アンドロメダ適性。 アンドロメダ5姉妹の日常

バゴ産駒の特徴|得意なコースや距離、重馬場適性や血統分析│重賞ナビ

アンドロメダ適性

レース結果 着順 印 馬番 馬名 人気 単勝オッズ 1 8 ドレッドノータス 2人気 3. 8倍 2 14 サーブルオール 1人気 2. 6倍 3 6 アメリカズカップ 11人気 38. 1倍 4 1 ケントオー 6人気 22. 1倍 5 13 サイモンラムセス 8人気 25. 2倍 6 12 ミライヘノツバサ 4人気 9. 3倍 7 2 スズカディープ 12人気 40. 7倍 7 10 カデナ 9人気 27. 5倍 9 9 ゲッカコウ 13人気 54. 7倍 10 15 アクションスター 15人気 179. 8倍 11 11 ショウナンバッハ 3人気 7. 3倍 12 5 トーセンマタコイヤ 10人気 28. 9倍 13 4 キョウヘイ 7人気 23. 5倍 14 7 ワンミリオンス 14人気 89. 2倍 15 3 プラチナムバレット 5人気 12. 58 2位 ドレッドノータス 61. 41 3位 キョウヘイ 59. 75 4位 ショウナンバッハ 58. 51 5位 カデナ 56. 76 6位 トーセンマタコイヤ 56.

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園おすすめイベントキャラ(投手)

アンドロメダ適性

一昨年の勝馬ブラックバゴはバゴ産駒、一昨々年の勝馬レッドソロモンはメイショウサムソン産駒。 このように近年のアンドロメダステークスは、欧州型血統が好走するレースとなっています。 一方で先週の京都開催芝コースは、ディープ系、スタミナ型サンデー系(ステイゴールド・ハーツクライなど)の馬が、勝率10. 0%超えと好走しています。 この2つの血統傾向をうまく融合させることが、アンドロメダステークスの予想のポイントと考えています。 父はスタミナ型サンデー系で、ディクタスを母父に持ち欧州指向が強いステイゴールド。 母は2005年のアイルランド2000ギニーで2着の実績があるペンカナプリンセス。 このレースで求められる欧州指向の血統傾向をうまく捉えており、魅力を感じます。 前走のオクトーバーステークスは、前残りのレースとなった中で内で先行してロスなく立ち回り直線を迎えましたが、前のサラキア(3着)、ダイワギャグニー(1着)に挟まれるような形となり進路確保に手間取りました。 まともに追えたのはラスト200mのみでしたが、それでも勝ったダイワギャグニーと同タイムでの2着。 レース内容は評価できます。 今週から京都開催芝コースは、BコースからCコースに変わり「前残り」も想定されます。 そのような中で、ある程度先行でき、自在性のある脚質は強みでしょう。 ディープインパクトの俊敏性とロベルト的な機動力のブライアンズタイムは、小回り京都芝2000mも合いそうです。 あとはCコースに変わっての馬場との相性次第。 外を回っての差しは届かない可能性が高いので、うまく立ち回れるかがポイントです。 その点は、鞍上のデムーロ騎手の手腕に期待。 前走、昇級戦で好メンバーが揃った新潟記念で掲示板を確保していますので、今回のメンバーであれば能力上位です。 小回り適性も高く、レース適性は高いです。 昇級初戦のため力関係が未知数で気になりますが、走るならこの舞台でしょう。 連下のアイスストームは、前走小倉記念大敗から臨む一戦。 マキャヴェリアン系の父ストーミングホームにロベルト系の母父レッドランサムの配合は、小回り適性が低いとは感じません。 ここで見直したい一頭。 ただし、ミスプロ先行の血統構成ですから、今の少し時計がかかる京都の馬場よりは、軽いスピードが活かせる馬場状態の方がよい印象ではあります。 最後に穴馬で要注意なのはロードヴァンドール! これは血統云々ではなく、逃げることができ、完全に展開がはまれば一発あり得ると考えて予想しています。 ただし、逃げるかどうかは不明ですが・・・。 以上、この記事では、アンドロメダステークスの予想印をご紹介しました。 ご紹介した内容が、馬券を予想する上でご参考になれば嬉しいです! なお、同日に行われる東京メインの重賞レース「東京スポーツ杯2歳ステークス」についても最終予想を公開しています。 チャンネル登録がまだの方は、ぜひこれを機会にチャンネル登録いただき、動画の方もチェック下さい!重賞レースの予想のポイントや最終予想となる予想印をわかりやすくご紹介しています!! 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【パワプロ】アンドロメダ学園の野手デッキ編成【パワプロアプリ】

アンドロメダ適性

"リーマス、わたしのことニンファドーラって呼んじゃだめ。 よ " —ファーストネームへの嫌悪について、トンクス ニンファドーラ・トンクス(~)とは、主に トンクスと呼ばれ、また時として ドーラとしても知られたのであり、と 旧姓 のひとり娘である。 彼女はであり、からまでに在籍した。 ホグワーツではにされ、のとは同級生であった。 ホグワーツ卒業後、彼女はに入りの厳しい目のもと、になる訓練を受けに資格を取った。 、トンクスは魔法省に内密で再結成されたに加わりの防衛を助けた。 の6月、彼女はに参加しやがてと恋に落ちた。 リーマスも彼女を愛していたがであり、貧しく歳をとりすぎている上に危険だと感じて彼女の気持ちを拒んだ。 のが公になるとトンクスは闇祓いの任務の一環としてホグワーツを守るための警備に派遣された。 トンクスはその後で戦闘に加わり、が負傷したへの愛情を見せたことをきっかけに皆の前でリーマスへの愛を打ち明けた。 トンクスとリーマスは1997年の夏にした。 トンクスはまもなく妊娠し、リーマスは子どもが自分のの症状を受け継いでしまうのではないかと心配したが結局遺伝しなかった(子どもは母親の七変化の能力を受け継いだ)。 一度は彼女のもとを離れたリーマスであったがに説得されてもとに戻った。 トンクスは、イースターの直後に生まれた息子をと名づけ(死んだ父親にちなんで)ハリーを後見人に指名した。 同年の5月2日、トンクスはに参加し、のもっとも忠実な使いにしてである伯母の手にかかって死亡した。 不死鳥の騎士団の仲間で友人のが彼女の仇を取った。 彼女とリーマスの死後、息子はアンドロメダとハリーによって育てられた。 コンテンツ [] 経歴 生い立ち 1973年~1984年 ニンファドーラ・トンクスは後期からの間に誕生した。 のとの魔女 の間に生まれた。 母親のアンドロメダは由緒正しいに生まれたが、マグル生まれと結婚したことで家族への裏切りと見なされファミリーツリーから焼き消されてしまった。 母親はニンファドーラの髪の色が生まれた日から変わることに気づいた。 これは彼女がであるということを意味している。 ホグワーツ在学中 1984年~1991年 のにて、ピンク色の頭のトンクス トンクスはにに入学した。 彼女はでに選ばれた。 3年目 3年目は生徒が初めて少なくとも2つの選択科目を選ぶことができる学年であるが、トンクスが選んだ科目は不明である。 また、のの小枝に関する授業が始まる直前、土を床にこぼしてしまったトンクスは周りに気をつけるように注意した。 薬草学にしてであるがハッフルパフ生に水やりのデモンストレーションのためバケツを持ってくるよう頼んだ時、トンクスはどの植物が「短気で鳥のような顔をした」を苛立たせるのに役立つかしばらくの間、声に出して考えていた。 この楽しみはペニーの悲鳴により中断された。 生徒たちはがポットから飛び出してきたことに気がついた。 スプラウト教授はを唱えて状況をコントロールし、クラスにが何であるかを紹介した。 スプラウト教授がにこの出来事するため温室を後にすると、トンクスは困惑してにペニーの恐怖について尋ねた。 つまり彼女はペニーの一番の恐怖がなぜ狼人間であるかということが理解できていなかったのである。 の授業で「ローリング」が始まる前、トンクスはやジェイコブのシブリングと興奮して話し込んでいた。 彼女らは3年目で初めてに行けるようになったことについて話していたのであった。 トンクスは特にとに行くことを楽しみにしておりでを飲もうと考えていた。 授業が終わったとき、トンクスは、、、のに衝突したことを明かした。 しかしこれは彼女にとって珍しく衝突が少ない日であった。 トンクスはまた、七変化の能力を使って教師に変身することで頻繁に罰則を受けているとも話した。 薬草学で昔の内容を復習するためベビー・の植え替えを行った際、トンクスはを付けることを忘れた。 トンクスは代わりにを耳に入れたため、叫ぶマンドレイクの声に影響されることはなかった。 それだけでなく授業後にも声が聞こえないためジェイコブのシブリングとうまく話すことができなかった。 4年目 4年生となってからある日、トンクスはスプラウトのグリーンハウスからもっとも巨大なを取り出した。 彼女はそれをのデスクの下に置くつもりであったが途中で大失敗しての教室に放り投げてしまった。 結局毒触手草は教授に掴みかかった。 スネイプとスプラウトはトンクスが卒業するまで毎日罰則を行うことで合意したが、スプラウトは特別な薬草学の試験に合格すれば罰則を受けなくても良いという措置を与えた。 トンクスはで試験勉強しジェイコブのシブリングと会った。 トンクスが事情を説明するとジェイコブのシブリングは一緒に勉強することに同意した。 5年目 正しい振る舞いができなかったためスプラウト教授は5年生になったトンクスをハッフルパフのにはしなかった。 行動に問題はあったものの、トンクスは試験で良い成績を残しの卒業時にはとして訓練を受ける資格を得た。 このことから、6年目と7年目に、、、などの教科を選択したと考えられる。 トンクスはのすべてで「」または「」の評価を受けた。 母親のが勘当されていたため、ニンファドーラはの純血至上主義者から否定されていた。 闇祓いのキャリア 1992年~1995年 休戦中、魔法省の闇祓いとして活動するトンクス 実践的スキルとストレス下でどのように反応するかを見るための一連の適性テストに合格したトンクスは、管理の下3年間、受けた。 生まれ持った能力のため、隠蔽や変装の訓練パートは何の努力や勉強をしなくても通過することができた。 しかしながら不器用であったため訓練の潜入や尾行のパートでは苦労した。 トンクスは物を壊してしまう問題があったためほとんど落第寸前であったとに認めている。 トンクスは1994年に闇祓いとなる条件を満たしたが、彼女は一番最後に合格した者たちのひとりであった。 第二次魔法戦争 1995年~1998年 詳細はを参照 1995年にすると、トンクスは復活を信じた数少ない魔法省職員のうちのひとりであった。 魔法省の公式見解としては名前を呼んではいけないあの人は復活していないということになっていた。 彼女は再結成されたに入団し、と同じように魔法省の情報を騎士団に流していた。 油断すると闇祓いとしての職を失いかねないことから、トンクスは魔法省では特に注意していなければならなかった。 彼女は騎士団にとって有用な人物であった。 彼女はまた、騎士団の仲間たちとともにで起きたのを巡るにも参加した。 ハリー・ポッターを安全に連れ出すためにプリベット通り4番地に終結した先発護衛隊 1995年の夏、がでに襲撃されると、まで彼を迎えに行きまで同行するべくトンクスは騎士団のに加わった。 ハリー・ポッターを連れ出すためにを家からおびき出すべく、トンクスはのポストから手紙を送った。 手紙にはダーズリー家がの芝生コンテストに勝ち残ったと書いてあった。 ダーズリー家が家を空けると先発護衛隊はまでハリーを護衛するためにプリベット通り4番地に姿を現した。 トンクスはすぐにポッター少年と仲良くなり、荷造りを手伝った。 彼女の母親はこうした家事のための呪文に秀でていたがトンクスは苦手だった。 トンクスはハリーの、にも感銘を受けた。 へのの途中、トンクスは隊列の先頭を飛び、一度引き返して戻ると主張するを押し切ってそのまま着陸した。 ハリー・ポッターをダーズリー家から救出したのち、トンクスは魔法省で恐ろしく多忙な日々を過ごした。 アラスター・"マッド-アイ"・ムーディと親しくしていたためか、から答えづらい質問をされるという事態にも陥った。 それでも時間を見つけてグリモールド・プレイスで開かれた、との就任パーティに参加した。 その後トンクスは騎士団の任務で老婆に変装しハリー、ハーマイオニー、ロン、、、たちがに乗れるようまで護衛した。 同じ年のクリスマス、トンクスはに入院したを見舞いに行くハリー、、ハーマイオニーに同行した。 アーサーはの、に襲われて病院に運び込まれていたのであった。 トンクスはクリスマスプレゼントとしてハリーに炎の雷のミニチュアをプレゼントした。 新学期の前になると、トンクスはとともにに乗り込み、ホグワーツに戻るハリー、ハーマイオニー、ウィーズリー兄妹を護衛した。 神秘部の戦い 詳細はを参照 に加わるトンクス の6月、トンクスは、、、、、をから救出するために派遣された騎士団メンバーのひとりであった。 トンクスは、、、らとともに現場に到着した。 との戦いの最中、トンクスはに向かってを放ち、伯母であると対決した。 しかしベラトリックスは実力の差を見せつけ、トンクスは戦闘により重傷を負って気を失った。 トンクスはまた、シリウスが死亡すると悲嘆に暮れた。 戦いの結果、トンクスはしばらくの間で回復を待たなければならなかった。 幸運なことに彼女はまもなく退院して騎士団と合流し、でマッド-アイがハリーの扱いについてに警告する場面に立ち会った。 ホグワーツ防衛 リーマス・ルーピンと隠れ穴を訪れるトンクス トンクスはのために働き続けたが、人との関わりを避けるようになり意気消沈していた。 この性格の変化と変身能力をうまくコントロールできなくなったことは周囲の人々にも気づかれた。 トンクスが警護の任務を放棄してダンブルドアを探しに行ったとき、ハリーは彼女と廊下で会った。 トンクスは結局ダンブルドアを見つけることはできなかった。 この訪問はが5歳の少年を攻撃したことに関連する可能性がある。 トンクスには身体的な変化も起きていた。 髪の毛はマウジー・ブラウンのストレートになり、体も痩せていた。 はハリーは、トンクスの性格や身体の変化は従兄シリウスの死が原因であると考えた。 シリウスが殺される前にと戦っていたのはトンクスであったため、ベラトリックスを止められなかったことに罪悪感を抱いていると推理したのであった。 しかし理由はひとつではなく、もっとも大きな消沈の原因はへのであった。 ルーピンはトンクスと関係を持つことで彼女が不幸になると感じていたのであった。 彼はであり、彼女よりも何歳も年上で貧困に苦しんでいたことからトンクスの想いを断った。 トンクスはにルーピンへの気持ちを話し、「お茶と共感」を求めて頻繁にを訪れた。 彼女のルーピンへの想いによりもオオカミの形に変化した。 巨大で毛むくじゃらな獣の守護霊を見たことは、シリウスへの想いがあるとハリーが推理する要因になった。 ハリーを城まで護衛するトンクス。 彼女はオオカミの守護霊を発動した のがによって認められると、城を脅威から守るための一団がホグワーツに派遣された。 トンクスは特別部隊の一員となりホグズミードに駐在した。 、トンクスはの客車で危うくに送り返そうになっていたハリー・ポッターを救出した。 ハリーはによってさせられを被せられていたが、トンクスが助け出して城門まで護衛したのであった。 アルバス・ダンブルドアの依頼でトンクスはホグワーツの廊下を頻繁にパトロールした。 ダンブルドアはヴォルデモート卿のを探すべく城を留守にすることが多かったため、トンクスに頼んだのであった。 彼女はホグズミードのパトロールも担当し、と遭遇したばかりのハリーにも会った。 フレッチャーはから盗んだ物品をに売りつけようとしてたのであった。 天文台の塔の戦い 詳細はを参照 、死喰い人たちがを使ってに姿を見せて城を侵略した夜、トンクスはルーピンやと校内をパトロールをしていた。 彼女たちは巻き起こったに参加した。 戦いの最中トンクスはとしたが、ロウルは素早く呪文を繰り出してこの若き闇祓いを圧倒しようと試みた。 ロウルは結局勝つことはできず仲間の死喰い人たちと退却した。 戦いののち、トンクスはがビル・ウィーズリーに対して抱いていた愛を目の当たりにした。 デラクールはビルがに攻撃されたにも関わらず愛を打ち明けたのであった。 これに心を打たれたトンクスは愛がすべてであるとして、で公にリーマスへの愛を告白した。 リーマスはビルの状況は彼とは違うと抗議したが、それでもトンクスを愛していたため恋愛関係に発展した。 においてトンクスとリーマスは手を取り合ってともに立っていた。 トンクスの髪はお気に入りの風船ガムのようなピンク色に戻っていた。 結婚 詳細はを参照 1997年7月、トンクスとリーマスはささやかな式を挙げて結婚した。 これは17歳の誕生日より前にハリーをから連れ出すという騎士団による作戦の直前のことであった。 トンクスもリーマスも、親戚の家を離れることができないハリーがふたりの結婚式に参加できなかったことを残念に思った。 ハリーの家にはが自らを犠牲にして彼を守ったことでがかけられていたのであった。 は、ハリーの家の近くにを作ることを禁じた。 ハリーは未成年であったことからすると追跡される恐れがあった。 つまりハリーが式に参加することは命を危険にさらすことに他ならなかったのである。 ハリーにも騎士団にも他に選択肢はなかった。 トンクスは結婚式後まもなく妊娠し、の前にハリーに告げようとしたと思われるがに遮られてしまった。 舞台裏• 『』、『』、『』のでトンクスを演じたのはである。 偶然ながらトンクスとテナはイニシャルが一致している。 当初にトンクス役がオファーされていた。 これは実現しなかったがマクドナルドはのちにを演じた。 登場作品• 初登場• ポータブル版のみ• 言及のみ• 言及のみ•

次の