イルミナティ マスク。 イルミナティカードが予言した未来7つ

コロナパンデミックはスマートシティを作るために起こされた

イルミナティ マスク

イルミナティ・カードについて イルミナティ・カードは、1982年に発売されたカードで、ある絵が描かれています。 現在のトレーディングカードの走りなのです。 イルミナティは、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 各プレイヤーが、他のプレイヤーと争いながら自分の支配組織に小組織を取り込んでいき、一定数を支配したら勝ち、というもの。 ウキペディア これらのカードを交換して、コレクションします。 一つのルールのもとに支配するといった言葉が出てきますが、それ用のカードなのです。 絵柄が事件や災害などを扱った模様を描いています。 そのカードには、固有名詞がありませんが、その風景が後々、「このことだったのか」と思わせる出来事の絵柄なのです。 事件と絵柄が一致した 例えば、9. 11の世界貿易センタービルに飛行機が突っ込むような絵柄や、3. 11の津波などが、いかにも予言しているかのようなのです。 イルミナティ・カードには、そのような絵柄がたくさんあります。 元々は小説をヒントにカードを作りました。 近世の秘密組織、イルミナティをゲーム化したものであり、ロバート・アントン・ウイルソンとロバート・シェイが1975年に発表した小説「イルミナティ」三部作(英語版)に誘発されて作成されました。 このゲームのカードに描かれたイラストがのちの重大事件を予言しているとして話題になりました。 小説のテーマが陰謀論で、イルミナティと呼ばれる秘密結社が人類支配のために何か様々な計画をしているのではないかと仄めかしています。 「こいつらがいろんな事件だとか災害を引き起こしているに違いない!」という世界観があります。 陰謀的なので、「彼らの計画がこのカードの中に示されている」と色々解釈するわけです。 新型コロナウイルスのカードがあった 確かにそれらしいカードがいくつかあります。 新型コロナウイルスもやっぱり見つかるのです。 ホワイトハウスに似た建物で、ドーム状で中世時代の雰囲気がある建物が中心にあります。 考えてみると、中国の武漢市にもそれと似たような建物があります。 ホワイトハウスに似た建物でありますが、それだと見立てれば、今回の新型コロナウイルスも蝙蝠(こうもり)が宿主であると言われているので、まさに当てはまるのです。 これは予言であると解釈することもできますが、予定表と考えることもできます。 このカードを研究している人々にとっては、イルミナティという秘密組織が、世界支配のために色々な事件を仕掛けているのではないかと推測しています。 つまり彼らは、今回の新型コロナウイルスも、わざと流行させたはずです。 さらに言うならば、このコロナウイルスは生物化学兵器だったに違いないと言うところまで行き着いてしまうのです。 中国王朝が滅ぶ前には その一方で新型コロナウイルス拡大で中国政府への不満の声が中国国内から、かなり上がって来ています。 中国の国家分裂を心配する声もある様なのです。 中国という国は、単一民族の国家でもないために、物凄い権力で帝国的に押さえつけているのです。 中国は50以上もある多民族国家です。 歴代の中国の王朝は、民族の反乱、特に宗教的な反乱によって滅んでいます。 カリスマ的な教祖が現れ、弥勒系のメシアが降りて来ることを予言し、人々を先導して、それがドンドン大きくなり反乱が起きたのです。 王朝の末期には、黄巾の乱や太平天国の乱などの組織的反乱が同時多発的に起きて王朝が滅んでいくパターンなのです。 なぜそのような宗教が流行るのかというと、政治的に腐敗して行くのと同時に社会が不安定になります。 社会不安とは、医療危機です。 医療技術が発達しなかったときに、一番怖いものは、天災と疫病なのです。 疫病の正体といは何かというと、「悪魔の仕業」とか、「目に見えない悪霊」と考えられていました。 前近代的な考え方をすると、救いを求めようとすると、宗教的組織を求めてしまうのです。 王朝が力で押さえつけようとしても無理なのです。 病気に関しては、治癒させる知識がないので、主教を求める人々を押さえつけることができず拡大して最終的には判で押したように中国の歴代王朝は滅んでいったのです。 今回の中国もある意味において、共産という典型的な専制君主です。 専制君主的な国家で君臨しているのと同じような背景で疫病が流行って、社会不安が起こっています。 宗教に関してはかなり敏感に対処していますが、しかしながら、これが引き金になって中国が崩壊することだって本当にありうる話なのです。 参考文献:【三上丈晴】イルミナティカード。 このパンデミックも予言していた? まとめ イルミナティ・カードは、1982年に発売されたカード イルミナティ・カードには後に大事件や災害が起こる絵柄がたくさんある 武漢市で発生した新型コロナウイルスの絵柄があった 中国共産党という王朝が滅ぶ前に疫病という不安が起こる Amazonの紹介欄(商品リンク)•

次の

イルミナティカードが予言した未来7つ

イルミナティ マスク

池袋事故を起こした 飯塚幸三は 皇族の常陸宮正仁ととてもよく似ています。 (常陸宮正仁) 「アリスさん!最近起きた交通事故を比較してみます。 名古屋の事故と池袋の事故です。 警察は車を運転していた82歳の男を逮捕した。 警察によると12日午前11時半ごろ、名古屋市昭和区の交差点で乗用車が左折したところ横断歩道を渡っていた自転車と衝突した。 自転車に乗っていた無職・野崎裕市さん(81)が病院に搬送されたが全身を強く打っていてその後、死亡した。 警察は、乗用車の運転手で職業不詳・高田耕平容疑者(82)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。 調べに対し高田容疑者は「事故を起こしたことは間違いありません」と容疑を認めているという。 飯塚容疑者は事故で胸の骨を折る重傷を負っていた。 退院後、警視庁目白署に入り、任意で事情聴取を受けた。 同庁は今後、飯塚容疑者を現場に立ち会わせて事故の状況を調べるなどし、自動車運転死傷行為処罰法違反(過失運転致死傷)容疑での立件に向け、 任意で捜査を続ける。 ・・・転載ここまで・・・ 「アリスさん! 名古屋の事故で警察は 82歳の容疑者を現行犯逮捕。 一方、 池袋の暴走事故は 任意で事情聴取。 さらに今後も 任意で捜査を続けるとしています。 任意という事はその人(飯塚幸三)の自由意志に任せるという事です。 どんなに理由をつけようと 理不尽!としか表現しようがありません。 」 「うさぎのラビットさん!」今の世の中、理不尽なことだらけです。 今回の事件は誰にでもわかる典型的な事柄と言えますね!思い切って言ってしまうと、前述の写真でも分かるように飯塚幸三は常陸宮正仁とよく似ています。 週刊誌などでは上級市民などと初めて聞く言葉がありましたが、皇族のことでしょう!皇族に関して調べてみましたが、戦前の大日本憲法下では皇族に関して以下のように書かれています。 ・・以下転載・・(WIKIPEDIAより) 民事訴訟[編集] 皇族相互間の民事訴訟については、特別裁判所として皇室裁判所が臨時に必要に応じて置かれ、これが管轄することになっていた。 他方、皇族と人民(臣民)の間の民事訴訟については、人民の皇族に対する民事訴訟の第一審と第二審が東京控訴院の管轄に属することとされたこと等の外は、一般の法令によるものとされた。 刑事訴訟[編集] 皇族の刑事訴訟については、軍法会議の裁判権に属するものを除く外は、大審院の管轄に属するものとされた。 軍法会議の裁判権に属するものについては、高等軍法会議で審判された。 ・・・転載ここまで ・・・ つまり何を言っているのか意味不明です。 何をしても罰せられないと言う意味でしょう。 現実問題として、この風潮は今の憲法下でも働いているのでしょう。 「アリスさん!今日は安倍政権が血眼になって押し進めている憲法改正の真の目的を話していきましょう。 まずは以前にも紹介したビデオを見てください。 安倍晋三が主宰し、壇上には9人の日本会議のメンバーが次々憲法改正を訴えています。 5分11秒から聞けます。 後藤晟一、長瀬甚達、城内実、稲田朋美、新藤義孝、安倍晋三、下村博文、櫻井よしこ、古川禎久の9名が出ています。 私たちは安倍政権が憲法改正をするのは、自衛隊を国防軍にして、いつでも戦争ができる国を目指しているものだと考えてきました。 その考えは正しいと思います。 でも何かが足りなかったのです。 教科書で習う明治維新は、幕末の志士たちが旧来の封建体制を打破するために立ち上がり、徳川慶喜が大政奉還をすることで成立した維新であると洗脳されてきました。 しかし事実は大きくかけ離れていました。 山口県の熊毛郡田布施町という小さな町と鹿児島の加世田という朝鮮部落を軸に明治の中心人物が排出されました。 伊藤博文、大室寅之助(後の明治天皇)を始め多くの権力者が出ました。 そして今もその子孫がこの日本を牛耳っています。 」 「うさぎのラビットさん!」私は卑下され差別されてきた朝鮮部落の人間が、わずかの間に果たして日本を席捲できるのだろうか?と疑問でした。 「アリスさん!その答えが見つかりました。 それが今日の話題の 李家のキーワードに隠されていたのです。 」 「うさぎのラビットさん!」詳しく話してください。 「アリスさん!李家と言うのは李氏朝鮮の一族です。 李王家ともいわれます。 李王家(りおうけ、이왕가、イワンガ)は、李氏朝鮮の歴代国王を出した家系。 韓国併合後は日本の王公族となり、皇族に準じる待遇を受けたが第二次世界大戦後の日本国憲法施行に伴い、その身分を失った(身位喪失)。 WIKIPEDIAより) 李氏朝鮮は1392年から日韓併合の1897年まで500年以上続いた王朝です。 それ以前は高麗と言う王朝でしたが、李成桂なる人物が(女真族=蒙古民族)高麗を乗っ取る形で成立しました。 ( 李 成桂) 李氏朝鮮と言う呼び名や女真族などは韓国では絶対認めないとのことですが、事実のようです。 「アリスさん!ここからが今日の本題です。 海賊であった( 岸要蔵=ガンヨウゾウ)こと 李要蔵(リ ヨウゾウ)は中国東北部の遼陽(リヤオヤン)から田布施町にやってきた在日一世でした。 彼の息子に作蔵と信祐の二人の息子がいました。 その作蔵と信祐から田布施システムが作られます。 この 要蔵は李家の李成桂(リ セイケイ)の子孫になります。 要蔵の息子の一人 岸作蔵は地家吉左衛門の養子となりスエと言う女性と夫婦になります。 二人から長男。 次男の寅吉、 三男の庄吉が生まれます。 この 寅吉が後の明治天皇になった大室寅之助になります。 三男の庄吉は上田音吉(谷口音吉)になります。 もう一人の要蔵の息子 信介から岸秀助が生まれ、 佐藤に養子に出されます。 その秀助から生まれたのが 岸信介・・・われらの 安倍晋三が敬愛してやまない元岸信介総理大臣です。 」 「うさぎのラビットさん!」以前私たちはここに出てきた上田音吉なる人物から 笹川良一や、北朝鮮を作った 畑中理(金策)が生まれたことを紹介しました。 この上田音吉から 創価学会の初代教祖の牧口常三郎や 二代目教祖の戸田城聖が出ました。 さらには皇族であった有栖川宮から 大本教の出口王仁三郎が出ました。 この大本教から分かれたのが 生長の家の谷口雅春でしたね!さらには 幸福の科学の大川隆法も谷口を敬愛していた一人です。 「アリスさん!今日はここまでにして、明日この続きを話していきます。 結論から言うと、イルミナティ13流の一つである李家は中国大陸から東南アジア、朝鮮半島に広がっています。 日本は関係ないと思いきや、日本の指導者たちあるいは有名人の多くは、ほとんど全員と言ってもよいほど李家の人間であったという事です。 マスコミは在日に操作され、日本人は洗脳されています。 教育もほとんどが嘘で固められていると言っても過言ではありません。 安倍晋三が改憲を通してやりたいことは、天皇の権威を圧倒的に復活させ、同時に日本における李家の復活でしょう。 日韓併合時は李家は日本の皇室に準ずるとされていました。 非常に厚遇されていたわけです。 安倍晋三は李垠と李方子の息子、安倍晋太郎の息子ですから、バリバリの李家そのものです。 さらには岸信介も李家の李要蔵の子孫であることが分かりました。 何が何でも憲法を変えて、天皇の圧倒的な地位を復活させるだけでなく、いよいよ李家が正体を現すでしょう! アリスさん!明日、この続きを書いていきましょう。 そして神様にこんなふざけた社会にしているイルミナティ共の滅びを祈ってください!」.

次の

マーベル世界の守護者「イルミナティ」結成理由やメンバー一覧

イルミナティ マスク

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 によるの参照が不十分です。 ください。 ( 2012年3月)• 曖昧な記述になっています。 ( 2016年6月) イルミナティ 種類 本部 イルミナティ(: Illuminaten, : Illuminati)は、の上のの名称。 イルミナーテン、 光明会、 啓明結社。 歴史上のイルミナティは、18世紀後半に一時期存在し、南とに広まった バイエルン啓明結社( バヴァリア啓明結社) と称される的秘密結社である。 1776年にので創設された。 当初は大学教授 ()と学生の私的サークルにすぎなかった。 フリーメイソンリーとは異なり政治的イデオロギーを有していたため、政治的秘密結社に分類されることもある。 体制側から迫害されて1785年に解散を余儀なくされ、活動期間は短かったとされている。 しかしイルミナティ崩壊後にが勃発し、 ()ら反フリーメイソン論者によってフランス革命の黒幕と指摘された。 クニッゲ男爵(1752-1796年) クニッゲ男爵の考案した位階制度は以下の通り。 ただし、ヴァイスハウプトによって何度か変更されたため一定ではない。 修練生• ミネルヴァの同胞• 小啓明者• 大啓明者• 教導啓明者• 王 脚注 [ ]• 世界大百科事典 第2版 株式会社• 『秘密結社の手帖』では バヴァリア幻想教団と訳された。 , p. Peter-R. , p. 186. 参考文献 [ ]• 有澤玲『秘密結社の事典: 暗殺教団からフリーメイソンまで』柏書房、1998年。 有澤玲『 面白いほどよくわかる世界の秘密結社』日本文芸社、2007年。 関連文献 [ ]• 「エルンストとファルク」『世界文学全集 17 レッシング・シラー・クライスト 』訳、、1976年(原著1778年)。 「ドイツの宗教と哲学との歴史のために」『ドイツ古典哲学の本質』訳、〈〉、1973年、改訳。 『秘密結社』訳、〈〉、1972年、改訂新版。 『モーツァルトとフリーメーソン』、訳、〈りぶらりあ選書〉、1983年。 - イルミナティに好意的な立場。 ヴァイスハウプトを急進的啓蒙思想の体現者と考える。 著者は左派のイギリス女性。 『世界革命とイルミナティ』訳、、1990年。 - 反イルミナティの立場。 著者は親ナチスのイギリス女性、反ユダヤ主義者。 『秘密結社の手帖』〈〉、2004年。 Die Korrespondenz des Illuminatenordens. vol. 1, 1776-81, ed. vol. - Berlin, De Gruyter, 2013. 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]• オカルトの部屋. 2012年3月28日閲覧。 この項目は、に関連した です。

次の