アンタルヤ ホテル。 トルコ地中海の人気リゾート地「アンタルヤ」の基本情報とおすすめ観光スポット

アンタルヤの観光・見どころ徹底ガイド|海外旅行・海外ツアー情報のエイビーロード

アンタルヤ ホテル

アンタルヤはトルコの南西部にあり、地中海に面し、山に囲まれた自然豊かな街です。 最近では2015年「G20サミット」が開催され、有名になりました。 また、世界各国の観賞用植物や園芸関係の最新技術が展示される「アンタルヤ国際園芸博覧会-EXPO 2016 ANTALYA-」 花博 が世界的にも注目され、トルコでもっとも急成長を遂げた街です。 そんなアンタルヤには美しいビーチと伝統的なトルコ文化があり、世界各国から観光客がやってきます。 ビーチパークや、旧市街中心部にあるハドリアヌスの門などが見どころです。 周辺に高級ホテルも多く、オールインクルーシブを導入しているのも特徴です。 そこで特におすすめの高級ホテルを紹介します。 なお、値段は時期や人数によって変動するので注意してください。 アンタルヤのホテル事情 アンタルヤの主要宿泊エリア トルコ共和国の南西部に位置して地中海に面しているアンタルヤでは、主に海岸沿いに数多くのホテルが営業しています。 リゾートホテルが主で、宿泊料金は一泊2300円~17000円と様々です。 ハドリアヌス門やモスクがある中心地に特に集中しています(100軒ほど)。 内陸部には、海岸から2kmほど離れた市裁判所の周辺に一泊2000円ほどの安いホテルが10軒ほどあります。 アンタルヤへのアクセス アンタルヤ国際空港からアンタルヤ旧市街(カレイチ)へは、バス(オトビュス)で直接行くことができます。 所要時間はおよそ1時間です。 アンタルヤへは日本からの直行便はなく、イスタンブールやシェレメチボ(モスクワ)などで一度乗り換えして到着します。 所要時間は成田空港からシェレメチボ空港で乗り継いだ場合、およそ18時間です。 アンタルヤの主要観光地 アンタルヤ周辺は「トルコのリヴィエラ」と呼ばれていて、地中海沿岸は景勝地であるだけではなく、冬でも温暖な避寒地とされています。 プロサッカークラブの冬季トレーニングキャンプ地にもよく選ばれています。 「ハドリアヌス門」は旧市街の入口にある門で、130年にローマ皇帝ハドリアヌスがこの地を統治した時の記念に建てられました。 三連アーチが印象的です。 アンタルヤの名物・グルメ アンタルヤでは良質な「柑橘類」や「オリーブオイル」が特産品として売られています。 これらは外国へ輸出も行っています。 トルコ風アイス「ドンドルマ」は公園でよく売られていて、粘りのあるアイスクリームは一度現地で食べておきたいものです。 グルメでは、羊肉や鶏肉を串刺しにして焼きあげた「シシュケバブ」や地中海で獲れる「ムール貝」などが有名です。 広告 アンタルヤ観光の注意点 アンタルヤ観光で気になる治安情報 外務省の「海外安全ホームページ」によると、2018年8月時点でアンタルヤは危険レベルには入っていません。 危険な地域に近づくのはやめましょう。 また政情不安が続くトルコでは、首都アンカラの一部やイスタンブール全域でレベル1(渡航に十分注意する事)に指定されていて、飛行機の乗り継ぎなどでこれらの都市を利用する際には十分な注意が必要です。 アンタルヤ観光で知っておきたい物価事情 アンタルヤの物価はイスタンブールと比べると若干安めです。 ホテル代も比較的安いですが、宿泊日が近づくにつれて料金が高くなるシステムなので、なるべく早めの予約をおすすめします。 レストランの料金は日本と同じくらいですが、トルコ宮廷料理は割高になります。 またタクシー料金は日本と比べてかなり安いので、アンタルヤ観光に便利です。 ビーチ沿いにある5つ星ホテルです。 周辺観光スポットは、アンタリウム・プレミアム・モールから0. 7km、デューデン・パークおよびテラ・シティ・ショッピング・センターから15kmの好立地にあります。 客室は白を基調としたさわやかな空間で、部屋によってはビーチを眺めることができます。 プール、プライベートビーチ、フルサービススパを併設し、レストランは5軒もあります。

次の

【トルコ】アンタルヤの宿泊でおすすめの高級ホテル10選

アンタルヤ ホテル

このホテルの近辺には 大型リゾートホテルが 立ち並び、東京ディ〇〇ーリゾートホテル一帯の雰囲気を思い出させてくれました。 家族旅行 小学生の子供2人)で利用。 清掃担当の方々も含め、 私たちが接したスタッフは皆 感じが良かった。 オールインクルーシブだったのでホテルの中では お金を使うことなく 食べたり飲んだりできました。 大きなウォータースライダーは 子供たちを虜にし、大人も楽しめます。 難点は、周りのホテルも競うように ショーを大音響で行っているため うるさい。 24:00には各ホテル終了する様ですが、ちょっと気になりました。 ホテルには全く不満は無いのですが、施設内だけでは2日で飽きる。 私たちはホテルでレンタカーを借りて 古代遺跡巡りしました! 国際免許があれば 簡単に借りることができます。 目的地はカーナビにプリセットしてあるので 簡単に探せるし、とにかく 安い 家族4人なら 観光ツアー料金程度で1日車が利用できる。 車の交通量もあまり多くなかったので安心して運転できました。 ここに記載されている5つ星は、実際にホテルに雇用されているすべてのスタッフを反映しています。 私たちが到着してから出会ったすべての人が去るまで、非常に友好的で礼儀正しく非常に親切で、小さなものが集まって素晴らしい経験をしてくれました。 このホテルは、ララビーチ沿いの素晴らしいホテルを背景に美的感覚に欠けるものがありますが、改善が可能な部屋のスタイルに関しては、最も素晴らしい時間を過ごしているときは完全に見落とされます。 チェックインはスムーズで、当時は情報量に圧倒されていましたが、スピーディーで、すべての情報が手元にあり、すぐに部屋に入って昼食に出かけました。 このエリアにあるホテルのほとんどは大きいですが、Liberty Laraのサイズが足りない分は、より個人的な感覚で補うことができます。 バーとレストランのスタッフは、飲み物を覚えているだけでなく、どの飲み物を1日の何時に飲むかを覚えています。 エンターテインメントスタッフは、すべての人が楽しい時間を過ごせるように昼夜を問わず一生懸命働きます。 夕方のエンターテイメントは、ホテルに滞在するさまざまな国籍の人たちにとって非常に包括的でした。 夕方のサンセットバーで私たちに仕えた紳士に特に言及しましたが、正直にグラウンドマンからクリーナーまで私たちは不機嫌な人に出くわしませんでした、そしてあなたが楽しい時間を過ごしていることが彼らにとって重要であると感じました ホテルの食事は豊富で例外的で、日中いつでも食事をすることができ、アルコール飲料についての苦情もありませんでした。 プールはとてもきれいで、ホテルは非常に混雑していたので混雑したことはなく、サンベッドもたくさんありました。 実際、ホテルは常に混雑していませんでした。 アラカルトは、1週間滞在してトルコ語を選択した場合に1つしか得られません。 これは非常に楽しかったです。 おそらくレストランの数が2回あるはずで、他のほとんどのリゾートにあります(ただし、トルコではかなり典型的です)。 私たちは7年前に隣のホテルに泊まりました。 それは素晴らしく、同じ場所を2回訪れることは通常好きではありませんが、近いうちにこのホテルに戻ることは間違いありません。 ララビーチをチェックアウトする場合は、ここで探しているものをすべて見つける必要があります。 ホテルの皆さんに感謝します。 … もう一度このホテルで素晴らしい休日を過ごしました。 それはとてもリラックスしたもので、スタッフにとっては面倒なことではありませんでした。 私たちは両方とも、私たちの環境で快適に感じたい時代です。 スタッフは、私たちが好きなように私たちの卵を正確に調理してくれたHatice Devrimから始めてとてもうれしいです。 Sunset BarのGokhan、Almet、Yusufの各朝と午後は、作りたてのコーヒーとアイスドリンクを提供してくれました。 夕食の前に、沈黙バーに行き、ハッサンが私たちの好きな通りにG&Tを準備しました。 このような優れたサービスを提供してくれたDuyguとOsman、その他のチームに言及する必要があります。 エルビスは、夕食のために毎晩テーブルに私たちを見せることによって、いつものように優れていました。 私たちも面倒を見てくれたフーランに言及しなければなりません。 範囲と品質の素晴らしさは素晴らしいです。 テーマレストランで最高の夜を過ごしたイタリアンレストランを訪れました。 スタッフが実際にこのホテルを作っているので、誰もがあなたのために十分なことができないので、私たちは戻ってくるのです。 2020年6月と9月にはすでに予約しています。

次の

ハリントン パーク リゾート ( コンヤアルトゥ ) の宿泊予約

アンタルヤ ホテル

特に地中海沿岸は温暖な気候で見所も多いため、ロシア人の旅行先として非常に人気が高い。 だが羽目を外したロシア人が、トルコのリゾート地で起こすとんでもない騒動も少なくない。 ロシアのみならずヨーロッパ中から観光客がやって来るアンタルヤのホテルは、滞在中は料理や飲物が全て料金に含まれているオールインクルーシブタイプの所も多い。 そうしたホテルは滞在客がいつでも好きな時に食べたり飲んだりすることができるよう、レストランやバーがオープンスタイルになっているのが一般的である。 今回被害に遭ったのも、そうしたホテルの一つであった。 ロシアからの旅行者であるAndrei V(42)とYulia F(37)、Elena K(41)の3人は、ここがオールインクルーシブタイプであることを事前に調べたのだろう。 あたかもそのホテルの宿泊客であるかのように振る舞い、オープンレストランを陣取ってアルコール類を飲み続けたという。 だが3人の楽しい時間は長くは続かなかった。 彼らの態度に違和感があったホテルの従業員が警察に通報。 騒ぎに気付いた3人は逃走を試みたものの、警察官によって呆気なく拘束され、その日のうちに詐欺罪で裁判所に訴えられることとなった。 その後3人は、ホテルから請求された飲食代を支払うことで釈放となった。 その価格は明らかにされていないが、『彼らはアルコールを無尽蔵に飲んでいた』と報じられているため、とんでもない額になったのではないだろうか。

次の