近くの 飲み屋。 大塚駅近くに広がる飲み屋街!飲み歩きしたい居酒屋11選

レトロでディープ!伊那市の飲み屋街&商店街を歩く

近くの 飲み屋

美味しいお酒を囲むと、普段はできない本音での話も交わせたりするもの。 仕事仲間や親子、友達、同僚、恋人、色々な立場を超えて語り明かすのには、居酒屋はかかせません。 そこに美味しいお酒と料理があれば、人は自然と集ってきます。 品川には、赤提灯の昭和酒場からオシャレなムードのダイニングバーまで、様々なスタイルの居酒屋があります。 おいしいお酒と魚を楽しみたい時、がっつりパワーの出る肉料理を食べながら気の置けない仲間と飲みたい時、そして大人数での飲み会や雰囲気良く過ごしたいデート、女子会まで、あらゆるシチュエーションにお答えできる、おすすめの居酒屋を品川でセレクトしました。 美味しい料理とお酒を堪能してストレス発散しましょう! 品川駅周辺の居酒屋・飲み屋事情 品川駅周辺居酒屋・飲み屋の主要エリアと立地環境の傾向 品川駅周辺の主要な居酒屋エリアは、大きく3つに分類できます。 1つ目は、品川駅の東側に位置する港南口の正面にある、港南商店街エリアです。 ここは、品川における大半の飲み屋が密集した1番の主要な居酒屋スポットと言えます。 2つ目も港南口周辺で、南の方にそびえるグランパサージュやインターシティといった商業施設内のエリア。 3つ目は品川駅西側の高輪口周辺エリアです。 品川駅周辺のエリア別の居酒屋・飲み屋の傾向 港南商店街はとても狭いエリアですが、高級な寿司屋から焼肉屋、リーズナブルな居酒屋と、雑多なお店がひしめき合っている品川一の飲み屋街です。 商業施設内エリアには、和食にイタリアン、中華、アジア料理といった本格的な多国籍料理店、ダイニングバーなど、おしゃれな飲食店が多く入っています。 高輪口周辺エリアは、数は少ないですが人気の居酒屋チェーンなどが点在しています。 品川駅周辺エリアの居酒屋ならではのメニューは? 居酒屋「夢や 品川店」のふわふわさつま揚げや、「酒処つがる」で定番のランチメニュー、ボリュームたっぷりのベーコンステーキ、人気居酒屋「路地裏」の激辛牛すじ煮込みなどは、多くのメディアにも取り上げられた品川の名物グルメです。 また品川駅のホームに店を構える「常盤軒」の品川丼は、古くから親しまれてきた品川めしをアレンジしたもの。 今なお手軽に食べられる郷土料理です。 品川駅周辺に行くなら第一候補?有名店を紹介 江戸時代から続く老舗居酒屋の「稲田屋」は、旬の食材で作った鳥取の郷土料理を、品川で気軽に食べられることで人気です。 また「美食米門」はデートにもぴったりのムーディーな雰囲気が魅力。 個性的な創作料理とおいしいお酒で評判の「えん」や、いつも満席の「包丁や」、魚といえばここ、とも言われるほど新鮮な刺身が堪能できる「跳魚」など、レベルの高いお店がひしめいています。 JR品川駅から徒歩1分。 店内は和風でカジュアルな内装。 50席程とさほど広くはありませんが落ち着いた雰囲気です。 九州料理の居酒屋で、人気のプリプリなモツが特徴のモツ鍋の他、地鶏や馬刺しが絶品です。 また、料理に合う厳選された焼酎も種類豊富に揃っており楽しめるのがうれしいですね。 九州料理とおいしいお酒を堪能するならおすすめのお店です。

次の

野田駅近くの飲み屋街「地獄谷」へ行ってみた

近くの 飲み屋

ホテル タイプ別• ホテル クラス別• 人気の設備・サービス• 観光スポット周辺• 鉄道駅周辺• 空港周辺• 復興屋台村 気仙沼横丁周辺の観光スポット• 気仙沼市の人気カテゴリ• 気仙沼市で検索数の多いキーワード• 6月中旬に4日間かけて復興中の東北を回ってきました。 震災後すぐに宮古、釜石、石巻を回りましたので3年ぶりです。 南と北のリアス線が開通しましたので海岸沿いの陸前高田や歌津、釜石、田老などの被災地をBRTの車中や泊まったりしながら見てきました。 気仙沼は漁港はいち早く復旧したのですが、漁港に行く途中は広大な地域が復興の最中で、まだかなり時間がかかると思われました。 気仙沼湾はきれいで、大島へのフェリーの発着所付近には仮設屋台村がありますが、食べ物は決して安くはありません。 市内にホテルはとってありましたが、気仙沼湾の高台にあるプラザホテルの温泉に2時間ほど入ってきました。 プラザホテルのレストランのラーメンは海鮮スープでおいしいのですが、接客態度がいまいちでした。

次の

淵野辺駅近くみんな一緒に和食居酒屋縁!美味しく安い飲み屋で大満足

近くの 飲み屋

早速、ニンマリする最高級の看板を見つけた(上写真)。 「ようこそレトロな街 伊那へ」と書かれた看板。 堂々と 自らレトロ宣言しているあたりが何とも微笑ましい。 イマドキさ、どこの街もモダンな外観が広がっているし、そのように建設・改装する風潮さ。 だけど、 伊那市はトレンドにとらわれず町並みを変えないスタイル。 これには惚れ惚れしちゃうよね。 ただ歩いているだけなのに昭和の香りがこれでもかってくらい漂っているんだよな。 背丈にあわないことは一切しないんだろうよ。 だから観光客も飲兵衛も皆が居心地良く過ごせるのだと思う。 さらに飲み屋街へと近づくと、 また同じフォントと配色のアレw 昭和の雰囲気が漂う商店街 伊那市駅付近に到着。 所狭しと飲食店が密集するこのエリアは、昔ながらの商店街が146号線を挟み、それを後ろから支えるかのように飲み屋が立ち並ぶ。 ディープな風景が至るところに転がっているので、飲兵衛・レトロ厨にはたまらないスポットだと思うね。 商店街はまるで昭和で時間が止まったかのような雰囲気。 良い意味で真新しい店舗が少ない。 私なんぞはその懐かしい様に感動しきり。 でも、 「小さい頃はこういう商店街が溢れていたのにな」と、どこか切ない気持ちもこみ上げてきた。 続いては商店街の裏側に移動。 飲み屋が密集しているだけでなく、味のある住居・建物も多い。 レトロでディープな風景を好む人からすると、 写真を撮らずにはいられないエリアではないかと。 すでに閉店している店舗も味を出す通り このような趣のある風景を確実に撮影したいなら、断然飲む前の明るい時間帯がおすすめ。 夜になったら飲食店の誘惑に負けてとてもじゃないがカメラなど持っている暇はないw 無論、夜もまた異なる魅力を味わえるし撮影できると思うが、エリア全体が薄暗いのでその良さを写真に残しにくいんだよね・・・。 とにかく伊那市の飲み屋街は誘惑がいっぱい。 焼鳥なら焼鳥店、スナックならスナックと限定しないかぎり一向に飲めない可能性もある。 酒も好き風景も好きな方は迷いに迷って疲れて終わるかもしれないので要注意だね。 まあ、それもまた伊那市の楽しみ方かもしれないが。 誘惑に負けて迷わないためにも、事前に飲む店を決めておくべきだね。 人々の笑顔であふれる夜の伊那市 短期間での飲み屋街網羅はほぼ不可能 私は中信の人間でありながらとにもかくにも伊那市が大好きで、時間を見つけては伊那市へ宿泊する(電車移動)。 これまでに何度か飲み歩いたが、 伊那市民のある傾向に驚いた。 それはあまり深酒をしないことだ。 私はハシゴ酒をこよくなく愛し、たびたび深酒をしてしまう人間だが、伊那市民の多くは 適度に飲んでいい具合で帰えるんだよね。 これには感心してしまった。 なんていうのかな、伊那市の人々はワンランク上だなって。 あ、でも町並み同様、飲み屋の常連客には ディープな人が多いねw それでも共通して言えることは 笑顔であふれているってこと。 まだ居酒屋しか入っていないのでスナックは未確認なんだけど、さらにディープな世界・出会いが待っているんだろうなと。 物静かなスナック これだけ飲食店が密集しているわけだから「治安もそれなり・・・」と思うんだけど、不思議なことに平和なんだよね。 むしろ笑顔で溢れていて居るだけでハッピーになれる。 松本駅前のそれとは明らかに違うな。 伊那市の飲み屋街は何もかもを癒してくれる、そんな存在だと思ってる。 【総括】もう伊那に首ったけなんだよ 伊那市の商店街・飲み屋街がもつ雰囲気は独特。 そこに殺伐とした空気は流れていない。 レトロでディープな町並み、笑顔があふれる人々、素晴らしい傾向と姿勢。 もうね、はじめて伊那で飲食したときから惚れちゃって首ったけなんだよ。 できることなら伊那市に住みたいくらい(わりと真剣に)。 今こうして文字を打っているなか、次に伊那市へ行ったときはどこの店に行こうか考えているw ワクワクドキドキが止まらないんだ。 次はいつ行けるかな。

次の