引越し 料金 安く。 引越し見積もりを最大60%安くする方法

引越し見積もりを最大60%安くする方法

引越し 料金 安く

通常期の方が繁忙期よりも安くなるのが分かると思います。 引越しは、 3月と4月が最も盛んになるので、業者も忙しく、引越し料金も高くなります。 もし可能であれば、繁忙期以外の時期に引越しをするだけで 料金は半分か3分の1程度で済みます。 ここに掲載した料金は、あくまでも目安です。 実際にはこの通りにはならないこともありますので、あまりここの金額を鵜呑みにしないようにお願いします。 相場料金は、実際に見積もりを取った時に、その金額が 相場と比べて高いか安いか、妥当な金額かどうかを判断する材料として利用してもらうのが一番良いと思います。 相場料金は何となく把握できましたか?ちょっと高いな~と思った方は、これからおすすめする節約方法を実行してみてください。 例え繁忙期のお引越しだとしても、それなりに料金を安くすることは可能です。 是非試してみてくださいね。 実際の料金はいくら?一括見積りで確実に料金は安くなる?! 実際に引越し料金がいくらかかるのかを知るには、一括見積もりサイトを利用しましょう。 最大10社へ一括で見積もり依頼を出せるので、料金が安い業者をすぐに見つけることができます。 一括見積もりサイトを使うと、 相場料金よりも確実に料金が安くなるというメリットもあるので、できるだけ安く引越しをしたい方は、是非利用しましょう。 業者同士が値引きの競争をしてくれるので、自動的に料金が安くなっていきます。 あなたの交渉次第ではさらに格安料金にすることも可能。 一括見積もりサイトを上手に利用して、引越しの勝ち組になりましょう。 おすすめは 「SUUMO引越し」。 提携業社はサカイやアート、日通などの大手を含む厳選業者のみ。 繁忙期は、新生活がスタートする3月と4月になります。 1年を通して3月と4月は引っ越しが最も盛んになる時期で、料金もその分高くなります。 その金額差は2倍以上になります。 繁忙期の中でも、 3月末~4月上旬の時期は最も需要が高まるハイシーズンとなっており、この時期は通常期に比べて3倍以上の金額になる場合もあります。 まずは、繁忙期ではなく、 5月~2月の通常期(閑散期)に引越しができないかと検討してみましょう。 どうしても繁忙期にしか引越しできない場合は、 平日を選んだり、時間指定をなくしたりして、料金を節約しましょう。 また、業者選びも大切です。 料金が高くなる業者は、予約が殺到していて忙しい会社です。 そのため、サカイ引越センターのやアート引越センターなどの大手業者は繁忙期の金額が異常なくらい高くなります。 しかし、 知名度の低い中小業者などは、繁忙期でも安い金額で引越しできる可能性もあります。 あなたが引越しをする地域にどんな中小業者があるのかは、一括見積りをするとすぐに把握できます。 是非利用してみましょう。 荷物を減らすことで、当日の作業をしてくれる スタッフの人数(人件費)、トラックの数(設備費)を少なく、サイズを小さくすることができます。 また、梱包資材の量も減らすことができるのも節約になります。 効果的なのは、大きな家具や家電を処分したりリサイクルショップで売ったりする方法です。 大きな荷物であればあるほど、スタッフの数やトラックの大きさに影響を及ぼすので、買い替えなどを検討している場合は、見積もりの時に必ずスタッフに伝えましょう。 単身引越しの時も、荷物を減らすことは重要です。 特に、専用のボックスを使う単身パックや小さな車両を使うミニプランなどの場合は、 荷物が入りきらなかった場合は追加料金が発生してしまいます。 あらかじめ専用ボックスやトラックの大きさを確認して、荷物の量を調整しましょう。 各業者、スタンダードのプランとして用意していることも多く、荷物が少ない方ほど簡単にできる節約方法です。 大手業者のプランだと、サカイ引越センターなら「せつやくコース」、アート引越センターなら「基本コース」、日通なら「セルフプラン」、アリさんマークの引越社なら「経済パック」などがそうです。 各業者の中でも標準的なプランやコースとなっていますので、まずはこれらをチェックしましょう。 業者へ作業を依頼しなければいけない場合も、 出来るだけ自分でできる作業は自分で行えるプランを選びましょう。 サカイ引越センターですと、荷造り作業の中の食器の梱包だけを手伝ってくれる「らくらくCコース」などがおすすめです。 当然ですが、すべての作業を依頼するプランを選ぶと料金はかなり高くなります。 荷造り・荷解きは大変な作業ですが、節約のためには自分たちで行うのが最も良い方法です。 混載便を利用する 混載便という方法を知っていますか? 混載便は、他の人の荷物も一緒に同じトラックに載せて輸送する方法です。 逆に、トラックを貸切って輸送する方法をチャーター便といい、こちらは料金も高くなります。 混載便のメリットは、 業者が人件費・設備費を削減できることによる料金の安さです。 チャーター便に比べるとその金額は3割程度安くなることもあります。 ただし、混載便にはデメリットもあります。 それは、 荷物の到着日がいつになるかわからないことです。 混載便のトラックは、満載になり次第、輸送をスタートしますので、まずトラックが満載になるまで待つ必要があります。 そのため、いつ発送されるかは、その時次第なので、 荷物の到着が1週間後や2週間後になる場合もあります。 実家への引越しの場合や、すぐに必要な荷物は自分で運べる場合などに有効な節約方法です。 一括見積りサイトは、必要な情報を入力すると、あなたの引越し条件や地域などに対応した業者最大10社へ一度に見積もり依頼ができる便利なサービスです。 これを利用すると、各業者の見積もり金額をすぐに把握できるので、 一目で最安値の業者が分かります。 大手だけでなく、地域密着型の業者にも合わせて見積もり依頼ができるので、あなたの知らない業者の情報も一度に知ることが出来ます。 安さ重視で選ぶなら、中小業者の方が格安プランを用意している業者が多いので、安い業者が簡単に見つかるかもしれません。 1社のみへの見積もりだと、その金額が高いのか安いのかは判断できません。 必ず複数の業者へ見積もり依頼が出来るので、後になって 「あっちの業者の方が安かったのに~」と後悔することもありません。 利用は無料です。 入力作業も最短1分で終わる簡単なものですので、気軽に利用してみましょう。

次の

引越し料金をさらに安くする【裏ワザ】

引越し 料金 安く

しかし、繁忙期の場合は、料金の高い日でも引っ越せざるをえないこともあり、状況によっては、より高くなってしまうことがあります。 特に、夫婦・カップル(2人)や家族(3人以上)の引越しは、荷物が多いため、引越し料金がかなり高くなります。 しかし、引越し後は、何かと出費がかさむため、引越し料金はできるだけ安く抑えたいところです。 不用品の処分や引越し日の調整、見積もりの比較など、少しでも引越し料金を安くできる方法を試みてみましょう。 繁忙期の主要県別 引越し料金の相場 福岡県からの引越し 北海道(1417. 1km) - 東京都(880. 6km) 319,255円 愛知県(621. 5km) - 大阪府(485. 国土交通省国土地理院のを基に作成しています。 長距離の引越し料金はさらに高くなる 繁忙期の長距離引越しは、高額になりがちです。 しかも、家族で引っ越す場合は、荷物の量も多いため、引越し料金がさらに高くなります。 長距離によって引越し料金が高くなってしまうのは仕方ありませんが、荷物を処分するなどして、少しでも引越し料金を安くする工夫が必要です。 引越し業者の訪問見積もりを受けたときは、引越し料金を安くする方法がないか、確かめるようにしましょう。 荷物を処分するにしても、効率的な処分方法についてアドバイスをもらえることがあります。 繁忙期の引越し料金を安くする方法 複数の引越し予定日を候補に挙げる 引越し業者に引越しの希望日を伝えるときは、できれば3日ほど候補を挙げてみましょう。 引越し業者は、1日でできるだけ多くの引越しを行いたいと考えています。 ところが、特定の日時でしか引越しができない依頼があると、1日に作業できる引越しの件数に限りがあります。 そうなると、引越し料金をあまり安くしてもらえません。 そこで、引越し業者の都合にあわせられるように、複数の引越し希望日を伝えるわけです。 そうすれば、引越し業者から引越し料金が割安になる日を提案してもらえることがあります。 引越しの希望日が、どれも料金が安くならない日だと効果はありませんが、引越し希望日を1日しか挙げないよりは、引越し料金を安くできる可能性があります。 処分する荷物を引越し業者に相談する 処分すると引越し料金を安くできる荷物を、引越し業者に相談してみましょう。 長距離の引越しは、引越し料金が数十万円になってしまうことがあります。 引越しの荷物をできるだけコンパクトにして、小さなトラックで運搬できれば、数万円単位で料金を節約できる可能性があります。 荷物の処分といっても、小物をいくつか処分しただけでは、引越し料金にまったく影響しません。 家具や電化製品などの大きなものを処分する必要があります。 引越し業者の訪問見積もりを受けたときに、処分することで引越し料金が安くなる家具や電化製品がないか尋ねてみましょう。 引越し料金が安くなった分で、新しく買い換えられるようなら、引越し先で購入してもいいでしょう。 フリー便、午後便、混載便を利用する 引越し業者が用意している、引越し料金が割引きになる、フリー便、午後便などのプランを利用しましょう。 フリー便と午後便は、時間指定ができないため、引越しを終えるのが夜になってしまうかもしれませんが、その分、引越し料金が割安になります。 フリー便のほうが午後便より安くなるのが一般的です。 また、引越し業者によっては、引越し日も業者に任せるプランがあり、より割安になります。 混載便 1台のトラックで、複数の引越しの荷物と一緒に運ぶプラン。 通常の引越しより荷物が届くのに時間がかかる 引越し業者によっては、東京や大阪などの主要都市であれば、混載便を定期便で運行しています。 その場合、トラックが満載になるのを待たずに出発するので、ほかの混載便より早く荷物が到着します。 早く引越しを申し込むと安くなることも 引越し業者によっては、早く引越しの申込みをすると、料金が割引きになるサービスがあります。 どれくらい前に申し込めば安くなるのかは、引越し業者によって異なります。 引越し先と引越し日が決まっている場合は、できるだけ早く申し込みましょう。 1ヵ月前には申し込んでおきたいところです。 繁忙期は、引っ越したい日の予約が早い段階で埋まってしまうこともあります。 できるだけ早く申し込むことで、希望する日程で引っ越すこともできます。 複数の引越し業者の見積もりを比較する 引越し料金は、引越し業者によって異なるので、複数社から見積もりを取って、もっとも安い料金を提示した引越し業者と契約すれば、それだけで引越し料金を安くできます。 引越し業者によって、トラックの容量や作業員に余裕を持たせたり、不要な無料サービスを削っていたりと、引越しの方法が異なります。 そのため、同じ引越しでも、引越し業者によって料金が異なるのです。 複数の引越し業者から見積もりを取れば、そういった違いを比較することができます。 引越しの一括見積もりを利用すれば、複数の引越し業者に連絡することなく、一度に見積もりを依頼できます。 連絡のあった引越し業者から、気になる引越し業者を選んで見積もりを依頼してみましょう。 2017年1月18日掲載.

次の

引越しにかかる費用を安くする方法のまとめ

引越し 料金 安く

ゴールデンウィークもあっという間に終わってしまいましたね。 さて、これから引越しを考えていらっしゃる方にとっては、6月の引っ越しというなかなかのタイミングがやってきます。 引っ越し業界では、・・・と言われているのはご存知でしょうか? 理由は、、、そうです。 梅雨時で雨が多いということですよね。 もちろん、雨が降ると引越し料金が安くなる、、、ということではなく、梅雨時は引越しを避ける人が多くなるということが理由なんです。 荷物を雨で塗らしたり、足場の悪い中、重たい荷物を出し入れしたりするのは、誰だってちょっと嫌なものですよね。 出来れば気候もよく、天気にも恵まれやすい時期に引越しをしたいと考える人の方が多いでしょう。 そのため、2月から4月にかけての引越しシーズンを追え、また梅雨時を避けようとする人が増える6月あたりは、引越し業界はいわゆる閑散期に入ってしまうのです。 この時期は、引越し料金が安くなるだけでなく、自分の都合に合わせて引越し日を決めやすいというメリットもあります。 曜日はもちろんのこと、時間帯においても、引っ越しシーズンでは考えられないほど融通をきかせられるようになるでしょう。 物件自体は、引越しシーズンを終えて良い物件だけでなく物件数自体が全般的に少なくなっているとも言われていますが、やはり引越しのオフシーズンということで家賃交渉などが通りやすくなるとも言われているようですね。 こう考えると、6月の引越しっていいことばっかりなんじゃないの!?という気もしてきてしまうのですが(^^;) けれども、やはり6月の引越しが避けられる理由はきちんと知っておくべきでしょう。 例えば、、、雨で塗れてしまった荷物などを部屋に運び込み、そのまま水分をふき取らずに家具などを設置したとします。 もしその部屋の換気状態が悪く、湿気のこもりやすい部屋であった場合には、そのままその家具の底の面などにカビが発生しやすい状況を作ってしまうことになるのです。 数ヶ月、そして数年と放置している間に、知らない間に家具にカビが発生してしまう危険性って考えただけでも怖いですよね。 もちろん、雨の日に運び込んだ家具に必ずカビが生えるというわけではありませんが、長期にわたって設置するものに関してはやはり水分などをしっかりとふき取っておくだけの慎重さが必要になってくるでしょう。 引越し業者のお兄さん達も、荷物が濡れないように様々な工夫をしてくれると思うのですが、やはり配置前の最終チェックは自分で行うのがよいでしょう。

次の