ポーン 羽生。 【実は全然違う!?】将棋とチェスの違いを徹底解説します!|最速で将棋初段を目指すブログ

連続写真で見る羽生結弦の4回転半。最高の挑戦者は最高の被写体だ。

ポーン 羽生

将棋で王位と棋聖の2つのタイトルを持つ羽生善治さんはイギリスのチェス名人でチェス元世界チャンピオンのナイジェル・ショートさんとイベントで対局し、引き分けに持ち込む善戦を見せました。 羽生さんは昨年にもフランスのチャンピオンと親善対局を行なっており、その際にも引き分けに持ち込んでいます。 今回は羽生さんがキングのみ、ショートさんがポーンとキングのみになったので手詰まりになったんですね。 将棋では見かけない、チェスならではの引き分けの結果だと思います。 チェスは将棋と似ていますが、相手から獲った駒を使えないので引き分けになりやすいゲームでもあります。 【】 チェスの名手としても知られる将棋の羽生善治2冠が、イギリスのチェスの名人と対局するイベントが東京でおこなわれ、羽生さんは、世界レベルの名人と引き分けに持ち込む善戦を見せました。 イベントは日本でのチェスの普及を目指しておこなわれたもので、羽生善治さんとイギリスの名人、ナイジェル・ショートさんとの握手で始まりました。 現在、王位と棋聖の2つの将棋のタイトルを持つトッププロの羽生さんは、20代後半から本格的にチェスを始め、これまで日本の大会で優勝経験があるほか、海外の大会にもたびたび出場し、去年、フランスのチャンピオンとの親善対局では引き分けに持ち込むなど名手として知られています。 一方のナイジェル・ショートさんは、最高クラスの名人に贈られる「グランドマスター」の称号を持つイギリス屈指のチェスの名人で、チェスの世界ランキングではショートさんの51位に対し羽生さんは日本では1位ですが世界的には2828位と大きな開きがあります。 対局はショートさんが、羽生さんと、全日本チャンピオンの小島慎也さんの2人と同時に差す形式でおこなわれました。 チェスは将棋と駒の動きは似ていますが、とった敵の駒を使えず、将棋に比べて引き分けが多いなどルールや戦法は大きく異なります。 対局は先手のショートさんのペースで進みましたが、羽生さんはミスを誘うショートさんの戦術に乗らないよう慎重に差し続け、開始から2時間12分で、引き分けに持ち込みました。 対局を終えたショートさんは「羽生さんはチェスのレベルもとても高く手強かった」と評価していました。 一方、3日後には将棋の名人戦の第2局を控えた羽生さんはリラックスした様子で、「チェスは将棋によい影響があるかと思い始めましたが、実際はあまり関係なく、楽しんでやっています。 きょうはショートさんから予想外の手が次々に繰り出され勉強になりました」と話していました。 羽生二冠チェスイベントに参加 【】 将棋の羽生善治2冠(41=王位、棋聖)が21日、都内で行われたチェスのイベントでかつて世界チャンピオンにも挑戦した名プレーヤー、ナイジェル・ショート氏=英国=と対戦し、引き分けた。 日本でのチェス普及を目的としたイベント。 ショート氏は、羽生とチェス全日本チャンピオンの小島慎也氏(23)と同時進行で対戦する「2面打ち」を披露。 羽生との勝負は中盤から駒の取り合いになる激しい展開となり、引き分けが分かると苦笑い。 最後に握手を交わし健闘を称え合った。 小島氏との勝負はショート氏が勝利した。 対戦を終えたショート氏は「強いプレーヤーと勝負して将棋に興味がわいた。 将棋のセットを買って帰りたい」と満足そう。 一方、羽生は「自分の発想にないような手もあって感心した。 チェスは10代の頃にルールを覚えた。 最初は将棋のトレーニングにいいかと思っていたけど、そうでもないかなぁ」と周囲を笑わせた。 羽生は24、25日に、森内俊之名人(41)に挑む名人戦が控えており「これから名人戦の方を一生懸命やります」と気持ちを切り替えていた。 ラグラーブさんが羽生二冠、森内俊之名人(41)と同時に2局指す親善対局だったが、ラグラーブさんは「日本にこんな強い選手がいることにびっくりした」と話した。 パリ近郊で、海外としては初めて開かれている国際将棋フォーラムに合わせ、仏チェス連盟が、将棋とチェスの相互理解と交流を進める行事として企画した。 約50人の関係者や観光客らが見守る中、対局。 会場のビランドリー城は16世紀に建てられた城館で、一般公開されている。 羽生二冠は終盤で相手のキングの詰みを逃し、最後は引き分けた。 羽生二冠は「チャンスがあったと思ったが、時間がなくて読み切れなかった。 でも、上出来です」と振り返った。 森内名人は敗れた。

次の

【プロフェッショナルとは?】プロフェッショナル 仕事の流儀 16人の名言まとめ

ポーン 羽生

図17 18. Rb1 Ne7 ———————— @図17• 若島 ふつうのチェスの対局だと、持ち時間ってどんな具合なんですか?• ピノー (時代によって)結構変わりますね。 私の世代だったら、チェスを始めた頃は2時間半で40手。 (80年代にピノーさんが)日本に来た頃は2時間で40手から、一手ごとに時間を足せるというシステム。 私の大学生の時代にはコンピュータのチェスが発明されていないから、40手指したら封じ手を書いて、次の日にまた20手進むというシステムだったんですけど、現在封じ手をやらなくなった理由は、いまなら封じ手の研究をするのは全部コンピュータに任せれば……• 若島 夜中にいっぱい研究されちゃう、と?• ピノー まあ、(他人の力を借りて)いい手を探すというのは前からそうだったんですけど。 仲間が集まって……特に当時、ソビエトの時代の強いGMが集まって。 せっかくですのでボビー・フィッシャーに関連する話をすると、有名なヴァルナ・オリンピアード(チェスの国際大会)のときのエピソードがあります。 1962年、フィッシャーが黒で優勢なエンディング(終盤)という局面で、しかも相手の世界チャンピオンはボトヴィニク(ミハイル・ボトヴィニク)だったので、若いフィッシャーとボトヴィニクだったらフィッシャーのほうが勝てそうな気がするんですけど、実際に研究によってその局面の白の守りの手を見つけたのは別の人で、エフィム・ゲラーという人でした。 それで試合は引き分けになり、フィッシャーはすごく怒って(笑)。 会場 (笑)• 若島 そりゃそうですよね。 相手はボトヴィニクではなくてソビエトのようなもの。 図18-v• ピノー 黒ポーンb6は守りづらいんですよ。 黒ルークa8をb8にまわってそれを守ると……• 若島 白ルークa4でa5の黒ポーンが取れる、と。 (そのとき黒が白ルークa5を黒ポーンb6で取り返すと、b1の白ルークでb8の黒ルークが取られるため。 ピノー 黒はナイトe7をc8に跳ねて守ろうとすると、白ビショップd3が黒ポーンf5を取ってナイトc8にも当たる。 若島 じゃあ、これ(黒のポーンb6)はもう守れないじゃないですか、そうすると。 ピノー うーん、でも、ルーク・エンディング(ルークとポーンとキングによる終盤戦)になるなら、黒のポーン1個損ぐらいだったら、まだ引き分けにできる可能性はある。 若島 まだ可能性はある? たとえば残っている白のポーンのがa筋の端っこの(働きの悪い)ポーンだったりすれば……(ポーン1個損でもバランスをとることが可能?)。 ピノー 問題はそれよりも、黒がルークh8の活用をどういうふうに狙えるかということ。 [現局面は前掲 @図17]• 若島 いまは黒のナイトがe7に来た局面ですね。 そうすると予想されるのは、白がビショップをd3に引くという手であり、黒のポーンb6を取りに来る、と。 そして、どうやらこのポーンは助からなさそうだ、という話でしたか。 ということは白がポーンを取れそうだから、黒のポーンの数の優勢はとりあえずなくなりそうだ、と。 若島 チェスと将棋とで大きく違うところは、チェスの場合には引き分け、「ドロー」がすごく多いので……• ピノー ああ、そうですね。 若島 それが面白さの一つだという具合に思っていいんですよね?• ピノー (引き分けがあると)不利な方は引き分けを目指す、有利な方は引き分けにしない。 つまり(チェスは)引き分けから考える。 負けそうな局面を逆転して勝つというというメンタリティは、将棋の場合にはありますけど、(ハイレベルな棋士どうしの)チェスの場合はめったにない。 (不利な側は)考え方としては、引き分けにするところまで強い思いが届くかどうか。 若島 たとえば、レーティングというか、棋力に差がある強い相手の場合には、引き分けにすることで、自分的には勝ったのと同じぐらいの価値があるということもある?• ピノー 引き分けで対等になるから、負けよりはずっといい。 Bd3 ————— @現局面は前掲の検討図18-vと同じ• [白がビショップをd3へ引いた]• 若島 あ、羽生先生、やっぱり。 ピノー 強いですね……強い手です。 たとえば白のビショップがb6からd3へ引くのでなくd7へ出る手もありますけど、d3へ引いたほうが、働きがよい形です。 若島 形がいいですよね。 こういう形って、なんか、将棋的に見ても美しいなあ、と。 ポーンc2とも、お互いにヒモがつき合ってる。 ピノー チェスで見ても、それは正しい。 よく言われる、ビショップとルークはどちらが強いかという問題があって、飛車と角を比べるようなものですけれども、ビショップは将棋の角と違って成らないから、同じ色のマス目だけを動く。 つまり全体の半分のマス目にしか動けない。 だからルークのほうが強い、とも言えますが……• 若島 なるほど。 ルークは白でも黒でもどこのマスでも一応は行ける。 ピノー ただし、ポーンとの関係はビショップのほうがいいんですね。 仲良く……(ヒモを付け合うことができる)。 一方、ルークは孤独な駒です。 若島 そうですよね。 ルークとポーンで守り合うというのはできないですよね。 ピノー ルークとポーンではお互いに相手を守れない。 若島 ときどき、ルークがポーンの真後ろにきてから、前のポーンをぐーーっと突いていくというのは見ますけど。 ピノー それはルーク・エンディングのとても大事なポイント。 ルークは必ずポーンの後ろにくるようにする……〈最前列のお客さんに話しかけて〉勉強になりました?(笑)• MC ちなみに最新情報なんですが、羽生先生と小島さんの対局はラピッド(=快速チェス。 持ち時間30分前後の対局)で7勝7敗2分けの完全な五分だそうです。 ページ•

次の

第II部 チェス対局 羽生善治名人 vs. 小島慎也さん(3)

ポーン 羽生

だが彼の体は固い氷に叩きつけられた。 4回転アクセル。 高く跳べば、それだけ体を締め回転に入る動作が遅れる。 距離を出せば回転速度が上がらず着氷は難易度を増す。 いずれにせよ途中で降りて3回転にするという選択肢はないジャンプ。 悔しさを浮かべた彼は、またポーンと跳んで高さを確認した。 そしてまた目をギラギラさせて右足を大きく振り上げ、振り下ろす。 2度、3度。 その度ごとに彼の体は叩きつけられて、その度ごとに悔しさを増幅させて立ち上がった。 見守る観客たちはわれわれと同じように息を飲み、転倒には小さな悲鳴を上げた。 ケガを心配して「ここでやる意味」を問いかけたのはボクだけではないはずだ。 だが彼の挑戦がSPの2位発進で少し落ち込んでいたファンたちに勇気を与えたのは間違いない。 彼にとってはクワドアクセルは夢ではなく、夜明けが近いことを示すことができた。 そしてボクたちカメラマンがうれしかったのは彼が失敗を悔しがってくれたこと。 五輪2連覇、史上最高スケーターの呼称。 すべてを手に入れたように見える彼に、まだ勝利への渇望、新技習得への執念があるということ。 最高の挑戦者は最高の被写体なのだ。 カメラマン冥利に尽きるGPファイナル。

次の