地 デジ アンテナ レベル。 テレビのアンテナレベルが低い原因とは?受信レベルを改善する方法!

地上デジタル放送が受信できずにお困りの場合|テレビ|REGZA:東芝

地 デジ アンテナ レベル

当サイトでも度々出てきますが、電波の強さを表現する際に 「電界」という言葉を良く使います。 地上デジタル放送用のアンテナを購入しようと家電量販店に行くと、商品のパッケージに「強電界地域用」とか平気で書いてあったりするんですよね。 専門家ならまだしも、一般の方からすると突然そんなこと書かれてもよくわからないでしょう。 改めて説明しますと、テレビアンテナの業界では、テレビの電波が強い地域は 強電界、弱い地域は 弱電界、それなりの地域は 中電界 という言い方をします。 なんとなく意味は分かりますよね。 ただ、実際にご自身が住んでいる場所が強電界なのか弱電界なのか、わかりますでしょうか? アンテナの工事をされている方はもちろんですが、室内アンテナでテレビを受信したい人など、一般の方でもお住いの場所がどの電界にあたるのかを知りたい時がありますよね。 今回は、アンテナを設置する場所がどの電界地域にあたるのかを調べる方法をご説明していきたいと思います。 明確な区分けはない 本末転倒かもしれませんが、実は電界地域の 明確な区分けはないと言っていいと思います。 某アンテナメーカーの表記では、アンテナでの出力レベルが65dB以上の地域が強電界地域、55dB以上の地域が中電界地域、45dB以上が弱電界地域という表現をしています。 対して、別のメーカーの表記では、アンテナでの受信レベルが80dB以上で強電界地域、70dB以上で中電界地域、60dB以上で弱電界地域としています。 出力レベルと受信レベルでは測る場所が違いますし、受信するアンテナや、そのアンテナを設置する位置に関してもしっかりとした定義がありません。 「だいたいこの位」という程度のニュアンスでしかなく、判断が難しいんです。 それに一般の方からすると、何dBと言われても、測定器も無いですし、測りようがないですよね。 ちなみに、このように地域によって電波の強さを比べるのは だけ。 や は衛星放送なので、宇宙にある人工衛星から電波が飛んできます。 宇宙から見れば北海道でも沖縄でもほとんど大差はないので、電波の強さを比較したりしないんですね。 中継局の位置も登録されていて、クリックすることでその中継局の受信範囲もわかるようになる仕組みです。 この範囲内に入っている場所は、基本的にはアンテナでテレビが受信できるという目安になるものですので、 中電界地域以上と考えていいでしょう。 中継局によって電波の送信出力が違ったりしますので、これだけでは強電界かどうかの判断は難しいですね。 とにかく電波塔に近ければ近い程、強電界に近づくと思って間違いはありません。 目視でチェック 上記の目安で確認し、後は補足を加えて判断しましょう。 都道府県の 県庁所在地にお住まいの方は、 メインとなるテレビ塔の出力が高いため、中電界以上の可能性が高いでしょう。 電波塔が目視で見える様な場所であれば、かなり電波が強いと考えられるため、強電界地域と思っていいかもしれません。 あとは、近隣の家屋のアンテナをチェックしてみてください。 壁にそのまま取り付けるような は、従来の屋根についている骨組みのような と比べて性能がやや劣ります。 そういったアンテナが多いということは、性能が若干低くても受信ができるということ。 すなわち、中電界地域以上の可能性が高いと判断できますよね。 逆に素子アンテナしか見当たらず、それどころかかなり大きめの素子アンテナが付いているようなら、弱電界地域の可能性が高まりますね。 ケーブルテレビばかりでアンテナ自体がほとんど無い場合も受信が悪い可能性が高くなります。 これらの状況をチェックしてみて、総合的に判断してみてください。 まとめ テレビの電波は様々な障害物の影響を受けますし、使用するアンテナの性能によっても左右されてしまうため、確実に視聴できるかどうかを調べるには実際にアンテナを使って受信してみるしか方法はありません。 強電界地域だからといって、必ず受信できるとは限らないんです。 逆を言うと弱電界地域だからと言って、アンテナでの受信が出来ないわけではありません。 などを駆使すれば、全国的にも殆どの地域でアンテナ受信は可能です。 室内アンテナは一気に受信感度が落ちてしまうので、十分にリスクを加味して購入を検討しましょう。

次の

アンテナレベルを上げるには

地 デジ アンテナ レベル

テレビのアンテナレベルとは?その調べ方 アンテナレベルとは、地上デジタル放送やBS、CS放送の電波を受信する際にその電波の強度を表わしたものです。 一般的には50レベル以上であれば、問題なく視聴することが可能といわれています。 テレビを視聴している際に不具合が生じるのは、このアンテナレベルが低いからかもしれません。 アンテナレベルはご自身でいつでも調べることが可能です。 アンテナレベルを調べるには、まずチャンネルリモコンの「ホーム」ボタンから「設定」を選択します。 次に「受信設定」を選択して、受信レベルを確認するための項目を選んで検査してみてください。 アンテナレベルが低くなる原因 アンテナレベルが低い原因には主に以下の3点が考えられます。 それぞれの原因を理解して適切な対処をするようにしましょう。 接続不良 アンテナとテレビ間のケーブルが外れている場合や、ケーブルが断線してしまっているなど、アンテナからテレビに繋がっている部分に何らかの問題が生じると、アンテナレベルは下がってしまいます。 このほかケーブルと端子の接続部分が緩んでいるだけでもアンテナレベルは下がる可能性があります。 周辺環境の変化 アンテナを置く住宅周辺の環境が変化することによって、アンテナレベルが下がる場合もあります。 電波を妨害する高層建築物や巨大な樹木などは、地上を行き交う電波の行く手を妨害してしまうため、アンテナレベルも下がります。 また雨や雪、雷雲など天候の影響によってもアンテナレベルが下がることがあります。 弱電界地域である 弱電界地域とは、テレビ放送の電波の送信局から遠い地域や、山間部など電波の届きにくい場所のことを指します。 もともとの電波が弱いので、上記の周辺環境の変化と同様に、突然テレビの映りが悪くなることも考えられます。 テレビ・アンテナの施工ミス 施工の雑さによってアンテナレベルが下がっている場合もあります。 屋根上に立てるアンテナはワイヤーでひっぱり、固定しなければなません。 しかしそのワイヤーのひっぱりが緩いとアンテナが風にあおられて倒れ、破損する可能性もあります。 アンテナが破損してしまうと、アンテナレベルが下がるどころかテレビは映らなくなってしまいます。 こんな症状にも要注意 一部のチャンネルのレベルが低い 受信環境が悪いと一部のチャンネルだけ映らないということも起こります。 地上波放送では、ある一定の基準を満たしていなければそのチャンネルは映らない仕組みになっています。 受信レベルが高いのに映らない アンテナもしくはブースター、ケーブルなどどこかに原因があると思われます。 この場合は専門の業者に点検依頼することをおすすめします。 ブロックノイズが入る 地上デジタル放送の場合、電波の受信状態が悪くなると画面の所々に四角いノイズが入ります。 これをブロックノイズといいますが、アンテナが受ける電波が弱いと発生しやすくなります。 アンテナレベルを改善する方法 アンテナレベルを改善させるためにまず試していただきたい方法をいくつかご紹介します。 テレビを再起動する方法 テレビ本体の電源スイッチを切り、電源プラグをコンセントから抜きます。 およそ5秒時間をおいて、再度電源プラグを差し込、テレビ本体の電源を入れてみてください。 アンテナの向きを直す方法 アンテナそのものの向きが悪い場合もあるので、屋根に上ってアンテナの向きを正確に放送基地局のある方角へ向け、そして水平になるように設置し直してください。 アンテナは強風などによっても向きが変わってしまう場合があります。 アンテナの正しい向きを調べ、実際に調整するのは難しい作業となります。 高所での作業には危険もともないますので、できればプロに依頼してやってもらいましょう。 ケーブルの接続方法アンテナケーブルの接続が悪い場合 アンテナ線が地上デジタル入力端子という部分にきちんと接続されているか確認しましょう。 またケーブルの接続が緩んでいないか、ケーブルに傷はないかなども確認するようにしましょう。 以上の手段を試しても状況が改善しない場合 この場合、もともとお家のある地域が電波の弱い地域であるおそれがあります。 基本的にはアンテナとテレビの間にブースター(電波を増幅する機器)を入れることで、受信感度を改善することが可能です。 しかし、場合によっては思いもよらない原因が隠れていることもあるため、一度アンテナ工事のプロに点検をしてもらうと安心です。 きちんと原因を特定してから対処しないと、余計な手間や費用がかかってしまうおそれがあります。 点検や調査を無料でおこなっている業者もあるので、一度きちんと見てもらうとよいでしょう。 「点検してもらおうかな……」 調査や点検の業者選びをご検討の方は、ぜひ生活110番をご活用ください。 24時間受付対応の電話窓口では、お近くのアンテナ業者をスグにご紹介。 点検調査はもちろん、見積りのご要望にも迅速に対応いたします。 費用面が心配な方も、見積り後のキャンセルOKで安心。 その見積りも、提示後に確認のない追加料金はありませんので、お気軽にご相談ください! まとめ このようにテレビの映りが悪い原因には、アンテナやケーブルなど付随する機器にトラブルが起きていると考えられます。 今回ご紹介した内容は一般的なケースですので、このほかにもさまざまな要因でトラブルは起こる可能性があります。 急にテレビの調子がおかしくなったという場合には、プロに点検を依頼して原因を特定してもらいましょう。 無料で点検や調査をしてくれる業者をお探しの方は、ぜひ生活110番へご相談ください。 全国の多数の加盟店の中からあなたのご希望にぴったりのアンテナ工事のプロをお探し、まずは見積りが見たい、などのご要望ももちろんOKです。 調査やお見積り後でもキャンセルは可能となっておりますので、お気軽にご利用ください。 工事を依頼する前に、まずはじっくりとプロの腕前や対応を確かめていただければと思います。 アンテナ工事を依頼できる業者や料金 依頼できる業者や料金について、詳しくは「」の「」をご覧ください。

次の

ここって強電界?それとも弱電界? テレビの電波の強さはどう調べればいい?|テレビアンテナSOS

地 デジ アンテナ レベル

) 1.デジタル放送視聴中にリモコンの[サブメニュー]ボタンを押します。 (「サブメニュー」ボタンがない機種は、「便利機能」ボタンで表示します。 ) 2.「視聴オプション」を選び、リモコンの[決定]ボタンを押します。 3.「アンテナレベル」を選び、リモコンの[決定]ボタンを押します。 4.「アンテナレベル」が表示されます。 地上デジタル放送におけるアンテナレベル(または、信号品質)の受信の目安は「 44以上」です。 BS・110度CSデジタル放送におけるアンテナレベル(または、信号品質)の受信の目安は「 50以上」です。 アンテナレベルの変動が大きい場合は、チャンネルによっては映らないことがあります。 アンテナレベルが、上記の数値より下回ると、チャンネルによっては映らないことがあります。 アンテナレベルが低いときは、アンテナレベルが最大になるようにアンテナの向きを調整してください。 受信の目安にならない場合は、お買い上げの販売店または、 下記サイトから、お近くのパナソニックのお店にお問い合わせください。 でお近くのパナソニックのお店を探すことができます。

次の