染している可能性のある猫は隔離しましょう。 幸い、 ほとんどの猫は適切な治療で回復しますが、多くの猫には鼻づまり、過剰な鼻漏、慢性的な目の感染症など不可逆的な症状が現れます。 このブログでもいつも書いている通り、備えあれば憂いなしです。 覚えておきたいのは、ワクチンは感染の症状を緩和することはできますが病気の予防に必ずしもなるわけではありません。 また、ウイルスが体内に潜伏しないようにするものでもありません。

次の

猫風邪(猫カリシウィルス感染症)とは|猫の病気・症状の原因と飼い主ができること|EPARKペットライフ

猫 ウイルス

猫が風邪をひく原因となるウイルスはたくさんの種類がありますが、その中の一つに「カリシウイルス」というウイルスがあります。 猫の風邪の中では頻度が高いウイルスで、正式には「カリシウイルス感染症」と呼ばれますが、一般的には「猫風邪」や「猫インフルエンザ」と呼ばれています。 カリシウイルスは感染力の強いウイルスで、乾燥した環境下では3~4週間生存することができます。 しかしながら、免疫力の弱まっている猫や子猫に感染しやすい一方で、健康的な猫であれば感染しても何の症状も現れないことが多いです。 カリシウイルスに感染した時の症状は、一般的な風邪の症状である鼻水やくしゃみ、発熱や食欲不振です。 それに加えて、カリシウイルス特有の症状として口の中や舌に潰瘍ができ、痛みによってよだれが多くなり、口臭が出るようになります。 さらに、軽度の肺炎や多発性の関節炎、ウイルス性鼻気管炎を併発する可能性もあります。 特に子猫の場合であれば、母親から受け継いだ免疫力(移行抗体)がなくなる生後2~3ヶ月の頃に発症しやすく、肺炎を患うと命の危険を伴うこともあります。 主な感染原因は、ウイルスに感染した猫との接触感染です。 猫そのものに接触していない場合でも、飼い主がカリシウイルスに感染した猫に触ったあとに皮膚や衣服を介して猫に感染させてしまう場合があります。 また、接触感染以外にも空気感染でカリシウイルスに感染することがあります。 空気感染の場合、一般的にはウイルスに感染した猫のくしゃみによるもので、風邪が治ったあとの猫でもカリシウイルスの保菌状態(キャリア)になることで、他の猫への感染源となる場合があります。 ただし、一度発症してから完治した場合、免疫ができるので再発することはほとんどありません。 その他、猫の風邪の原因となるウイルスなどにヘルペスウイルスやクラミジアなどがあり、それぞれに特有の症状が現れます。 カリシウイルスに感染した場合は、ウイルスを直接退治するのではなく、インターフェロンを注射することで免疫力を高めて治療する方法がとられます。 また、場合によっては抗生物質の投与や点滴を行うこともあります。 カリシウイルス自体は感染力が強い反面、そこまで重い症状を呈することはありませんが、肺炎を併発し、その症状が進行すると特に子猫の場合は命の危険を伴う可能性が高く、決して楽観することはできません。 一般的な風邪の症状に加え、口の中や舌が炎症を起こしていたり、潰瘍ができている場合には速やかに動物病院へ連れて行きましょう。 事前にワクチンを接種しておけば、カリシウイルスに感染しても軽い症状で住むことが多いので、予防法として最適です。 猫にこんな症状・しぐさが出たら注意!.

次の