中学生 税 の 作文 書き方。 【上手な作文を書くコツ】出だしや書き方2つのポイント[1/2]

作文の上手い書き方【上手い人と下手な人は構成が違う】

中学生 税 の 作文 書き方

「作文を書くのが苦手・・・」 「うちの子は作文が書けないんです」 子どもたちや保護者の方によくされる相談です。 学校でも「作文」や「感想文」を書く機会はあると思いますが、書き方はあまり指導されていないのではないでしょうか。 「思ったことを思った通りに書きなさい」と言われるだけで、実際に「書き方」を指導されなければ、できないのは当たり前です。 そこで今回は、読む人を楽しませる作文を書くために、私たちが子どもたちに最初にアドバイスしている2つのポイントをご紹介します。 1.作文の出だしで「結論」を書かない。 たとえば、「宝物」というテーマで作文を書かせると、ほとんどの子が、「私の宝物は、犬のラッキーです」とテーマの結論から書き始めます。 これでは、あとに続く文が「なぜかというと…」という理由を書くしかなくなり、非常につまらない作文になってしまいます。 作文の出だしをセリフから入るとか、エピソードから入るなど、頭をつかって工夫させることがポイントとなります。 これが私とラッキーが初めて会った瞬間だ。 帰宅していた私の傘には、激しい雨音。 自宅近くの公園を通りすぎようとしたとき、その雨音にまぎれて悲しそうな子犬の泣き声が聞こえた。 …… このように作文の出だしを工夫させることで、作文がうまくなるだけでなく、お子さんの「考える力」が大きく育ちます。 次ページでは大きなポイントとなる「語彙」についてお話しいたします。

次の

税の作文の書き出しは?消費税や税金作文の簡単な書き方は?見本も!

中学生 税 の 作文 書き方

スポンサーリンク 作文の上手い書き方 では、作文の上手い書き方とはどういったものなのでしょうか? まずは、 作文の基本的な書き方を理解していなければいけません。 基本に忠実でなければ、応用が思いつくことはないからです。 では、そろそろ本題に入ります。 上手い作文とは、 読みやすい文章、表現力が豊かな文章で構成された作文を意味します。 作文を評価してもらうのなら、読み手が「上手い!」「これはすごい!」と思わせる必要があります。 なので、自分にしか分からない文章で書いても、正しく評価してもらうことはできません。 だからこそ、誰でも読みやすい文章でなければならないのです。 若者言葉、専門用語……。 こういった言葉ばかりが並んだ文章は、読む前から嫌な気持ちになります。 そうなると、正しく評価してもらえないこともあるのです。 人に読んでもらうのですから、ここは当然といえば当然ですね。 次に、表現力が豊かな文章でなければ、作文としての評価は高くなりません。 仮に読みやすくても「僕は〇〇だと思いました。 これからも〇〇だと思います。 」のような表現ばかりが続いた文章だと、単調でつまらないです。 少なくとも、同じ語尾を避けるだけでも作文の見栄えは良くなります。 ただし、これだけではまだ不十分です。 もう少し突っ込んだ書き方を説明するなら、 作文の構成が重要となります。 作文の上手い人と下手な人の違い 作文が上手い人と下手な人の書き方には、決定的な違いがあります。 それは、作文の構成です。 作文が下手な人は、テーマについて思いついた内容から書き始めていきます。 一方、作文が上手い人は、思いついた内容を作文のどこで書くのか、しっかりと構成を決めてから書き始めます。 構成を考えることで、不要な文章を最初から除外することができるため、必要な文章だけで書かれた読みやすい作文となるのです。 では、実際に例文を使って解説していきます。 例文 僕は、夏休みにおじいちゃんの家に遊びに行きました。 遠足でも使っているお気に入りのリュックを背負って出かけました。 おじいちゃんの家は田舎なので、電車で二時間もかかりました。 最初は車で行く予定でしたが、おとうさんが帰省ラッシュを気にして断念しました。 家につくと、おじいちゃんとおばあちゃんが出迎えてくれました。 僕が来ると知っていたので、スイカを買ってきてくれていました。 スイカは甘くて、とても美味しかったです。 こちらは『夏休み』をテーマにした作文ですね。 この際、字数に関しては不問とします。 それでも、この作文が許されるのは小学1年生ぐらいですね。 中学生以上だと、絶対にダメ出しされてしまう文章です。 作文は流れに沿って文章を書いていきますが、 読み手に伝える必要がない情報まで書くのはいけません。 少なくとも、『遠足でも使っているお気に入りのリュックを背負って出かけました』『最初は車で行く予定でしたが、おとうさんが帰省ラッシュを気にして断念しました』は削っても文章として成立します。 そして、文章の構成がもったいないですね。 この作文で、夏休みの思い出はスイカとなります。 ならば、最後の表現を捻るだけで作文を変化させることができます。 例文 僕は、夏休みにおじいちゃんの家に遊びに行きました。 おじいちゃんの家は田舎なので、電車で二時間もかかってしまいます。 家につくと、おじいちゃんとおばあちゃんが出迎えてくれました。 「暑かっただろ、スイカ食わせてやるからな」 汗をかいていた僕の顔を拭ってくれたあと、三角にカットされたスイカを出してくれました。 ひんやりとしたスイカは、甘くて美味しかったです。 きっと、僕が喉をカラカラにして来るのを分かっていたので、冷やしておいてくれたのでしょう。 僕は、そんなおじいちゃんとおばあちゃんが大好きです。 どうでしょうか。 さきほどと同じ内容ではありますが、構成を変えるだけで上手い作文に見えると思います。 大きく変わったのは、おじいちゃんの気遣いが表現されているところですね。 どうしてスイカが用意されていたのかといえば、『僕』を喜ばせるためです。 なら、その気持ちを察して内容を掘り下げることができるはずです。 このように、何を書くのかしっかりと構成を考えることが、作文を書く上で大切だといえるでしょう。 タイトルは最後に決める 作文のタイトルが指定されているなら、とくに悩む必要はありません。 しかし、テーマだけ決められて、作文のタイトルを自由につけられる場合は あとから決めたほうがいいです。 さきほどの例文だと、『夏休み』と仮名にしておき、文章を書いていきます。 その後、文章を書き終えたあとに、初めてタイトルは何にするかを考えるべきです。 何故なら、 タイトルとは内容の要約だからです。 つまり、内容を縮めた文章がタイトルになるわけですから、内容を書き終えてから考えたほうが簡単となります。 ちなみに、タイトルも評価の対象となるので、しっかりと考えたほうがいいです。 『夏休み』の例文なら、『大好きなスイカ』あたりが妥当だと思います。 作文を読んでいると、スイカよりも 本当はおじいちゃんたちのほうが大好きであると気づくことができるからです。 作文の基本が分かるオススメの書籍 作文をうまく書けるようになりたいなら、『ちびまる子ちゃんの作文教室』がオススメです。 子供向けなので読みやすく、誰でも簡単に作文の基本が学べるようになります。 子供のために買ったはずが、親御さんのほうが先に読んでしまう面白さとなっています。 まとめ 作文の上手い書き方でポイントとなるのは、文章の構成です。 『どういう文章の流れにするのか』『どの部分を見せたいのか』を書く前に考える必要があります。 これが、上手い人と下手な人の違いといえるでしょう。 もちろん、文章が苦手な方ほど、文章の構成を考えるのは苦労すると思います。

次の

税の作文の書き方は?小学生・中学生・高校生がそのまま使える例文を一挙公開

中学生 税 の 作文 書き方

「作文の書き方がわからない・・・」 原稿用紙を前に、固まっていませんか? 中学生にもなると、作文の課題も難しくなってきますよね。 たとえば、人権作文や税作文など 普段はあまり考えないテーマについても 課題に出されることがあります。 でも、何を書けばいいのかが分からないと、どうしようもないですよね。 実は作文の書き方には、ちょっとしたコツがあるんですよ。 作文の書き方 作文は、与えられたテーマに対して、 感じたことや体験したこと、空想したことなどを自由に書きます。 自分の体験や個人的な考えを書くものなので、 理論は重視されません。 ちょっと安心しましたよね。 ここでは、• 自分に何か変化を起こした経験• 自分が何かを発見した経験• 自分にとって何かを考えるきっかけとなった経験• 自分が行動を起こすきっかけとなった経験 などを探していきます。 構成の立て方 作文を実際に原稿用紙に書く前に、 文章全体の大まかな流れを決めておきましょう。 これまでの経験の中で、作文に書けそうなネタを思い出してみましょう。 作文に盛り込む主張は、基本的にひとつですよ。 まずは、思いつくままにメモに書き出してみましょう。 ここまでは出来ましたか? 次は、具体的な構成の決め方について説明しますね。 作文の構成 読み手に自分の主張がもっとも上手く伝わるような構成にするためには、 どのような文章にすれば良いのでしょうか? 構成を考えるというのは、• 問題提起• 意見の主張• 理由付け• 具体例• 反対意見• 結論 の6つの要素をどのように組み合わせるかということです。 特に、結論を文章全体のどの位置に置くのかが、 重要になってきます。 それでは、6つの要素を具体的に見ていきましょう。 実際に作文を書くときは、このすべてが必要なわけではないんですよ。 ただし、「意見の主張」と「理由付け」は必ず 書くようにしましょう。 なお、「意見の主張」と「結論」は同じ内容になります。 作文の型 では、これらの6つの要素を使って作文の構成を考えてみましょう。 文章の配置には、• 頭括型(とうかつがた)• 双括型(そうかつがた)• 尾括型(びかつがた) があります。 それぞれの構成について、見ていきましょう。 頭括型(とうかつがた) 頭括型は、まず「結論」を述べます。 次に、理由付けや具体例を書いていきます。 文章の結論となる自分の意見や考えを 最初に持ってくる方法です。 いきなり結論を突きつけると、読み手に強い印象を与えることができます。 双括型(そうかつがた) 総括型は、頭括型と同じように最初に「結論」を述べます。 その次に、理由付けや具体例を書きます。 そして、最後にまた「結論」を述べます。 双括型は、理由が長いときに、 結論を再確認してもらう場合に向いています。 尾括型(びかつがた) 尾括型は、最後に「結論」を述べます。 基本の構成パターンは、「序論・本論・結論」の 組み立てになります。 問題提起型の場合は、ここで問題提起の文章を入れます。 問題提起型の場合には、ここで自分はどのような立場をとるのかを、 明確にしておきましょう。 理由付けや具体例、反対意見などは、ここで述ます。 尾括型は、じっくり最後まで読んでもらう場合に 向いています。 ここまでは、大丈夫ですか? よくわからないという人のために、実際に書く場合の例をご紹介しますね。 それでは、順番に見ていきましょう。 例えば、体の一部を使った慣用句があります。 頭が上がらない• 頭が固い• 頭を冷やす• 顔が広い• 顔を立てる 慣用句についてはこちらを参考にしてみてください 作文の場合、上手にこのような言葉を使いこなすと、 読み手が文章を楽しく読めるようになります。 そうすることで読み手は、自分がそこにいるような 気持になります。 作文の大事な部分を、特に詳しく書きましょう。 自然の様子を描く 自然の様子を描いて、心の中を表現します。 例えば、悲しい場面なら雨の様子を、 楽しい場面なら晴れた風景を描写します。 そうすることで、言葉にできない微妙な気持ちが伝わりますよ。 倒置法で強調する 倒置法というのは、文の前の部分と後ろの部分を逆にする表現方法です。 強調したいことがはっきりして、文章を面白くする 効果があります。 実際に比べてみましょう。 「私には、友達がこちらのほうに走ってくるのが見えた。 」 「私には見えた、友達がこちらのほうに走ってくるのが。 」 後者の方が、言いたいことが強調されていると思いませんか? 表現の工夫をする 作文を書くときには、表現を工夫すると楽しい文章になります。 例えば、 「とても楽しかった」と書くのではなく、 「踊りだしたくなるくらい楽しかった」というように 書くと、読み手に伝わりやすくなりますよね。 ここでは、• 楽しい:心が弾む、わくわくする• 嬉しい:天にも昇る気持ち、舞い上がる• 悲しい:やりきれない、やるせない• 不安:気が気でない、おぼつかない• 困る:途方に暮れる、うろたえる• 驚く:腰を抜かす、言葉を失う• 「ひとつの文で表現するのは、ひとつのことだけ」 と決めれば、短くてわかりやすい文章になります。 これらの方法を組み合わせれば、 魅力的な文章を作ることができますよ。 次は、最初の難関の「書き出し」について説明していきます。 書き出しのコツ 「さあ、これから作文を書こう」と思っても、 書き出しが思いつかないことも多いですよね。 書き出しが面白いと、読み手は先を 読みたくなるものです。 それでは具体的に、どのようにしたら、 読んでいる人の興味を引くようにできるのか見ていきましょう。 読んでいる人を、いきなり文章の世界に入り込ませる効果があります。 たとえば、 「ドンドン」、「ガッシャーン」など音が聞こえるような表現です。 これを読むと、実際に今、起こっていることのように感じることができます。 「私は、とても悲しい体験をしたことがある。 」 などです。 読み手に対して、一緒に考えるように誘って引き込む方法です。 これでもう、書き出しで苦労することは ありませんね。 1行目から、読み手の興味を引きつけちゃいましょう! 書くときに気をつけるポイント それでは最後に、作文を書くときには、 注意する点がいくつかあります。 一文はなるべく短くする。 段落をつけ、全体にメリハリをつけれる。 文は、「だ」「である」調で統一する。 話し言葉は、ぜったいに使わない。 誤字・脱字は避ける。 「の」「が」など、同じ助詞は繰り返し使わない。 「これ」「彼女」などの代名詞は使わず、より具体的に書く。 「そして」「また」など、接続詞を多用しない。 う~ん、知らないうちになんとなくやっちゃいそうですね~ 出来ればこれらをなるべく守るようにして、作文を書いてみましょう。

次の