プー と 大人 に なっ た 僕 英語。 【プーと大人になった僕】たった5分で復習 観る前に知っておきたい予習

映画『プーと大人になった僕』 子供向け?大人向け?子連れで観に行ってきました!商品情報も!

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

あらすじ 出典: 少年時代を100エーカーの森で過ごしたクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)。 彼がくまのプーとその仲間たちと別れてから数年が経過していた。 大人になったクリストファーはロンドンの旅行カバン会社に勤めるサラリーマン。 所帯ももっていた彼は、週末に家族旅行を計画。 しかし急に大きなプロジェクトを任されてしまい、自分だけは残って仕事をすることに。 妻は納得してくれたものの、旅行を楽しみにしていた娘からは猛反発。 疲れた表情で公園のベンチで休んでいたクリストファーだったが、そこで偶然にもくまのプーと再会する。 スポンサーリンク 「プーと大人になった僕」の心に響く名言・名台詞 出典: 100エーカーの森での楽しい日々から時は経ち、すっかり大人になったクリストファー・ロビン。 そこへひょっこりと現れたくまのプーが、クリストファーに様々な言葉を語り掛けます。 それは大人になったクリストファーにとって、ハッとするようなものばかり。 子供の頃は何とも思わなかったプーの純粋な言葉が、重くのしかかってきます。 「本当に大切なものは何か」を思い出させてくれる、プーやその仲間たち、そしてクリストファーの名セリフを紹介していきます。 いたことのある場所に戻るんじゃなくて。 」 出典: 100エーカーの森が突如霧に覆われて、仲間を見失ってしまったプー。 このまま自分の家で待っているか、仲間を探すため先に進むか迷ったときの彼のセリフです。 のんびり屋に見えるプーから出た思わぬ言葉に心を打たれます。 決断を迫られたとき、なかなか一歩が踏み出せずつい安全な道を選んでしまうことも多いですよね。 そんなときに 私たちの背中をそっと押してくれる 、プーの勇気をくれる言葉です。 」 1つ前に紹介したものと逆説的な言葉ですが、こちらはプーがクリストファーに向けた言葉です。 自分には「前に進まなきゃ」と厳しい言葉で鼓舞し、クリストファーには「焦らなくていいよ」と優しい言葉をかける、プーの優しさに泣けます。 」 駅の売店で風船を見つけたプーは、クリストファーに風船が欲しいとねだります。 必要ないだろう、とクリストファーに断られてしまいますが、「必要ないけど、欲しいんだ。 」「持っているだけで幸せになれるよ。 」とプーは続けます。 駄々っ子のようなプーのかわいらしい姿ですが、 理屈ではない彼のシンプルな言葉 がとても魅力的に感じられます。 物事の価値は、 自分の心を幸せにする ということだけで十分なのかもしれません。 」と言って去ろうとします。 そこへプーが投げかけたのがこの言葉。 「仕事っていうのは本当に大切なものを犠牲にしてまで優先することなの?」というプーの純粋な疑問。 ついつい働き過ぎてしまう私たちにとって、グサリと胸に刺さる言葉です。 他の乗客に話しかけようとするプーに、クリストファーは「人は自分と違うものが好きじゃない。 今は黙っていてくれ。 」と言います。 その時にプーが返したのがこの言葉。 プーからすれば 今の自分の姿は、自分そのもの。 それを否定することは自らを殺すことに他なりません。 当たり前のようでつい忘れてしまいがちな、 「自分でいること」 の大切さを思い出させてくれる言葉です。 」と話します。 しかし肝心の娘とは離れ離れで自分は仕事中。 そんなクリストファーにプーが投げかけた言葉です。 クリストファーが仕事に励むのも、すべては家族のため。 それなのにいつの間にか、その頑張りが必ずしも家族の幸せには繋がっていなかったのです。 大切な人と一緒にいる。 プーにとっては当たり前のことですが、それこそが今の私たちには必要なことなのかもしれません。 今やっていることを聞かれたクリストファーは、自分が務めている会社のことを話します。 それに対して出たプーの質問が、この言葉。 しかしプーからすれば、 会社とか同僚とかの前に、友達であるかどうか を考えているのです。 仕事となるとついつい他人との距離を置いてしまいがちですよね。 そんな彼に、森の仲間たちはこう言いました。 「できるよ!」「だって、クリストファー・ロビンだもん!」 どういう根拠だっ!と思わずツッコんでしまいたくなりますね(笑)。 しかし仲間たちにとっては、 子供とか大人とかは関係なく、クリストファーはクリストファーのまま ということなのでしょう。 一歩を踏み出す勇気が出ないとき、「自分は自分だ!」という 根拠のない自信 を持つことも大切なことですね。 プーとその仲間たちとの再会によって、 彼は本当に大切なものを思い出したのです。 仕事ばかりさせて大切な家族のことを忘れさせる上司は、まさに 魔物のような存在 ということです。 観ている私たちもスカッとする、彼の名セリフです。 実はこのセリフは、幼少期のクリストファーがプーに送った言葉でもあります。 大人になった今、子供の頃の自分の言葉がそのまま返ってきたのです。 忙しい毎日に、ほっと一息を付かせてくれる言葉ですね。 まとめ 以上、「プーと大人になった僕」に登場する名言・名台詞を紹介しました。 大人になった今だからこそ心に響く、名台詞ばかりでしたね。 自分もクリストファーのように変わりたい、そう思った方も多いのではないでしょうか。 でも焦る必要はありません。 時にはひと休みすることも大切です。

次の

話題の映画!「プーと大人になった僕」から学ぶ英語表現いろいろ

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

この映画のあらすじ 簡単にあらすじを述べると、主人公 クリストファーロビンは仕事で行き詰まりなんとか状況を打開しようと残業、休日出勤までして必死にもがいていた。 しかし、どんなにあがいても解決策は見つからず途方にくれていたときにプーと再開。 プーと再開してから大人になって忘れてしまった大切な事に気づかせてもらう。。。 というようなハートフルなストーリーである。 この映画の見どころは以下の2つの名台詞に集約される。 私はこの映画を見て特に以下の 2つのセリフに非常に共感したと同時に、私が休職したことに対してこの映画を見ることで多少なりとも救われた気持ちになった。 「何にもしないって最高の何かにつながることなんだ」• 「僕は風船を持っていると幸せな気持ちになる」 セリフその1:「何にもしないって最高の何かにつながることなんだ」 休職中の方、頑張りすぎて空回りしている方にはこの言葉は目から鱗なのではなかろうか? 私は休職する前は、ひたすらがむしゃらに働き 100 時間を超える残業と職場のパワハラに耐えてきたのだが、あるときポッキリと心が折れて休職した過去がある。 そこではじめて 何もしないをことを経験した。 休職中よく考えていたのははみんな頑張ってる中自分だけ何もしないという罪悪感であった。 しかし、復職して今になって思うのは、あの何もしなかった時期は私の人生の中で必要なことだったということである。 こうした経験をしたからこそ、プーが言っていた 「何もしないことが最高の何かにつながることなんだ」というセリフが心に染みたのだ。 そして、休職したからこそ何か良いことがきっとあると 前向きにさせてくれる。 世の中目に見えないところで本当にもがき苦しんでる人は多いだろう。 そんな人にはぜひこの映画を見ていただきたい。 このセリフをあの無垢で可愛いキャラが発言しているのを見るだけで救われるのだ。 セリフその2:「僕は風船を持っていると幸せな気持ちになる」 続いて、私が共感した言葉がこのことばである。 私は常々思うのだが 仕事とはロマンなのではないか。 地位や名誉、金を追い求めると苦痛が待っている。 逆に地位や名誉、金を求めず 仕事にロマンを追い求めることは人間の幸福につながると思う。 私は、休職することで出世競争から事実上リタイアした(と思っている)。 休職当初はちょっとした絶望感も感じた。 そして、その時に仕事の意味について悶々と考えることでたどり着いた答えの一つとして、仕事はロマンなのではないだろうか?ということなのだ。 それが人にとって何の価値も無い無意味なことであっても、やっているだけで幸せを感じる。 そんな仕事につけたら地位や名誉、金への執着も無くなるのではないだろうか。 趣味の世界も同じである、車、バイク、フィギア集め、プラモ作成、カフェ巡り、、、自分の趣味に没頭しているときは周りなんてどうでも良い、ただただ自分が幸せな気持ちになる。 誰に理解されなくても自分でわかっていればそれでいい。 風船なんぞなんの役にも立たない。 しかし、持っているだけで幸せな気持ちになれる。 これと同じことが言えるのだ。 どんな仕事も突き詰めれば何の意味もない。 そこに意味を見出すのは自分なのだということを改めて気づかせてくれた。 そんな素敵なセリフなのである。 まとめ 「プーと大人になった僕」は間違いなく大人でも楽しめる映画だ。 見どころは上記で私が述べた点以外にまだまだ沢山ある。 ので是非劇場で鑑賞していただきたい。 例えば、町並みや風景、天気など本当にイギリスを忠実に再現している(そのため全体的に暗いイメージになっているのだが、、、)そうした点やファッションについても中々渋くてカッコイイ。 とにかく素晴らしい映画なので是非見ていただきたい。 おわり.

次の

プーと大人になった僕が伝えたかったメッセージ【感想ネタバレ】

プー と 大人 に なっ た 僕 英語

あらすじ 出典: 少年時代を100エーカーの森で過ごしたクリストファー・ロビン(ユアン・マクレガー)。 彼がくまのプーとその仲間たちと別れてから数年が経過していた。 大人になったクリストファーはロンドンの旅行カバン会社に勤めるサラリーマン。 所帯ももっていた彼は、週末に家族旅行を計画。 しかし急に大きなプロジェクトを任されてしまい、自分だけは残って仕事をすることに。 妻は納得してくれたものの、旅行を楽しみにしていた娘からは猛反発。 疲れた表情で公園のベンチで休んでいたクリストファーだったが、そこで偶然にもくまのプーと再会する。 スポンサーリンク 「プーと大人になった僕」の心に響く名言・名台詞 出典: 100エーカーの森での楽しい日々から時は経ち、すっかり大人になったクリストファー・ロビン。 そこへひょっこりと現れたくまのプーが、クリストファーに様々な言葉を語り掛けます。 それは大人になったクリストファーにとって、ハッとするようなものばかり。 子供の頃は何とも思わなかったプーの純粋な言葉が、重くのしかかってきます。 「本当に大切なものは何か」を思い出させてくれる、プーやその仲間たち、そしてクリストファーの名セリフを紹介していきます。 いたことのある場所に戻るんじゃなくて。 」 出典: 100エーカーの森が突如霧に覆われて、仲間を見失ってしまったプー。 このまま自分の家で待っているか、仲間を探すため先に進むか迷ったときの彼のセリフです。 のんびり屋に見えるプーから出た思わぬ言葉に心を打たれます。 決断を迫られたとき、なかなか一歩が踏み出せずつい安全な道を選んでしまうことも多いですよね。 そんなときに 私たちの背中をそっと押してくれる 、プーの勇気をくれる言葉です。 」 1つ前に紹介したものと逆説的な言葉ですが、こちらはプーがクリストファーに向けた言葉です。 自分には「前に進まなきゃ」と厳しい言葉で鼓舞し、クリストファーには「焦らなくていいよ」と優しい言葉をかける、プーの優しさに泣けます。 」 駅の売店で風船を見つけたプーは、クリストファーに風船が欲しいとねだります。 必要ないだろう、とクリストファーに断られてしまいますが、「必要ないけど、欲しいんだ。 」「持っているだけで幸せになれるよ。 」とプーは続けます。 駄々っ子のようなプーのかわいらしい姿ですが、 理屈ではない彼のシンプルな言葉 がとても魅力的に感じられます。 物事の価値は、 自分の心を幸せにする ということだけで十分なのかもしれません。 」と言って去ろうとします。 そこへプーが投げかけたのがこの言葉。 「仕事っていうのは本当に大切なものを犠牲にしてまで優先することなの?」というプーの純粋な疑問。 ついつい働き過ぎてしまう私たちにとって、グサリと胸に刺さる言葉です。 他の乗客に話しかけようとするプーに、クリストファーは「人は自分と違うものが好きじゃない。 今は黙っていてくれ。 」と言います。 その時にプーが返したのがこの言葉。 プーからすれば 今の自分の姿は、自分そのもの。 それを否定することは自らを殺すことに他なりません。 当たり前のようでつい忘れてしまいがちな、 「自分でいること」 の大切さを思い出させてくれる言葉です。 」と話します。 しかし肝心の娘とは離れ離れで自分は仕事中。 そんなクリストファーにプーが投げかけた言葉です。 クリストファーが仕事に励むのも、すべては家族のため。 それなのにいつの間にか、その頑張りが必ずしも家族の幸せには繋がっていなかったのです。 大切な人と一緒にいる。 プーにとっては当たり前のことですが、それこそが今の私たちには必要なことなのかもしれません。 今やっていることを聞かれたクリストファーは、自分が務めている会社のことを話します。 それに対して出たプーの質問が、この言葉。 しかしプーからすれば、 会社とか同僚とかの前に、友達であるかどうか を考えているのです。 仕事となるとついつい他人との距離を置いてしまいがちですよね。 そんな彼に、森の仲間たちはこう言いました。 「できるよ!」「だって、クリストファー・ロビンだもん!」 どういう根拠だっ!と思わずツッコんでしまいたくなりますね(笑)。 しかし仲間たちにとっては、 子供とか大人とかは関係なく、クリストファーはクリストファーのまま ということなのでしょう。 一歩を踏み出す勇気が出ないとき、「自分は自分だ!」という 根拠のない自信 を持つことも大切なことですね。 プーとその仲間たちとの再会によって、 彼は本当に大切なものを思い出したのです。 仕事ばかりさせて大切な家族のことを忘れさせる上司は、まさに 魔物のような存在 ということです。 観ている私たちもスカッとする、彼の名セリフです。 実はこのセリフは、幼少期のクリストファーがプーに送った言葉でもあります。 大人になった今、子供の頃の自分の言葉がそのまま返ってきたのです。 忙しい毎日に、ほっと一息を付かせてくれる言葉ですね。 まとめ 以上、「プーと大人になった僕」に登場する名言・名台詞を紹介しました。 大人になった今だからこそ心に響く、名台詞ばかりでしたね。 自分もクリストファーのように変わりたい、そう思った方も多いのではないでしょうか。 でも焦る必要はありません。 時にはひと休みすることも大切です。

次の