阪急 電車 映画 キャスト。 阪急電車の原作を読み、映画を見たという両方を知られている方に感...

阪急電車 (小説)

阪急 電車 映画 キャスト

人はそれぞれ皆、いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている。 死ぬほどつらいわけではないけれども、どうにもならない思いを抱えて生きている。 そして、その気持ちは誰にも言えないのだ。 誰かに言っても仕方のないことだと、あきらめるしかない。 皆そう思っている。 自分自身で解決するしかないんだ。 この世界にはこんなにも沢山人がいるのに、 同じ場所で、同じ時間を生きている人がこんなにもいるのに それは何の意味ももたない。 舞台は現代の日本。 兵庫県宝塚市の阪急宝塚駅から兵庫県西宮市の西宮北口駅、阪急今津駅を結ぶ阪急今津線区間で繰り広げられる不思議な出会いとそこで生まれるヒューマンドラマ。 ある日、 高瀬 翔子 中谷美紀 はカフェに居た。 眼の前には3年以上付き合っている 婚約者の健介 鈴木亮平 、そして翔子の部下の 比奈子 安めぐみ が座っていた。 そして翔子は健介の口からとんでもない言葉を耳にした。 別れてくれ。 』 状況を飲み込めず訳が分からなくなってしまった翔子は比奈子に問いかけた。 翔子『どういうこと?』 比奈子『ごめんなさい、翔子先輩。 』 健介『彼女、妊娠してんだよ。 俺の子や。 』 比奈子『私が悪いんです。 私が大丈夫って言うたんです。 』 翔子『はあ?健介、あんた何?私と結婚の準備中にこんな女と浮気しただけじゃなくて、生でやったわけ?』 健介『やめろやそんな言い方。 』 翔子『えっ?なに?私が何か今非難されてんの、今?私が?信じらんない。 私が何か悪いの?』 健介『そやないけど。 』 翔子『じゃあ何よ?』 健介『彼女な、死のうとしたんや。 』 翔子『でも死ななかったんでしょ?』 健介『俺が守ってこうと決めたんや。 責任あるしな、俺には。 せやから彼女と結婚する。 』 翔子『何胸張ってんの?それが人として当然だろみたいな顔どうして私に出来るわけ?私の気持ちはどうなんのよ?あなたと3年も付き合って来たんだよ?』 健介『大丈夫やろ?泣かへんしお前は!この子は大丈夫やないんや。 俺がおらんと。 』 話し合いは平行線のまま埒が明かない状態で翔子が折れる形となった。 そして翔子は二人の結婚を許す代わりにある条件を出す…。 夫は他界していた。 時江には日課があった。 それは孫娘である 亜美 芦田愛菜 を連れてお出かけをすることだった。 二人はよく阪急今津線を利用していた…。 関西学院大学に入学することを夢見て勉強に励んでいた。 しかし、悦子の学力では入学は難しい状態だった。 教師にも 『一か八か受けても絶対に滑り止めが必要だ。 』と言われていた。 そんなこともあり、悦子はとてもナーバスな状態になっていた…。 同い年の大学生のカツヤと付き合っていた。 ミサは度々カツヤの家に遊びに行き、既に半同棲状態になっていた。 今後のことを考えたミサはカツヤに 『一緒に住む家を探しに行こう。 』と提案するが、カツヤは激怒した。 カツヤはとてもプライドの高い男で事あるごとに癇癪を起こしていた。 俺が付き合ってやってんだよ。 高校生の息子と夫と三人で生活をしていた。 息子の高校入学を機に息子の同級生の母親達との付き合いが増え悩んでいた。 悩みの理由は• ウマが合わない• 出費が大きい 話題のフレンチレストランなどに連れて行かれる• そもそもはっきりと断れない といったものだった。 息子のことも考えて、康江は痛む胃を気にしながら奥様方との付き合いを続けていった。 しかし、限界は近づいていた…。 茶髪の髪の毛をツンツンに逆立たせ、鋲の付いた革ジャンを来て、首に掛けたヘッドフォンからはパンクバンドのサウンドが大音量で流れていた。 圭一は地方の出身で、他の生徒に比べてとても訛っていた。 そして、派手な見た目からは想像もつかないような趣味の持ち主だった。 圭一は軍オタと呼ばれるほどミリタリー系のものに詳しかったのだ。 そういったこともあり、中々大学での生活に溶け込むことが出来ないでいた。 しかし、阪急電車での出会いが圭一の運命を変えることに…。 その中で奇跡的に交わってしまう人達のドラマが描かれる。 普段聞き慣れない人達の関西弁を聞いたから違和感があったのか…。 日本 映画阪急電車 片道15分の奇跡のジャンル• 映画阪急電車 片道15分の奇跡のキャッチコピー 終着駅は、きっと笑顔。 映画阪急電車 片道15分の奇跡を一言で例えるなら 人はそれぞれ皆、いろんなやりきれない気持ちを抱えて生きている 映画阪急電車 片道15分の奇跡の公開年 2011年 映画阪急電車 片道15分の奇跡の監督 三宅喜重 映画阪急電車 片道15分の奇跡の主要キャスト• 中谷美紀 高瀬 翔子• 戸田恵梨香 森岡 ミサ• 宮本信子 萩原 時江• 南果歩 伊藤 康江• 谷村美月 権田原 美帆• 有村架純 門田 悦子• 芦田愛菜 萩原 亜美• 勝地涼 小坂 圭一• 小柳友 カツヤ• 相武紗季 マユミ• 鈴木亮平 羽田 健介• 安めぐみ 小峰 比奈子• 玉山鉄二 遠山 竜太 阪急電車 片道15分の奇跡を閲覧できる動画サービス• Prime Video• hulu• 阪急電車 片道15分の奇跡の関連キーワード• この映画へのコメント.

次の

阪急電車 片道15分の奇跡

阪急 電車 映画 キャスト

彼の隣には後輩の小峰比奈子がいて妊娠していました。 「あんた私との結婚準備中に浮気だけでなく生でやったの?!」と怒りをぶつけます。 おまえは泣かない強い人間だが比奈子は弱く自殺を考えてしまうから守らないと… 翔子は別れてやる変わりに結婚披露宴に呼ぶよう言いました。 勝ち誇って席を立ち披露宴をあとにした翔子は阪急電車に乗り込み涙を流します。 近くにいた幼稚園生・亜美から「花嫁さんだ〜綺麗だね〜」と声が聞こえてきます。 祖母の時江は「お嫁さんじゃないのよ」と言います。 時江は涙を流す翔子に「話せば少しは楽になるわよ」と声をかけ隣に座らせました。 自分を大事にするためにも仕事を辞めた方がいいかもとアドバイスを貰った翔子は時江から次の駅で降りてゆっくり休んでいきなさいと言われます。 森岡ミサはイケメンのカツヤと付き合っていました。 最初は羨ましがられる事に気分良くしていたが彼は怒鳴り暴力を振るうようになり不安を抱えていました。 そんなカツヤは電車の中でも怒鳴ります。 近くにいた亜美は「怖い」と泣き始めてカツヤは子供にも「うるせぇ」と怒鳴り降りていきます。 ミサは追いかけるがホームで押し倒されカツヤは行ってしまいます。 ミサは泣きじゃくる亜美に「ごめんね」と声をかけると時江から「くだらない男ね、やめといた方がいいと思う」と言われます。 時江は「泣くのは良い、でも自分の意思で涙を止められる女になりなさい」と亜美に優しく伝えます。 ミサは電車を待っていると近くにいた女子高生の話が聞こえてきます。 門田悦子がお付き合いをする社会人4年目の彼は一線を越えるのは悦子の大事な受験が終わってからだと我慢してくれているようです。 彼には大事にされるのが当たり前だと思ったミサは勇気を持って「もうウンザリです。 別れましょう」とメールを送信しました。 パンクロッカーみたいな服装をする小坂圭一は時代遅れなうえに田舎から出てきたため大学生活にうまく溶け込めないでいました。 通勤の電車の中で偶然目の前に立っていた権田原美帆が同じ教科書を持っていた事で同じ関西学院に通う生徒だと気付きます。 美帆が電車から空を眺めていたので圭一も同じように眺めると大好きなヘリコプターが飛んでいたので釘付けとなります。 美帆から「なんか事件ですかね?」と声をかけられ圭一は「あれは自衛隊のヘリコプターでマスコミじゃないよ」と教えました。 この事がきっかけで2人は自己紹介して仲良くなります。 美帆は「ごんちゃん」と呼ばれる事が嫌で名前を教えるのが嫌だったが圭一から「美帆ちゃん」と呼ばれ喜びます。 ミサは彼からの暴力が止まらず地元の親友マユミに相談すると空手をしていて逞しいマユミの兄が話をつけてくれました。 ミサはマユミから「どうしてもっとはやく相談しないの!!」と引っ叩かれそのあと抱き締められます。 ミサは電車に乗り込むと煩いオバタリアンの集団と一緒になります。 翔子は空いているミサの隣に座ろうとするが向かいに座るおばさんがバックを投げつけ席を奪います。 翔子は目があったミサに微笑み移動します。 少し遅れて電車に乗り込んできた主婦の伊藤康江は「席取っといたよ」と言われ申し訳なさそうにミサの隣に座りました。 普段から安くて美味しい物を探して夫と息子にご飯を食べさせている康江だがPTAの付き合いで無理に高いランチに付き合わされていました。 ミサは胃を抑えて苦しむ康江に気付き介抱して次の駅で降ります。 「これからランチなのに」と残念がる連中に康江は「皆さんで楽しんできて」と伝えました。 康江は胃薬を持っていたのでミサは水を買いに行きます。 ミサは電車を降りるほど苦しんでいるのに一緒に降りようともしない連中と付き合う意味ないと意見を述べます。 康江は付き合うのをやめる事を決心すると胃が楽になりました。 関西学院に入るのが子供の頃から夢だった門田悦子は先生から厳しいと言われます。 受験に悩む悦子は彼に「今日でもいいよ」と言ってホテルに行きます。 しかし彼から大切にしたいと思っているからこそ、そんな投げやりな状態になっている悦子としたくないと言われ悦子は「ごめん」と涙を流します。 彼に相談した悦子は関西学院に通う圭一と美帆に声をかけ質問すると「頭おかしくなるぐらい勉強したよ」と言われます。 やっぱりそうなんだ、みんな死ぬ程勉強したんだと励まされた悦子は悩みが吹っ飛びました。 結末 亜美から「犬飼いたい」とお願いされた時江は「だーめ」と言います。 飼っていた犬が婚約者に噛み付いてしまい夫となった人が犬嫌いになったからです。 席を譲ってくれた人 悦子の彼氏 が結婚した当時の夫に似ていたので見惚れてしまうと「もしかして誰かに似てます?よく言われるんですよ」と話しかけられます。 彼も犬に噛まれた事があり家族に気を遣わせてしまったが実は犬が大好きだったと聞き時江は犬を飼うことにし亜美は喜びます。 圭一と美帆は電車に乗り、居合わせた悦子と会釈します。 犬をバックに入れ時江と亜美が電車に乗り込むと車両には康江がいないPTAの連中が大きな声でおしゃべりしていました。 亜美は「なんで電車の中で煩いの。 静かにしなければダメって幼稚園で習ったよ」と時江に言います。 1人のおばさんが「どういう教育してるのか」と怒るが時江は冷静に「常識を教育していますが何か?間違った事は言っていない」と言います。 近くにいた圭一と美帆は頷きます。 「嫌なお婆さんね〜」と連中は結託するが時江は「迷惑なおばさんよりマシだと思います」と冷静に返します。 ずっと我慢して生きてきた時江はついに怒り連中に向かって説教が永遠と始まります。 終点でおばさん連中は逃げるように出て行きます。 圭一と美帆は拍手を送ると時江は振り返り微笑みます。 翔子は時江から「ゆっくり休んで行きなさい」と勧められた駅で人生の機微を味わい引っ越していました。 ホームで電車を待っていると4人の小学生が誰かを仲間外れにしようと話し込んでいました。 階段から少女が降りてくると3人の子が駆け寄り「先に帰ったみたいよ」と言いました。 仲間外れにされた少女は「聞いてもいないのに教えてくれてありがとう」と言って去ります。 翔子は「かっこよかったよ、私は好きよ」と声を掛けそっとハンカチを渡しました。 少女は涙を流し翔子は彼女たちからその姿が見えないように座りました。 なんとなく自分と似ていると感じた翔子は「あなたみたいな子は損をするけど必ず見ていてくれる人がいるから頑張れ」と声をかけました。 偶然にも少女の名前は同じ翔子でした。 「この世界も悪くはない」.

次の

映画「阪急電車 片道15分の奇跡」キャスト・あらすじを紹介!今津線を巡るストーリー

阪急 電車 映画 キャスト

阪急電車 片道15分の奇跡のネタバレあらすじ 【起】 - 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ1 32歳のOL・高瀬翔子は婚約者との結婚話が進んでいる最中に、彼から別れ話を切り出されます。 職場の同僚である彼は翔子の後輩を妊娠させ、その後輩と結婚すると言い出しました。 翔子は婚約を白紙に戻すのと引き換えに、披露宴への招待を条件に出します。 そして元婚約者と後輩OLの披露宴に、翔子は純白のドレスを纏って出席します。 披露宴で花嫁以外の者が白い衣装を着るのはタブーです。 それを敢えて侵すことで、翔子は復讐を果たしたのでした。 帰途に就く翔子は自責の念に駆られ電車の中で涙を零しますが、時江が声をかけました。 白いドレスに引き出物を持つ翔子の事情を察した時江は、翔子の心意気を褒め、小林駅で休めと言います。 【承】 - 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ2 時江に救われた翔子は小林駅で途中下車し、気分一新しました。 21歳の大学生・ミサは、半同棲状態の恋人・カツヤのDVに悩まされつつも同棲を夢見ます。 ある日同棲する物件を探しに行く車中で口論になり、カツヤはミサに暴力を振るって去ります。 それを見た時江の孫・亜美は恐れをなして泣き出しました。 亜美に時江は「自分の意志で涙を止められる女になりなさい」と言います。 それを聞いたミサはカツヤとの別れを決意しました。 関西学院大学生・圭一はパンクな装いに軍事オタク、方言が抜けず学校で浮いた存在です。 同じ大学の美帆も圭一と同じ境遇で悩んでいました。 電車で出会った2人は会話を交わし、お互いに惹かれ合います。 【転】 - 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ3 悦子は18歳の高校生です。 関西学院大学を第一志望に受験勉強に励みますが、担任からは合格は厳しいと言われます。 悦子に一途な社会人の恋人・竜太は、悦子が大学に受かるまで初体験はお預けという誓いを守りました。 42歳の主婦・康江の悩みは息子のPTAで知り合った奥様グループとの会食です。 そのグループは高級レストランでランチ三昧で、康江は我慢しながら付き合います。 季節が変わって3月…。 悦子は関西学院大学を諦め、ヤケになって竜太をホテルに誘います。 しかし悦子の落胆を知る竜太は断りました。 悦子は大学前で通りがかりの学生(圭一と美帆)に「受験勉強に苦労したか」と質問し、気持ちを切り替えました。 【結】 - 阪急電車 片道15分の奇跡のあらすじ4 ミサは無事にカツヤと別れ、快適な生活を送っています。 康江は相変わらず奥様グループの誘いに応じ電車に乗り込みますが、ストレスで胃痛を起こしミサに付き添われて下車しました。 ミサは康江に「価値観の違う奴らと無理に付き合う必要はない」と言い、康江は気が楽になります。 高瀬翔子は再就職をし、途中下車して気に入った小林駅に移り住んでいました。 そこで虐められている小学生・樋口翔子に「綺麗な女は損するようにできている」とアドバイスし、樋口翔子を慰め意気投合します。 圭一と美帆はすっかりラブラブライフを満喫していました。 周囲を気にせず大声でお喋りに興じる奥様グループは、時江の怒りを買い大説教されました。

次の