おん か か かび さん まえ いそ わか。 お地蔵さまの真言 おんかかかびさんまえいそわかにはどんな意味があ...

お地蔵さまの真言 おんかかかびさんまえいそわかにはどんな意味があ...

おん か か かび さん まえ いそ わか

三連休の中日の日曜日は、少し風はあるものの絶好の行楽日和。 今日は、 西新井大師へ出かけました。 いつも初詣にしか来たことないけれど、今日の境内では鯉のぼりが風にのって泳いでいます。 西新井大師では有名な 牡丹園がお目当てです。 出発前に見てきたお寺のブログによればもう盛りは過ぎたとのことでしたが、それでも色とりどりの大輪の花があちこちに咲いていました。 やっぱりこれくらいの淡いピンク色の花が好き。 その名も〈島大臣〉という品種の牡丹を見つけました。 島大臣という名の由来は、蘇我馬子から来てんのか? 権勢を誇った蘇我氏に相応しく、あたりを睥睨するような派手な赤い色の花です。 と思いきや、その傍では〈二上〉という品種の花がありました。 こちらは控えめなピンク色。 ああ、懐かしい奈良を思い出します。 本堂の外陣にも牡丹の鉢がたくさん並べられてありました。 これも本堂内にあった、真紅の牡丹。 強烈なまでの個性を感じる花の色が印象的でした。 参道沿いの出店の裏にひっそりと咲いていた白い花。 こでまり…かな?お地蔵さまの奥は、こぼれるように花咲く 藤棚です。 藤の花は、今まっさかり。 水面に紫の影を落とす藤の花藤の花の根もとでは…山門を入ったところにある 塩地蔵さん。 塩を奉納してお願いごとをします。 私もお願いをしてまいりました。 塩地蔵 ここに安置される地蔵菩薩は、江戸時代より特にいぼ取りその他に霊験ありと伝えられ御堂内の塩をいただきその功徳ある時、倍の塩をお返しするところから塩地蔵と申し諸人の信仰盛んなり。 ご真言 おんかーかーかびさんまえいそわか 西新井大師 総持寺境内の甘い誘惑。 りんご飴やさんにて。 (これはイチゴだったのだろうか?)西新井大佛名物、 草だんご。 山門前の参道に向かい合って清水屋さんと中田屋さんの二軒のおだんご屋さんがあり、いつ行っても試食を勧めるかまびすしい声が響いています。 今日、本堂前の石段のすぐ手前に車が何台も停めてあって驚きました。 ここ、車で入っていいの? それとも関係者の車とか、お祓いをするクルマなのかしらん。 ずっと昔、私の小さい頃、初詣には父の運転する車に乗って家族4人で来ていたものです。 今は妹は結婚して、母は病気がちで出歩けなくなり、そして父は死んでしまいました。 西新井大師の境内には、あちこちに家族の思い出がつまっています。

次の

28番37番40番

おん か か かび さん まえ いそ わか

日本でいう「お経」です。 マントラを唱えることで心身が浄化されていくと言われています。 音の響きやバイブレーションそのものが、心や体に波及し心身に力を与え、心の静寂をもたらします。 また皆で一緒に唱えることによっても一層効果が高まります。 神の名前やマントラは人が作ったものではなく、インドの古代の聖者達が修行を通して、瞑想により大宇宙から与えられた言葉なのです。 聖者達が得た深い世界と同じ体験を、後世の人々が得ることができるように、この世の苦しみから救われるようにと伝え残したものなのです。 人間は非常に複雑な要素を持った生き物です。 決して単純な生き物ではありません。 ところが、なかなかそれに気がつくことができないのです。 宇宙の物質は全てバイブレーションでできています。 人間の心は粗雑なバイブレーションでできているといわれています。 だから、いつも揺れ動いていて、汚れをどんどん溜めていくのです。 心をこねる、神の名を常に唱え、動物的本能を取り除き、神を受け入れる用意をすることが大切なのです。 神は遠いところにおられる訳ではないのですが、私たちの心が不純なために、それを感じることができないのです。 このゴミを洗い清めるのが、マントラです。 あなたが意識する、しないに関わりなくマントラを唱えることで、あなたの心は鈍化されていきます。 繰り返し唱えることにより、発電機が電気を起こすように、強いパワーを得ることができます。 あなたが信じるマントラでいいのです。 唱えれば、唱えるほど、神のモーターが働き、そのパワーが、あなたの動物的欲望を消していきます。 毎日、マントラを15分唱え、祈ることを習慣づけることによって、あなたの外に向かう感覚器官の働きは静まり、あなたは至福と平安を体験することができます。 自分は、この肉体だけではない、感覚だけではない、心だけではない、本来の自分と宇宙とのつながりに気がつきはじめるのです。 金剛界五佛 大日如来 だいにちにょらい おん あびらうんけん ばさら だどばん 阿閦如来 あしゅくにょらい おん あきしゅびや うん 宝生如来 ほうしょうにょらい おん あらたんのう さんばんば たらく 観自在王如来 かんじざいおう おん ろ けい じんば ら あらん じゃ きりく 不空成就如来 ふくうじょうじゅ おん あ ぼ きゃ しつ でい あく 胎蔵界五佛 大日如来 だいにちにょらい なう まく さ まんだ ぼだ なん あびら うん けん 宝幢如来 ほうどうにょらい なうまく さまんだ ぼだなん らん らく そわか 開敷華王如来 かいふけおう なうまく さまんだ ぼだなん ばん ばく そわか 無量寿如来 むりょうじゅ なうまく さまんだ ぼだなん さん さく そわか 天鼓雷音如来 てんくらいおん なうまく さまんだ ぼだなん かん かく そわか 十三仏真言・勤行仕様 不動明王 ふどうみょうおう のうまく さんまんだ ばざら だん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたらたかんまん 釈迦如来 しゃかにょらい のうまく さんまんだ ぼだなん ばく 文殊菩薩 もんじゅぼさつ おん あらはしゃのう 普賢菩薩 ふげんぼさつ おん さんまや さとばん 地蔵菩薩 じぞうぼさつ おん かかかび さんまえい そわか 弥勒菩薩 みろくぼさつ おん まいたれいや そわか 薬師如来 やくしにょらい おん ころころ せんだり まとうぎ そわか 観世音菩薩 かんぜおんぼさつ おん あろりきや そわか 勢至菩薩 せいしぼさつ おん さんざん ざんさく そわか 阿弥陀如来 あみだにょらい おん あみりた ていせい から うん 阿閦如来 あしゅくにょらい おん あきしゅびや うん 大日如来 だいにちにょらい おん あびらうんけん ばさら だどばん 虚空蔵菩薩 こくうぞうぼさつ のうぼう あきゃしゃきゃらばや おんありきゃ まりぼり そわか 六観音 聖観音 しょうかんのん おん あろりきゃ そわか 十一面観音 じゅういちめんかんのん おん まか きゃろにきゃ そわか 千手観音 せんじゅかんのん おん ばざら たらま きりく そわか 如意輪観音 にょいりんかんのん おん はんどましんだまに じんばら うん おん ばらだはんどめい うん 馬頭観音 ばとうかんのん おん あみりとどはんば うん はっ た そわか 不空羂索観音 ふくうけんさくかんのん おん はんどまだら あぼきゃじゃやに そろ そろ そわか おん あぼきゃ びじゃや うん はった 准胝観音 じゅんていかんのん おん しゃれい それい そんでぃ そわか 五大明王 不動明王 ふどうみょうおう のうまく さんまんだ ばざら だん せんだ まかろしゃだ そわたや うんたら た かんまん 降三世明王 ごうざんぜみょうおう おん そんば にそんば うん ばざら うん はった 軍茶利明王 ぐんだりみょうおう おん あみりてい うん はった 大威徳明王 だいいとくみょうおう おん しゅちり きゃらろは うん けん そわか 金剛夜叉明王 こんごうやしゃみょうおう おん ばざらやきしゃ うん その他明王 愛染明王 あいぜんみょうおう おん まからぎゃ ばぞろうしゅにしゃ ばざらさとば じゃくうん ばん こく 孔雀明王 くじゃくみょうおう おん まゆらきらんでい そわか 大元帥明王 だいげんすいみょうおう のうぼう たりつ たぼりつ はらぼりつ しゃきんめい しゃきんめい たら さんだん おえんび そわか 十二天 伊舎那天 いしゃなてん なうまく さまんだぼだなん いしゃなや そわか 帝釈天 たいしゃくてん なうまく さまんだばだなん いんだらや そわか 火天 かてん なうまく さまんだぼだなん あぎゃのうぇえい そわか 閻魔天 えんまてん なうまく さまんだぼだなん えんまや そわか 羅刹天 らせつてん なうまく さまんだぼだなん ぢりてぇい そわか 水天 すいてん なうまく さまんだぼだなん ばろだや そわか 風天 ふうてん なうまく さまんだぼだなん ばやべい そわか 毘沙門天 びしゃもんてん なうまく さまんだぼだなん べいしらまんだや そわか 梵天 ぼんてん なうまく さまんだぼだなん ぶらかんまねい そわか 地天 ぢてん なうまく さまんだぼだなん びりちびえい そわか 日天 にってん なうまく さまんだぼだなん あにちゃや そわか 月天 がってん なうまく さまんだぼだなん せんだらや そわか その他諸天 吉祥天 きっしょうてん おん まかしりえい そわか 弁財天 べんざいてん おん そらそばていえい そわか 摩利支天 まりしてん おん まりしえい そわか 聖天 しょうてん おん きりく ぎゃく うん そわか 拏吉尼天 だきにてん なうまく さまんだぼだなん きりか そわか 大黒天 だいこくてん なうまく さまんだぼだなん まかからや そわか 増長天 ぞうちょうてん なうまく さまんだぼだなん びろだきゃやきしゃ ぢは たえい そわか 持国天 じこくてん おん ちりたらしたら らら はらはたなう そわか 広目天 こうもくてん おん びろはたしゃ ながぢはたえい そわか 乾闥婆天 けんだつばてん おん びしゅだ さばら ばけいに そわか 韋駄天 いだてん おん ばざら けんだ そわか 緊那羅天 きんならてん おん かさなん びかさなん そわか 倶摩羅天 くまらてん おん ばざら けんたや そわか 上記以外の御真言 八大龍王 はちだいりゅうおう おん めいぎゃ しゃにえい そわか.

次の

好きな人のみている風景〜多田神社から満願寺〜|美禰子|note

おん か か かび さん まえ いそ わか

当山、1月のとっても大切な行事 初地蔵 23日〜24日に拘って、10年前から行ってます。 もう10年経ったんだな〜 @しんえい住職としては 夏の地蔵まつりや春のお施餓鬼とは違い 少人数でアットホームな法要にしたいと、、、心掛けています。 大人の寺子屋は空海さまの「人は本来、生まれながらにして仏である」という教えを基に参加者とキャッチボールをしながら進めていきますので、気軽にご参加下さい。 参加費は無料ですが、お賽銭をご随意でお願いしておりましす。 大人の寺子屋 by @しんえい 2012. 27 SUN 15:00〜 2012. 17(SUN)15:00〜 2012. 19(SUN)15:00〜 2012. 16(SUN)15:00〜 2012. 21(SUN)15:00〜 2012. 18(SUN)15:00〜 2012. タイマッサージはまるで2人でするヨガのように自然に体をほぐします。 その後チェンマイにてマッサージを勉強し始め、 アジアの旅を続けながらマッサージを習得し、 現在も日本・タイにてマッサージを追求しています! tomozo ヨ〜ガ教室@弘済寺 毎週水曜日 10:00〜12:00 田中太山さん(愛称:ぼうず) 和歌山県太地町生まれ。 同町観光大使。 職業:書画家。 師匠なし、流派なしの完全独学。 弟子:5人。 依頼作品数は5万点を越え現在も記録更新中。 ファンの中には芸能人やスポーツ選手、著名人の姿も少なくはない。 主に個展、書画制作、大作書道ライブペイント、講演会を中心に活動中。 メディアにも多数取り上げられ現在はラジオレギュラー番組3本と新聞雑誌等連載3本を受け持っている。 太山笑文字塾@弘済寺 どちらも お申し込み・お問合せは、.

次の