コインランドリー経営 ランキング。 コインランドリー経営のメリット・デメリットは?始め方の手順も解説

コインランドリー経営は個人がいい?フランチャイズがいい?

コインランドリー経営 ランキング

コインランドリーを副業としてやってみよう!と言われましても、実際にコインランドリーの負の側面を直視しなければ、後になって後悔するかもしれません。 今回は、実際に実家が運営しているコインランドリーの現状を踏まえて、コインランドリー経営はアリかナシかを語っていきます。 もし、副業でフランチャイズが良いなと思っている方は、100件以上のフランチャイズビジネスを簡単に比較できるサイトを活用して資料請求を行ってみることから初めて見るのがいいでしょう。 まずは行動に起こすことが大事ですからね。 初期投資が莫大 コインランドリーって片手間にできる副業じゃありません!笑 土地、建物、機械などなどを最初に準備しなければなりませんから。 それだけで1,000万円〜2,000万円はくだらないです。 田舎に家を1軒建てるぐらいの予算は必要です。 笑 とは言っても、コインランドリーは家とは異なり、毎日お金を生み出してくれます。 1000万円の初期費用も頭金が少しさえあれば、借金で賄うことができます。 毎月の借金返済も、コインランドリーの売上から出せば良いので、それほどマイナスにはなりません。 というより、フローはプラスです。 毎月お小遣いが入ってくるイメージは正しいです。 じゃなきゃ、副業として成り立ちませんからね! 借金をしてでも、副業としてのコインランドリーが良さそうに見えてきましたよね? しかしトラブルの連続だったりします。 スポンサーリンク トラブルの連続 コインランドリーは、人の手間を掛けずとも金のなる木だと思ってはいけません! 不労所得のように見えますが、それなりの対応は 毎日欠かさず行わなければなりません。 機械のトラブル コインランドリーは、機械のトラブルがつきものです。 後ほど話しますが、大工さんの作業着などが乾燥機に入っていることが多いのですが、機械の中に釘が入っていることがしばしば。。。 これがかなり危険で、機械を壊したり、次の方の服にダメージを与えたりと、トラブルになってしまうことがあります。 なので、こうした機械トラブルに対応するために常にスタンバイしておかなければなりません。 両替機が動かない、ポイントカードが作動しない、お金を入れたのに乾燥機が動かない。。。 1日に数十人利用するので、トラブルが0なわけありません。 おしっこ事件 僕の中で「おしっこ事件」と呼ばれるものがあります。 平和な街の平日お昼過ぎ。 実家に1本の電話が 「乾燥させた洋服がおしっこ臭い!なんで!」 とのこと。 確かに、おしっこ臭かったようです。 そんな時は、防犯カメラ。 コインランドリーには防犯カメラが設置されていますので、確認ができます。 防犯カメラをチェックします。 女性が乾燥機に服を投入して去っていった後、ペットボトルを持った男がその乾燥機の中に何やらそのペットボトルの中の液体を注ぎ始めたのです。 おしっこ犯人の登場です。 しかし、その男は徒歩で来たため車のナンバーも映っておらず、顔も下を向きながらだったので、犯人特定には至りませんでした。 今回は、その洋服の持ち主に洋服代としてお金を渡して、平和を祈っていたのですが、翌週も同じ事件が発生しました。 一応警察には相談していたのですが、ここまで習慣的にやられると、悪質と言わざるを得ません! 刑事の登場です(本当です。 それ以降、刑事さんは毎日営業時間帯のコインランドリーを交代で見張ってくれました。 先程も言ったように、この街は本当に平和なので、良い意味で刑事さんのお仕事が無いのです。 2回目のおしっこ事件の翌週。 刑事さんの見張りが功を奏し、ようやくおしっこ犯人を捕らえることに成功!!! 犯人の人権を守るためにも、詳しい内容や動機などを書くことはやめますが、とりあえず犯人は変態でした。 こういうトラブルがしょっちゅうとは言いませんが、本当にトラブルシューティングな毎日です。 笑 掃除も欠かさずに! コインランドリーはキレイな場所であるべきです。 毎日の掃除は欠かすことができません。 毎日掃除をしなくても良いかもしれませんが、自分が利用する側になってみれば、毎日掃除はしてもらいたいです。 また、機械の掃除も必要になってきて、大量に貯まるホコリの掃除もしなければなりません。 人件費が0ではなく、自分の時間を削ってやるべきことは大量にあります。 スポンサーリンク コインランドリー経営のアウトソーシング もし、自分に時間がなければ、掃除はパートさんにお願いすることも可能でしょう。 1日1時間でも掃除をやってくれるパートさんが見つかればいいのですが、探すのはけっこうたいへんです。 また、いつ起こるか分からないトラブルにも対処する必要があるので、常に携帯電話は持っておかなくてはなりません。。。 常に携帯電話をチェックできて、機械トラブルにも対処できる人もパートで雇うにしても、難しい面があります。 結局は自分でやらなければなりません。 結論として、コインランドリー経営は、自分で管理ができなければならないので、不労所得ってわけにはいかないので、ある程度の労働は覚悟しなければなりません。 高くなるガス代 外的要因として、ガス代金などがあります。 ご存知のように、円安によってガス料金が高くなってきています。 ガス代金はどうすることもできません。 高くなれば甘んじてそれを受け入れなければなりません。 最初にシミュレーションした毎月の利益が、減っていく可能性は想定しておくべきでしょう。 ライバルの出現 儲かれば出てきます。 ライバルが。 ライバルもコインランドリー経営の新人ではなく、いくつもコインランドリーを経営しているベテランであるケースが多いです。 やっぱり常に嗅覚はとがらせているみたいです。 というより、乾燥機メーカーが教えるんですよね、あそこの土地空いてますよ!って。 それは誰にでも平等に教えます。 誰がお店を建てようが、乾燥機メーカーの売上になるのでね。 利用者も、古いお店よりも新しいお店に行く傾向があります。 やっぱり新しい機械・店で自分の洋服を綺麗にしたいですから。 客の数が吸収されていく可能性もあるので、回りの土地が空いてしまうとヒヤヒヤしてしまいます。 また、ガス代金が上がったからと言って、コインランドリーの料金も同時に上げることもできません。 消費者は値段の安いところに行く傾向にあります。 ライバル店が近くにいれば、値段設定も難しくなってきます。 マーケティング感覚は身につく コインランドリーを建てるにしても、空いている土地に適当に建てても意味がありません。 利用者を想定したマーケティング感覚は意識しなければなりません。 その土地近辺は、どういった世帯が住んでいるのか? 今後の人口はどう推移していくのか? などといったデータを照らしあわせる必要があります。 大工さんがお客さんとして多い場所というのは、近くに家が立っていることを暗に示しています。 釘などの多少のトラブルはあったとしても、今後お客さんがどんどん増えていく可能性があるので、うれしいトラブルとも言えます。 結論 では、コインランドリー経営は儲かるのか?答えはYesです。 コンビニ経営や飲食店、こうしたコインランドリーにしても、フランチャイズがあるのは儲かるからです。 コンビニ経営とコインランドリー経営を比べるなら、コインランドリーが絶対に良いです。 コンビニは自分もバイトをしたことがありますし、大学での研究の対象にもなったりするので、理解してる方だと思います。 詳しい話はまた今後にしましょう。 ただし、コインランドリー経営は不労ではありません。 先ほどのリスクを鑑みて参入するべきでしょう。 僕も実家のコインランドリーのお金の計算はさせてもらって、店舗を増やすかどうかの判断の手伝いはしています。 今までなぜブログにしてこなかったのか不思議ですが、今回まとめてみました。 コインランドリーのフランチャイズ展開 コインランドリーを1人で0から事業を起こすのは確かに大変です。 事実、とても苦労をします。 しかしながら、コインランドリーのフランチャイズも存在していますので、最初からフランチャイズ本店のノウハウをゲットして展開していくことも可能です。 フランチャイズの窓口フランチャイズの窓口では、ヨーロッパ家電メーカーとして有名なエレクトロラックスのコインランドリーを扱っています。 エレクトロラックスのコインランドリーは日本全国で4000店舗以上の実績があるので、信頼も抜群です。 また欧州系の機械も日本の製品と同様にパワフルであり、機械の性能に優れているのが特徴的です。 フランチャイズの窓口は、コンビニを含む飲食店から福祉、塾開業や冠婚葬祭など様々なフランチャイズを扱っていますので、自分が独立したいプランを見つけることができるでしょう。 アントレnetアントレnetもフランチャイズの窓口で資料請求が可能であるエレクトロラックスのコインランドリーのフランチャイズを取り扱っています。 アントレnetはリクルートが展開するフランチャイズの総合案内サイトになりますので、独立・開業を目指す方にピッタリの職種を選ぶことができると思います。 コインランドリーはどうしても土地が必要ですので、その土地に関するノウハウから知っていくにはやはりフランチャイズの加盟が安心でしょう。 フランチャイズWEBリポートこちらも有名なフランチャイズのWebサイトです。 コンビニなどが豊富に扱っていますので、是非チェックして下さい! これらのフランチャイズを比較するサイトとしては、BMフランチャイズの資料請求がとても役に立ちます。 副業タイプのフランチャイズや、ガッツリ新たな一歩のフランチャイズなど、探しみてはいかがでしょう。 まずはアクションすることから始まります。 以上、コインランドリーをモデルにした副業経営は儲かるのか?の考察でした。 noon8.

次の

コインランドリー経営12ヶ月で最高粗利益26万円達成!

コインランドリー経営 ランキング

続々独立開業中!独立開業をした方々に人気のフランチャイズ本部ベスト10を公開中。 いま注目の急成長ビジネスがひと目でわかります。 いま、コインランドリー経営が、新たな開業を目指す人たちの間で注目を集めています。 コインランドリー経営は、じつは見逃せない経営メリットがあるのです。 それでも「いきなりコインランドリーを始めるのは不安……」という方もいるでしょう。 そんな方は、フランチャイズに加盟してコインランドリーを始めてみてはいかがでしょうか? じわじわと出店ブームを起こしつつあるコインランドリー経営とフランチャイズという選択肢。 このコラムではコインランドリー経営のポイントと、フランチャイズでのコインランドリー開業についてご紹介します。 フランチャイズの需要は増加中!その理由とは? 全国の店舗数が毎年5%前後の順調な伸び率を見せている現在、コインランドリーのフランチャイズは今後も安定した成長が見込まれる、参入に適した市場といえるでしょう。 共働き世帯の「時間帯やお天気を問わず洗濯物をまとめ洗い&乾燥したい!」というニーズや、増加するハウスダスト・花粉にアレルギーを持つ人たちのニーズが近年増加を見せています。 それにともない、世間におけるコインランドリーの需要も年々高まっていますが、供給が足りてない状況でもあります。 そのため、フラチャイズでコインランドリーを開業すると成功しやすいといわれています。 コインランドリーの業務には体力のいる力仕事や長時間の労働も接客も必要なく、オープン後は基本的に無人営業なので、年齢・性別を問わず参入ができます。 また、日々の清掃とメンテナンス以外は機械任せにしておけますから、ほかに本業を持つ方が副業として始めやすい仕事なのです。 フランチャイズは負担が少ない!個人とフランチャイズの魅力・欠点 コインランドリー経営を個人でスタートする場合、開業資金面の負担や事業計画をすべて自らおこなわなければなりません。 しかし、それは逆にいえば、何にも縛られず自由に自分好みの店舗を思うままデザインし運営していけるということでもあります。 元から細かな計画を立てることが好きだったり、過去に投資・経営の経験があったりという方には、個人でのコインランドリー経営はやりがいのある仕事になるでしょう。 一方、事業経験がないのであれば、ノウハウなどサポートが受けられ失敗リスクも減らせるコインランドリーのフランチャイズ開業がおすすめです。 コインランドリー経営を始めるときは、開業前の店舗立地・物件選びとその商圏調査が非常に重要になってきます。 フランチャイズでの開業なら、その調査も立地・物件に見合った事業計画もフランチャイズ本部がおこなってくれるのです。 経験や知識のない未経験からの開業において、フランチャイズ本部のサポートが受けられるのは非常に大きなメリットといえるのではないでしょうか。 また、フランチャイズでのコインランドリーは開業時の初期費用の補助により経済的負担も減らせますし、クレームやトラブルが発生した場合の対応も本部にお願いすることができます。 ただし、フランチャイズでのコインランドリー開業では、フランチャイズチェーン店全体でのイメージやサービスなどを統一する必要があります。 そのため、どうしても個人経営のコインランドリーほどの自由度はなくなってしまうのです。 ほかにも、フランチャイズでのコインランドリー経営には、月々の収益のなかから本部へ納めるロイヤリティが必要です。 ロイヤリティは本部によって違いがあるので、自分に合ったフランチャイズ本部を選ぶようにしましょう。 契約期間が定められている場合は、期間中に事業を撤退すると違約金が発生することもあります。 コインランドリーをフランチャイズではじめるときには、違約金などについてもしっかり確認しておきましょう。 コインランドリーでは、開業時はまずフランチャイズからスタートして、経営が軌道に乗りって運営の要領がつかめてきたら独立して個人経営に切り替えていくという方法も考えられます。 ただしその場合は、事前にフランチャイズ契約の契約期間や契約終了後の規約内容がどうなっているかの確認が必要です。 やることは多い!コインランドリーオープンまでの道のり オープンして以降は比較的手のかからないコインランドリーですが、それでもやはり開業前には念入りな準備が必要です。 コインランドリーのオープンまでの道のりを、過程ごとに見ていきましょう。 ・コインランドリー開業に適した土地探し、立地調査 コインランドリーを始めるときは、まず出店する場所を決めて店舗となる物件を探しましょう。 コインランドリーを建てる場所は、地域需要は見込めるか、周囲に競合店はないか、よく見極める必要があります。 コインランドリーは開業以降の顧客需要に合わせた店舗規模拡大や縮小が困難です。 また、近隣に競合店があった場合は、営業内容に特化した部分を作り他店と差別化をはかる必要が出てきます。 事前の念入りな調査と計画が大切といえるでしょう。 また、コインランドリーを賃貸テナントで始めるときの家賃の目安は、地域によって開きはありますがおよそ10~20万円前後となっています。 また、自分の土地がある場合でも、コインランドリーの開業では500万円ほどの建築費用がかかるのです。 コインランドリーの場合、ドラッグストアや銭湯などほかの業態との併設店舗も考えられますが、駐車場が確保できないと客足にも影響が出ます。 駐車場の取り合いになってしまいそうな場所にコインランドリーを作るのは、避けた方がいいかもしれません。 フランチャイズなら、コインランドリー開店に適した土地選びのために蓄積された立地データや出店予定地の近隣競合商圏のリサーチ情報を利用することができます。 また、すでに本部が確保済みの土地、テナント物件を引き継ぐこともできます。 ・事業計画、収益プランの立案 大型の専用ランドリー機器導入などを必要とするコインランドリーの開業時にかかる初期費用は、少なくとも1,500万から2,000万円ほどかかります。 じつはコインランドリーの初期費用は、通常の飲食店などに比べると高めになっているのです。 しかし、コインランドリーは基本的に無人営業で、必要なのは毎日の清掃とメンテナンス要員くらいです。 商品在庫を抱えるリスクもないので、人件費含めランニングコストを抑えることができます。 また、客単価は数百円と大きくはありませんが、粗利率は70~80%と利回り率は高く、おおよそ5年前後での費用回収が見込まれます。 決して小さいとはいえない初期投資ですが、開業に向けた個人事業者向けの国や自治体の助成金を使うこともできるので、賢く利用してコインランドリーの開業準備をしましょう。 また、フランチャイズによるコインランドリー開業であれば、費用の一部から全部を負担してもらえる場合もありますよ。 しかし、開業の費用を負担してもらう代わりにランドリー機器のリース契約を結ぶ必要があるといった条件が定められていることもあるので注意が必要です。 ・具体的な店舗企画と、導入する機器台数の決定など ここまででかなりコインランドリー開業の輪郭が見えてきました。 次はより具体的なコインランドリー店の店舗の規模を決めていきます。 いざ店舗のスケールを決めるとなると、つい希望的観測で大きめの店舗設計を構えたくなってしまいます。 しかし、コインランドリーが営業を始めてしまってからの規模縮小は大変難しいものです。 先々失敗しない店舗作りのためには、事前のマーケティング調査の結果と照らし合わせて地域の需要に合った規模の店舗設計を組むことが重要です。 また、フランチャイズの場合も店舗に導入するランドリー機器は買取になるケースが多くなっています。 店舗の規模にもよりますが、ランドリー機器の購入にはおおよそ1,000万から1,300万円ほどかかるのです。 しかし、コインランドリーフランチャイズ本部によっては、ランドリー機器のリース契約を結び、経営撤退後に店舗ごとの買取りをおこなっているところもあります。 機材が購入かリースかという違いは、フランチャイズの加盟先を決めるのに有効な情報になるのではないでしょうか。 もちろん、看板を含めた外装・内装と、コインランドリーには欠かせない給排水、換気工事と電気工事も必要です。 これには500万から800万円前後の費用がかかってくるので、しっかりと開業費用のなかに組み込んでおきましょう。 ・いざ開業! いよいよコインランドリーのオープンです。 オープン前には地域へのチラシのポスティング、折り込みなど、念入りな広告宣伝活動をおこなうことがコインランドリー成功のカギになるでしょう。 すでに確立されたチェーン店のネームバリューや、本部の統一された広告宣伝を利用することもできるフランチャイズのコインランドリー店の場合は、この面の負担を軽減することができます。 しっかりチェック!コインランドリーフランチャイズ本部の選び方 独立した個人出店に比べ、何かと頼れる部分の多いフランチャイズですが、フランチャイズの加盟先によってはサポート体制などに差があるようです。 フランチャイズでコインランドリーを経営していくなら、加盟先を比較検討して、目的や条件に合ったコインランドリーフランチャイズ本部を選ぶことが大切です。 それでは、どこを見て、どうやって加盟するフランチャイズ本部を選んでいけばいいのでしょうか。 それにはまず現在出店しているフランチャイズ本部の店舗の営業状況を調べ、出店している営業店舗数や、出店エリアの選び方を見てみましょう。 ただいたずらに空き地に作るのではなく、きちんと収益の見込める場所に出店しているかを考えましょう。 また、店舗の形態や広告の出し方などに、チェーン店全体で統一された方向性や戦略が組まれているかも条件のひとつになります。 また、契約内容をよく読んで、開業資金やトラブル対応などのサポート態勢が万全かを確認しておくことをおすすめします。 フランチャイズ本部に支払う加盟金の有無、ロイヤリティの割合、機器の保証制度や契約期間と違約金などについても事前の念入りな確認が不可欠です。 フランチャイズ本部の公式サイトに、具体的なフランチャイズ契約・開業後の収支モデルパターンが示されている場合もありますので、こちらも比較検討するときに参考にしてみてはいかがでしょうか。 まとめ コインランドリーを開業するときの初期費用は小さいものではありません。 一度に大きな収益が見込まれる訳でもないコインランドリーですが、市場としては今後も将来性が望めますし、一度始めてしまえば、その後はこつこつ確実な利益を積み上げていける期待の持てる業種です。 たとえ、個人での独立開業に踏み出すには心細い部分が多くても、コインランドリーフランチャイズ本部のサポートがあれば不安を解消しながらコインランドリーの経営をおこなっていけます。 フランチャイズに加盟してコインランドリーを経営して、安定した収入を得てはいかがでしょうか。

次の

コインランドリー業界に感じたのびしろ 将来的には「無料」に?

コインランドリー経営 ランキング

コインランドリーを経営しようと考えたとき、まず決めなければならないのが「個人経営にするか、フランチャイズ経営にするか」という点です。 今回は、個人経営とフランチャイズ経営とで開業までの流れにどのような違いがあるのかについてご紹介します。 コインランドリー開業までの流れ 開業までの流れに関して、個人経営とフランチャイズ経営とでどのような違いがあるのかを考える前に、コインランドリーを開業するまでの一般的な流れについてみていきます。 立地調査 土地を所有していない場合は、コインランドリーを開業するのに適した土地や物件を探す必要があります。 所有地がある場合は、周辺の商圏調査を行います。 こうした調査は、仲介業者に依頼することもできます。 資金計画の立案 必要な収益プランを練ります。 開業にどの程度の資金が必要であるかを算出するだけでなく、開業後にどの程度の収益が見込めるかも算出します。 自己資金だけでは足りない場合には、金融機関に融資を依頼するという選択肢もあります。 店舗運営の企画・立案およびレイアウトの決定 店舗の面積から、機器の種類や台数を決めます。 機器の導入に関しては、購入するかリース(長期レンタル)するかで初期費用や毎月のコストが大きく変わります。 施工 店舗レイアウトが決定すると、施工に移ります。 開業 施工終了後は、雑誌などの細かな備品をそろえ、いよいよ開業となります。 開業後は利用者が快適に利用できるように、定期的に店舗内の清掃や機器のメンテナンスを行うことが大切です。 開業までの大まかな流れは以上です。 では、個人で経営する場合とフランチャイズで経営する場合では、開業までの流れにどのような違いがあるのでしょうか。 個人経営とフランチャイズ経営の違い ・個人経営の場合 コインランドリーを個人で経営する場合、上記で説明した一連の流れ(土地調査や施工の依頼など)をすべて自分で行うことになります。 経営を行う店舗選びや機器の種類、導入方法を考えるだけでなく、経営にかかるイメージや収支のバランスなど把握しておく必要があります。 「細かな計画を立てるのが好き」「店舗の経営経験がある」「自由に経営したい」と考える方は、個人経営に向いているといえます。 ・フランチャイズ経営の場合 一方、コインランドリーチェーンのフランチャイジーとなって経営を行う方法もあります。 この場合、立地調査や商圏調査、経営にあたってのプランニングは本部に任せることができます。 また、本部にクレームの対応を任せたり、他のフランチャイズ加盟点との情報交換ができます。 個人経営に比べ初期費用がかかりますが、副業で経営する場合など、オーナーの負担をできるだけ軽くしたい方はフランチャイズ経営がおすすめだといえます。 個人経営とフランチャイズ経営、それぞれに利点がありますが、始めて店舗を持つ方であればフランチャイズ経営がおすすめだといえます。 これは、フランチャイズに加盟してサポートを受けながら経営することで、失敗のリスクを軽減させることが可能であるためです。 これまでに投資や組織の運営経験がない方であれば、専門スタッフによるサポートが受けられるフランチャイズ経営がおすすめです。 はじめての副業や店舗運営として、ぜひコインランドリー経営を考えてみてはいかがでしょうか。

次の