キリン 退職。 これで解決「やる気のないオジサン」問題 黒字企業の早期退職募集が大流行するぞ!(城繁幸): J

キリンの45歳以上早期退職の理由や学べること【最高益でリストラ】

キリン 退職

あがり目なし! 激増するヒラ社員の将来は...... 黒字企業にリストラを決断させる理由は、二つある。 まず、年功序列制度の形骸化が進み、40代以降でも役職のないヒラ社員が激増したことだ。 大卒者の6割以上がすでに万年ヒラ社員とのデータもあるほど。 彼らにはベースアップや出世という「あがり目」はもうないから、自然とモチベーションが低下して、現状に甘んじるようになる。 これは彼らが悪いのではなく、そうしたカビの生えたような人事制度をいつまでも使い続ける企業が悪いのではあるが、とにかく企業にとって「やる気のないオジサン」問題は喫緊の課題といっていい。 むしろ、余裕のあるうちに彼らを減らし、優秀な若手を囲い込めるような柔軟な人事制度に切り替えようというのが、現在のリストラの主要な理由の一つと言っていいだろう。 そして二つ目は、政府が社会保険料の引き上げや雇用延長を通じて、社会保障のツケを企業に丸投げし続けている点だ。 たった2%上げるだけで大騒ぎの消費税と違い、社会保険料は企業負担分も含めこの20年間ほぼ一貫して上がり続けている。 これから昇給する若手なら(本人は迷惑だろうが)昇給分を削れば済むからいいが、もう昇給しきっている中高年の社会保険料アップは企業には強い負担感だけが残る。 加えて、すでに政府は70歳までの雇用維持を企業に努力目標として課す方針を明記している(高年齢者雇用安定法改正案)。 60歳定年も65歳雇用の際もそうだったが、努力はやがて義務化される。 「やる気のないオジサン」を70歳まで押し付けられるのなら、そうなる前に少しでも数を減らすしかない。 それが黒字リストラの二つ目の理由である。 要するに、雇用や社会保障で社会が企業に頼りすぎた結果、企業が中高年の流動化に手を付け始めたということだ。 オジサンが早期退職を前向きに検討すべき理由 従来、こうした早期退職募集については「40歳を過ぎてから転職しても条件が下がるだけだから、しがみつくほうがトクだ」的な慎重論が多かったように思う。 だが、筆者は以下の二つの理由から、対象となった人には前向きに検討することをオススメしたい。 ・会社に余裕のあるタイミングでの早期退職募集は好条件だから 経営危機に際した企業の文字どおりのリストラと違い、黒字リストラにおける早期退職は相対的にかなりの好条件だ。 おそらく会社都合での退職金に加え、年収に2年分以上が加算されるはずだ。 企業にもよるが手厚い転職支援プログラムがセットになっていることも多い。 働き手不足による空前の売り手市場も考慮すれば、十分検討に値するだろう。 ・まだまだ人生、先が長いから 二つ目は、諦めてしがみつくには、人生まだまだ先が長いためだ。 そもそも先の「会社にしがみつく」というのは、90年代以前の定年55歳時代の戦略だ。 百歩譲って60歳定年なら機能した戦略かもしれない。 たとえば50歳からの10年を懸命に耐え忍べば、60歳からの第二の人生を充実したものとすることもできたろう。 だが65歳、ましてや70歳まで働くとなると話は別だ。 この先15年や20年も耐え忍ぶのなら、カラダが動くうちにやりたいことにチャレンジすべきなのは明らかだ。 もはやリタイヤ後に第二の人生などはなく、あるのは唯一、今生きているこの人生だけなのだから。 というわけで、これから黒字にもかかわらず、大規模な早期退職の募集や異業種への配置転換といった「リストラ」が大流行するだろうが、とりあえず誰でも一度は前向きに検討してみるべきだというのが、筆者のアドバイスである。 (城繁幸).

次の

過去最高益のキリンがリストラ実施。好況時のリストラの特徴と対応

キリン 退職

は5日、45歳以上の社員を対象として希望退職者を募集すると発表した。 対象となるのは現時点で生産本部に所属する社員を除く、4月1日時点で45歳以上かつ勤続5年以上の社員。 同社が希望退職者を募集するのは初めてという。 3月11日から28日まで募集し、6月末での退職を予定する。 対象人数は全従業員の4割に当たる約1600人。 応募者には通常の退職金に加算して割増退職金を支給する。 希望者には再就職も支援する。 大型の新薬候補に乏しいとの指摘もあり、創薬に経営資源を振り向けるため、選択と集中を加速する。 国内では早期退職を実施する製薬会社が相次ぐ。 は創業以来初の募集に948人が応募。 も600人、も100人程度を募集している。

次の

【随時更新】令和突入後の大企業のリストラ・人員整理一覧|仕事の悩みに、仕事カフェ

キリン 退職

「キリンが過去最高益なのに早期退職を募集?」 「なぜキリンが45歳以上の早期退職を募集しているの?」 過去最高益を記録しているキリンですが、2019年10月1日から早期退職を募集するらしく、各界に衝撃がはしりました。 というのも、早期退職というのは業績が悪化している際に行われるものであり、過去最高益の業績を記録した企業が早期退職に取り組むのは、極めて珍しいからです。 キリンが早期退職する理由は、酒税の構造が変わることに対応するためと、組織の若返りで、利益が上がっている産業に注力するためでしょう。 もはや最高益でも早期退職が募集されることを考えると、会社に依存するのは得策ではありません。 今後は一人ひとりが労働市場において価値を持ち、多くの企業から求められる人材になるか、自分の力で稼いでいく力が必要になるでしょう。 今回は、キリンの早期退職の原因と学べることを解説します。 この記事で学べることは?• 過去最高益でも早期退職をしたキリンの対象者が学べる• キリンが早期退職をした原因が学べる• 会社に依存することが恐ろしい理由が学べる キリンが過去最高益でも早期退職を募集した? 2019年キリンHDが早期退職を募集して衝撃が走りました。 というのも、過去最高益にも関わらず45歳以上の早期退職に取り組んだからです。 ダイヤモンドの記事によると下記のとおりです。 キリンホールディングス(HD)と傘下のキリンビールが45歳以上の社員を対象に早期退職の募集を行うことがダイヤモンド編集部の調べで分かった。 10月1日から受付を開始し、希望者に面談を行い、11月末に確定する見込みだ。 「今回の目的は、要するにバブル入社組の処理。 50代でも部下を持たない人間が多く、明らかにターゲットは彼らだ」(キリンビール社員)と明かす。 引用: キリンHDが取り組んだ早期退職は一体どのようなものなのでしょうか? 45歳以上のホールディングスとビールの社員が対象 キリンHDが取り組んだ早期退職は45歳以上が対象です。 45歳以上というと、45歳〜55歳が想定されますので、バブル入社組が対象なのです。 45歳以上を対象とした早期退職は年々増えています。 ついに、キリンHDも早期退職を始めたのか…とう感じです。 募集枠は無制限 早期退職の希望の募集ですが、 今回の早期退職には上限となる枠は設けません。 早期退職に募集してきた人は無制限に退職に応じるようです。 早期退職の募集枠を無制限に設定する場合は、退職を希望する人員が少ないと予想しているのがわかります。 キリンが早期退職した理由 一般的に早期退職を募集する理由はいくつかあります。 組織を若返らせるためとか、業績が悪化したとかです。 しかし、どうやらキリンが早期退職をする理由は将来的な業績悪化を見据えたコストカットという印象が強いです。 を資料をもとに分析してみましょう。 業績は過去最高益なので関係ない「ここ3年でも利益はトップ」 早期退職をする際には、真っ先に原因として上がるのは、業績悪化です。 業績が悪化して利益が出なくなれば、事業を持続していくためにもコストカットの正当性が立つからです。 しかしながら、キリンが発表している業績ハイライトを見ると、直近3年間は売上も安定して伸びており、利益3年間で最高益ということがわかります。 つまり、 業績が悪化したからのリストラという一般的なリストラとは違うことがわかります。 理由は組織の若返りと言われているが… 業績悪化が原因ではないとしたら、早期退職の理由はなんでしょうか? 時事ドットコムの記事によると今回の早期退職は若返りを図ると言われています。 キリンホールディングスは27日、同社と傘下のキリンビールで45歳以上の管理職を対象とする希望退職を募集すると明らかにした。 人数の枠は設けず10月から11月末まで募集する。 足元の業績は好調だが、若返りを図って組織力の強化を狙うとともに、管理職にライフプランの再考を促す。 引用: キリンは若返りを図った組織の強化を狙うと書かれていますが、ここで業界各社の平均年齢を見てみましょう。 2019年の業界各社の平均年齢は下記の通りです。 キリン:41歳• アサヒ:43歳• サッポロ:46歳• サントリー:40歳 サッポロが突出して年齢が高いですが、それ以外の企業は平均年齢が横並びと言えます。 競合他社と比較しても若返りというわけではなく、キリンが若返りが必要だから早期退職を募ったという形です。 ある意味業界の中でも先進的な動きだということがわかります。 もしも、 キリンが若返りを経て業績を向上させたら、業界各社も早期退職を募集する可能性が高そうです。 ビールの利益成長率が今後も落ちると予想しているから 今回の早期退職の対象はキリンホールディングスとキリンビールと言われています。 なぜ、キリンビールも対象なのかと言うと、決算資料を見ると明らかに売上が下がっていることがわかります。 ビール・発泡酒の売上は前年比7%ダウンです。 ビールの市場規模が1%程度のマイナスなのに、それ以上の売上の低下は厳しいものがあります。 ただ、新ジャンルが15%増と売上を伸ばしている関係で、全体的に見るとビール累計で見るとプラスの成長をしています。 しかし、 今後ビールに関する酒税が変更になっていくため、増税により消費者の買い控えが起こり、新ジャンルも厳しくなっていく可能性が高いです。 また、ビール以外で早期退職を募集しないのは、恐らく下記の理由からでしょう。 海外事業:成長のポテンシャルがまだまだある• 飲料:安定した売上を上げており税金も変わらないから• ヘルスケア・バイオサイエンス:少子高齢化で今後注力していくから 通期業績予想を見ると、海外の売上や医薬品の売上が伸びていることがわかります。 そのため、組織を若返らせるという理由で行われている早期退職ですが、 今後は海外や医薬品部門に注力する可能性が高いです。 キリンの早期退職から学べること「会社への依存は避ける」 キリンの早期退職は、 税制の変化や社会構造の変化に対応するための構造改革と見ることができます。 会社が過去最高益の業績を上げたとしても、会社が生き残っていくためには、少子高齢化や酒税の改革に適応していく必要があるでしょう。 特に、ビール事業部は昔からある事業部でもあるので、 社員も高齢化していることが予想されます。 そのため、企業にとっては業績が良い時期から、徐々に組織の若返りを図り、人件費などのコストカットを図ることで、増税により厳しい戦いが予想されるビール事業で利益をだせる体制を構築していくのでしょう。 企業の理屈もよくわかりますが、重要なのは、こういった時代の変化に個人も対応していく必要があるということです。 もはや、終身雇用の時代なんて存在せず、企業の構造改革に社員が翻弄される時代が来ます。 会社だけでしか通用しないスキルで依存している場合、45歳以上の早期退職の募集がかかるとターゲットになる可能性もあるでしょう。 できることなら、労働市場における個人の価値を高め、どの企業からも求められる人材となり、自分で稼いでいく力も身につけていきたいところですね。 以上、キリンの45歳以上早期退職の理由や学べること【最高益でリストラ】を解説しました。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 理想の働き方を勝ち取る攻略法とは? 「年収を上げたい」「働き方を変えたい」と悩んでいるなら、転職市場と常にアクセスを持っておかなければ、理想の働き方を勝ち取ることができません。 特に大企業で働き残業などで消耗している方は、たとえ自分の年収に満足していても、 他の求人や外資系などの職種まで幅広く知っておけば、企業と交渉する余地が分かり、待遇改善を考えるチャンスとなります。 理想の働き方、待遇改善は会社に任せず、自分の力で勝ち取る必要があるのです。 理想の働き方を勝ち取るためには、下記のような情報収集が大切でしょう。 年に1回エージェントと面談して自分の市場価値を知っておく• 常に求人情報を閲覧しておく そのため、幅広く転職エージェントに登録して、情報を収集しておくのがおすすめです。 自分に適切な年収を知ろう! 自分の適切年収がどの程度なのかを知っておけば、現状の年収が高いか低いかの判断ができます。 自分の市場価値を知るMIIDASの年収測定をすれば、統計データから自分の社歴や能力でどの程度のオファーが来ているのかを知ることが可能です。 登録無しで無料でできるので、一度やって見るだけでも面白いでしょう。 リクルートエージェントが提供しているグッドポイント診断であれば、登録すれば無料で有料級の自己分析ツールが使えます。 登録自体は無料なので、これから履歴書を書く人はグッドポイント診断を行ってみると良いでしょう。

次の