仮想通貨 ショート ロング。 初心者向け!仮想通貨(ビットコイン)のFX方法

【超定番】ビットコインや仮想通貨の情報収集に役立つサイト

仮想通貨 ショート ロング

期間の指定 サイト上部の期間指定ボタンで表示したい期間を選択してください。 サイト上のデータは1分毎に自動的に更新されます。 通信容量を削減したい方は「自動更新」ボタンの選択を解除してください。 ロング(ショート)ポジション合計 現在保有されているロング・ショートポジションの総数と指定期間内における総数の推移が確認できます。 総数の単位はビットコインの枚数で表示されています。 ロング・ショート比率 現在保有されているロング・ショートポジションの比率と総数が確認できます。 総数の単位はビットコインの枚数で表示されています。 ロング・ショート比率推移 指定期間内におけるロング・ショートポジションの比率の推移が確認できます。 ポジション増減数 指定期間の開始時点からのロング・ショートポジションの増減数が確認できます。 増減数はビットコインの枚数で表示されています。 例:指定期間が1時間の場合、直近のポジションの総数と1時間前時点のポジションの総数を比較した際の増減数が表示されます。 免責事項 表示するデータには万全を期していますが、APIやサーバー、プログラムの不具合や通信環境等によって間違ったデータがサイト上に表示される可能性があることを予めご了承ください。 当サイトの文章及び表示されているデータを基に行った取引によって生じた損益について、当サイトは一切の責任を負いません。

次の

ビットコインのロングとショートのポジション量を比較して今後の値動きを予想

仮想通貨 ショート ロング

ロング(long)とは• ロング(英語:long)とは、買ったまま持っていることを意味する手法のことです。 を購入して保有している状態のことで、「」とも呼ばれます。 単に「買い」を意味する用語としても使われ、証券の買いやの買いなどを「ロングする」と言って使われます。 ロングポジション(買い持ち)とは 購入した証券を保有し続ける状態を「ロングを取る」または「買い持ちする」と言いますが、ロングポジションは、その証券の価値が将来上昇することを期待して取るポジションです。 期待通りに証券の価値が上昇すれば利益を得ることができますが、下落すれば損失が生じます。 ショート(short)とは• ショート(英語:short)とは、売ったまま持っていることを意味する投資手法のことです。 証券は売って()保有している状態のことで、「売り持ち(読み方:うりもち)」とも呼ばれます。 「「ロング」の反対です。 ショート」は、単に「売り」を意味する用語としても使われれます。 「ロング」や「ショート」はの売買でも使われる用語ですが、外国為替取引でも使われる用語です。 ショートポジション(売り持ち)とは 売りで入った証券を保有し続ける状態を「ショートポジションを取る」または「売り持ちする」と言いますが、ショートポジションは、その証券の価値が将来下落することを期待して取るポジションです。 期待通りに証券の価値が下落すれば利益を得ることができますが、上昇すれば損失が生じます。 ショートポジション(売り持ち)のリスク 証券の価格は下落しても最大で100%です。 証券の価値は0円より下には下がりませんので「投資金額がすべて失われる」状態が最大です。 一方で、証券価格の上昇には制限がありません。 ゆえに、証券価格が急激に上昇すれば、理屈上、ショートポジションの損失は対象証券の価格を超えて大きくなる可能性があります。 つまり、ショートポジションは、得られる利益に上限があるものの、損失に制限はないということができます。 ドル円ロングとは? ドル円ロングとは、、ドル円ののことになりますので、ドル円ロングは、同時に「円のショート」を意味します。 ドル円ショートとは? ドル円ショートの場合は、ドル円ロングとは逆となりますので、と同時に「円のロング」を意味します。 円ロングとは のでは、「円」は商品の一つとして取引されているため、を「円ロング」といいます。 「ドルで円を買う・売る」といったことになるため、ドルを売って円を買うということになります。 ゆえに、ドル円で言えばドル円ショートにあたります。 円ショートとは 円ロングと同様に、CMEの通貨先物市場では、「円」は商品の一つとして取引されているため、を「円ショート」といいます。 「ドルで円を買う・売る」といったことになるため、ドルを買って円を売るということになります。 ゆえに、ドル円で言えばドル円ロングにあたります。 関連記事• に進む•

次の

仮想通貨FXの「ロング」「買い」とは?その意味とやり方を解説!

仮想通貨 ショート ロング

この記事の目次• ロングとショートポジション量の比率確認 こちらで確認できるのは、ポジションの指値の量ではなくて「現在保持しているポジション量」です。 左側の緑がロング、右側の赤がショートです。 ぱっと見ではわかりずらいのですが、ロングとショートを比較するには左側の数字に注目する必要があります。 ロングは現在31. 3Kくらいたまっている状態ということがわかります。 ショートはこのとき19. 5Kなので、ロングの方が11. 8K多いという計算です。 ポジション量を比較してわかること ここからは一般的な話なので、絶対ではなくあくまで参考として考えにいれる程度のお話し。 例えば、ロングポジションが多いということは、将来的にそのポジションを利確するために売ることが想定されます。 売られるということは価格が下がるということなので、ショートよりもロングが多いということは価格が下がる可能性が高いということ。 また、ロングがたまっているのを見て、大口がストップロスを巻き込んでショートを狙いにくることも考えられます。 もちろん、仮想通貨は特に現物ガチホが多いのでロングが多くなることは多々あるのでなんとも言えないですが。 ちなみ、4月10日くらいからGW前あたりまで相場が急騰してガンガン価格が上がっていった時期があります。 このときショートポジションが史上初めてロングポジションを上回って史上最高値を更新しました。 見ての通り、その直後に相場は急騰をはじめています。 表示期間の変更 右上の時計のマークをクリックすると表示期間を変更可能です。 直近24時間の動きとか1週間の動きなんかを見ることができます。 Last24hoursとLast7daysくらいしか見てないですけど。 過去をさかのぼってどういう値動きをしたのか見てみると良いかもしれないですね。 色々いじってみてください。 まとめ ロングとショートのポジション比率の確認方法の紹介でした。 ビットコインFXは見るところが多くて大変ですよね。 (ま、ふくろうは裁量だと雰囲気トレードメインですが笑) 相場は一般的な心理の逆を行くことが多いですから、今みんながどっちのポジションをとっているのか見るだけでも面白いです。 是非参考にしてみてください。 XMで口座開設ボーナスを使って、ノーリスク始められるハイレバFXもおすすめ! >> << ボーナスが豊富な海外FX業者XM XMは、ふくろうも長年使っているハイレバFX業者です。 日本人で一番利用されている海外FX業者でもあります。 トラリピ特有のポジションを抱えるリスクを減らす• チャンスのときには大きな利益を取りに行く• 3年間で30万円から800万円までコツコツと利益を積み重ねてきた実績• MT4によるEA設置が初めての方でも簡単なので安心• 中央値から上下にショートとロングを設定• 含み損を抱えるリスクが通常よりも大幅に減る• 中央値で含み損が0になる• 資金効率が良い 中央値からロングとショートを設定できるのでトラリピよりも証拠金が少なく運用できます。 記事を一読の上、お気軽にお問い合わせくださいね。

次の