サニーゴ 育成 論。 サニーゴ(ガラル)の育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ソードシールド】サニゴーンの育成論!特殊アタッカーに強い特殊アタッカー【ポケモン剣盾】

サニーゴ 育成 論

こんな可哀そうな見た目、害悪な性能にしてしまったのは他でもなく我々人類の欲だということを、心に刻み込みましょう。 ガラルサニーゴはサニゴーンというポケモンに進化しますが、種族値の傾向が大きく変わるため、まずは進化前に注目します。 《しんかのきせき》という持ち物を持たせると、進化前のポケモンは防御・特防が1. 5倍になります。 進化前ということがハンディキャップなので、アイテム自体のデメリットはありませんのでご安心を。 耐久の底上げのため、HPに努力値を振り切ったとき、 HP-防御-特防の順に、実数値は 167-180-180 となります。 ゴーストタイプらしく《おにび》などの補助技が使えることや、相性で有利な格闘タイプからのサブウェポンによるダメージを抑える意味でも物理耐久特化気味で育てるのが方針としては理にかなっていると思ってます。 耐久指数が過剰なのであれば、特防や素早さに回してあげましょう。 ちなみに特性は耐久型と相性のいい呪われボディで確定です。 こだわり系をロックできれば相手は悪あがきせざるを得なくなり、ダイマックスしようとうっかり《たたかう》を選択してしまうと強制的に悪あがきさせられてしまうので覚えておきましょう。 技考察 ナイトヘッド レベル50同士の対戦ルールなので、相手のHPを50削ります。 逆に言えば、HP51以上の身代わりは一回で壊せません。 今作ではダイマックスによって誰でもHPを倍にできるので遂行速度はかなり遅くなりますが、通常技に比べて安定したダメージ量を稼げます たたりめ 相手が状態異常のとき威力が倍になるため、鬼火との相性が良好ですが特攻が低いので、倍加してようやくそれなりのダメージです。 輝石を持たせるポケモンは補助技による戦闘が基本です ねっとう 挑発されてもワンチャン火傷させられる他、ダイマックス権を切ることで雨展開に持ち込めます こごえるかぜ 素早さダウン効果で相手のポケモンの積み起点にされることを回避したり、逆に素早さダウンによって味方の積み展開の手助けにもなる便利な技。 岩石封じ、地ならしも同じ効果なので、仮想敵への有効度が高いほうを選びましょう ミラーコート 特化せずとも特殊技とて耐えるだけの固さにはなるので、相手の特殊ポケモンを強引に倒せる手段として採用するのもアリですが、使ったあとは残HP的にも死を待つのみです じばく 威力200といえどダメージには期待できませんが、挑発されても自主退場できるのが自爆の特徴です おにび 相手の物理ポケモンを骨抜きにする技。 とは言え、剣舞を連打されるとバフ効果のほうが上回るので悠長にしすぎるのはNGです。 命中率が低いので肝心な時に外れますが仏の心で堪えましょう ちからをすいとる 自己再生する力を失った姿なので、相手のパワーが命の源となります。 相手の攻撃実数値分HPを回復して、相手の攻撃を1段階下げます。 HP残量が半分未満であれば、相手の起点になる前に自主退場しつつダメージを与えられるので、一考の余地はあると思ってます くろいきり お互いの能力変化を元に戻すことができるため、黒霧があれば剣舞を無限に積まれようと起点になることはありません。 ダメージの瞬間タイプ相性計算が行われるので、岩4倍弱点のリザードンならHPが半分削れるということです。 厚底ブーツの登場や高速スピンの強化によって採用率が落ちるかもしれませんが、タスキや頑丈を発動できなくさせるのは変わらず強いですね てっぺき・ドわすれ 耐久を上げる積み技です。 挑発されなければ鬼火と吸い取りで物理はどうにかできますし、定数ダメを稼げるナイトヘッドと、黒霧で起点回避の手段も用意できているので一旦これがテンプレかなと思います。

次の

【ポケモン剣盾】ガラルサニーゴの育成論と対策【害悪覇王!呪殺珊瑚】

サニーゴ 育成 論

ページ:• 投稿者:pazuhiko• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:そうず• コメント 17 みんなの評価 :• 投稿者:じょうげん• コメント 8 みんなの評価 :• 投稿者:板橋 深夜 キュウコン嫁• コメント 6 みんなの評価 :• 投稿者:名も無き者• コメント 3 みんなの評価 :.

次の

サニゴーン

サニーゴ 育成 論

わざ1 わざ2 わざ3 わざ4 ナイトヘッドは身代わりに弱い ガラルサニーゴはみがわりをされると途端にきつくなる。 相手のHPが204以上だとHP51のみがわりが作られるため、 ナイトヘッド1撃で突破できなくなる。 シャドーボールやたたりめなど通常の攻撃技を入れておけば対策可能だ。 育成論と使い方 しんかのきせきで耐久性を向上 ガラルサニーゴはB100、D100という高い種族値をしんかのきせきで高めて使う耐久型のポケモン。 さらに、 ちからをすいとるでAを下げつつ回復することで、相手の物理アタッカーをジリ貧にできる。 余りはDに振っておこう。 やけどとちからをすいとるでAを下げる 物理アタッカーが出てきたらおにびでやけど状態にして物理ダメージを半減、HPが減ったらちからをすいとるでAを下げつつ回復しよう。 基本はこの動きだけで相手が消耗していくが、余裕ができたらナイトヘッドも使っていこう。 積み技はくろいきりで消す ガラルサニーゴは能力変化を元に戻すくろいきりという技を覚える。 積み技をされたらこの技で能力を元に戻して耐久しやすい状況に戻そう。 こだわりメガネサザンドラなどで効果抜群を狙いたい。 ちょうはつで行動を封じる 補助技をちょうはつで封じてしまえば、サニーゴが使える技はナイトヘッドやたたりめしかない。 ちょうはつ持ちがいる場合は積極的にくり出そう。 みがわりが有効 サニーゴに対してはみがわりが有効。 先にみがわりをすれば、ちからをすいとるとおにびが無効。 ナイトヘッドのダメージは50なので、本体のHPが204以上であればみがわりのHPは51となり耐えることも可能だ。 みがわりが有効な理由• ちからをすいとるが無効• おにびが無効• HP204以上ならHP51となり、ナイトヘッドで倒れない 積み技はできるだけ避ける 積み技で能力を上げてもくろいきりを持っていた場合、能力を元に戻されてしまい無駄になる。 積み技に頼らずにダメージを稼げる技を用意しておこう。 はたきおとすで耐久ダウン ガラルサニーゴはしんかのきせきで耐久力を底上げしている。 はたきおとすで落としてしまえば大幅な耐久ダウンになる。 落としたアイテムは復活しないので、積極的に狙いたい。 かなしばりは交代かダイマックスで対処 特性でかなしばりを受けるとダメージ効率が下がり、一気に厳しくなる。 対処法としては、交代して解除、または ダイマックスして元の技を使えるようにする、というものがあるので覚えておこう。 ちなみに、ダイマックス技はかなしばり状態にならない。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 攻略データベース.

次の