コロナ禍ってなんと読む。 「綻ぶ」ってなんと読む?「やくぶ」なわけないし…「残念」と「素敵」の両方を表現する言葉です!

「コロナ禍」ってなんと読む?「コロナうず」のわけがないし…。最近のニュースにも関連する言葉です!

コロナ禍ってなんと読む

「禍」という漢字の使い方についても、ひもときましょう。 「禍(わざわい)」とも読む漢字ですが、同じ読み方を持つ「災(わざわ)い」と、意味の上での使い分けがあります。 「 災(わざわ)い」は、「天災」など、 主に「防ぎようのない元凶によりもたらされもの」に使われる漢字、 それに対し「 禍(わざわい)」は「舌禍」など、 主に「人為的ミスなどにより発生した凶事」に使われるようです。 新型コロナウイルスに由来する凶事に「禍」の字があてられるのは、 「これ以上感染を広げない」という重要ポイントが、個々人の行動にかかっている…という点にあるでしょう。 自分や大切な人、そしてこの社会を守るため、できる限りの予防策をとって、協力しあって参りましょう。 2問目に参ります。 【問題2】「禍々しい」ってなんと読む? 「禍々しい」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:意味は「不吉である」「いまいましい」などです。 <使用例>「禍々しい出来事にも、必ず終わりが来ます!」 文字、音ののイメージが強烈ですが… 「禍」という字には「禍(まが)」という読み方があります。 凶事の表現として「禍事(まがごと)」という日本語もあり、文字だけでも凄みを感じてしまいますが…。 苦境でこそ大切なのが「イメージにひきずられない」「必要以上にネガティブにならない」という「冷静さ」でしょう。 東京都の地区別感染者数が発表された際、筆者の周囲で、こんなエピソードがありました。 4月2日の時点で感染者数が最多であった世田谷区在住の友人が、SNSの友人グループに「怖い」と怯えたメッセージを送ってきました。 すると別の友人が「世田谷区は実は人口そのものが多いので、感染者数だけ見ると一見して最多であっても、人口比で考えると、世田谷区だけの罹患率が突出しているわけではないのよ?」という情報を、冷静に提示したのです。 罹患率そのものよりも、 怯えた友人の平常心を呼び戻すために、このやりとりは意義があったと思います。 つい、心が曇りそうになりますが、必要以上にネガティブになっても状況は変わりませんし、むしろ立ち向かう気力をそいでしまうでしょう。 見えないウィルスとの闘いには、一人一人が当事者として、平常心で毅然と戦う力が不可欠です。 「禍(わざわい)を転じて福となす」未来が一刻も早く訪れるよう、ともに立ち向かって参りましょう! 本日は、 ・コロナ禍(ころなか) ・禍々(まがまが)しい という日本語をおさらいしつつ、 ・禍(わざわい)を転じて福となす という先人の経験に基づく故事成語をお届けしました。 関連記事•

次の

「綻ぶ」ってなんと読む?「やくぶ」なわけないし…「残念」と「素敵」の両方を表現する言葉です!

コロナ禍ってなんと読む

大ヒット曲のタイトル『紅蓮華』、正しく読めますか?いまさら聞けない読み方をおさらい! 今年の夏はコロナ禍の影響で、例年通りにレジャーを…というわけにもいかなそうですね。 そんな中、筆者がぜひご提案したいのが「お花見」です。 「お花見」というと春の桜を連想しますが、この時期に見頃を迎える美しいお花もたくさんあります。 アジサイ、ラベンダー、蓮(はす)、ヒマワリ、キキョウ、キバナコスモスなどなど・・・。 これらの花の名前と、お住まいの地区名を合わせてネット検索してみてください。 意外にも比較的近所の、今まで気に留めたこともなかったような何気ないスポットが、お花のプチ名所になっている…という発見に出くわすかもしれませんよ! また、東京・上野の不忍池(しのばずのいけ)で見頃を迎える蓮の花や、京都・亀岡で五万本のキキョウが咲き誇る「ききょうの里」など、全国の花の名所の写真や動画を、ほぼオンタイムで、ネット上にアップしてくださる方もいらっしゃるでしょう。 実際に名所までは行かれない時にも、どなたかの「美しい風景のおすそ分け」をいただいてみてはいかがでしょうか? というところで、本日の1問目です。 【問題1】「綻ぶ」ってなんと読む? 「綻ぶ」という日本語の読み方をお答えください。 ヒント:「花の蕾(つぼみ)が少しひらく」などの意味を持つ言葉です。 <使用例>「蓮の花は午前中しか咲かないから、思い切って早朝に出かけて、花が綻ぶ瞬間から見たいわ!」 「破綻(はたん)」の「綻」だと気づいた方は、スムーズに読めたかもしれません。 「綻ぶ」という日本語には「花の蕾が少しひらく」という意味のほか、「表情がやわらぐ」というプラスイメージの意味もあるのですが、 「破綻(はたん)」という言葉の「綻(たん)」という漢字であることから「綻(ほころ)ぶ=縫い目がほどける」というマイナスの意味を、まず連想しがちです。 こぼれるように花が開く瞬間や、硬い表情の方はふわりと口元をゆるめる優しい表情…そんな美しいイメージも表現している漢字なのです。 同じ状況でも、見方を変えるだけで意外な発見がある…と教えてくれるような日本語です。 コロナ禍の続く夏ですが、意外な、素敵な発見を探して楽しみましょう! さて、2問目のクイズも、お花関連?です。 【問題2】2019年から今年の大ヒット曲『紅蓮華』ってなんと読む? 社会現象とも言われる大ヒットコンテンツ、『鬼滅(きめつ)の刃』のテレビアニメーションの主題歌でもある大ヒット曲『紅蓮華』の読み方をお答えください。 読み間違えると恥をかくシチュエーション…ありそうです。 ぐれんか、べにれんげ、ぐれんばな・・・知らないと迷いそうですが、正解は「 ぐれんげ」です。 ブームになるほどヒットしている事象であっても、自分に親しみがないと良くわからない…ということ、ありますよね? しかし、社会現象といわれるほどのヒット・コンテンツにまつわる大ヒット曲の名前くらいは読めないと、意外な場所で恥をかいてしまうかもしれません。 大人のたしなみとして、覚えておきましょう(笑)。 本日は、 ・綻(ほころ)ぶ という日本語の読み方と、複数ある意味をおさらいしつつ、 話題のヒット曲で読み方の難しい ・『紅蓮華(ぐれんげ)』 をご紹介しました。

次の

「#学校ってなんだろう」 コロナ禍を機に問い直される“学校の意味”

コロナ禍ってなんと読む

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の