リヨン駅 ホテル。 リヨン駅

Top Hotels in Lyon from ¥6,293 (FREE cancellation on select hotels)

リヨン駅 ホテル

館内設備• レストラン 45• スパ 10• サウナ 10• カジノ 2• バー・ラウンジ 67• ディスコ/ナイトクラブ 0• 売店 9• ツアーデスク 49• コインランドリー 65• 駐車場 55• 宴会場 55• 屋外プール 6• 屋内プール 7• プール 12• ジム/フィットネス 24• ゴルフコース 0• テニスコート 4• お子様用プール 0• キッズクラブ 0• ビジネスセンター 42• 会議室 65• ペット同伴可 95 ホテルサービス• 空港送迎 11• 日本語スタッフ 1• ルームサービス 45• コンシェルジュ 48• 両替サービス 8• ランドリーサービス 63• 託児施設/ベビーシッター 11• レンタカー/ツアー手配 4 客室• 海側 0• インターネット 13• 山側 0• 無料Wi-Fi 117• 庭側 0• 禁煙 0• 喫煙 0• エアコン 79• テレビ 38• 電話 4• 新聞 82• 室内金庫 60• シャワー 33• バスタブ 34• ヘアドライヤー 31• キッチン 0• 冷蔵庫 4• 電子レンジ 5• コーヒーメーカー 1• 洗濯機 0• アイロン 10• 衛星放送/ケーブルテレビ 28• ミニバー 10• バスローブ 6• キチネット 8• コーヒーショップ・カフェ 15• 障害者用施設 35• エレベーター 101• ヘアサロン 12.

次の

リヨン駅

リヨン駅 ホテル

リヨン駅周辺に宿泊される方にお勧めしたいのが、今回ご紹介させて頂く、 Citadines Bastille Gare de Lyon(シタディーン・バスティーユ・ギャール・ドゥ・リヨン)です。 パリ・リヨン駅からは若干距離がありますが、十分に徒歩圏です。 滞在中にリヨン、南仏方面にお出かけ予定のある方は、出発の予定も組みやすいと思います。 また、最寄り駅の Reuilly — Diderot はメトロ1号線が利用出来ますので、パリの中心地やルーブル美術館などの観光地へのアクセスも大変便利です。 なお、ホテルはアパートメントタイプになっていますので、パリが初めての方よりは、2回目以降の方にお勧めします。 それでは魅力たっぷりの Citadines Bastille Gare de Lyonについて早速ご紹介させて頂きます。 Contents• Citadines Bastille Gare de Lyon 基本情報 Citadines Bastille Gare de Lyon 住所:18 Rue de Chaligny, 75012 Paris, フランス 最寄り駅:Reuilly — Diderot メトロ1号、8号線 公式サイト:   特徴 シタディーン・アパートメントホテルは、世界中にチェーン展開しています。 (パリ周辺ではおよそ20件弱あります。 ) シタディーンは、複数のホテルグループを統括する、 The Ascott Limited(アスコット社)傘下のホテルグループです。 The Ascott Limitedはシンガポールに本社を置き、同じくシンガポールにあるアジア最大級の不動産会社、 CapitaLand Limited( キャピタランド社)の子会社になっています。 外観 シャリニー通りにある建物は、大きな看板もなく、一見するとホテルのようには見えません。 かろうじて、オレンジ色のテントがホテルの様相になっています。 シャリニー通り自体は交通量は多くありませんが、バスも走る道路になっています。 テントはかなりお疲れの様子なので、皆様が訪れる時は交換されているのではないかと思います。 建物の外壁も少しくたびれています。 滞在中に外壁の補修を行っていたので、こちらもそのうち綺麗になると思います。 ホテルへの出入りは、入り口に立っているシルバーのポールにカードキーをかざすと開閉します。 到着時はインターホンを押して扉を開けてもらってください。 館内 館内、ロビー周辺は広めになっています。 大人数、荷物が沢山あっても全く問題のないスペースです。 カウンターは24時間有人でオープンしていますので、早朝、深夜の到着や出発も問題ありません。 ロビー 外観とは違い、ホテル、ロビー周辺はとても綺麗に改装されています。 チェックイン、アウトもとてもスムーズに対応してもらえます。 スタッフは日中、3人、夜間は1人の感じです。 ホテルに入って左側に広めのスペースが用意されています。 時間調整や休憩には十分なスペースです。 奥の扉の向こうが朝食のスペースです。 有料となりますが、ホテルで朝食を済ませたい方は、到着時、または前日に申し込んでおけば食べることが出来ます。 右側の奥には、簡単な自動販売機、2人のムッシュが座っている所にはパソコンが置いてあります。 ホテルに入って右側は、トイレ、コインランドリー、エレベーター、階段になります。 こちら側にもソファーがあります。 エレベーターは広めのものが2台設置してあります。 大人2人、スーツケース4個を入れることが出来ました。 エレベーターを利用するのに長時間待つようなことはありません。 地下2階、地上7階まであります。 動き出すときや停止するときに、フランス語でアナウンスしてくれます。 部屋 今回宿泊した部屋は、 Studioタイプ。 一番安い部屋でしたが、十分な広さがあります。 ベッドは、ツインにしてもらいましたが、ダブルにすることも出来ます。 (事前にツインをリクエストしておきましたが、当日最初に案内された部屋はダブルだったので、ツインに変更してもらいました) テーブルは2人座れるようになっています。 テーブル、椅子自体は、イケアレベルのものなので、高級感のあるものではありません。 クローゼットは両開きの扉になります。 片方は、コート類が十分に収納出来る高さと広さがあります。 アイロン、アイロン台共に設置してあります。 反対側は、棚になっていて、扇風機、セイフティボックス、引き出し収納があります。 エアコンは付いていないので、真夏に滞在するときは少し注意した方が良いかもしれません。 (猛暑以外はエアコンがなくても大丈夫です) キッチン キッチンは玄関扉を開けてすぐの場所にあります。 基本的に生活に必要なものはすべて揃っています。 電子レンジ、換気扇、ボット、電気コンロがあります。 換気扇が付いていますが、何とこの換気扇、日本のように煙を外に逃がしてくれるようなものではありません。 煙を吸い上げて、部屋に拡散させるだけなので、部屋中に匂いが充満してしまいます。 匂いの出るものを調理するときは、部屋との敷居に扉がありますので、必ず閉めてから調理するようにしてください。 食器洗剤、スポンジは用意されています。 上の棚には、トースター、鍋類、グラス、お皿等が収納されています。 写真が見切れてしまいましたが、下側左手に冷蔵庫、中央に食洗器があります。 冷蔵庫はそれほど大きくはありませんが、通常の食材を入れるには十二分のサイズです。 どれも大きな汚れ等はなく、清潔に清掃されていました。 バスルーム バスルームは寝室から繋がっています。 扉もありますので、音や明りを気にすることはありません。 水の出、お湯の温度、量、どれも全く問題はありません。 ドライヤーがかなり懐かしい感じのものでした。 タオル類は、一般的なセットで、バスタオル2枚、フェイスタオル2枚、足ふきマット1枚です。 アパートメントホテルのタオル利用についてご心配な方も多いと思います。 部屋の清掃は基本的には1週間に1回なので、1週間以下の滞在の場合は部屋の清掃がないことになります。 (有料で頼むことは可能) タオルの交換の条件は、宿泊されるアパートメントホテルによって差異がありますが、今回ご紹介させて頂いている、 シタディーン・リヨンは毎日タオル交換が可能です。 ご希望の場合は使用したタオル類を持って受付まで持っていってください。 24時間いつでも交換してもらえます。 なお、ホテルによっては、3日に1回や、有料など色んなパターンがあるので、ご不安な場合は、いらないタオルを持参しておくことをお勧めします。 洗面所の隣が浴槽になっています。 深さ、広さ共に十分です。 ボディ兼シャンプーソープは固定で設置されています。 品質の良いものが使用されているのは高評価です。 浴槽の上に、折り畳み式の棚、洗濯干しがあります。 トイレ トイレは独立式になっているので、日本人に嬉しい造りとなっています。 玄関を入ってすぐの所にありますので、冬場は少し寒いかもしれません。 コインランドリー 滞在中に洗濯を予定されている方は、ホテルロビーの右側に洗濯室が用意されています。 分かりやすい絵が描かれているので間違うことはありません。 扉を開けるとさらに奥に部屋が分かれていて、右側に洗濯機が置いてあります。 右側2台が洗濯機、左側2台が乾燥機になります。 大分年季が入っています。 料金は個別に黒いボックスに入れるタイプです。 洗濯が5ユーロ、乾燥が4ユーロで、洗濯の時間は50分ほどになります。 洗剤や柔軟剤は事前に用意しておく必要があるかもしれません。 ホテル内のコインランドリーは、安全ですが、街中のコインランドリーより若干割高ですので、お時間のある方は外のコインランドリーを利用されてみることをお勧めします。 ゴミ捨て場 滞在中に部屋で食事を済ませるとどうしてもゴミが増えてしまいます。 数日の滞在はもちろん、1週間以上滞在される場合でも、清掃は1回だけなので、ゴミは必然的に溜まってしまいます。 そんな時は自分でゴミ捨て場にゴミを持っていきましょう。 シタディーン・リヨンは簡単にゴミが捨てられますので、部屋を清潔に広く利用するためにもこまめに捨てに行くことをお勧めします。 場所はとても分かりやすく、エレベーターに書かれています。 地下1階がゴミ捨て場になります。 地下1階でエレベーターを降りると目の前にゴミ捨て場があります。 看板もあるのですぐにわかります。 扉はロックがかかっていますので、そのまま動かしても開きません。 ルームキーをかざして開けるタイプですので、グリーンのランプが着いたらドアが開きます。 周辺の魅力 シタディーン・バスティーユ・ギャール・ドゥ・リヨンの周辺には長期滞在に最適なスーパーが沢山あります。 好みに合わせて色んなスーパーを利用してみてくださいね。 生鮮食品から日用雑貨まで何でもそろっています。 個人的には最も好きなスーパー、ここでしか購入出来ない商品も多数あり、価格も安めでお勧めです。 Lidl   ホテルから徒歩5分ほどの所にある、ドイツ系のディスカウントストア、 Lidl(リドル)。 とにかくびっくりするくらい安いです。 エヴィアンなどの滞在中に飲む水はここが最安値。 その他の商品も、どのスーパーより安いのは間違いありません。 問題は、商品のバリエーションの少なさ、店内の混雑、レジの大渋滞など、、、。 スマートに素早く買い物したいとき、時間のない時はパスした方が良いかもしれません。 MONOPRIX   フランスのスーパーマーケットと言えばここ、 MONOPRIX(モノプリ)。 パリの中心地にも沢山お店があり、フランス好きなら知らない人はいないというスーパーマーケットです。 全体的にお店は空いていますので、ゆっくりお買い物が楽しめます。 値段は近隣より若干高めですが、安心感は一番です。 先ほどご紹介した Lidl(リドル)の向かいにお店がありますので、比べてみるのも楽しいですよ。 滞在の感想、問題点 どのホテルにも共通することですが、完璧なホテルはなかなかありません。 シタディーン・バスティーユ・ギャール・ドゥ・リヨンも当然、幾つかの問題点があります。 部屋の設備、清潔感 部屋の設備や清潔感は基本的に問題はありません。 築年数が経っているので全体的に古めかしい感じは否めませんが、不快になるようなものは全くありませんでした。 ただアパートメントホテルならではの問題点ですが、部屋のご紹介の所でも記載させて頂きましたが、キッチンの換気扇だけは何とか改善して頂きたいと思いました。 部屋で料理が出来るのが魅力なのに、料理の匂いが部屋中に充満してしまうのは大きなマイナスポイントです。 スタッフの対応 滞在中、数人の方に対応して頂きましたが、全員気持ちの良い対応をして頂きました。 タオル交換の際も快く対応して頂きましたし、最終日に荷物を預かってもらう際も、嫌な顔をせず預かってもらえました。 周辺の治安 周辺の治安は特に問題はありません。 早朝、夜間共に出歩きましたが、変な雰囲気はありませんでした。 もちろんパリですので、スリ等はいますので、滞在中は十分な注意が必要です。 シャルルドゴール空港への行き方 シタディーン・バスティーユ・ギャール・ドゥ・リヨンから シャルルドゴール空港に行くには、以下の方法があります。 リヨン駅から Le bus directで移動• リヨン駅から 北駅、または シャトレ駅へ向かい RER B線で移動• タクシーで移動 予算のある方は、タクシーを利用するのが最も簡単で楽な移動方法です。 フロントにお願いすればすぐに呼んでもらうことが出来ます。 ( Uber を利用される方は、移動時間はほぼ同じです) コストをかけずに移動する場合は Le bus direct、または RER B線を利用することになります。 Le bus direct で移動 リヨン駅には、シャルルドゴール空港からの直通バス、 Le bus direct(ル・ビュス・ディレクト)が運行しています。 リヨン駅の乗り場まで徒歩10分~15分位かかりますが、道が平たんなうえ、歩道も整備されていますので、スーツケースを持っての移動も苦にならないと思います。   Le bus direct(ル・ビュス・ディレクト)に乗ってしまえば、空港まで1時間ほどで到着します。 途中停車もなく、空港ターミナルの前まで運行してくれるので、荷物を持って移動する必要もありませんので、とても楽だと思います。 特に荷物の多い方にお勧めです。 Le bus direct(ル・ビュス・ディレクト)について詳しくはこちらをご覧ください。 RER B線 で移動 シャルルドゴール空港に直接乗り入れる路線が、 RER B線になります。 残念ながら最寄り駅であるリヨン駅には直通していないので、 北駅、または シャトレ駅で乗り換える必要があります。   この方法を利用する場合は、幾つか方法があります。 Reuilly — Diderot(1号線)を利用して、 シャトレで B線に乗る。 リヨン駅まで徒歩で移動して、 RER D線で北駅に向かい、 B線に乗る。 他にも幾つか乗り換えの方法はありますが、代表的なものはこのどちらかになると思います。 メリット:渋滞に左右されない・ナヴィゴが利用出来る デメリット:荷物を持っての移動が増える・治安の問題・乗り換えに手間がかかる メリット、デメリットを良く考えて利用してください。 RER B線についてはこちらで詳しくご紹介させて頂いております。 なお、 路線バスを利用して、 北駅、または シャトレ駅に向かうことも可能です。 こちらの方法は、荷物を持って階段の上り下りをしなくて良いというメリットがありますが、渋滞等で時間が読めない場合もありますので、ご利用の際は時間に十分な余裕を持って利用してください。 予約の前に シタディーン・バスティーユ・ギャール・ドゥ・リヨンを予約される際に、注意点が一つあります。 それは、事前に必ず、 ASR(Ascott Star Rewards Programme)に加入して置くことを忘れないで下さい。 どのホテルでもあるメンバーシップですが、料金の割引や、誕生日割引、ポイントでの無料宿泊、アーリーチェックイン、レイトチェックアウトなど、ランクに応じて様々な特典を享受することが出来るので、入会しておいて損はないと思います。 上記リンク先に、プログラムの詳細について書かれていますので、チェックしてみてください。 まとめ いかがでしたか。 総合的には評価の高いホテルです。 パリであっても部屋の広さは欲しい、清潔で、治安も問題なく、価格も100ユーロ前後、空港から直接アクセス出来るなどのわがままな個人的な基準を完全にクリアしています。 但し、どなたにでもお勧め出来る訳ではありません。 アパートメントホテルタイプですので、一般的なホテルよりは、不便な所もあります。 お勧めの基準は、以下になります。 パリを訪れるのが2回目以上。 部屋で料理がしたい、暮らしているような感覚を味わいたい。 5日以上滞在予定。 旅慣れている。 公共の交通機関の利用をいとわない方。 少なくとも上記に当てはまらない方には、魅力が半減するかもしれません。 当てはまる方にはきっと満足して頂けると思いますので、利用してみてくださいね。 今回も最後までお読み頂きありがとうございました。

次の

【フランス】リヨンの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

リヨン駅 ホテル

市庁舎の奥から坂を少し登ったあたりは、おしゃれなカフェが点在しています。 このエリアはアーティストたちが住んでいるので、自由な雰囲気であふれています。 もっとずっと坂を登ると、クロワ・ルースというシックな地区にたどり着きます。 丘からはリヨンの街を見渡すことができてとても素敵な場所です。 オテル・ド・ヴィル地区は地元の人も、観光客も行き来する地区です。 きちんとしたレストランから、ファーストフードまで、食べ物を扱う店はたくさんあります。 またホテルも、高級ホテルから、安宿まで、いろいろな種類があります。 オテル・ド・ヴィル地区は旅の目的を選ばず、すべての旅行者にとって便利な地区と言えるでしょう。 おすすめのリヨン滞在エリア2:旧市街地区 次のおすすめエリアは 旧市街地区。 ユネスコ世界遺産に登録されている、石畳のとても歴史ある素敵な地区です。 古いヨーロッパの町並みを存分に味わうことができます。 この地区には、ブションと呼ばれるビストロやカフェが多く立ち並び、夜遅くまで賑わっています。 美食の町というだけあって、リヨンのブションはレベルが高いことでも有名です。 家庭的な雰囲気のブションでリヨンの郷土料理を味わってみてはいかがでしょうか? また旧市街地区のホテルに泊まって、町が寝静まったころに、また一味違う静かな旧市街を感じるのもおすすめです。 町かどを見上げると小さなマリア像があったり、信仰の深い土地柄をかんじることもできます。 この地区は360度、どの角度からみてもフォトジェニックなので、ポストカードのような写真を撮ってみるのもいいでしょう。 旧市街地区から、坂道を登っていくと、フルヴィエール大聖堂にたどりつきます。 このフルヴィエールの丘からのリヨンの眺めも最高です。 歩いて登るのが大変だという方には、フニクラという登山電車がでています。 また絹織物が盛んだったリヨンの、トラブールと呼ばれる抜け道がたくさんあるのもこの旧市街地区です。 駅前の観光案内所に行けば、ツアーの参加申し込みをすることができます。 旧市街地区は、ヨーロッパの古い町の雰囲気に身を置いてみたいという旅行者に特におすすめしたい地区です! おすすめのリヨンの滞在エリア3:パール・デュー地区 パール・デュー地区には、リヨン中央市場 ポール・ボキューズという、最高級の食材の市場があります。 美味しいチーズやパン、ハムを買って、ローヌ川のほとりで食べてもいいし、ホテルの部屋で食べるのもよさそうです。 市場の中にもレストランがあります。 もう一つ、リヨンで有名なベルナションというショコラティエがこの地区にあります。 輸出をしていないので、リヨンでしか味わうことができないショコラを是非味わってみてください。 パール・デュー地区には、ギャラリー・ラファイエットやショッピングセンターもあるので、買い物にはとても便利です。 パール・デュー地区は、とにかくアクセスの良いところに泊まりたいという旅行者に特におすすめしたいエリアです。 宿泊エリアを選んで素晴らしいリヨン滞在を! リヨンを最大限に楽しめる、おすすめの滞在地区3つをご紹介しました。 雰囲気を含め、この3つの地区の中から滞在ホテルを選べばまず間違いないと思います。 リヨンはメトロ、トラム、バスと交通網が発達しているので移動は便利ですが、 大きい街ではないので、中心地から外れたところにホテルを取ると、期待はずれになることがあります。 中心地に泊まることをおすすめします!• アフィリエイトで家族で旅する生活を叶えています こんにちは、SUMIKIKI編集長の阪口です。 企業に所属することなく、個人単位で世界を自由に飛び回る仕事をする。 そのライフスタイルを「 パワートラベラー」と名付け、2012年から国内外を巡りながら仕事をする生活をはじめました。 このSUMIKIKIの運営をはじめ、インターネット広告を活用したWEBメディアを個人で運営しながら、妻と娘、3人暮らしの生計を立て、国内外を旅する生活を叶えています。 現在はコロナ期間ということもあり、僕ら家族も旅行は自粛していますが、PC一台あればできる仕事ですので、今は自宅でサイト運営の仕事や次の旅行準備をしながら、世界情勢が落ち着くことを待っています。 WEBサイト運営は旅行とも非常に相性が良く、各地を旅したり、お気に入りの場所に暮らす自由を叶えたいという人にとっては、良い選択肢なのではないかと思います。 僕が旅行資金と生計を立てている手法は、運営しているオンラインスクールでお伝えしています。 現在運営6年目、常時350名程のメンバーが在籍しており、働き方の自由化を叶えたメンバーも106名になりました。 *今月は6月20日-22日の3日間募集いたします。 関連記事.

次の