レガシィアウトバック モデルチェンジ。 【最新スバル新型情報入手!!】インプレッサ、レヴォーグ、レガシィのモデルチェンジ全情報!!

【最新スバル新型情報入手!!】インプレッサ、レヴォーグ、レガシィのモデルチェンジ全情報!!

レガシィアウトバック モデルチェンジ

新型レガシィ アウトバック E型について 2018アウトバックには、再設計されたグリル、バンパードアミラーとヘッドライト、フロントビューカメラ、ステアリングレスポンシブルヘッドライト、ステレオカメラを用いた先進運転支援システム「アイサイト・ツーリングアシスト」を標準搭載、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を変更した。 新型レガシィ アウトバック E型 価格・グレードについて レガシィ アウトバック 価格:3,294,000円 レガシィ アウトバック「Limited」 価格:3,564,000円 レガシィ アウトバック「X-BREAK」 価格:3,402,000円 新型レガシィ アウトバック E型 エクステリア 同様に アイサイト・ツーリングアシスト アイサイトver. 4 を初搭載、更に全グレード標準装備なる。 アイサイト アイサイト・ツーリングアシスト アイサイトver. 4 について 新機能「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 渋滞時カーブ追従を可能にする。 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 更にアイサイトによる 高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 さらに、 高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 ツーリングワゴンが後継車種のレヴォーグに継承されたことで、セダンタイプのB4と クロスオーバーSUVタイプのアウトバックの2タイプとなった。 そして、丸1年でのB型へとマイナーチェンジをする。 先進安全システム「アイサイトVer3」に加え、 後側方をミリ波レーダーによって検知する「アドバンスドセイフティパッケージ」を全車に標準装備する。 これは、2014年4月にマイナーチェンジしたレヴォーグも同様に 「アドバンスドセイフティパッケージ」が追加されている。 インテリアでは上級グレードのLimitedにアイボリー(本革仕様)を追加設定。 Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」に対応する。 ボディカラーに新色「ダークブルー・パール」を追加。 2016年9月8日、2度目の仕様変更となりC型が10月3日に発売となる。 車線中央維持機能(アイサイト(ver. 3))の追加によりロングドライブでの負担を軽減、 ステアリングヒーターを標準仕様とし冬期や寒冷地での快適性を向上した。 特別仕様車 「LEGACY OUTBACK X-ADVANCE エックスアドバンス 」を追加した。 スバルは新型レガシィ アウトバックのマイナーチェンジD型を行い日本では2017年10月5日発売。 2017年4月14日から開催されるニューヨークモーターショー2017にて米国仕様の新型レガシィ アウトバック2018年モデルを出展すると発表し画像が公開された。 価格:329万4,000円~356万4,000円 新型レガシィ アウトバックについて ニュースリリースより ラギッドかつ上質な印象を更に強調した外装デザインへ刷新するとともに内装質感を向上 サスペンション設定の最適化等により乗り心地と操縦安定性を向上し、快適なドライビングを実現 エンジンやCVT 特性を変更し、メリハリのある気持ちの良い加速感を実現 ステアリング連動ヘッドランプを採用し、夜間の視認性を向上、従来型モデルのラギッドかつ上質な印象を外装デザインにおいて一層強調しつつ、内装の質感を向上。 また、フラッグシップモデルにふさわしい上質な乗り心地を実現すべく、サスペンション設定の最適化等により操縦安定性と乗り心地を更に向上するとともに、エンジンやCVT特性を変更することでメリハリのある気持ち良い加速感をも実現しました。 安全性能についてもステアリング連動ヘッドランプの採用により走行性能と共に更に進化させ、お客様に「安心と愉しさ」を提供します。 スペック 新型レガシィ アウトバック 全長 4,815mm 全幅 1,840mm 全高 1,605mm ホイールベース 2,745mm エンジン 水平対向4気筒 DOHC 2. エンジン部品の軽量化やフリクション低減及び制御の見直しや、リニアトロニックチェーンの改良により、燃費と静粛性の向上を実現し、JC08モード燃費を14. 5i 3. 6R 全長 4,824mm 全幅 1,840mm 全高 1,500mm ホイールベース 2,745mm エンジン FB25型エンジン 水平対向4気筒 DOHC 2. 5L EZ36型エンジン 水平対向4気筒 DOHC 3.

次の

【新型レガシィアウトバック】2021年フルモデルチェンジ日本発売!最新情報、A型、発売日や燃費、価格は?

レガシィアウトバック モデルチェンジ

ベストカーの取材による2020年の新車カレンダーを見てみると、新型レヴォーグを筆頭にインプレッサSTIスポーツなどのニューモデルが登場予定だが、2021年はさらに盛り上がりそうな気配が漂っている。 1台ずつ紹介していこう。 2021年はスバルが掲げる「安心と愉しさ」という理想を更に更に追求してゆく年となりそうだ。 新車スケジュールは2020年1月時点で当編集部および流通ジャーナリストの遠藤徹氏が、各メーカーや新車販売店に取材した結果を反映したものであり、発売日が近づくことによって流動する可能性があります。 進化型アイサイトはハンズオフドライブも実現か? 2020年後半に新型レヴォーグの1. 8L直噴ターボが登場。 その数カ月遅れのタイミングでWRX S4がフルモデルチェンジする。 スバルの新デザインコンセプト「BOLDER(大胆)」でデザインされるエクステリア。 レヴォーグのセダン版という位置づけは次期型も変わらない(画像はベストカー予想CG) レヴォーグと同じ新開発の水平対向1. 8L直噴ターボに加え、2. 4L直噴ターボも設定。 8Lは200ps、2. 4Lは270ps前後となりそうだが、最高出力よりもトルク特性と燃費性能を重視したエンジンになるという。 組み合わされるトランスミッションは進化型のリニアトロニック(CVT)だ。 もちろん、剛性と運動性能に優れたスバルグローバルプラットフォーム(SGP)を使い、そのうえ新開発のフルインナーフレーム構造を採用。 従来型を大きく凌ぐ圧倒的なボディ剛性を実現する。 米国で販売中のアセントに使われている2. 4L直噴ターボを搭載。 8kgm前後と予想 アイサイトも進化。 広角化した新開発ステレオカメラと前後4つのレーダーによる360度センシングにより、安全性を大きく向上。 高速道路でのハンズオフも視野に入れて開発が進んでいるようだ。 デザインはスバルの新デザインコンセプト「BOLDER(大胆)」を採り入れたシャープさが際立つもの。 日本市場をメインにするスポーツセダンは貴重な存在であり、登場が待ち遠しい。 キープコンセプトながらSGP採用で動的質感を大幅向上! 現行型はモデル末期に入っていても北米で高セールスを続けている人気車のレガシィアウトバック。 日本でのスバルSUVフラッグシップモデルがいよいよフルモデルチェンジ。 2019年のニューヨークショーでワールドプレミアされた次期型レガシィアウトバック。 北米ではエンジンは水平対向の2. 5L NAと北米専売のアセントにも積まれる2. 4Lターボの2本立て アウトバックは2代目レガシィのグランドワゴンを祖に、3代目レガシィではランカスター、4代目レガシィ以降にアウトバックを名乗り、一貫してレガシィのクロスオーバーモデルとして人気を集めてきた。 次期型は2019年4月のニューヨークショーですでに公開されたが、そのエクステリアは基本的に現行型の正常進化版、キープコンセプトとなっている。 新開発のスバルグローバルプラットフォーム(SGP)採用で、動的質感を現行モデルからさらに向上させているという次期型レガシィアウトバック 「知的好奇心を刺激する」をテーマとしており、プラットフォームには「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を採用。 エンジンは現行型からブラッシュアップされた水平対向4気筒、2. 5L DOHCに加え、北米専売の3列シートSUV、アセントにも搭載される260ps/38. 8kgmの水平対向4気筒、2. 4Lターボを採用する。 ただし、このターボエンジンは日本市場に導入されるかどうか、今のところ微妙な情勢となっている。 流麗なボディラインが目を惹くが、SUVらしくタフでラギッドなイメージをも兼ね備えている。 パワーユニットは2Lマイルドハイブリッドと2Lの水平対向NAという2本立てが濃厚だ。 なお2021年内の登場と目されてはいるがまだまだ流動的な部分も多く、2022年以降になる可能性もある 2019年のジュネーブショーで出展された「VIZIVアドレナリンコンセプト」がこの新型SUVの元となる 【番外スクープ!】WRX S4と同じタイミングでNEWレヴォーグ2. 4L直噴ターボも登場!! レヴォーグがWRX S4よりも早くデビューするのは現行モデルと同じ。 新型レヴォーグは、まず新開発の水平対向4気筒1. 8L直噴ターボモデルが今年後半(2020年12月と予想)に登場し、2021年の新型WRX S4のデビューと同時期に2. 4L直噴ターボが追加されるというスケジュールになっている。 新型レヴォーグは昨年の東京モーターショーで公開ずみ。 今年後半に1.

次の

スバル新型アウトバックのモデルチェンジ情報:SUVブームの中で安定した人気を得てレガシィからニューモデルとして独立!|ネクストカー・ジャパン

レガシィアウトバック モデルチェンジ

次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform SGP 」を採用した。 今回のフルモデルチェンジで新型レガシィ アウトバックにも次世代プラットフォーム「Subaru Global Platform SGP 」を採用する。 ボディサイズは全長4,860、全幅1,855、全高1,680mm、ホイールベース2,745mmである。 新型レガシィ アウトバック エンジンについて エンジンには現行モデル同様に水平対向4気筒DOHC 2. 5L 自然吸気「FB25」型に加え、新型水平対向4気筒DOHC 2. 4L直噴ターボ「FA24」型採用した。 新型レガシィ アウトバック インテリアについて インテリアには11. 6インチのフルHD大画面ディスプレイを搭載したナビゲーションシステムを採用する。 スマートフォン感覚で快適に操作できるHMI(Human Machine Interface)を採用。 「Apple CarPlay」「Android Auto」に対応。 Subaru Global Platform SGP 中期経営計画「際立とう2020」で予告された次世代プラットフォーム 「 Subaru Global Platform SGP 」を採用する。 この新世代プラットフォームSGPを1番最初に採用されるのが、 であり、衝突安全性のさらなる向上、軽量化、運動性能の向上、高効率パッケージングによる室内空間の拡大など、1クラス上の「動的質感」を実現すべく開発が続けられている。 運転支援システム「アイサイト」を全車に標準装備 アイサイトツーリングアシスト 「TJA(トラフィック・ジャム・アシスト)」準自動運転システム 自動車専用道路 高速道路 の渋滞時追走機能。 渋滞時カーブ追従を可能にする。 全車速域でハンドル、アクセル、ブレーキを自動制御し運転をアシストする。 プリクラッシュブレーキ 衝突の危険があるとシステムが判断した場合、ドライバーに注意を喚起。 回避操作がない場合はブレーキ制御を行い、自動的に減速または停止します。 運転負荷を大幅に軽減。 一部高速道路の最高制限速度引き上げ予定に対応 後退時自動ブレーキシステム 後方障害物警告機能 Rレンジ時に車両後方に障害物を検知すると、MFDの表示と警告音で障害物の接近レベルをお知らせる。 後退時自動ブレーキ 障害物に接近して車両と追突の危険性がある場合、加速制御とブレーキ制御を行い、衝突回避を測る。 より明るく安全な夜間視界を確保 フロントビューモニター フロントグリル内エンブレム下に搭載したカメラの映像をMFDに映してドライバーの前方確認をサポート。 見通しの悪い交差点を通過時や、車庫から出るときでも前方左右をしっかり確認できる。 スマートリヤビューミラー 後方設置のカメラにより、荷室にたくさんの荷物や大きな荷物を載せていて、通常のミラーでは後方視野が得られないときでも後方の視野を確保。 また、助手席などからでも後方の状況を確認できる。 オートビーグルホールド 平地停車時にブレーキペダルから足を離してもVDCが車両停止を維持する。 長い信号の待ち時間や一般道での渋滞など、ブレーキペダルを踏み続けなければならないシーンでの利便性が向上する。 ステアリング連動ヘッドランプ ステアリング操作に合わせて車の進行方向を早期に照らすこことで、夜間でも視野をしっかり確保できる。 更にアイサイトによる高度な前方認識と全方位レーダーの組み合わせにより、車両周囲の交通環境や危険リスクを全方位で把握することに加え、高精度GPS、高精度地図データを活用することによって、自車位置を高精度に特定し、走行経路上のカーブ、車線等に応じた最適な制御を行う。 これらの技術により、前方直進時の衝突回避に加え、交差点右左折時や後退時の車両、自転車、歩行者との全方位での衝突回避を実現。 さらに、高速道路上における全車速での自動運転や自宅や商業施設等の駐車場での自動駐車を実現する。 安全システム 比較について 現行はアイサイトVer. システム アイサイト Ver. 3 アイサイト Ver. 運転手の顔を覚えて設定したシートポジションやドアミラーを自動調整する他、運転手が脇見や居眠り運転を予防する事も可能である。 新型 レガシィ アウトバック グレード価格.

次の