て へん に 舌 読み方。 「舌」という漢字の意味・成り立ち・読み方・画数・部首を学習

「舌鼓」の正しい読み方は?「舌鼓を打つ」はどんな音?「舌打ち」との違いは?

て へん に 舌 読み方

舌の書き順【筆順】 読み方 『 舌』の字には少なくとも、 ゼツ・ ゼチ・ セツ・ ゲチ・ カツ・ した・ ことばの7種の読み方が存在する。 味覚や発音をる器官。 「舌根・舌苔 ぜったい ・舌端」• ことば。 ものをう。 「舌禍・舌戦・舌代・悪舌・口舌 くぜつ ・饒舌 じょうぜつ ・毒舌・筆舌・弁舌」• 五官のつ。 舌の用法:五官・五感 五官・五感【ごかん】とは、外界から受け取った刺激を感知するための五つの感覚器官、および五つの感覚意識。 五行に通ずる。 五官・五感の種類 五行 五官 感覚器官 舌 五感 感覚意識 覚 覚 覚 覚 覚 熟語 四字熟語 「舌」の漢字を語中にもつ四字熟語を表にまとめる。 「舌」が入る四字熟語 饒舌多弁 じょうぜつたべん 舌読【ぜつどく】 [英語]tongueBraille/tonguebraille 舌先で点字を読むこと。 ハンセン病患者など視力に加えて触覚または指を失った人が行った。 現在は録音再生機器の普及と朗読ボランティアにより、ほとんど行われていない。 舌骨【ぜっこつ】 [英語]hyoidbone [医]舌根の下部にあるU字型の小骨。 検死で舌骨が折れていると、絞殺を疑う。 舌打ち【したうち】 [英語]tut 参照えこーろけーしょん エコーロケーション。 二枚舌【にまいじた】 [英語]doubletongue 先に言ったことと、後で言うことと食い違うこと・矛盾 ムジュン していること。 転じて 平気でウソ 嘘 を言うこと。 二枚舌を使う speakwithadoubletongue。 鶏舌/鷄舌【けいぜつ】 [中国語]jishe けいぜつこう 鶏舌香、鷄舌香。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「舌」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 8073 新大字典 講談社 13450 新潮日本語漢字辞典 新潮社 9784 大漢和辞典 大修館書店 30277 大漢語林 大修館書店 9193 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

「舌鼓」の正しい読み方は?「舌鼓を打つ」はどんな音?「舌打ち」との違いは?

て へん に 舌 読み方

舌の書き順【筆順】 読み方 『 舌』の字には少なくとも、 ゼツ・ ゼチ・ セツ・ ゲチ・ カツ・ した・ ことばの7種の読み方が存在する。 味覚や発音をる器官。 「舌根・舌苔 ぜったい ・舌端」• ことば。 ものをう。 「舌禍・舌戦・舌代・悪舌・口舌 くぜつ ・饒舌 じょうぜつ ・毒舌・筆舌・弁舌」• 五官のつ。 舌の用法:五官・五感 五官・五感【ごかん】とは、外界から受け取った刺激を感知するための五つの感覚器官、および五つの感覚意識。 五行に通ずる。 五官・五感の種類 五行 五官 感覚器官 舌 五感 感覚意識 覚 覚 覚 覚 覚 熟語 四字熟語 「舌」の漢字を語中にもつ四字熟語を表にまとめる。 「舌」が入る四字熟語 饒舌多弁 じょうぜつたべん 舌読【ぜつどく】 [英語]tongueBraille/tonguebraille 舌先で点字を読むこと。 ハンセン病患者など視力に加えて触覚または指を失った人が行った。 現在は録音再生機器の普及と朗読ボランティアにより、ほとんど行われていない。 舌骨【ぜっこつ】 [英語]hyoidbone [医]舌根の下部にあるU字型の小骨。 検死で舌骨が折れていると、絞殺を疑う。 舌打ち【したうち】 [英語]tut 参照えこーろけーしょん エコーロケーション。 二枚舌【にまいじた】 [英語]doubletongue 先に言ったことと、後で言うことと食い違うこと・矛盾 ムジュン していること。 転じて 平気でウソ 嘘 を言うこと。 二枚舌を使う speakwithadoubletongue。 鶏舌/鷄舌【けいぜつ】 [中国語]jishe けいぜつこう 鶏舌香、鷄舌香。 検字番号 検字番号とは、各出版社が刊行した漢字辞典/漢和辞典に記載されている検索字を効率よく探すための識別コードである。 「舌」の検字番号一覧 書籍 出版社 検字番号 角川大字源 角川書店 8073 新大字典 講談社 13450 新潮日本語漢字辞典 新潮社 9784 大漢和辞典 大修館書店 30277 大漢語林 大修館書店 9193 辞書の巻頭や巻末、別巻などに記載された検字番号を用いることで、漢字の掲載ページ・掲載位置を容易に特定することができる。 国語施策.

次の

口臭の元!舌が白い舌苔(ぜったい)ができる9つの原因と取り方

て へん に 舌 読み方

「舌鼓」については、キリスト教イエズス会から派遣された宣教師たちが慶長年間(慶長8年・1603年)に作った日本語とポルトガル語の辞書『日葡辞書』にも「シタツヅミ」で出てきます。 以下略 」と記述してあります。 また、昭和18年(1943年)発行の『日本語アクセント辭典』(日本放送協會編)にも「シタツヅミ 舌鼓」と記されています。 このため、[シタツズミ]の読みだけを放送では認めてきました。 しかし、その後[シタズツミ]も慣用的な読みとして一般に定着し、多くの国語辞書も、「舌鼓」についての語釈(ことばの意義の解釈)の中で「『したづつみ』とも」「口語では『したづつみ』とも言う」「話し言葉では『したづつみ』とも言う」などと記述しています。 こうしたことから、今では放送でも「舌鼓」の伝統的な読みである[シタツズミ]に加えて、[シタズツミ]も許容として認めています。 「舌鼓」について、NHKの『日本語発音アクセント辞典』には[シタツズミ,(シタズツミ)]、また『ことばのハンドブック第2版』には「読み 1 シタツズミ 2 シタズツミ」と記してあります。 この『アクセント辞典』の「発音表記の( )内」と「『ことばのハンドブック』の「読みの 2 」については、「場合により許される発音・アクセント(読み)」を示すものです。 アナウンサーが、ニュースや一般番組で「舌鼓」を普通に読む場合には[シタツズミ]と読むようにしています。 「舌鼓」と同じ「鼓」を使った語の「腹鼓」についての読みも、かつては[ハラツズミ]のみを認めていましたが、現在は同じように[ハラズツミ]も許容しています。 (『NHK日本語発音アクセント』辞典P375,『NHKことばのハンドブック第2版』P93参照) *注 [ ]内のカタカナ表記は、そのことばの発音を示したもの(発音表記)で、普通のかなづかいによる表記とは必ずしも一致しません。 [シタツズミ]「したつづみ」 メディア研究部・放送用語 豊島 秀雄.

次の