について了解しました 英語 メール。 「わかりました・承知しました」の英語表現8選【ビジネスで使える丁寧な表現】

ビジネスメールで使える!「分かりました」「了解しました」の英語フレーズ!

について了解しました 英語 メール

確認・承認を示す「わかった」「了解」 OK! わかった! 少し軽い印象になってしまうので、使う相手を選びましょう。 やたらOK,OKと言っていると「適当に返事をしているな」という印象を与えかねないので乱発は控えましょう。 Noted. Noteは動詞で「書き留める」という意味あります。 「仰ったことは心に留めておきます。 」という意味を伝えることができます。 Noted with thanks. 了解しました。 ありがとうございます。 「ご指摘ありがとうございます。 」的なニュアンスが加味されます。 目上の人にも使える便利な言い方です。 より丁寧で、ビジネスメールでよく使えます。 I get it. わかった。 I get it もOKと同じく承認の意味でよく使われます。 getはもともと手に入れるの意味がありますが、考えを自分のものにする。 つまり理解する、分かる、という意味にもなります。 「理解」を伝える「わかりました」 I understand this matter. この件については了解しました。 その場の返事としての「了解」「了解しました」ではなく、 「理解した」「内容をきちんと読んだ」 「あなたの言っていることは適切に伝わっている」ということを伝えたいときは 「理解する」=understand を使い、 I understandと答えます。 「何がわかったのか」をunderstandの後に続け、自分が理解している内容を明確に伝えるとさらに良いでしょう。 I get the point. 要点は理解しました。 要点をつかめた。 自分のものにしたという際の「了解しました」として使われます。 相手の言っていることの細部までは理解しているとは言い難いが大枠はつかめた。 大事なことはわかった、と言いたいときに使います。 要点がつかめません。 逆に相手の言っていることがどうもしっくりこない、ピンとこないというときに使います。 最後に 日本語では一言で幅広く使われている「わかった」「了解」は、 英語に置き換えてみるとそれぞれのシーンで異なるニュアンスを持っています。 場面によっては完全な理解をした、行動を保証した、と誤解され「わかったと言ったじゃないか!」と言われてしまうようなトラブルが生まれることも考えられます。 誤解を生まないように場面にあった表現を使いましょう。 それでは、また~~ 記事を書いた人 小林 夏実 こんにちは 製品部の小林です! ニットって面白いんだな、と少しでも興味を持ってもらえるようなブログを書きたいと思います。 宜しくお願いします。

次の

「分かりました」「了解しました」を英語で正しく言い分けるフレーズ

について了解しました 英語 メール

記事の目次• オフィス会話編 まずは、話し言葉で使う「了解しました」の英語フレーズを見ていきましょう! Certainly. 了解しました。 上司がお願いしてきたことに対して、「承知しました。 もちろんやります。 1語ではありますが、非常に丁寧な印象になります。 「かしこまりました」に近い英語表現とも言えますね! A: Can you finish this by tonight? (これ今夜までに終わらさせてくれる?明日の会議で必要なんだ。 ) B: Certainly. (もちろんです。 ) こんな受け答えでも大丈夫!こちらは友達との日常英会話でも使える表現です。 もちろん上司に対しても使えます! Absolutely. (もちろんです。 ) That would be fine. 了解しました。 上司から何か提案や指示を出された時に、「それで問題ありません」と伝えつつ「了解しました」と言いたい時に最適! 依頼された内容に、何も問題がない時に使いたいですね。 A: Could you change the last slide of this powerpoint? (このパワーポイントの最後のスライドを変更してくれますか?) B: Yes, that would be fine. (はい、大丈夫です。 ) I would be happy to. 了解しました。 何かを人にお願いする時、いやいやと返答されると嫌な感じがしますよね。 自分自身はそういう印象を出したくないものです。 この場所には本来、相手のためにしてあげる行動を表す動詞がきます。 しかしあえて言うまでもないので、省略をしたこの英語表現が定着しているわけ! A: Could you possibly attend the conference with me next week? (来週の協議会に私と一緒に参加できたりしますか?) B: Yes, I would be happy to. (はい、喜んで。 ) Understood. 了解しました。 受け身形を使い、相手の発言内容をしっかり受け止めたことを伝えているんですね! A: You will have to contact him directly in order to get a deal. (契約を取るためには、彼に直接コンタクトを取らなくてはいけないようですね。 ) B: Understood. I will make an appointment right away. (了解しました。 今すぐ約束を取り付けます。 (ご依頼を了解しました。 ) I have received your correspondence. 貴信 了解しました。 しかし現在ではメールなどの通信手段に対しても使われます。 送られてきた内容を受け取ったことを相手に伝えたい際、メールに記載できるフレーズです! 一回のメールに対してのみでなく、「やりとり」にフォーカスを置いているのがポイント!広い意味で使うことができます。 シンプルにこの言い方でもOK。 I have received your message. (貴信了解しました。 ) 「受け取った」という意味では、他にもこんな英語フレーズがオススメ。 I have received your document. (資料を受け取りました。 ) スポンサーリンク 気をつけるポイント 最後に、「了解しました」の英語表現を使う上で、知っておきたいポイントをお伝えします! 「了解しました」の訳は1つではない! 日本語では様々なシチュエーションで「了解しました」を使うことができます。 しかし同じような感覚で、英語でも1つの表現で様々な場面に対応できるとは限りません! そのため、「了解しました」の表現にあたる英語フレーズは、その都度状況に合わせて言い方を変えていく必要があります。 1つの英語表現だけを覚えるのではなく、場面ごとに使い分けができるよう、色々レパートリーを用意しておきましょう! 実はカジュアルな「了解しました」の表現に注意! 一般的に「了解しました」の英語訳と知られているフレーズはいくつかありますが、その中には仲の良い友達間でしか使われないようなカジュアルなものも多く存在します。 何も考えず「これも了解って意味なんだ」という気持ちで、そのまま上司に使ってしまうと大変なことに!知らない間に「了解っすー」のようなニュアンスで返答をしていることになりかねません。 「了解しました」という気持ちをしっかり伝えようとするあまり、つい連発してしまうのかもしれません。 「構わない」という許可を出しているような意味合いが強いので、部下が上司に対して何回も使うのは不適切になってしまいます。 そもそも同じワードを繰り返すのも、印象が悪いですよね。 イライラしていたり、相手を急かしているようなイメージで見られてしまうかも…。 しかしこれは無線を使ったコミュニケーションで言われる言葉なので、あまり職場で交わされる英語ではありません!軍隊等のイメージが強くなります。 これは社内の同僚間で主に使われる表現で、「メモしておくよ」や「今後も覚えておくよ」といった意味合いで使われます。 おわりに いかがでしたか? 今回は上司に対しても使える、丁寧な「了解しました」の英語フレーズをご紹介しました! 「了解」は非常に便利な日本語であるため、使えるシチュエーションが幅広いもの。 しかもカジュアルからフォーマルなシチュエーションでも使えてしまうので、英語訳を考える際に逆にやっかいなものです。 その時の状況や使い相手を見極め、一番適切な英語フレーズを使えるよう頑張ってくださいね!.

次の

ビジネスメールで使える!「分かりました」「了解しました」の英語フレーズ!

について了解しました 英語 メール

LEARN 英語で敬語の「了解しました」や「わかりました」「承知しました」はどう表現する?具体的な英文例で説明• ビジネスシーンにおいて、相手の意見に賛成したり、承諾の返事をすることは多々あります。 口癖のように"OK. "や"All right. "ばかり使っていませんか?上司や取引先との会話で敬語がうまく使えずに失礼になってしまった経験のある方もいるかもしれません。 適切な言葉選びでビジネスをスマートに成功させたいですよね。 今回は、「了解しました」や「わかりました」「承知しました」をシーンに合わせて使い分けられるように、お役立ちフレーズを紹介します。 賛成や同意を表現する英文例 フォーマルな場合の英語表現 ビジネスシーンで賛成や同意の気持ちを伝えるときに"OK. "や"All right. "を使うのは避けたほうが良いでしょう。 上司や取引先との会話では"Of course. "(もちろん)や"Sure. "(承知しました)を使ってみましょう。 また、相手の意見への同意を伝えるときは"I agree with you. "や"I agree to your proposal. "が使えます。 "with"は人や考えなどの名詞、"to"は提案・要求などの名詞の前におきます。 Of course. 承知しました。 Sure. もちろん、了解です。 I agree with you. あなたに賛成です。 I agree to his proposal. 彼の提案に同意します。 関連記事: 内容理解、把握したときの英文例 カジュアルな場合の英語表現 "I got it. "(わかった)は、日常の会話の中でよく耳にする口語表現です。 家族、友達同士や同僚に使う表現で、くだけた印象の言い回しです。 上司や取引先との会話には向きません。 このフレーズの発音は"got it"のtが母音のoとiに挟まれた形になり、米語ではtがr音化します。 itのiがr音化したtとリンキング(音と音がくっつくこと)して、「ガリッ(ト)」のように聞こえます。 主語の"I"が省略されて"Got it. " となることもあります。 カジュアルな会話では"All right. "を使うこともいいでしょう。 ただし言い方によっては相手に興味がないように聞こえてしまうので、気を付けましょう。 I got it. わかった。 All right. わかりました。 わかりました。 いいよ。 フォーマルな場合の英語表現 "I understand. "は「了解しました」と訳します。 "understand" 理解する)が使われているので、「相手の言っていることを理解して了解する」というニュアンスが含まれています。 "は海外ドラマでよく登場する表現です。 「了解」と訳しますが、この表現は上司から指示を受けたときの返答によく使われます。 「了解しました。 今やっています。 」今ちょうど取り掛かろうとしているというニュアンスを加えることができます。 "Copy that. "も同じく海外ドラマに登場する表現です。 「了解」という意味の言葉です。 "copy"は無線用語の「受信する、〇〇が聞こえる」から「了解」という意味でネイティブに使われるようになりました。 I understand. 了解しました。 了解しました、今やっています。 Copy that. 依頼内容を把握し受け入れたときの英文例 カジュアルな場合の英語表現 "No problem. "は日常英会話の中でとてもよく使われる表現です。 ちょっと頼まれ事をしたときの返事として使われます。 例えば「ちょっと手伝ってくれる?」 Can you help me? と聞かれたときに「わかった!いいよ」 No problem. といった感じでカジュアルに使えます。 直訳の「問題なし」から「大丈夫ですよ」という印象の表現です。 カジュアルな表現なので上司に使うのは失礼になります。 "You got it. "はファーストフード店やカジュアルなレストランでよく使われる表現です。 オーダーをしたときに「かしこまりました」「注文を承りました」という意味で使われます。 例えば、お客さまが"Can I have another cup of coffee? "(コーヒーのおかわりをもらえますか?)と聞きます。 それに対してウエイターは"You got it. "(かしこまりました)と答えます。 「あなたはコーヒーを手に入れたよ、私が持ってきますよ」というイメージです。 ただし"You got it? "語尾を上げて発音してしまうと「あなた分かってる?」というまったく違う意味になってしまいます。 イントネーションには注意しましょう。 No problem. 了解です。 You got it. かしこまりました。 フォーマルな場合の英語表現 フォーマルなシチュエーションでは"You got it. "を使うと、場違いな感じがしてしまいます。 "Certainly. "や"Of course. "のほうが多く使われています。 "Absolutely. "(まったくその通り)や"Definitely. " 確かに/まったくその通り もフォーマルなシーンで使われる表現です。 "Sure. "と"Sure thing. "は「もちろん/了解しました。 」という意味です。 どちらも意味に大きく違いはありませんが、 ネイティブスピーカーの中には、" Sure thing. "のほうがより丁寧に聞こえるという人もいます。 "Sure thing. "は主に米国で使用されています。 "は「喜んで」という感情を込めた表現で、「依頼を喜んで承ります」というニュアンスです。 さらに"happy"を"more than happy" にすることで、喜びの感情をより強く表現することができます。 Certainly. 承知いたしました。 Absolutely. かしこまりました。 Sure. もちろん。 喜んで飲みに行きます。 関連記事: やったことを確認したときの英文例 カジュアルな場合の英語表現 ここでは、相手のやったことを確認したときに使う表現を見ていきましょう。 「メールの件、了解しました」等、相手の行動への対応やお礼を伝える表現です。 Did you get the e-mail I sent to you yesterday? 昨日の私が送ったメールを受けとってくれた? I got it! Thanks! 受け取ったよ!ありがとう! "I got it. "は友達同士のカジュアルな会話で使えます。 Noted with thanks. 了解しました。 ありがとう。 "noted"は「(あなたのメールは)注目されました」というニュアンスから「確認しました/了解しました」という意味になります。 この表現はフォーマルなライティングのみで使われます。 フォーマルな場合の英語表現 ではよりフォーマルなビジネスシーンで使える表現を見ていきましょう。 I have received your e-mail. Thank you. メールの件、受け取りました。 /メールの件、了解しました。 ありがとう。 "acknowledge(認める)"は一番フォーマルでかたい表現です。 I acknowledge the schedule. スケジュールについて承知しました。 "Thank you for ~"を使って、相手の行動に対して感謝の気持ちを表現すれば、相手の行動を了解しつつお礼を述べている気持ちが伝わり、より良い印象を与えることができるでしょう。 Thank you for your inquiry. We will get back to you as soon as possible. お問い合わせの件ありがとうございます。 /お問い合わせの件了解しました。 できるだけ早くお返事します。 関連記事: 「了解」にもたくさんのパターンがある いかがでしたか?「了解」「わかりました」や「承知しました」と伝える方法はたくさんあります。 単純に英語を「了解」と置き換えるのは簡単ですが、相手に伝える際に適切な言葉を選ぶようにしましょう。 表現に一言プラスするだけでより丁寧な文章になります。 また、同じ単語でも声のトーンや言い方一つで相手に与える印象が変わり、自分の気持ちをより伝えることができます。 相手の行動を受けて賛同の意思を伝えることはビジネス上とても大切なので、例文を参考に表現のパターンを覚え、コミュニケーション力を向上させましょう。 この記事をシェアする•

次の