マハラジャ 名古屋 閉店。 高級ディスコチェーン「マハラジャ」 名古屋店の運営元が破産開始決定

【閉店】【伏見西・納屋橋】MAHARAJA NAGOYA(マハラジャ ナゴヤ)オープン直前の特別イベントに潜入

マハラジャ 名古屋 閉店

Contents• マハラジャの歴史を少々。 マハラジャは、1980年代に一時社会現象にまでなったディスコで、流行りすぎて当時の社長だった成田勝さんは歌手デビューまで果たしています・・・。 1980年代の終わりには、六本木トゥーリアで照明が落下する事故などもあり、マハラジャ人気は落ちていきます。 1990年代に入ると今度はボディコンの女性がお立ち台でジュリ扇と呼ばれていた扇子を振り回して踊るジュリアナ東京が若者の間で大人気となります。 ジュリアナ東京のボディコンの女性がジュリ扇を振り回して踊る姿は今でもバブル時代の象徴のようにテレビで使われることが多いですが、実際にジュリアナ東京が流行ったのはバブルが弾けた後。 バブル世代に人気だったのはマハラジャの方と言われています。 そんなマハラジャは、1980年代の終わりにマハラジャのブームが終わったかに見えましたが、ジュリアナ東京が人気となったことで連鎖的にマハラジャも復活します。 ジュリアナ東京は1994年に閉店しましたが、マハラジャはもう少し続いていましたが、1997年にはマハラジャの社会現象を引き起こしたと言われている麻布十番マハラジャが閉店となり最後まで営業を続けていた横浜マハラジャが1998年に閉店となり一旦マハラジャブームは完全に終わりを告げました。 マハラジャ六本木の年齢層は? 1990年代後半に一度完全にブームが去ったマハラジャですが、2000年代になると何度か新店舗がオープンするなどまたマハラジャブームが到来かと思われましたが、すぐに閉店となり以前のようなブームになることはありませんでした。 しかし、2010年に再度オープンしたマハラジャ六本木は徐々に以前のマハラジャブームの時に踊っていた世代が戻ってくることで密かに人気が復活してきているよでうです。 それでは、マハラジャ六本木に来る人の年齢層はどれくらいなのでしょうか? マハラジャ六本木がオープンした時は、以前のマハラジャブームの時に踊りに来ていた40代、50代が多かったようですが最近は、当時のマハラジャで踊っていた母親が娘を連れてきたり、マハラジャを知らない20代の女性がグループで来ることもあるそうです。 ということなので、 マハラジャ六本木の年齢層は、バブル世代やそれより少し若い40代〜50代だけでなく20代の若い女性もいるようです。 Sponsored Links マハラジャ六本木に行く時の服装は? マハラジャというと、以前はボディコンの女性が多かったですが、マハラジャ六本木に行く時の服装はどんな格好がよいのでしょうか? マハラジャ六本木のドレスコードは一応「カジュアル、フォーマル」となっているので、以前ほど厳しくはないようですが、 カジュアルすぎる格好で行くと周りから浮いてしまう可能性があるので注意しましょう。 女性の場合は、ヒールを履いたり、服装も普段よりもセクシー目。 男性の場合は、Tシャツで行く人もいるようですね〜。 ちなみに、マハラジャ六本木に入ることができない可能性のあるNGな服装は• サンダル• 半ズボン• マハラジャが社会現象となっていた時に、成田勝さんはテレビやマスコミでも取り上げられるようになり歌手デビューまで果たします。 しかも、オリコンランキングで30位台に入るなどそこそこ売れていたようです。 成田勝さんは、もともと歌手を目指して上京して一時は平尾昌晃さんに師事し歌の勉強をしていた時期もあったようなので、歌手として実力は元々あったのかもしれませんね〜。 成田勝さんの印象が強かったためか、今のマハラジャ六本木も成田勝さんがオーナー社長をしていると思っている人も多いようですが、現在は、千葉県船橋市で建設会社を経営している片山康生さんがオーナー社長となっています。 マツコ会議の潜入取材で特集された話題の人や場所についての記事一覧 Sponsored Links.

次の

3年前に“復活”も社長急死で…『マハラジャ名古屋』事実上の閉店 運営会社が破産手続き開始へ

マハラジャ 名古屋 閉店

『マハラジャ』って何? マハラジャはバブル期と呼ばれた1980年代〜1990年代、日本全国に展開した高級ディスコチェーン。 夜遊びのスポットとして当時のビジネスマン、OLに多くの記憶を残してきました。 有名アーティストを発掘するキッカケとなったイベントも開催された有名店です。 鏡張りの壁、大理石のフロア、真鍮の象牙といった店内の豪華な装飾に囲まれ食事やお酒を楽しみながらお喋りやダンスをする非日常の空間を味わえる場として多くの人で賑わいました。 今回オープンする『マハラジャ名古屋』について聞いてみました 現在お店がオープンする予定の場所には11月にオープンを告知する看板があるのみ。 ホームページもまだ無く、情報が少なかったので問い合わせたところ、マハラジャ名古屋の営業部長さんにお話を伺う事が出来ました。 ギラギラ感は少ないですが、その替わりに風合いの違った高級感を演出 マハラジャの有名な装飾の一つでもある鏡張りの壁の設置がここ名古屋店には無いためギラギラ感は少なめとなりますが、元々結婚式場の建物だった場所にお店を作る計画になったのでこの建物をベースに今までに無かった名古屋店独自のマハラジャスタイルの演出が楽しめる設計になっている事がわかりました。 大型シャンデリアや天井高4メートルといった空間の広さ、ガーデンと池や噴水といった水を使った演出を活用して今までのマハラジャとは少し違った新しい風合いの高級感を出しているそうです。 2階には 11月中旬オープン予定でイタリアンレストランを併設、建物内にあるチャペルも使って結婚式も可。 他にも3階にテラス付きのスーパーVIPルームを設けるといった1つの建物でクラブ・ディスコ以外にも様々な楽しみ方が出来るスポットになる計画との事。 クラブ・ディスコと言えば料理。 名物料理が生まれるか? 意外と知られていないのですがクラブやディスコから新しい食文化が生まれる事もあります。 食パンをくり抜いてブロック状に切りはちみつやアイスクリーム、さらには果物をトッピングしたハニートースト。 これを誕生させたのはマハラジャと言われております。 フードメニューの詳細は明らかになっておりませんが、お店の発展と共に新たな名物料理が生まれるかも楽しみです。 そんな気になるマハラジャ 名古屋のオープン日は 2016年11月10日 木 です。 写真を一部加工してになりますが読者の皆様にもお届けさせていただく事が出来ました。 でも配信されていた過去のマハラジャ店内写真のパネル。 エントランスの目の前に設置されたばかり。 ドリンクの提供をするカウンター。 こちらはガーデン前のサブカウンターになります。 メインカウンターはダンスフロアに大きなカウンターが用意されていました。 今だからこそこんなに間近で見ることが出来る設置前のMAHARAJAの文字の看板。 ダンスフロアの天井のシャンデリアがわずかに写り込んでおります。 ダンスフロアの真正面にDJブース、その両脇に巨大スピーカーが天井から吊り下がっていました。 写真には入っておりませんが、ディスコの象徴『お立ち台』とマハラジャのシンボル『真鍮の象牙』の土台が出来上がっておりました。 営業が始まると壁面の彫刻から水が流れるオープンエアー型のウォーターガーデンも特別に見学させていただきました。 ガーデンの場所はダンスフロアのすぐ横、道路との間にあるのですがフロアの中だけで音が広がる指向性のスピーカーを使っているので外への音漏れは軽減出来るようになっているそうです。 ちなみにこのガーデンにお客様が出られるようにするかどうかはまだ未定との事。 また2階はイタリアンレストランがオープンするまではゆっくり座ってお喋りしたい方に向けてテーブル席として開放するそうです。 ここにもドリンクカウンターがありました。 また1階のダンスフロアではドリンクのみの提供とし、お食事は2階のイタリアンレストランでゆっくり味わえるよう計画しているそうです。 マハラジャ名古屋様、オープン準備のお忙しい中店内をご案内いただき誠にありがとうございました。 レセプションイベントにご招待いただきましたので特別レポートを掲載いたします MAP.

次の

名古屋周辺(愛知県)のクラブ / ディスコ(遠い過去~現在営業中まで)店舗一覧と特徴

マハラジャ 名古屋 閉店

全3階建ての建物、ディスコ、イタリアンレストラン、ウェディングが合体。 マハラジャはバブル期と呼ばれた1980年代〜1990年代、日本全国に展開した高級ディスコチェーンでした。 日本全国に作られたお店も一度は全て閉店するも六本木、梅田、そして今年11月10日 木 に名古屋で復活。 でお伝えしていた通り、1階のダンスフロアスペース以外にもゆっくりと食事が楽しめるようにイタリアンレストランが2階にオープン予定(この日お話を聞いたところ12月頃になるとの事でした)。 さらに同じ2階にはウェディングも出来るようにとチャペルが用意されていました。 3階にはテラス席で外の風景を楽しむ事が出来るスーパーVIPルームの他にキッズルームやウェディング用のメイクルームが用意されておりました。 最初はスタッフに説明を受けながら見学。 3階に上がっていきなり目に飛び込んで来たのはウェディングドレス。 ウェディングも出来る設備がある事をPR。 納屋橋の街並みをテラス席で眺めながら食事を楽しむ事が出来る贅沢なスーパーVIPルーム 2階のチャペルルームは結婚式場だった建物の名残。 こちらで式を挙げた多くのご夫婦にとってもこうして二人の愛を誓った場所が残っているのは嬉しいのではないでしょうか。 2階の大きなフロアは披露宴会場としても使えるそうです。 こちらが12月頃にイタリアンレストランとしてオープンする計画となっております。 広く踊りやすいダンスフロア。 テーブル席を多く設けゆっくり楽しめるスペースに。 期待のダンスフロアはバブル期のマハラジャのような金色や鏡に囲まれたスペースではなく石や木のレリーフが施された壁に包まれ、天井からは巨大なシャンデリアが光り輝く当時とは異なるラグジュアリーなスペースとなっておりました。 またダンスフロアは広く踊りやすいサイズ。 フロア前方にはDJブースが配置され、後方にはマハラジャのシンボル『真鍮の象牙』がそびえ立っておりました。 このダンスフロアを囲むように段差無くテーブル席が多く置かれておりテーブル席からダンスフロアに戻りやすい環境となっておりました。 1階のフロアに入ると薄暗いフロアにマハラジャのロゴが液晶ビジョンに映し出されておりました。 スポットライトがフロアを照らし始め名古屋に伝説の店が蘇る瞬間を多くの人が見守っておりました。 閉店から20年の歴史の間に当時はLPレコードだった音源もCDを経て今はPCを使ったDJへと変化 マハラジャのシンボルとなる真鍮の象牙。 再びこの象牙を見られる日が来る事をここに訪れた誰もが願っていただろう。 ダンスフロア入口に設けられたバーカウンター。 メインのバーカウンターはダンスフロア後方にありキッチンカウンタータイプでした。 サブのバーカウンターから眺める事が出来るウォーターガーデンは時折フロア内の熱気を逃がすために扉が開けられその時だけ出ることが出来ました。 懐かしのディスコチューンがフロアに流れ出すと次々とダンスフロアに人が集まり始めました。 お立ち台に上がる女性も出始め当時の光景が一つ一つ蘇る。 夜の社交場の復活で「懐かしい!」「久しぶり!」の声も。 時間も遅くなり始めディスコ世代の人達が仕事を終えお店に駆けつける時間になるとフロアはさらに多くの人で賑わうようになってきた。 そんな中で「わー!懐かしい!」「ちょっと!久しぶり!元気だった?」というまるで同窓会のような会話もチラホラ。 ダンスフロア脇には可動式の壁がありウォーターガーデンとの間に通路とテーブル席が設けられておりました。 この可動壁から漏れるライトの光がまた幻想的 フロアに人が多く集まってきた時にダンスフロア前方に酒樽が設置。 玉木社長による鏡割りが行われ祝い酒が振る舞われました マハラジャ大阪から訪れたゲストDJとしてCHUCKY氏が登場。 過去に名古屋のクラブでDJを務めた事もありフロアのボルテージも増してきました ライトの光を全身で浴びるお立ち台の女性。 バブル期を彷彿とさせる衣装の女性がさらにフロアを盛り上げました。 カメラを向けると絶好のタイミングでキュートなポーズを取ってくださった笑顔の素敵な女性。 ありがとうございます。 JULIANA時代の曲もかかり当時の代表曲『TOKYO,GO! お立ち台に上がる事でフロアを大きく盛り上げる存在感のある方も次から次へと登場 まばゆいミラーボールの光に包まれるフロア。 この綺羅びやかなスポットがオープンまであと1日。 [特別追加]あの伝説メニューがついに復活! 2017年1月19日 木 、2階に翌日オープンするイタリアンレストラン AMOREの 取材に伺った際に待望の新メニューが12月に復活していたとの情報をいただきました。 そのメニューとは… はちみつトースト!!!!!!!!!!!!!! バブル期のMAHARAJAが誕生させた伝説のデザートで 「数え切れないほど食べた!」という方もいらっしゃるのでは? MAHARAJA NAGOYAオープン後にはちみつトーストを懐かしむ人達の声が届いたのか MAHARAJA玉木社長からメニューに加えるよう話があったそうです。 バブル期当時、年齢が足りずMAHARAJAには行けなかった私。 AMORE取材時にも関わらずやや興奮気味でいると 営業部長さんから「作りましょうか?」とのありがたいお言葉。 特別追加編としてレセプションパーティー記事に追加させていただきました。 MAP.

次の