よしき cm。 YOSHIKI 卵の新CM出演料は「高ギャラです」…「24時間」はノーギャラ/芸能/デイリースポーツ online

YOSHIKIは結婚してる?嫁や子供は?本名やすっぴんは?弟は森光樹!

よしき cm

YOSHIKIさんの安売り感への疑問の声が多め スーモのCMが嫌いな方が指摘されてるポイントは、• スーモとYOSHIKIさんという組み合わせのミスマッチさ についてです。 スーモのCM、スベってるな。 YOSHIKIの使い方ミスったね。 YOSHIKIさんの出るCMではないと思う• 仕事を選んでほしかった• 実際のYOSHIKIさんは、絶対スーモでは部屋を探さないと思う• (CMが流れ過ぎで)うるさい、しつこい と言ったリアクションが見られてます。 CMの面白さや、YOSHIKIさんのピアノを推す声も多数 一方で、• この意表をついたキャスティング• 『何で僕、この曲弾いてるんだろう…』の演出• YOSHIKIさんによるスーモマーチのアレンジ などをプッシュするような反応も多く見られてます。 はじめてYOSHIKIさんのスーモのCM見た!あの、ピアノの綺麗さとシュールさがやばいです。 Imitation RainのピアノはYOSHIKIさんの奏でたピアノなのか…と改めて思うと凄いわ。 そしてSixTONESのおしゃれイズムが楽しみ💕 — れい hatonuco おしゃれイズム待機してたらYOSHIKI様のスーモのCMが。 混同する• 一方を他方と勘違いしそう• 意図を感じる と言ったリアクションも多く見られてます。 「スーモ」のCMにYOSHIKIが出てるけど今朝、あれ「CHINTAI」のCMにも出てるやん…😩って思ったら…ローランドって人やった😩。

次の

YOSHIKIが『シャニマス』CMでSポーズ 「輝かせよう、アイドルのすべて。」

よしき cm

YOSHIKI(X JAPAN)が出演する『アイドルマスター シャイニーカラーズ』のCM「Sポーズ」篇、「宣言」篇が本日3月28日から放映スタートする。 「Sポーズ」篇、「宣言」篇は、育成シミュレーションゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』の1周年を記念するもの。 「シャイニーカラーズ」の頭文字「S」にちなんでYOSHIKIが「Xポーズ」ならぬ「Sポーズ」を披露する様子や、YOSHIKIによるタイトルコールなどが確認できる。 YouTubeではメイキング映像も公開。 YOSHIKIは「Sポーズ」について「意外に難しいんです。 このポーズの撮影があるって聞いて自分で少し練習したんですけど、本番になってみるとやっぱり難しかったです。 いつもは『Xポーズ』ですし、それはもう条件反射みたいにしちゃうんですよ。 今度街で声をかけられたら、『Sポーズ』しちゃうかもしれないです(笑)」とコメント。 YOSHIKI(X JAPAN)のコメント CM撮影の感想 タイトなスケジュールの中で日本に来たんですけど、素晴らしいセットと素晴らしい制作チームの方たちで、とても気持ちよく撮影が出来ました。 これ本当にCM撮影なの?というくらい、かっこいい感じのセットだったので、出来上がりがどうなるのかとても楽しみです。 撮影現場でのエピソード 目の前にカメラが寄ってくるシーンがあったんです。 そのシーンで表情を作るのが結構難しかったですね。 「睨みつけるような感じでお願いします。 このポーズの撮影があるって聞いて自分で少し練習したんですけど、本番になってみるとやっぱり難しかったです。 いつもは「Xポーズ」ですし、それはもう条件反射みたいにしちゃうんですよ。 今度街で声をかけられたら、「Sポーズ」しちゃうかもしれないです(笑)。 CMオファーの際の感想 プロデューサーとしても色々と活動してますが、アイドルの世界っていうと対極にいるイメージのような気もしていたので、お話を頂いたときは驚きもありましたが、嬉しかったですしとても新鮮でした。 最近「輝きたい!」と思ったこと 外見というよりも内面を磨かないといけないんじゃないかなっていうのは自分自身の中にありますね。 デビューして30年くらい経つんですけど、「内面から輝けるように」というのは、いつも意識しています。 そして、日頃努力していれば、自然と内面は輝いてくるんじゃないかなって。 ハリウッドの中心に住んでいて、相当輝かないと向こうでは、目に留まらないですから。 新元号ではどのような伝説を残したいか 自分のデビューの年が平成元年だったんです。 人っていつでも成長の過程であって、もちろんアイドルの方たちも、小さいときから色々な努力を積み重ねてきて、それがどこかで開花してると思うんです。 新しい時代になって、世界で自分も開花したいですよね。

次の

YOSHIKI 不動産・住宅サイト「SUUMO(スーモ)」新CMに出演、古代神殿跡を舞台に情熱的なスーモマーチを演奏

よしき cm

X JAPANのほかにも、、、、などの参加がある。 ソロとしても3作のスタジオ・アルバム『』(1993年)、『』(2005年)、『』(2013年)を発表しており、これまでのソロとしての大きな仕事には『』のための奉祝曲(1999年) 、『』の公式イメージ・ソング(2005年) 、の公式テーマ・ソング(2012年) などがある。 1986年に設立したインディーズのレコード会社「」は、や、などを輩出し、ムーブメントのパイオニアの1つとなった。 1993年からは他のアーティストのプロデュースも始め、これまでに、、、、、、、などの作品を手がけている。 2000年に「日本社会と文化に貢献した人物」として文部大臣表彰を受けた。 経歴 [ ] 生い立ち [ ] 1965年11月20日に、の老舗を営む家庭の2人兄弟の長男として生まれる。 父は、母は、叔母はの演奏を嗜むなど音楽的な一面があった。 また、父は先代から家業を継ぐまでプロのであった。 現在マネージメントを行っているのは 5つ歳の離れた弟で元俳優 の。 幼少期は仕事で忙しい両親に代わり、主に家政婦が兄弟の面倒を見ていた。 4歳になると父からを買い与えられ 、自宅そばのピアノ教室でクラシック・ピアノのレッスンを受け始める。 日頃から父が購入するのレコードを好んで聴き 、8歳の時にのとのが収録されたレコードを初めて自分の小遣いで購入した。 病弱で重いを患っていたために、小学校中学年になるまで頻繁に入退院を繰り返す生活を余儀なくされた。 病室では父が見舞いに持参した子供向けの偉人伝を愛読し、とりわけ若くしてとなりながらも数々の名曲を残したベートーヴェンの苦難の人生に対して強い興味を抱いた。 音楽との関わり [ ] 9歳頃からピアノで作曲をはじめ 、10歳から14歳まで学校の部でを担当した。 また中学から高校まではブラスバンド部と並行して部にも所属しており、チームの司令塔であるのポジションを担当していた。 毎年、誕生日には楽器を買い与えられることが恒例で、トランペットを始めたのも10歳の誕生日に父から買ってもらったことがきっかけであったが、その翌年の8月に父をにより亡くした。 34歳の若さであった。 それまではクラシック音楽しか聴いていなかったが 、行きつけのレコード店で偶然目にしたジャケットに惹かれて購入したのシングル「」 と、母に頼み連れていってもらったキッスの『ロックンロール・オーバー・ツアー』の公演をきっかけにに魅了され、11歳でを始めた。 ちなみに、12歳でも始めたが、細かい作業が性に合わず早々に手を引いた。 11歳で初めての4人組バンド「DYNAMITE」(メンバーは小学校の同級生2人と幼馴染みでギターが弾けた)を結成。 当初はドラムスとボーカルを担当し、近所の貸しスタジオでキッスの楽曲を練習して腕を磨いていたが 、声変わりが遅く高声しか出すことができなかった ため、中学校に進学後、新たに同級生をボーカルに迎え、ドラムスに専念することとし、バンド名も「NOISE」に改称し 、やなどの楽曲を演奏した。 より複雑なリズムを叩くため、14歳の誕生日に母に頼んでのドラムセットを手に入れ 、同じくダブル・ベースを使うを手本にの曲「」などをカバーし練習を積んだ。 中学校の体育館で開かれた予餞会で初めてのステージを踏み 、に進学 した後もNOISEとしてレッド・ツェッペリンや、レインボーなどの楽曲を学校の文化祭などで演奏した。 X JAPANの結成 [ ] 詳細は「」を参照 1982年の夏、大学受験に専念するメンバーが離脱したNOISEを解散。 当時はのアルバム『』や『』に感化されており、ボーカルに転向したToshlと他校の生徒によるツインリードギター編成で、よりハードなロックを指向したバンド「X」(現在の)を新たに結成する。 Xでは既存の楽曲の演奏だけでなくオリジナル楽曲の作曲も始め(Xのために初めて作曲した楽曲「」は、1985年にXの1作目のシングルとしてリリースされている)、演奏のレパートリーを着実に増やしていった。 高校3年から音楽大学を目指して本格的にピアノに打ち込み、受験用のプログラムを通して、、、などのを学んだ。 受験勉強の合間にはXとしていくつかのバンド・コンテストに出場。 ヤマハ主催のアマチュアのバンド・コンテスト『』の千葉県大会ではバンドとしての受賞こそ逃したものの、個人でベスト・ドラマー賞を受賞した。 Toshlもまた、その後に参加したコンテストでベスト・ボーカル賞を受賞していた。 このことにバンドとしての可能性に自信を深め、大学に進学せず東京でバンドを続ける決意を固めたことをToshlに告げられ 、これに呼応し音楽大学への推薦入学が決まっていた道を断つ決心をした。 高校を卒業すると、本格的にバンド活動を行うためにToshlと共に上京。 ライブ・ハウス時代には、Xが出演していたライブ・ハウス「神楽坂EXPLOSION」の店員がのメンバーであった繋がりから、Doomの初ライブでヘルパーとしてドラムを叩いている。 また、Xの活動と並行してのNAOKI、ORANGEのACTとともにパンク・バンド「」を結成して活動していた。 Xのレコードをリリースするため、1986年にインディーズのレコード会社「」を設立。 1988年に同社よりリリースしたXの1作目のアルバム『』はの週間チャートで最高19位を記録し 、インディーズ・レーベルの作品として日本のメジャー・チャートにランクインした初めてのアルバムとなった。 翌1989年にXの2作目のアルバム『』でからメジャー・デビュー。 年末にはの最優秀新人賞 、の最優秀新人賞 、の最優秀新人賞などを受賞した。 X JAPANの1993年のアルバム『』からはバンドのプロデューサーも担っている。 ソロ活動(1991-99年) [ ] 1991年の10月31日にのとともに記者会見を開き、2人で新ユニット「」を結成することを発表。 12月5日にでV2のコンサート『V2 SPECIAL LIVE VIRGINITY』を開催した。 同年、初のソロ名義作として、自身の選曲によるクラシック音楽のコンピレーション・アルバム『』を12月12日に発表。 このアルバムはで洋楽アルバム賞(クラシック部門)を受賞した。 1992年にV2としてシングル「」をリリース。 また、に自身のレコーディング・スタジオと自宅を購入し、制作と生活の拠点をアメリカに移した。 MIDIやシンクラヴィアなどコンピュータ・ベースの制作環境に関心を持ち、バンドの枠を超えたプロジェクト「」を構想する。 1992年7月23日にと初めてとなるソロ契約の締結を発表。 7月30日にで『YOSHIKI TALK LIVE at 武道館』を開催し、1993年にX JAPANの作品としてリリースされた自らの半生を描いた楽曲「」をピアノ協奏曲形式で初演した。 また、年末にで行われた『』の全出場歌手で歌う合唱曲「TEARS〜大地を濡らして〜」を作詞・作曲し、会場のパイプオルガンで伴奏した。 「TEARS〜大地を濡らして〜」もまた、X JAPANのシングル「」として1993年にリメイクされた。 東芝EMIからは、のプロデューサーとして知られるとのジョイント・プロジェクトとして、アルバム『』と、シングル「」が1993年にリリースされた。 ジョージ・マーティンは日本武道館での「ART OF LIFE」の演奏をビデオを観てプロデュースを快諾した。 1993年にはTBS系で10月から放送されたドラマ『』の主題歌としてのシングル「」をプロデュースし、で優秀賞を受賞した。 1994年にはのドラマーであるとのコラボレーション・シングル「」をリリースし 、2人はの呼びかけによりにより催された『』で共演した。 また、のトリビュート・アルバム『』に、ピアノ協奏曲にアレンジした「ブラック・ダイヤモンド」で参加した。 同年にメジャー・レーベル「」を設立し、をメジャー・デビューさせた。 同レーベルからは、1996年に自身2作目となるクラシック音楽のコンピレーション・アルバム『』もリリースされた。 1997年4月20日にボーカリストのToshlがX JAPANを脱退。 同年9月22日にで記者会見を開き、X JAPANの解散を発表した。 2000年に新たなボーカリストを加えた形で再結成することや 、自身も日本やアメリカで音楽プロデューサーとして本格的に活動することを予定していたが 、1998年5月2日にギタリストのが急逝したことで精神的に落ち込み、頓挫。 やのプロデュースを手がけるものの、表舞台には一切上がらずにいた。 そんな中、『』の奉祝曲の制作依頼を受け、1999年11月12日にで行われた式典で作曲したピアノ協奏曲「Anniversary」を演奏。 この時に受けた歓声が再起の契機となった。 ソロ活動(2000-09年) [ ] 『』でサインに応じるYOSHIKI。 2000年6月にメジャー・レーベル「」の設立を発表。 や、BEAST、など、レーベル所属のアーティストのデビューに携わった。 また1998年2月にロサンゼルスに設立したレーベル「」に所属する、、、らのアルバムをプロデュースした。 Violet UKの制作も再開し、自ら出演し、演出も手がけたの企業イメージCFに「Confusion」「The Other Side」「Blind Dance」の3曲を使用した。 Violet UKとしては1998年公開の映画『』に楽曲「sane」を提供している。 2002年9月1日、お台場で行なわれたライブ・イベント『』のステージでに加入することを発表 (2005年にYOSHIKIを加えての活動の際の名称がになることが発表された )が、今のところ活動の実態は無く、小室流ジョークとも言われている。 同年12月に東京国際フォーラムで『』を開催。 弦楽器に比重が置かれた16型編成のオーケストラをとコンスタンチン・D・クリメッツが指揮したこのコンサートには、Violet UKからドーターとも参加し、ニコールは「」の英語バージョンを歌った。 「I'll Be Your Love」はの公式イメージ・ソングとして、YOSHIKIが抜擢したハワイ出身の歌手・が歌ったものがシングルとして2003年10月29日にリリースされた。 ニコールが歌う英語バージョンは、同年9月26日にリリースされた愛知万博の公式アルバム『「愛・地球博」presents GLOBAL HARMONY』に収録された。 2003年2月1日に放送された、NHKのテレビ放送50周年記念番組『あなたとともに50年 今日はテレビの誕生日』のエンディング・テーマとして、とが歌う「君だけだから」を作曲し、番組ではピアノで伴奏した。 2004年には公演『』でが歌う「世界の終りの夜に」を作曲。 また、を介して依頼を受けた韓国のロック・バンド「」の日本デビュー・シングル「」をプロデュースした。 2005年にはでが演奏する「I'll Be Your Love」のクラシック・アレンジバージョンを指揮した。 事前にや、、らのビデオを観てトレーニングを積んだ。 また、やから本格的な指導を受けたほか、からもアドバイスを受けて指揮に臨んだ。 同年、2作目となるクラシック・アルバム『』と 、『YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 with 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 featuring VIOLET UK』のライブDVDを 、2003年2月に専属契約を結んだからリリースした。 2006年には、劇場長編アニメーション映画『』の音楽を担当すると発表。 同年8月5日にで開催されたアニメ・コンベンション『』に特別ゲストとして招かれた。 2007年には、5月25日と26日にロサンゼルスのウィルターン・シアターで『J-Rock Revolution Festival』を主宰。 、、とのロック・バンド「」の結成と、同年6月にで開催される『』において、S. としての初めてのライブを行うと発表した。 また、2007年公開のアメリカ映画『』や『』の主題歌を制作したほか 、2008年公開のアメリカ映画『』の音楽総監督や製作総指揮を務めた。 『ソウ4』の主題歌には、Toshlとの約8年ぶりの再会をきっかけに再結成に向けて動き出していたX JAPANの楽曲「」が使用され 、2007年10月18日にX JAPANは公式ウェブサイトで再結成を発表した。 2008年には、日本テレビ開局55年記念ドラマ『』の主題歌として、が歌う「愛する人よ」を制作したほか 、生誕100年祭『AK100 Project』の音楽プロデューサーを務めると発表した。 2009年には、日本テレビ系情報番組『』の天気コーナーに「BLUE SKY HEAVEN」を提供した。 ソロ活動(2010年-現在) [ ] 2010年2月24日に、東京のでToshlのコンサート『』をプロデュースし 、ゲスト・ミュージシャンとしてピアノで参加した。 2011年5月からアメリカの衛星ラジオ局「」のハード・ロック専門チャンネル「ザ・ボーンヤード」で『YOSHIKIラジオ』と題した音楽番組のホストを務め 、自身が影響受けた音楽やアニメなどの日本の大衆文化を紹介した。 月1回の1時間番組で、1回目の5月27日のみ東部時間20時からが放送され、2回目となる6月5日から7回目の11月6日までは毎月第1日曜日の東部時間21時から放送された。 2010年10月10日に行われたX JAPANのニューヨーク公演を見て関心を持ったラジオ局の関係者が、新番組の依頼をしたことがきっかけとなった。 2012年にはからの公式テーマ・ソングの制作依頼を受け、制作した楽曲「」がの授賞式から使用されている。 同楽曲は2013年1月にを通じて、ソロ名義では初めて全世界111ヶ国に配信された。 同年8月27日には『Eternal Melody』と『ETERNAL MELODY II』の収録曲に、「ゴールデングローブのテーマ」とX JAPANのワールド・ツアーのオープニングで使用された新曲「Miracle」を加えたベスト・アルバム『』をリリースした。 アルバムの発売を記念して、前日の26日にロサンゼルスので『An Evening with Yoshiki』と題されたショーケースを行い、その模様はとで生中継された。 でピアノを演奏するYOSHIKI(2014年) 2014年2月19日にグラミー・ミュージアムでソロ公演を兼ねた記者会見を開き、ソロとしては初めてとなるワールド・ツアー『YOSHIKI CLASSICAL WORLD TOUR』を開催すると発表。 ツアーでは4月25日のを皮切りに、アメリカ、メキシコ、ロシア、ドイツ、フランス、イギリス、中国、タイ、台湾、日本を廻り 、同年公開のアニメーション映画『』の主題歌として制作した楽曲「Hero Yoshiki Classical Version 」も披露した。 グラミー・ミュージアムでは会見当日から、アジアのアーティストとしては初めて愛用のピアノやステージ衣装などが展示された。 2014年3月14日には、テキサス州オースティンで開催された音楽コンベンション『』に出演。 イベント終了後に行われたアフター・パーティでは会場にピアノを2台設置して、自身のホログラムとの連弾を披露した。 同年7月4日、毎年パリで開催されている日本の大衆文化を紹介するコンベンション『』に参加し、ソロ・コンサートを開催。 途中、ゲストにイラストレーターのを迎え入れ、ピアノ演奏と絵画の即興のコラボレーションを披露した。 同年8月15日、16日ににて自身初となるディナーショー「EVENING WITH YOSHIKI IN TOKYO 2014」を開催。 同年10月29日にのザ・ゲフィン・コンテポラリーで行われた、のキャラクター「」のコンベンション『Hello Kitty Con 2014』に出演。 会場の特設ステージで、ハローキティのデザイナーであるから依頼を受けて制作したハローキティの公式テーマ・ソング「HELLO HELLO」(仮タイトル)を初披露した。 X JAPAN - ニューヨークMSG公演(2014年10月) 2015年3月11日に、バラエティ番組『』でのX JAPANに関わる内容が放送された回について、「たまたま見てしまいました。 真実と異なる事や、編集等、色々と思う事があり、少し傷つきました」と発言し、さらに「今ファンのみんなをがっかりさせないように世界に向かって命がけで頑張っています」との意思表明を示した。 同年5月30日、31日に開催されたの東京ドーム公演『20th Anniversary Final GLAY in TOKYO DOME 2015 Miracle Music Hunt Forever』の2日目にスペシャル・ゲストとして登場し 、1994年にプロデュースしたGLAYのメジャー・デビュー曲「」で共演した。 同年8月14日、15日にグランドハイアット東京にて2年目となるディナーショー「EVENING WITH YOSHIKI IN TOKYO JAPAN 2015」を開催。 追加公演の「BREAKFAST(LUNCH)WITH YOSHIKI IN TOKYO JAPAN 2015」を合わせ2日間で計3公演を開催。 )大阪では初開催。 同年10月12日、世界初となった KISS のオフィシャル展覧会「KISS EXPO TOKYO 2016 ~地獄の博覧会~」に来場。 一般への公開日前日に訪れたYOSHIKIを、自らがエスコートした。 2017年5月10日、自身のホームページで、による首の頸椎の人工の置換の緊急手術を行うことを公表した。 同年5月16日、の ()にて緊急手術が行われ、手術は無事に成功した。 )名古屋では初開催となった。 2018年7月から9月にかけて放送されたアニメでは、初回である第1話と最終話である第12話に出演。 第1話Aパートでの出演時は声は別人()が担当したが、第12回Bパートでの再出演時ではYOSHIKI本人が声を担当した。 7月9日、テレビアニメ「」第3期のオープニングテーマ「Red Swan」を「X JAPAN feat. 」が担当と発表されていたが、7月21日、アーティストの意向により担当アーティストを「YOSHIKI feat. HYDE」へとクレジットの変更と発表された。 2018年7月28日、ののステージにゲスト参加した。 クリスタルピアノで「」を演奏し、スクリレックスの代表曲「Scary Monsters And Nice Sprites」ではドラムで参戦するなど、EDMサウンドにクラシックとロックを融合させたステージを披露した。 なお、今回のサプライズコラボは、スクリレックスからのオファーをYOSHIKIが快諾したことにより実現した。 2018年9月8日、アキタ「きよら グルメ仕立て」の新CMに出演。 2018年12月31日に白組で「YOSHIKI feat. 」、紅組で「YOSHIKI feat. 」として出場 した。 2019年8月2日、パシフィコ横浜にて行われたRakuten OPTIMISM 2019のビジネスカンファレンスに13:00頃から対談ゲストとして登壇、20年来の友人である楽天創業者のと時代のコンテンツの在り方について対談した。 その中で本人は、5G以後に実現されるストリーミング中心の世界に備えて、音楽業界の在り方を変えるような重大発表を行う予定とした。 15:00からは同会場にて関係者向けのシークレットライブとしてRakuten YOSHIKI Nightを行った。 21:00からはニコニコ動画のYOSHIKI CHANNELで第一弾の重大発表を行う予定だったが、生放送中に関係者との調整が不十分であることが本人に伝えられ、延期となった。 イベント出演に合わせて、前日にロサンゼルスから来日していた。 2019年8月3日、パシフィコ横浜にて、YOSHIKIファンクラブ会員と楽天会員向けのRakuten YOSHIKI Nightに出演した。 ライブ後の囲み取材ではアルバム関連の発表を近い将来に行うことと、製作中のドキュメンタリー映画が7割程度出来上がっていることなどを公表した。 2019年8月9日、グランドハイアット東京でのディナーショーでカーテンコールへ登場した際、押し寄せてきたファン達に何度か手を強く握られて右手首と左手薬指を捻挫し、激しい痛みが続いた。 2019年9月18日にで今まで非公表であった出身地を明らかにした。 2019年12月15日にに「YOSHIKI feat. <YOSHIKISS>」として出場することが決定した。 2020年5月18日、自身のにおいて頸椎椎間孔狭窄症の手術から3年が過ぎてもなお左手の感覚が戻っていないことを明かした。 音楽性 [ ] 作詞 [ ] 「作詞には作曲と同じ、もしくはそれ以上の時間を僕は割いている」とし 、自身の歌詞については「『とても抽象的な表現をしているようで、実は核心に突き刺さっている詞』『結論・到達点のない詞』が好きでその表現ができる様にする」 「死について語っている詞が多いと思う」と語っている。 一方で歌詞の悲観性や自虐性については、「ポジティヴなエネルギーってネガテヴィティによって引き立つと思うんですよ」「悲しみなり毒をずっと表現したときにポッと美を出すと、それがすごいポジティヴに感じる」と、肯定的なエネルギーを引き立たせるための逆説的なアプローチであると説明している。 最初に作詞をしたのは高校時代で、Xの「」であった。 作風によって作詞のクレジットで「五十嵐美由姫」「橘朋実」「白鳥瞳」「白鳥龍」などのペンネームを使うこともある。 作曲 [ ] 1曲が300小節あるとして、その内のサビの16小節を考えて、その時は「素晴らしい曲ができた」と思ってもすぐに「違う曲を作ってしまった」とその都度思う。 それを回避するために全体を見回すようにやっても、いつも1,2小節に嵌り込んで行く。 所属レーベルから「一刻も何とかして欲しい」と製作費・スケジュール等を指摘されても、客観的に見られない。 そもそも「どの様に作ったらファンが喜び、数字を稼げるか」より、「どんなメロディだったら自分とメンバーが喜び、惹かれるか」ありきで作曲している。 プロモーションの段階では、どんなに筋の通っていない矛盾したコンセプトでも「このアルバムの中の曲はこのテーマで行く」と周囲を言い負かせるようにできる準備をする姿勢で行っている。 クラシック、ロック、ポップなどのジャンルに関わらず、作曲をするときは楽器を使わずにベース・ストリングス・ドラム・ピアノ・ギターを別々にした全てのパートを直接譜面に書いている。 1991年のとでの活動以降は「"電気の音"も鳴るようになった」と語っている。 基本は待つ姿勢で臨み、玄関も開けずカーテンも閉じて外の天気もわからない部屋に閉じこもりながら、机の上に譜面を置いて、ペンを持ちながら呆ける。 その理由として「頭の中のイメージを音にする時は音が邪魔なときがある。 自分を極限まで追い込むことで、『自分が作っている』という気持ちの状態から生まれてくる自分の音が好き」 「譜面だけで書くと制約がないんです。 ピアノで作ると、指グセがあったりと制約ができてきちゃう。 それはギターも一緒ですけど、譜面だとそれが無いんです。 だから逆に譜面の方が自由にできる」と語っている。 を持っており 、ペンと譜面さえあれば作曲ができるため移動中に飛行機の機内で作曲することもある。 インディーズ時代にライブ・ハウスで曲と曲の合間に冗談のつもりでピアノでクラシックを弾いたところ、その意外性が思いのほか受け、それをきっかけにピアノとギターやドラムなどを絡めようと意図的に作曲するようになった。 X JAPANの楽曲にピアノを取り入れたのは1作目のアルバム『』の収録曲「ALIVE」が最初で、ベートーヴェンの「」のフレーズが使われている。 ハードなサウンドの中にピアノを取り入れる手法はX JAPANの楽曲の特徴の1つになっている。 1992年からとを学びを始め 、やに師事。 ストリングスへの理解を深めるためににも挑戦した。 とのジョイント・プロジェクトとして1993年に発表したアルバム『』の制作では、オーケストレーションについて詳密に理解していなかったために自分の意見が説明できず悔しい思いをしたが 、「真のレジェンドからオーケストレーションについて多くのことを学んだ」とし、ジョージ・マーティンとの仕事が大きな影響になったと語っている。 の1994年のトリビュート・アルバム『』に収録された「ブラック・ダイヤモンド」のピアノ協奏曲アレンジでは、初めて1人でオーケストレーションを全て手がけた。 「オーケストラと仕事をするようになって以降は、X JAPANなどのロック・バンドにおいても「小規模なオーケストラ」という視点で作曲するようになった」と語っている。 編曲 [ ] 必ずしも自分の頭の中の完成形に拘らずに、他のメンバーのイメージやアイディアを尊重し、ドラムパートだけでも7,8パターン制作した後にどれが良いかを聞く。 音色もフレーズやタイミングと同列に重視しているが、言葉で伝えるのは難しいため、絵を描いて指定する場合もある。 ただ、事前に「誰が弾くのか? 」「あの人のあの曲のイメージは? 」と楽器を担当するメンバーの本質を考慮することは全く無く、メロディを制作した後に「寧ろ自分が担当できたら着きたい」と思うものを選定する。 それ故にメロディが先にできることもあれば、アレンジされた音色が出てくることもあり、いざ完成すると「全編ストリングスのみで構成されていた」「X JAPANでやることすら意識していなかった」出来上がりになっていたケースが多い。 影響 [ ] ドラマーを志すきっかけになったキッスのピーター・クリス。 のインタビューで、最も影響を受けたアルバムを聞かれ、の『』、の『』、の『』の3作を挙げた。 アイアン・メイデンに関しては初期の作品のパンク性に影響を受け 、その後パンク・ロックに「もともと聴いていた音楽に戻れないぐらい」のめり込んでいくきっかけになった。 1984年に上京してXのバンドのメンバーを探していた時期は、や、、、などイギリスや日本のパンク・バンドに傾倒していた。 影響を受けたドラマーにはキッスのを挙げ、11歳の時にキッスの日本武道館公演でクリスを見てドラマーを志したと語っている。 そのほか、好きなドラマーとして、 、 、 [ ]、、、、、、、、、を挙げている。 初めて購入したレコードであるのとのが収録されたアルバムには、ロック・グループと同じぐらいの影響を受けたという。 自身の半生を描いたという楽曲「」では、そのシューベルトの「未完成」のフレーズが使われている。 影響を受けた作曲家にはを挙げ、あえて影響を匂わせた作品を入れたり対旋律などの手法を引用していると語っている。 X JAPANの1989年のアルバム『』に収録されている「ROSE OF PAIN」では、バッハの「」のフレーズが随所で使われている。 1997年のインタビューではなどの近現代の作曲家に最近は影響を受けていると語っており 、自身の人生に大きな影審を与えた曲を中心に選曲したクラシック音楽のコンピレーション・アルバム『』(1996年)には 、シェーンベルグの弟子にあたるの『』も収録された。 最も好きなクラシックの作曲家としては、と、交響曲ではベートーヴェンとシューベルト、ピアノ協奏曲では、ピアノ独奏曲ではを挙げている。 好きなピアニストとして、、、を挙げている。 キース・ジャレットに関しては1975年のライブ・アルバム『』に影響を受け、の理論やを学び始めるきっかけになった。 において最も影響を受けたのはで、Violet UKにおいてダンス・ミュージックの要素が強まるきっかけとなったと語っている。 特に影響を受けたトリップ・ホップのアーティストに、、を挙げている。 使用楽器 [ ] ピアノ [ ] シグネチャー・モデルのピアノ。 1990年までのステージではスペースの都合でアコースティック・ピアノが使えなかったため、のエレクトリック・ピアノ「RD-1000」を使用していた。 ピアノ以外にもなどに音色を変えて演奏する事も多かった。 1991年以降のステージでは、外装部分が透明で出来ているの「CR-40A」を主に使用している。 東京の自宅では特注した仕様のCR-40Aを置いている。 2011年のX JAPANのヨーロッパ・ツアーと中南米ツアーではCR-30を使用した。 1993年にはカワイのフルコンサート・ピアノ「GS-100」をベースにしたシグネーチャー・モデルが製作された。 幼少から自宅のカワイのピアノで練習をしていたことからカワイのタッチに慣れており、レコード会社との自宅にもそれぞれカワイのピアノを置いている。 1997年のテレビ出演時にはカワイのシンセサイザー「K5000W」を使用した。 レコーディング・スタジオには、カワイ・RX、のフルコンサート・ピアノとMIDIピアノ、のフルコンサート・ピアノが置かれている。 スタインウェイのフルコンサート・ピアノはで使われていたものを買い取ったもので、著名なアーティストのオートグラフが数多く入っている。 長い時間手首に負担がかかる角度でスタジオのキーボードを弾いて以来、慢性的なを患っており 、8時間を超えるピアノの練習にはドクターストップがかかる。 ドラムセット [ ] TAMAの "クリスタル・ドラム" とYOSHIKI(2011年、サンパウロ)。 TAMA()の2バス 16"x24", 16"x24" 、スネア 6. 5"x14" 、2フロア 16"x16", 16"x18" 、4タムタム 10"x10", 12"x12", 13"x13", 14"x14" を基本構成に 、パワー感を重視するレコーディング用と、ビジュアル・インパクトを重視するステージ用とを使い分けている。 X JAPANの1991年のアルバム『』のレコーディングからは、TAMAの・のカスタム・セットをラック・システムで使用。 チタン特有のドライな音を補うため、比較的薄いドラムヘッドに付け替えている。 X JAPANの1996年のアルバム『』では、オン・マイクで拾ったスネア・ドラムとバス・ドラムの音をライブ・ルームにセットした大型のPAスピーカーからルーム全体に流し、も同時にルーム・マイクで録るシステムを採用した。 この手法によって、オン・マイクのアタック感と、通常のドラム・レコーディングでは得られない奥行きのある部屋鳴りをミックスしている。 インディーズ時代のステージでは、のドラム・セットにをセットしていた。 TAMAとの契約したメジャー・デビュー以降のステージでは、通称 "クリスタル・ドラム" と呼ばれているTAMA・アートスターII(クリア・アクリル)をメイン・キットとして使用している。 「照明によって何色にでも光る」という理由でTAMAに特注したもので、1990年(ロックスターと同様の仕様)と1996年(アートスターESシリーズ)に台数限定で市販もされた。 しかし、シェルがアクリル樹脂素材のため、「強く叩かないと鳴らない」 という弱点がある。 ライブ序盤で使用され、ドラム破壊パフォーマンスにも使用されるサブ・キットには、バーチ・シェルのTAMA・グランスター・カスタムや 、メイプル・シェルのTAMA・アートスター・カスタムなどを使用。 初期はレッド、以降はロック・クロームのカラーリングが施されている。 ドラムヘッドはエヴァンス。 フット・ペダルにはヤマハのベルト・タイプ「FP-910」を使用。 シンバル系は初期はパールのWILDシリーズを使用していたが、後にに統一された。 ハイハット・スタンドはTAMAのIRON COBRA HH805。 シグネチャー・モデルのドラム・スティック「TAMA・H-YKB」。 はTAMAから市販もされている自身のシグネチャー・モデル「H-YKB」を使用している。 ヒッコリー材でチップはボールタイプ。 全長:398 mm、径:14. 25 mm。 ショルダー部分が比較的太く、先端にウエイトが置かれている。 TAMAからは汗による滑りを防止する特殊塗装マティロを採用したドラム・スティック「H-YKM」と、シグネチャー・モデルのティック・ケース「TB-YK」も販売されている。 X JAPANのシングル「」のミュージック・ビデオでは、の110Hや、110HBを使用している。 デビュー当時の激しいなどをしながらドラムを叩く演奏スタイルで首や頚椎を痛め、や神経循環無力症(心臓神経症)などを発症している。 こうした身体の故障でこれまでに何度もライブの中止や延期を引き起こし、X JAPANの全国ツアー『』で倒れた際には、「次に痛みが出たら車椅子生活になる」と医師から宣告された。 再発防止のために筋肉で骨を補強するようスポーツ専門家から勧められ自宅にジムを作って筋肉トレーニングに励むようになり 、回復後に行われたライブ『DAHLIA TOUR FINAL 1996』以降は首に頚椎固定用のコルセットを着用してドラムを叩くようになった。 X JAPANの2009年のワールド・ツアーでヘルニアを悪化させ椎間孔切除の手術を受けたが 、ほかの頚椎間や腰にも損傷が判明したため3年以内に再手術が必要であると医師から宣告された。 ギター [ ] Violet UKではレコーディングのほか、ステージでもギターを弾くことがある。 1992年10月にライブイベント用にによって製作され、のBICHを基にしたマホガニーのボディーにはバラのイラストが描かれており、ボルトオンネックの12フレットにはYOSHIKIロゴのブロック・インレイが埋め込まれている はフェルナンデスのTHD-1がフロントとリアに付けられている。 はオリジルのBICH同様のオクターブ調整が可能なバダス・タイプ が採用された。 同年12月から「Burny BG-125X」として市販もされた。 2000年8月には、Violet UK用にフェルナンデスによるBICHタイプのシルバーカラーのモデルが製作された。 ボディはアルダー、ネックはメイプルにローズ指板。 ピックアップ箇所にはフロントにサスティナー・ドライバー、リアにフェルナンデスのVH-401がマウントされた。 ブリッジはロック式トレモロのアーム付き。 市販バージョンは無し。 2002年のインタビューではレコーディングで使用しているのブラックのピックガード付きディンキータイプについて「それなしではViolet UKのレコーディングはできなかったというぐらい大活躍している」と語っている。 慈善活動 [ ] YOSHIKI(左端)と(右から2人目)。 2010年パーティーにて。 幼くして父を亡くした経験から、とりわけ遺児救済に関わる活動に積極的である。 2009年1月16日のX JAPANの香港公演『』では200人の孤児をコンサートに招待し、地元の非営利団体「」にコンサート収益の一部を寄付。 2009年3月29日から3日間、中国政府の要請によりの被災地と孤児院を慰問し、仮設校舎の敷地内に音楽室を建て、ピアノやオルガン、木琴などさまざまな楽器も寄贈した。 1995年にはの被災地の小中学校にピアノを10台寄贈している。 2010年7月1日、基金「Yoshiki Foundation America」を設立。 遺児の保護や難病を抱えた子供の救済などを目的とし、より継続的な支援を目標に掲げた。 この基金の設立にあたり、グラミー・ファンデーション、聖ヴィンセント・ミールズ・オン・ホイールズ、に、それぞれに寄付した。 が運営するグラミー・ファンデーションとは共同で、楽器の購入支援、音楽レッスンの提供、音楽関連のイベントへの参加支援など、音楽を通じた支援活動を予定している。 Yoshiki Foundation Americaはの(非営利公益法人)として、の認可を受けている。 2011年3月11日に発生したの被災者のためにのチャリティ・オークションにX JAPANのコンサートで使用したの「CR-40A」や愛用品を出品し、落札金額をに全額寄付した。 また、交流のあるハリウッドの著名人にも被災地の義援金協力を呼びかけ 、、、、、、などが寄付を申し出た。 2012年9月7日にアメリカ最大のボランティア支援団体「」が開催したイベントに、在アメリカ合衆国特命全権大使のに招待され出席。 慈善団体への募金を目的に開催されたチャリティ・オークションにプライベートでディナーをともにできる「プライベート・ディナー権」を出品し、その落札金を寄付すると発表した。 同年10月26日には、一般財団法人の20周年を記念したYahoo! JAPANのチャリティ・オークションに、Yoshiki Foundation Americaを通じて「YOSHIKIのピアノでX JAPANの曲を歌う権利」を出品し、その落札額を寄付すると発表した。 2013年1月にリリースしたの公式テーマ・ソング「」の収益の全額を、同賞の主催者であるを通じて慈善団体などに寄付すると発表した。 2014年11月20日に、Yoshiki Foundation Americaとグラミー・ファンデーション・ミュージケアーズを通じて「プライベート・ディナー権」をオークション・サイト「」に出品し 、その落札額をに寄付すると発表した。 オークションは12月10日に終了し、上位2人が落札した。 に発生したの被災者支援の義援金として、『Yoshiki Foundation America』を通じて、の『平成28年熊本地震災害義援金』に1000万円を寄付した。 また、1994年にアメリカで起きたを経験し 、当時被災地の治安悪化が問題視されていたことを振り返りながら、「東北大震災の時も同様、今回も被災地で秩序を守り、冷静な行動をとる被災地の皆様の姿にとても感動します。 世界からも賞賛されるこういった日本人の心も今後世界に伝えたい」と述べている。 YOSHIKIはハリケーン被害者に向けて、「アメリカに住む僕にとっては、とても他人事とは思えない出来事でした。 テキサス州で今苦しい状況と闘っている多くの方々へ、ほんの少しでも力になることができるならと思います」とメッセージを送っている。 には、『Yoshiki Foundation America』を通じて、被災地支援のため、までに日本赤十字社に1000万円の寄付を行ったことを公表、「日本では(寄付を公表することに)賛否両論があるかもしれませんが、欧米では(著名人が)率先して声を上げる動きがある。 自分の活動によって、寄付の輪が広がっていくのならいいことだと思う」「それによって、いろいろな方々が助かるのであれば、それでいい。 これからも堂々と寄付をしていきたいと思う」と約束した。 8月26日、に初出演し、11歳の盲目の少年と共にのステージで『』と『』を披露した。 YOSHIKIは番組の趣旨に賛同しノーギャラで出演しており 、当日のステージでも寄付金500万円 の目録を手渡した。 番組出演後にYOSHIKIは、「勇気を与えられたらと思って今日ここに来ましたが、気付けば僕の方が勇気と希望をもらいました」と、少年との共演で感じた想いを語った。 に発生したにおいては、9月12日に『YOSHIKI FOUNDATION AMERICA』を通じて、日本赤十字社の『平成30年北海道胆振東部地震災害義援金窓口』に1000万円の寄付をした。 に非常に強い勢力で日本に上陸した、そして北海道胆振東部地震についてYOSHIKIは自身のSNSで動画と共に、「今回の台風及び地震の事を先ほどアメリカのNEWSで知りました。 皆様のご無事、 そして一刻も早い復興を祈っています」 とのメッセージを寄せた。 2019年8月1日、のを受け、同社が開設した支援金の預かり専用口座へ1000万の寄付を行った。 2019年9月9日未明にに接近した 台風15号 の影響で千葉県に甚大な被害が発生していることを受けて、9月18日に自身ので今まで非公開としていた出身地を館山市であると明らかにした上で、『YOSHIKI FOUNDATION AMERICA』を通じて、日本赤十字社に1000万円を寄付したと発表した。 事業活動 [ ] 音楽レーベルと録音スタジオ [ ] 「」および「」も参照 1986年、Xのレコードをリリースするためにインディーズのレコード会社「」を20歳で設立した。 エクスタシーレコードは後にや、を輩出する一大インディーズ・レーベルとなる。 また、知り合いのプロダクション代表が、エクスタシーレコードの音源の無断使用で莫大な利益を得ていた一件から、楽曲の権利を守るために1988年に音楽出版社「エクスタシー音楽出版」を設立し、 JASRAC に登録した。 1992年には、自身のマネージメントや楽曲の版権を管理する「ジャパンミュージックエージェンシー」を設立している。 1994年に・グループとプロデューサー契約を結び、メジャー・レーベルの「」を設立した。 1998年2月にロサンゼルスを拠点とするレーベル「」と 、1999年8月に日本を拠点とするレーベル「」を設立した。 エクスタシー・レコード・インターナショナルは、エクスタシー・ジャパンは(いずれも)と流通契約を結び 、エクスタシー・ジャパンにはが資本参加した。 2008年にを、X JAPANのシングル「」の全世界同時発売時に設立した。 1993年に、ノース・ハリウッド・ランカーシム・ブールバードNoHoアート地区のコンプレックス型スタジオ「ワン・オン・ワン・レコーディング」を買い取り、スタジオAを外貸しとし、スタジオBを自身のプリプロ・ルームとして使用していた。 2000年にエクスタシー・レコーディング・スタジオに改称。 2003年からはレンタルを一切やめ、完全なプライベート・スタジオとして使用していたが 、2012年に17ハーツLLC社に売却。 新たに同市カフエンガのカフエンガ・パス・スタジオを買い取り、2012年から自身のプライベート・スタジオとしてソロ・プロジェクトやX JAPAN、Violet UKなどのレコーディングに使用している。 売却したノース・ハリウッドのスタジオは、現在という名のレンタル・スタジオになっている。 1998年には、ビバリー・ブールバードのブルックリン・レコーディング・スタジオを買い取り、エクスタシー・レコーディング・スタジオ・サウスに改称して使用していたが 、アメリカのバンドのプロデュース活動から手を引いた2003年に手放している。 2001年には、エクスタシー・ジャパンやエクスタシーレコードの原盤制作の拠点となるスタジオとしてエクスタシー・レコーディング・スタジオズ・ジャパンを渋谷区広尾の恵比寿プライムスクエアタワー11階に設立したが 、2003年のエクスタシー・ジャパンの活動終了に伴い閉鎖された。 コラボレーション商品 [ ] ラルム オードトワレ 1992年10月25日に、からの憧れのロック・スターという設定の人形「STARLIGHT YOSHIKI」が限定1万体で発売された。 ローズ、シルバー、パープルの3種類で、リカちゃんシリーズとしては初めて実在する人物がモデルとなった。 1993年10月18日には、プライベート・ブランド・ライン「ラルム」を発表し、と開発した香水と、と開発した女性用ランジェリーを発売した。 2002年7月31日に、各450部限定で「YOSHIKI ARTS-直筆サイン入りシルクスクリーン3作品」を発売。 作品は「Endless Rain」「Tears」「Forever Love」の3点。 2004年には「X JAPAN 15周年メモリアルプロジェクト」の1つとして、X JAPANの東京ドーム公演の前日に楽屋で食べたカレーが辛かったことに腹を立て、リハーサルへの参加を拒否して帰宅したエピソードを元ネタにしたレトルト・カレー「『YOSHIKI伝説』YOSHIKIカレー<キレ辛>」と、シェード部分に自身の写真がプリントされた室内用ランプを発売した。 2008年10月1日から、ジュエリー・メーカー「」とコラボレートしたジュエリー・ブランド「YOSHIKI Jewelry」を発表。 2008年12月24日から、が会員限定の特典がある自身の写真がデザインされたクレジット・カード「UNDERGROUND KINGDOM VISAカード」を発行している。 2009年5月にはとのコラボレーション・キャラクター「yoshikitty」を発表した。 2009年10月26日には とコラボレートしたカリフォルニア産ワイン「Y by Yoshiki」を発売。 赤ワインは。 白ワインはで、で88点の評価であった。 2011年7月21日、サンディエゴで開催されたアニメ・コンベンション『』で記者会見し、自身をモデルにしたヒーローが主人公のアメリカン・コミック『ブラッド・レッド・ドラゴン』を発表。 会見には作品のクリエイターであるとが同席した。 作品は全4巻で、2011年10月5日に初巻が発売された。 2012年1月20日にはが彼の「静」と「動」を表現したという2作のシルクスクリーン「YOSHIKI PORTRAIT」と「YOSHIKI DRUMS」が100枚限定で発売された。 2013年にはヘッドフォン・ブランド「SOUL」とのコラボレーション・モデル「SL150 YOSHIKI special edition」をプロデュース。 SOULの既存モデル「SL150」を元に、カラーやデザインなどを変更したもので、数量限定で発売された。 その他 [ ] 圧縮音楽データの再生技術に関する特許を2000年に出願。 2008年にエナジー・ドリンク「」のエグゼクティブ・プロデューサー 、2009年にのレーシング・チーム「」のチーム・プロデューサー 、アメリカの動画共有サービス「」のエグゼクティブ・アドバイザーを務めた。 また、2010年11月に設立された、が代表を務めるベンチャー企業「」の共同設立者に名を連ねている。 映画監督の・と共に、クリエイターのための「」を運営している。 2012年9月には、スポーツカー「」の化の開発を手がける発のベンチャー企業「グリーンロードモータース」に出資者として加わった。 ロサンゼルスで日本の広報拠点となる「ジャパン・ハウス」が外務省によって2017年夏に内に開設されることが発表され、アドバイザーに就任した。 2011年3月6日ににて行われたファッション・ショー『ASIA GIRLS EXPLOSION』を、ファッション・プロデューサーのと共同で企画。 着物ブランド「YOSHIKIMONO」を発表し、としてもデビューした。 10歳の頃から悩まされているの治療をきっかけに 、ライフワークとして医学博士のと共同での研究も進めている。 現在、の投票権を持つ「ボーティング・メンバー」の1人でもある。 評価 [ ]• 「のメロディーにはやを聴いているような高揚感があり、そこにYOSHIKIのドラムなどがすごいエネルギーとなって混じり合っている点に、シンパシーを感じる」 「すごく存在感があると思った。 それで興味を持ってX JAPANの音楽を聴いてみたんだけど、もし歌詞が英語だったなら、彼らは世界一ビッグなバンドになっていたかもしれないと思ったよ。 アメリカ人の大半は、英語以外で表現されるものに興味を示そうとしないからね。 世界には優れた音楽がたくさん存在しているというのに、そんな風に耳を閉ざしてしまうのは馬鹿げてるよ。 X JAPANの音楽を聴けば、彼らが日本でスタジアムバンドとしての地位を確立している理由が分かるはずさ」 (/)• 「普通のミュージシャンだったらAメロからBメロに行くときにこれから変わることを予感させるつなぎ方をする。 バサッと変わるというか、美味しい所の圧縮感覚みたいなセンスをリアルタイムで持っている」 「自分のペースで演奏を進めちゃって、オーケストラの指揮者が必死に彼に合わせていた」 「(YOSHIKIが「練習はしない日は全くしないが、家に帰ると寝るまでやるほど練習が好き」と話したのを聞いて)僕よりYOSHIKIの方が全然クラシックの色が強いんだよね。 だって僕は『』も『』もちゃんと弾けない。 反復練習しないから、譜面の見方もあんまり慣れないし、初見が効かない」 「飲み友達としても、ミュージシャンとしても話ができ、感情論・精神論・ロジック等色々な音楽の捉え方を器用に使いこなして、音楽作りを進めることができる」 「ヴィジュアル系は彼が作ったと言ってもいい。 僕がYOSHIKIへの敬意と対抗心を持って僕らのと彼らが鎬を削りあって発展したのだから」 「何十kgものバーベルを持ち上げたりとか、鏡で自分の体を見たり、ランニングマシンをやったり、そこから音楽に入ったり、もしくは音楽が終わってからやったり。 それが全部音楽のためなんですよ。 それが実際に身になっている。 僕にはあのストイックさは不可能」 ()• 「YOSHIKIさんはクラシック出身だったので、勝手にシンパシーを覚えて自分なりに研究した覚えがあります。 のバトル曲はX JAPAN・の様な邦楽ロックのノリです」 ()• 「妥協を許さない感情描写であり、その無駄のないところに美しさが存在し、読み手の想像力が存在したところに、詞に対しての魅力を感じることができる」 ()• 「ドラマティックだが意外と語彙が少ない。 その『少なさ』が逆にポリフォニック(多声的)な効果を発揮し、ミニマムな言葉遣いでマキシマムな感動を生み出す」 ()• 「ほとんどYOSHIKIが始めた悪癖の数々が原因なのだけれど、アーティストのセルフプロデュースによる権力の一極集中が甚だしいがために、レコード会社も事務所も無力化してしまった。 その弊害は凄まじいもので、制作費や宣伝費は膨大に膨れ上がり、レコーディングの遅延はプレス工場のパートのおばちゃん達を泣かせ、ライブの開演時刻は有名無実化し、取材における遅刻や中止も相次ぎ…アーティストの地位を飛躍的に向上させた点は評価できるが、その陰で悲惨な目に遭った関係者は数知れない。 特にが被ったダメージは甚大であり、今や『これを載せとけば雑誌が売れる』という弱腰の姿勢によって原稿・写真のチェックが日常化してしまい、媒体としてのプライドや意思を自ら放棄してしまったのである」 「自らインディーズレーベルを主宰していたYOSHIKIは、メジャーデビュー後も広告や宣伝に対して意欲的でした。 これだけ宣伝や露出の価値を見出し、主導してプロパガンダに勤しんだアーティストは、当時日本の音楽業界初だったのです」「YOSHIKIは原盤制作費を自ら支払うことで原盤権を獲得すると共に、自前の音楽出版社まで起ち上げました。 音楽をビジネスとして成功させるには原盤権と著作権の両方を持たねばならないことを、YOSHIKIは実体験の連続から学習したのです。 『大手レコード会社と契約し、その流通網や宣伝力によって全国的なヒットにする』位しか頭になかった従来のアーティストを思えば、それは革命的な事でした。 以降、彼の戦略を踏襲する者が増えたばかりか、アーティストの権利や地位は飛躍的に向上したのですから、他のジャンルも含めた皆はこの男に足を向けて寝られないはずです」「音楽業界に革命的貢献をしたにも関わらず、何年経ってもYOSHIKIは正当に評価される気配はありません。 理由は簡単、その功績以上に事件を起こしまくったからです。 何が起きても単なるアクシデントでは終わらず、伝説に昇華してしまう過剰な自己演出能力に長ける男です。 その『癖』が抜けない限り、彼が正しく評価される日はまだまだ遠いでしょう」 ()• 「X JAPANとか、それを筆頭とするヴィジュアル系の、総てに対して寛容ではないですよ。 でも、X JAPANは必要とされていたから売れたんだし、X JAPANを聴いていた人の殆どがやを知らなかったんだから僕達は負けたんです。 僕は北欧系様式美でも歌謡界チックな物でも、良い曲はあると思う。 X JAPANには良い曲はいっぱいあるし、バンド全員があの方向性を理解していないとあれだけのものにはならない。 僕達がLOUDNESSとかとかとかとかを反面教師にして来た様に、彼らはANTHEMややまでも反面教師にしてきたんだな、と思いましたね。 にしてもにしても皆そう」 (/) YOSHIKIは1980年代当時のシーンの印象について「当時のシーンというのが、ANTHEMとかが盛り上がっていた頃で、まるで評論家に褒められるのが目的かの様に、一生懸命真面目に音楽をやる事が良いとされる様な、まるで学校に行くような雰囲気が漂っていたんですよ。 それが凄く嫌で、だったらもっとムチャクチャやってやろうと思って、そうしたら今度、そのムチャクチャさ加減にHIKARUとが辞めてしまった」と自虐的なニュアンスを含めつつも当時の日本のヘヴィメタルバンドを反面教師にしていた事を認めている。 「YOSHIKIさんのプロデュースの仕方はまずバンドに先にやりたい事をやらせて、そこから『どういう風にアレンジしたらいいか』『こういう音を入れたらいいんじゃないか』と細かい所まで含めてアドバイスしていくという感じ」 (/)• 「僕らが形にしたテープを先に聴いてくれて、僕らのやりたいことや求めているものをすごくわかってくれたと思います。 僕らの持っているアーティスト性を大事にして、それを引き出すという考え方でプロデュースしてくれて。 『持っているものをもっと出せば、すごく格好良くなる』と言われました」 「曲を作るのは早いらしいんですよ。 でもそこからのアレンジにすごく時間をかけていろんな事を実際に試して、納得いくまで追求していく音に対してのこだわりと姿勢はすごいと思いました」 (/DIR EN GREY)• 「この人を初めて見たときは驚いたよ。 『見たことのない新しいタイプのアーティストが出てきたなあ』って。 それから30年近く。 今も人気をキープしてるって、たしかにすごい人だよね。 たださ、演歌歌手にしろ文化人にしろ、エポックを作った大御所にありがちなのがファッションのイージー化。 この人だって例外じゃないよ。 だいたいこの白いロングジャケットからして、着るだけで誇り高い気品を演出できる、一種の手抜きアイテム。 よくおじさん文化人で黒いマオカラーのジャケットを着て、神秘的な僕を演出する人がいるけどさ。 白いロングジャケットは、あれの王子様バージョンみたいなもんだよね。 ただしこれでボトムも白だとあまりにベタ。 まんまになっちゃうもんな。 そこで、こう見えてたぶん高級品のダメージジーンズをみたいなブーツにインしたり、Vゾーンにシフォンのストールを重ねたり…ってこれ、白金あたりを歩くおばさまがよくやってる格好にそっくり…いえいえ、あくまでファッションの話なので、あしからず! 」 () ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照• 『』(1993年)• 『』(2005年)• YOSHIKI本人から許諾を得て登場していることがテロップで表示されている。 第12話「ほんとうの最終回なのだ」に再びアニメキャラクターが登場。 声は本人(YOSHIKI)と作中テロップとEDクレジットで表示されている。 いずれも、のチームで出演。 - - - と共演 事前収録 ツアーとコンサート [ ]• 『』(2002年12月3日・4日、)• 『Yoshiki Classical World Tour part 1』(2014年)• 『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR 第2弾 - YOSHIKI with Orchestra -』(2016年)• 『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL feat. Tokyo Philharmonic Orchestra』(2017年1月12日・13日、ニューヨーク・カーネギーホール)• 『YOSHIKI CLASSICAL 2018 ~紫に染まった夜~ YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』(2018年11月15日、東京国際フォーラム) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• サンケイスポーツ 2019年9月18日. 2019年9月18日閲覧。 2017年6月15日. 2018年9月16日閲覧。 天皇陛下御即位二十年奉祝委員会 2009年10月14日. 2014年10月30日閲覧。 愛・地球博公式ウェブサイト 2002年2月25日. 2014年10月30日閲覧。 Hollywood Foreign Press Association 2012年1月12日. 2014年10月30日閲覧。 ニューヨーク・タイムズ 1998年6月18日. 2007年8月6日閲覧。 , p. 女性自身 2013年10月30日. 2015年9月29日閲覧。 , p. , p. 朝日新聞グローブ 2014年8月3日. 2014年10月24日閲覧。 , p. , p. , p. 女性自身 2009年7月7日. 2012年10月17日閲覧。 , pp. 80-81• SiriusXM Yoshiki Radio 2011年5月27日OA• , pp. 87-88• , p. 『月刊カドカワ』(1992年1月号)角川書店• MusicRadar 2015年11月30日. 2019年3月6日閲覧。 , p. 日刊スポーツ 2008年3月15日. 2019年10月25日閲覧。 , p. 110• , p. 123• , pp. 125-126• 128• , p. 131• 『POP MUSIC Artist 公式ホームページ INDEX 2000〜2001』主婦と生活社• 『オリコン・ウィークリー』(1990年2月5日号)オリジナルコンフィデンス• Discogs. 2014年10月30日閲覧。 有線ランキング. 2013年9月9日閲覧。 『R25』(2005年7月22日号)リクルート• 日本レコード協会 2014年2月27日. 2014年10月30日閲覧。 Discogs. 2012年10月21日閲覧。 , p. 280• 日本レコード協会 2014年2月27日. 2012年9月16日閲覧。 ORICON STYLE 2013年10月22日. 2014年10月30日閲覧。 , p. 109• , pp. 102-103• 『WHAT's IN? 』(1993年4月号)ソニー・マガジンズ• 日本作曲家協会 2013年7月28日. 2014年10月30日閲覧。 Discogs. 2012年9月18日閲覧。 Discogs. 2012年9月18日閲覧。 『日経エンタテインメント! 』(1998年3月号)日経BP社• 『FOOL'S MATE』(2007年9月号)フールズメイト• 』(2000年8月号)日経BP社• , pp. 66-67• ASCII. jp 2000年6月21日. 2012年2月5日閲覧。 BARKS 2002年9月3日. 2014年10月30日閲覧。 , p. 105• 愛・地球博公式ウェブサイト 2003年9月17日. 2012年10月5日閲覧。 『FOOL'S MATE』(2003年4月号)フールズメイト• スポニチアネックス 2004年5月29日. 2014年10月30日閲覧。 CDJapan. 2012年10月5日閲覧。 434• コロムビアミュージックエンタテインメント. 2012年10月5日閲覧。 コロムビアミュージックエンタテインメント 2003年7月28日. 2012年10月5日閲覧。 『FOOL'S MATE』(2007年9月号)フールズメイト• JaME WORLD 2006年9月24日. 2014年10月30日閲覧。 Label Networks Inc. 2008年9月16日. 2014年10月30日閲覧。 ORICON STYLE 2007年5月27日. 2014年10月30日閲覧。 CDJournal 2007年9月28日. 2014年10月30日閲覧。 シネマトゥデイ 2007年9月21日. 2014年10月30日閲覧。 BARKS 2007年10月23日. 2014年10月30日閲覧。 nikkansports. com 2008年3月13日. 2014年10月30日閲覧。 MSN産経ニュース 2008年9月21日. 2008年9月21日閲覧。 日本テレビ 2009年3月30日. 2014年10月30日閲覧。 ORICON STYLE 2010年2月25日. 2014年11月27日閲覧。 BARKS 2010年2月25日. 2014年11月27日閲覧。 fujisankei. com 2011年5月25日. 2014年10月30日閲覧。 BARKS 2011年5月14日. 2014年10月30日閲覧。 SiriusXM 2011年5月28日. 2011年5月28日閲覧。 ORICON STYLE 2012年12月21日. 2014年10月30日閲覧。 Billboard JAPAN 2012年12月21日. 2014年10月30日閲覧。 毎日新聞デジタル 2013年7月24日. 2013年7月28日閲覧。 BARKS 2013年8月27日. 2014年10月30日閲覧。 ORICON STYLE 2014年2月20日. 2014年10月30日閲覧。 Billboard JAPAN 2014年6月18日. 2014年10月30日閲覧。 東映アニメーション 2014年4月18日. 2014年10月31日閲覧。 NHKニュース 2014年2月23日. 2014年2月23日閲覧。 ORICON STYLE 2014年3月15日. 2014年3月17日閲覧。 Musicman-NET 2014年3月24日. 2014年6月18日閲覧。 All About 2014年7月24日. 2014年11月11日閲覧。 SANSPO. COM 2014年8月16日. 2017年10月3日閲覧。 BARKS 2014年10月31日. 2014年11月24日閲覧。 RBB TODAY. 2015年3月11日閲覧。 ミュージックヴォイス. 2015年3月12日閲覧。 BARKS 2015年5月31日. 2015年6月1日閲覧。 ORICON STYLE 2015年5月31日. 2015年6月1日閲覧。 BARKS 2015年8月17日. 2017年10月3日閲覧。 Musiman-NET 2016年9月6日. 2017年10月3日閲覧。 BARKS 2016年10月13日. 2017年10月3日閲覧。 「」2017年5月17日• 「」2017年5月17日• 音楽ナタリー 2017年9月3日. 2018年2月6日閲覧。 2018年7月30日. 2018年8月4日閲覧。 MAiDiGeTV 2018年9月3日. 2018-09-018閲覧。 2018年12月30日 音楽ナタリー• 楽天市場. 2019年8月3日閲覧。 yoshiki-mobile. jp 2019年7月28日. 2019年8月3日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2019年8月3日. 2019年8月3日閲覧。 楽天市場. 2019年8月3日閲覧。 www. sponichi. 2019年8月3日閲覧。 ORICON NEWS. 2019年8月11日. 2019年8月14日閲覧。 中日スポーツ. 2019年8月11日. 2019年8月14日閲覧。 ORICON NEWS 2019年12月15日• 2020年5月18日 14時27分スポーツ報知 2020年5月18日閲覧• , p. 229• 『FOOL'S MATE』(2003年11月号)フールズメイト• 79、ソニー・マガジンズ、。 , p. 204• 刊「」1999年6月号14Pより。 GRAMMY. com 2013年10月24日. 2014年11月28日閲覧。 『WAHT's IN? 』(1992年1月号)ソニー・マガジンズ• 『FOOL'S MATE』(1994年7月号)フールズメイト• MSN産経ニュース 2008年11月16日. 2008年11月16日閲覧。 ロッキンf 1997年7月号別冊 Rockin' Take CAFE(立東社) pp160 (ロッキンf 1989年9月号掲載分)• , p. TAMA Drums. 2013年5月9日閲覧。 Modern Drummer 2014年10月20日. 2014年11月22日閲覧。 TAMA Drums. 2013年5月9日閲覧。 BARKS 2009年7月27日. 2014年10月30日閲覧。 毎日新聞 2009年8月24日. 2009年8月24日閲覧。 2020年4月27日. 2020年5月18日閲覧。 magazineworld. jp 2008年11月20日. 2009年2月10日閲覧。 [ ]• BARKS 2009年4月6日. 2014年10月30日閲覧。 ORICON STYLE 2011年3月14日. 2014年11月1日閲覧。 チケットぴあ 2010年7月5日. 2012年9月24日閲覧。 Yoshiki Foundation America. 2014年10月30日閲覧。 BARKS 2011年4月11日. 2011年4月22日閲覧。 nikkansports. com 2011年4月29日. 2014年11月21日閲覧。 BARKS 2012年9月8日. 2012年9月12日閲覧。 BARKS 2011年4月16日. 2013年9月5日閲覧。 モデルプレス 2012年9月8日. 2012年9月12日閲覧。 SANSPO. COM 2012年9月9日. 2012年9月12日閲覧。 Jrockrevolution 2012年9月27日. 2014年11月21日閲覧。 BARKS 2012年10月26日. 2012年11月7日閲覧。 BARKS 2014年11月20日. 2014年11月21日閲覧。 スポーツ報知 2012年12月20日. 2012年12月21日閲覧。 SANSPO. COM 2012年12月21日. 2012年12月21日閲覧。 ORICON STYLE 2014年12月16日. 2014年12月16日閲覧。 「」2016年4月21日• 「」2017年9月1日• スポーツ報知. 報知新聞社 2018年7月14日. 2018年7月20日閲覧。 2018年8月27日. 2018年8月28日閲覧。 2018年8月29日. 2018年8月30日閲覧。 2018年9月12日. 2018年9月16日閲覧。 ORICON NEWS 2019年8月1日• 223• , p. 452• Discogs. 2009年10月21日閲覧。 17 Hertz Studio. 2014年10月21日閲覧。 『』(1998年4月18日号)• 株式会社オネスティ・プラス. 2014年11月27日閲覧。 PR TIMES 2008年9月24日. 2014年11月27日閲覧。 三井住友カード 2008年12月24日. 2014年11月27日閲覧。 ValuePress! 2009年10月19日. 2014年11月27日閲覧。 BARKS. 2014年11月27日閲覧。 Musicman-NET 2011年7月25日. 2014年11月27日閲覧。 cafegroove 2012年1月20日. 2014年11月27日閲覧。 Musicman-NET 2013年12月13日. 2014年11月28日閲覧。 Digiland 2014年11月17日. 2014年11月28日閲覧。 www. patentjp. com. 2020年5月6日閲覧。 英語 , 2000-05-15 , 2020年5月6日閲覧。 フードリンクニュース 2008年9月17日. 2014年10月30日閲覧。 DOME 2009年2月11日. 2014年10月30日閲覧。 CNET Japan 2009年8月24日. 2014年10月30日閲覧。 アレックス. 2010年12月16日閲覧。 ニフティクラウド 2012年2月9日. 2013年9月27日閲覧。 ワールドビジネスサテライト 2012年9月28日. 2012年9月29日閲覧。 産経ニュース 2016年3月11日. 2016年3月16日閲覧。 TBS News 2016年3月11日. 2016年3月16日閲覧。 BARKS 2011年2月9日. 2014年10月30日閲覧。 『Hanako』 (941号) マガジンハウス• BARKS 2009年8月25日. 2014年10月30日閲覧。 「」2016年10月13日• 「」2016年10月14日• 刊『』1992年1月号25Pより。 刊「」1992年2月号24Pより。 刊「The BEST HIT」1992年5月号57Pより。 刊 『告白は踊る』 著より。 ソニー・マガジンズ刊 『』 2008年5月号より。 「」より。 刊 『』 2017年SUMMER号 70Pより。 , p. , p. 『音楽誌が書かないJポップ批評52 X JAPANの全軌跡』別冊宝島1520号、宝島社、。 『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、宝島社 72Pより。 刊 『誰も教えてくれなかった本当のポップ・ミュージック論』 著より。 増刊号「METALLION」VOL. 8 ( 1999年6月発行)pp84• ロッキンf(立東社)2000年11月号 pp21• 刊「」1999年7月号90Pより。 AERA dot. 2018年11月27日. 2018年12月27日閲覧。 音楽ナタリー. 2016年8月25日. 2016年8月25日閲覧。 2019年3月28日. 2018年3月28日閲覧。 音楽ナタリー. 2019年3月28日. 2019年3月29日閲覧。 原典 [ ]• 『ART OF LIFE』ロッキング・オン、1992年。 市川哲史『私が「ヴィジュアル系」だった頃。 』竹書房、2005年。 市川哲史『私も「ヴィジュアル系」だった頃。 』竹書房、2006年。 『蒼い血の微笑』ソニー・マガジンズ、1993年。 羽積秀明『NUDE』フールズメイト、1992年。 関連項目 [ ]• - 2016年に英国で作られたドキュメンタリー映画• - CMキャラクター• - YOSHIKIが設立したレコード会社 外部リンク [ ] で 「 YOSHIKI」に関する情報が検索できます。 ウィキクォートの コモンズで() ウィキデータの• - (英語)• - (英語)• - カタログ• YoshikiOfficial -• yoshikiofficial -• - (中国語)• - チャンネル• - (2020年4月23日 - ).

次の