ホーム ボタン 消し方。 ホームボタンが消えた場合の対処

「Google アシスタント」をオフにする方法【無効化】 ≫ 使い方・方法まとめサイト

ホーム ボタン 消し方

初めてスマホを手にした人や、今までAndroidスマホを使っていた人にとって、iPhoneのスクショの撮影方法は少々わかりにくいかもしれない。 そこで今回は、ホームボタンがあるタイプのiPhoneと、ホームボタンがないタイプのiPhoneに分けて、スクショの撮影方法を見ていこう。 スクリーンショットとは、デバイスで表示している画面を撮影して、写真(画像)として保存する機能のこと。 iPhoneはもちろん、Androidスマホやパソコンなどでも使える。 忘れたくない情報のメモ代わりに使ったり、印象に残ったシーンを保存しておく際に有用だ。 スクショで動画は撮影可能? 標準搭載されているスクショ機能では、基本的に動画として保存できない。 動画として保存したい場合は、コントロールセンターに「画面収録機能」を追加して撮影するか、「スクリーンレコード」機能を持ったアプリをApp Storeから取得しよう。 ちなみに通常のスクショなら、動画のワンシーンを切り取って、写真として保存しておくことは可能だ。 ただし、アプリ(特に動画配信サービスアプリ)によってはスクショによる画像の保存ができないものもあるため、留意しておこう。 また、著作権に反する動画保存は決して行ってはならないので注意したい。 iPhoneでかんたん! スクショの撮影方法 ここからはiPhoneを2つ(ホームボタンなし、あり)に分けて、スクショの撮影方法をおさらいしていこう。 iPhone 8(ホームボタンあり)以前の機種でスクショを撮影する方法 ホームボタンがあるタイプのiPhoneでスクショを撮影するには、撮影したい画面を表示させた後に「ホームボタン」と端末右側面にある「電源ボタン」を同時に押せば良い。 特に消音の設定などをしていない場合は、「カシャッ」と音が鳴り、画面を撮影してくれるはずだ。 iPhone X(ホームボタンなし)以降の機種でスクショを撮影する方法 ホームボタンがなくなった、iPhone X以降でスクショを撮影する場合は、端末右側面の「電源ボタン」と端末左側面にある「音量UPボタン」を同時に押そう。 すると、「カシャ」という音とともに、写真が保存されるはずだ。 iPhoneの画面上にボタンを表示させてスクショを撮影する方法 端末にある2つのボタンが押しにくい、ワンタップでスクショを撮影したいという人は、画面上にボタンを表示させよう。 1:「設定アプリ」を開く。 2:「アクセシビリティ」をタップ。 3:「AssistiveTouch」を選択。 4: 「AssistiveTouch」をオンにする。 5:「カスタムアクション」からシングルタップ(ほかのアクションでも可)を選ぶ。 6:「スクリーンショット」を選択。 これで設定は完了だ。 手順4で表示されたボタンをタップすることで、スクショの撮影が可能となる。 なお、上図のように各カスタムアクションには、それぞれ色々な役割を持たせることができる。 気になる人は、ぜひ1度「AssistiveTouch」を試してみよう。 iPhoneで撮影したスクショの写真を編集する方法 iPhoneでスクショを撮影すると、画面左下に撮影した写真が数秒間表示される。 この撮影写真が表示されている間にタップすると、上図のように写真の編集画面に移行する。 余分な部分をトリミングしたり、強調したい部分に丸を付けたい場合は、このようにして写真を編集しよう。 iPhoneで撮影したスクショの保存先を変更する方法 保存先を変更したい場合は、スクショを撮影した直後に数秒間画面左下に表示される写真をタップ。 編集画面に移行するので、画面右上のアイコン(上図左参照)をタップした後、画面を下にスクロールしていくと、保存先が変更できる。 iPhoneのスクショの音は消せる? 変えられる? iPhoneでスクショを撮影すると「カシャ」という音が鳴るが、公共の場でこの撮影音を鳴らしてしまうと、要らぬ誤解を生みかねない。 果たしてこの撮影音を消す方法や変更する方法はあるのか。 実際に見ていこう。 iPhoneのスクショ音の消し方 iPhoneでスクショを撮影した際になる音は、端末の左側にあるボリュームボタンをオフすれば消せる。 なお、ボリュームをオフにしておくと、電話の呼び出し音なども消音されてしまうため、留意しておこう。 なお、通常のカメラ撮影時はボリュームボタンをオフにしておいても音が鳴る仕組みになっている。 iPhoneのスクショ音は変更できる? 基本的にiPhoneのスクショ音は変更できない。 しかし、アプリなどで変更できる場合もあるため、気になる人はApp Storeからスクリーンショットアプリをインストールしてみよう。 文/髙見沢 洸.

次の

iPhoneのマルチタスクの消し方!!どうすれば消えるの?

ホーム ボタン 消し方

iPhoneの画面上に、何か白いマークが出てきた!消し方わからない・・ウザい・・という人のための「消し方」です(笑) もしくは、もともと表示していて便利に使っていたのに、無くなってしまい困る!また出したい、という人のための設定方法です。 この白い丸をタッチすると・・こんなふうに表示される人が多いのではないでしょうか。 この機能は、要は上に表示されたメニューを簡単に呼び出せるようにしてある機能です。 また、設定によってはこの白い丸を押したらホームに戻るようにする 等の設定もできます。 なので、便利に使っている人もいるとは思いますが・・ 不要な人には不要かもしれません。 また、呼び出したつもりがないのに、勝手に表示された!と感じた人もいるかもしれませんが・・ 「AssistiveTouch」の設定方法 一応消し方をお教えします。 (僕が使っているのはiPhone11です。 最近のiOSで設定場所が変わったようです) 設定 > アクセシビリティ > タッチ ここに 「AssistiveTouch」 という項目があると思います。 ここが「オン」になっていたら、「オフ」にすれば消えます! 逆に出したい人、使いたい人で、ここが「オフ」の人は「オン」にしましょう。 ここで、白い丸の各種設定も可能です。 どれくらい薄い色で表示するかというのは「待機状態時の不透明度」で設定できます。 サイドボタンのトリプルクリックで表示・非表示の切り替えが可能 あと、もう一個みておいた方が良い場所として 同じ場所ですが 設定 > アクセシビリティ ここの一番下の方に「ショートカット」という項目があります。 「サイドボタンのトリプルクリック」と書いてあります。 つまり、iPhone本体右側のボタンを3回続けて押したときの操作を設定するところ。 ここで「AssistiveTouch」にチェックが入っていると サイドボタンを3回クリックすると、「AssistiveTouch」が自動的に表示されることになります。 今までこの白い丸、「AssistiveTouch」を便利に使っていたのに急に消えてしまった!という人は、このショートカットに設定されていて、何かの間違いでトリプルクリックしてしまったのだと思います。 ショートカットに設定されている状態なら、トリプルクリックで表示・非表示の切り替えが簡単にできます! やる気がなくても、たまたま3回押してしまうことは有りえますので・・ もしこの白い丸を使わないと言う人は、ここで「AssistiveTouch」が設定されているのであれば、このチェックを外しておきましょう! 丸いやつでスクショを撮る方法 この白い丸、便利に使う方法としてスクリーンショット用のボタンにすることができます。 通常スクリーンショットを撮るには本体の両サイドのボタンを同時に押すという操作が必要なので、白い丸を押すだけで撮影できたら便利ですよね。 設定 > アクセシビリティ > タッチ > AssistiveTouch 「AssistiveTouch」はもちろん「オン」にしてください。 「シングルタップ」「ダブルタップ」「長押し」とありますが、そのメニューを開いたらそこで「スクリーンショット」を設定することができます。 そうすれば、白い丸にその操作をしたらスクリーンショットが撮影できるようになります。 これが一番簡単ですね。 他の用途で使わないなら、「シングルタップ」を「スクリーンショット」にしましょう。 他にもいろんな設定ができます! AR30.

次の

シャッター音は消せる?ホームボタンのありなしで異なるiPhoneのスクショ撮影術|@DIME アットダイム

ホーム ボタン 消し方

スポンサーリンク iPhoneのマルチタスクの消し方!! 実はこのマルチタスクの状態だと、 不要なアプリをいつでも開ける状態になっていたりするわけで。 それにともなって、 電池の消費も微妙に早かったりします (iPhoneの場合はその点微妙に、ですが)。 というわけで、しばらく使わないであろうアプリは、 出来ればタスクから消しておいた方がいいのです。 というわけで、ようやくiPhoneのマルチタスクの消し方です(笑) まず、iPhone起動中にどの画面上でも構わないので、 iPhoneのホームボタンを2回押します。 すると、iPhoneがマルチタスク画面に切り替わるので、 左右で使わないタスクの前に移動します。 そして、タスクまで来たら指で押さえて、上方向にスワイプします。 これで、タスクを消すことが出来ました。 スポンサーリンク iPhoneのタスクの消し方手順まとめ• ホームボタンを2回押す• 左右で要らないタスクの前に移動する• タスクを指で押さえて上方向にスワイプする まとめ 今回はiPhoneのマルチタスクの消し方について、 解説していきました! ちなみに、よく見るタスクや、必要なタスクは残しておいたほうがいいです。 なぜなら、iPhoneの電力消費を調べてみると、 マルチタスクにしていてもそれほど減るものではありません。 それに、アプリ起動時の方が電力消費が大きいものもあるので、 よく使うアプリは出来ればマルチタスクに置いておいた方がいい、 ということですね^^ では、ちょっとした豆知識でした(笑) この記事を読んだ方は、以下の記事も多く読まれていますよ。

次の