こそ だ て ふる。 スマホで農園オーナーになれる「こそふる」

ふるさと納税史上初! 農業IoTアプリが返礼品に!! スマホでふるさとの農園オーナーになれる 『こそふる』がサービス開始:ドリームニュース

こそ だ て ふる

花野の恋の話• 遠い目標だからこそ努力する姿は美しい• 花野を応援したくなった 花野の恋の話だったと思うんです。 絶対敵わない恋。 だとわかりつつ。 それでも太一を想ってしまう。 私はですね。 そんな花野を。 諦めが悪いだとか。 思わない。 むしろ遠い目標だからこそ。 努力する姿は美しいと。 思ってしまう。 花野をますます応援したくなりました。 ちはやふるは努力の物語だと思うんです。 それはかるたに限らず。 キャラクターの生きざまが努力を示しているから。 だから感動するんですが。 今回は恋に努力する花野の姿。 そこが何より一生懸命で。 そこが何より美しかった。 素晴らしい話だったと思います。 絶対に敵わない恋• 恋もかるたも• 一生懸命• これが大事 一生懸命さ。 これが何よりだと思うんです。 恋もかるたも。 一生懸命。 これが大事。 花野はですね今回。 一生懸命だった。 花野って普通の女の子だと思うんですよね。 かるたの才能があるわけでもない。 でも恋だけは。 太一の恋だけは。 譲れない。 無理だと分かっていても譲れない。 だからこそ一生懸命。 だからこそかっこいい。 普通の女の子の花野でもですね。 ちはやふるの重要人物になれる。 そこが素晴らしいと思うんです。 今回は何より花野が輝いていたと。 切に言いたいです。 まとめ• 恋もかるたも• 努力することが大事• だからこそ花野の努力する姿は尊い というわけでまとめてみました。 恋もかるたも。 努力することが大事。 そして今回は花野の努力する姿。 それが何よりも尊かった。 大事なのはできるかどうかじゃない。 やるかやらないかだ。 そして花野はやった。 やってみせた。 恋の乙女を演じきってみせた。 そこが花野の素晴らしいところ。 そしてちはやふるの素晴らしいところ。 太一の恋は絶対無理でも。 無理だとしても。 それでも花野の頑張る姿。 それは何よりも尊く。 何よりも胸打つ。 素晴らしい回になっていました。 良かったです。 というわけで次回も正座して待っています。 カテゴリー• 179• 1,040• 868• 113• 201• 110• 2 アーカイブ•

次の

ふるさと納税史上初! 農業IoTアプリが返礼品に!! スマホでふるさとの農園オーナーになれる 『こそふる』がサービス開始:ドリームニュース

こそ だ て ふる

2018年度版 岡山市ふるさと納税の受付開始!スマホで農園オーナーになれるアプリ『こそふる』を一新「いちご」と「シャインマスカット」の2種類を1つのアプリで利用可能に 株式会社ファインシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)は、日本初のふるさと納税対応・レンタル農園オーナーアプリ 『こそふる』を2018年5月2日にアプリのリリースおよび寄付の受付を開始したことをお知らせ致します。 今回、アプリを一新することで複数の作物の観察が可能になりました。 『こそふる』では、遠く離れた場所に住む寄付者がふるさとの農園の様子が24時間カメラを通して見ることができ、作物の生育状況をリアルタイムで観察可能。 作物が育ったら、産地直送の新鮮な状態で寄付者のもとにお届けします。 これまでにない、まったく新しいかたちで自治体に貢献することができるふるさと納税サービスです。 アプリで農園のレンタルオーナーになって、自治体を応援! 寄付者はスマホアプリ内で好きな区画を選び、自分だけの農園を持つことができます。 24時間いつでもどこでも、農園に設置しているカメラを通して作物の育成具合を観察できます。 農園にはネットワークやカメラ・各種センサーが設置されているので、天気や温度、湿度や二酸化炭素濃度などの情報までクラウドを通しリアルタイムで確認可能。 遠く離れた場所にいても、作物や農園の様子をとても身近に感じられます。 育った作物は産地直送でお届け! お届けするのは岡山県岡山市のブランド作物。 生産者が、最も新鮮で美味しく味わえる状態のものを見極めお届けします。 ただ単に自治体の特産品が届くだけでなく、寄付者はその成長過程や地域の様子を見ることができるので、その地域へ愛着が生まれます。 『こそふる』は多くの人がスマホを通し遠く離れたふるさとを応援できる未来を目指し、今後全国47都道府県にサービス展開していく予定です。

次の

2018年度版 岡山市ふるさと納税の受付開始! スマホで農園オーナーになれるアプリ『こそふる』を一新 「いちご」と「シャインマスカット」の2種類を 1つのアプリで利用可能に

こそ だ て ふる

2018年度版 岡山市ふるさと納税の受付開始!スマホで農園オーナーになれるアプリ『こそふる』を一新「いちご」と「シャインマスカット」の2種類を1つのアプリで利用可能に 株式会社ファインシード(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:頼定 誠)は、日本初のふるさと納税対応・レンタル農園オーナーアプリ 『こそふる』を2018年5月2日にアプリのリリースおよび寄付の受付を開始したことをお知らせ致します。 今回、アプリを一新することで複数の作物の観察が可能になりました。 『こそふる』では、遠く離れた場所に住む寄付者がふるさとの農園の様子が24時間カメラを通して見ることができ、作物の生育状況をリアルタイムで観察可能。 作物が育ったら、産地直送の新鮮な状態で寄付者のもとにお届けします。 これまでにない、まったく新しいかたちで自治体に貢献することができるふるさと納税サービスです。 アプリで農園のレンタルオーナーになって、自治体を応援! 寄付者はスマホアプリ内で好きな区画を選び、自分だけの農園を持つことができます。 24時間いつでもどこでも、農園に設置しているカメラを通して作物の育成具合を観察できます。 農園にはネットワークやカメラ・各種センサーが設置されているので、天気や温度、湿度や二酸化炭素濃度などの情報までクラウドを通しリアルタイムで確認可能。 遠く離れた場所にいても、作物や農園の様子をとても身近に感じられます。 育った作物は産地直送でお届け! お届けするのは岡山県岡山市のブランド作物。 生産者が、最も新鮮で美味しく味わえる状態のものを見極めお届けします。 ただ単に自治体の特産品が届くだけでなく、寄付者はその成長過程や地域の様子を見ることができるので、その地域へ愛着が生まれます。 『こそふる』は多くの人がスマホを通し遠く離れたふるさとを応援できる未来を目指し、今後全国47都道府県にサービス展開していく予定です。

次の