ジップ ライン アドベンチャー ひるがの。 水上高原フォレストジップライン

アクティビティ | ひるがのピクニックガーデン 桃色吐息とコキアの丘/岐阜県郡上市

ジップ ライン アドベンチャー ひるがの

前日17:00までにご予約頂いた方には園内レストラン・Momoiroカフェ・Hirugano Flakeで利用できる500円OFFチケット(子供は300円)をジップライン受付にてプレゼント!• ジップラインに参加できるのは 小学生以上の方です。 小・中学生2名につき 保護者(成人)1名、 3名につき保護者(成人)2名の 参加が必要 となります。 各フライトに定員がございますので、ご予約をおすすめします。 フライト状況に空きがあれば、随時出発していただくこともできます。 ご希望の時間がある場合はご相談ください。 上記出発時間にお申し込みが完了していない場合、 自動的にキャンセルとなります。 参加中の注意事項• 滑空中の写真・ビデオ撮影は禁止です。 (携行品落下にご注意ください。 体験中におけるお客様の衣類・靴・眼鏡・カメラ類・携帯電話等の破損、紛失等に関してツアー主催者は一切の責任を負いません。 ハ-ネス(機材)装着後はトイレに行けませんので体験前にお済ませください。 ハ-ネス(機材)装着後より体験終了後まで喫煙はご遠慮ください。 天候の急変等により安全に支障がある場合は、体験を中断することがございます。 中断時はガイド・係員が誘導いたします。 天候などで中断となった場合、ツアースタート前は全額返金。 ツアースタート後の返金は半額。 ツアー中3コース以上フライトした場合は返金無しとさせて頂きます。 参加者様ご自身の理由で途中リタイヤされた場合は返金いたしません。 ガイドの指示に従えない場合は、ご利用を中止させていただきます。 この場合は返金の対象にはなりません。 参加前の注意事項• スカート・サンダル・クロックスでは参加できません。 ズボン・足が完全に保護された運動靴でご参加下さい。 小学生以上(身長120cm以上必要)また体重が120kg以下の方が参加できます。 小中学生2名につき保護者 成人 1名、3名につき保護者 成人 2名の参加が必要となります。 妊娠中の方、その他身体的に不調と思われる方、及び飲酒されている方はご参加いただけません。 軍手や手袋の装着が必須となります。 ご持参いただくか、100円にて販売しております のでいずれかの方法で必ずでご用意をお願い致します。 ジップラインは雨天決行です。 雨でもお楽しみいただけます。 快適にご利用いただくためにカッパのご用意をお勧めします。 ご持参いただくか、受付にてカッパの有料レンタルを行なっております。 ご持参いただく場合はハーネス装着の都合上、ポンチョタイプよりも上下セパレートのカッパが適しています。 各レンタルにはサイズ等、数に限りがあります。

次の

ジップラインアドベンチャーひるがの(コキアパーク)でスリル満点な空の旅!!|ナイスタイム(NICE TIME)

ジップ ライン アドベンチャー ひるがの

愛知県では、30日昼前から竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。 低気圧が朝鮮半島付近にあって東北東に進んでおり、低気圧から前線が西日本にのびています。 東海地方は、雨または曇りとなっています。 30日の東海地方は、低気圧や前線の影響により、おおむね雨で、夕方から雷を伴って非常に激しく降る所があるでしょう。 7月1日の東海地方は、低気圧や前線の影響により、おおむね雨で、朝まで雷を伴って非常に激しく降る所がありますが、午後は曇りで晴れる所があるでしょう。 静岡県はおおむね雨で、昼前まで雷を伴って非常に激しい雨の降る所があるでしょう。 県内は、おおむね曇りとなっています。 30日は、低気圧や前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となる見込みです。 このため、曇りのち雨で、夜遅くから雷を伴う所があるでしょう。 7月1日は、日本海の低気圧や、前線の影響を受ける見込みです。 このため、雨時々曇りで、雷を伴う所があるでしょう。 <天気変化等の留意点> 30日の下越、中越、上越では、夜遅くから落雷や突風に注意してください。

次の

ジップラインアドベンチャーひるがの(コキアパーク)でスリル満点な空の旅!!|ナイスタイム(NICE TIME)

ジップ ライン アドベンチャー ひるがの

ジップラインは空を飛んでみたい人の夢をかなえるアクティビティ 岐阜県郡上市にある「花の駅ひるがの高原 コキアパーク」では、豊かな自然と澄んだ空気の中で思いっきり遊ぶ事ができる人気観光スポットです。 その中でも今回は東海エリアのみならず全国からアクティビティ好きが注目しているアトラクション「ジップラインアドベンチャー」を紹介します。 ジップラインとは? 「鳥になった気分になれる」「空を飛んでるみたい」といった体験ができる事で人気のジップライン。 簡単に説明すると、「木々の間に貼られたワイヤーロープを専用の滑車を使って滑り降りる」もの。 木々の間の距離や高低差によって、滑り降りている時間がまるで空を飛んでるみたいに感じる事ができるアクティビティなんです。 一般的にはヘルメットなど安全装備を装着し、1人のインストラクターに10人ほどの参加者で1パーティーとして各コースを回ります。 遊具の性質上「体重制限」を規定している施設も多いです。 その理由として… ・体重が軽すぎる=着地点までに到達する事ができない可能性がある。 ・体重が重すぎる=加速がつきすぎたり、設備そのものに負荷がかかりすぎたりする 安全とルールをしっかり熟知すれば、大人も子どもも空の旅を楽しめるアクティビティです。 ジップラインアドベンチャーひるがのはどんなコース? 本施設で楽しめるジップラインは、標高1,000mの地点からスタートし、全部で8コースをガイド1人、10人前後のメンバーと共に、所要時間約2時間ほどのボリューム満点の空の旅を体験する事が出来ます。 初心者でも安心して遊べるようにスタート前にブリーフィングラインで練習、また専用のハーネスで体を吊るすので握力のない人や子どもでも安心して楽しむ事が出来ます。 二人で楽しめるジップライン? 通常は一人で楽しむジップラインですが、ジップラインアドベンチャーひるがのには「ペアライン」と呼ばれるジップラインがあります。 並行に並んだワイヤーロープを手をつないで一緒に滑り降りるので、一人で滑り降りるのは怖い!という方でも楽しめるのではないでしょうか? ジップラインアドベンチャーひるがののジップラインの楽しみ方は? ただ単純にワイヤーロープが張り巡らされただけではないのがこちらのジップライン。 スタート地点は森の中を進んでいき、最後は草原に到着するというドラマチックな展開でコースを進む事が出来ます。 また、コースの中には「滑り降りる途中の枝に触る」「レトロな竹ぼうきにまたがって飛ぶ」など遊び要素もあります。 まとめ いかがでしたか? 生い茂る森の中を協力して進み、眼下に広がるひるがの高原、白山連峰に連なる山々と大空を満喫することができる「ジップラインアドベンチャーひるがの」 小さな子どもからシニアの方まで楽しめる人気観光スポットです。 ココもポイント! ジップラインアドベンチャーひるがのは4月21日 土 ~10月21日 日 に利用できる施設です。 なぜならこちらは冬の季節になると「ひるがの高原スキー場」として利用する事が出来ます。 ジップラインやそのほかのアクティビティも、この期間のみの利用になりますので、必ず公式サイトで営業状況を確認しましょう。

次の