返信用封筒 返信 横書き。 返信用封筒の折り方のマナーとは!サイズや色に決まりはあるの?

返信用封筒の折り方のマナーとは!サイズや色に決まりはあるの?

返信用封筒 返信 横書き

往復はがきには、独自の書き方ルールがあります。 こちらから返信する場合に悩む「様」「殿」「宛」「御中」の使い分け。 マナーとして押さえておきたいポイントもありますので、返信用封筒の書き方で困っている方は、ぜひ参考にしてください。 「行」を二重線で消して「様」か「御中」に書き換えましょう。 修正ペン、修正テープで消す(修正液で消すと、相手の間違いを訂正したという意味になります。 ) 訂正線が1本や3本以上。 二重線の書き方 二重線の書き方に正解というのはありません。 一般的には、封筒の書式に逆らわずに、縦書きの場合は縦線で、横書きの場合は横線で消す方法がよく使われます。 返信用の手紙に使う「様」「殿」「宛」「御中」の使い分け 「様」 「様」は宛先が個人のときに使います。 目上の人、お客様、同等、格下、親しい人など関係なくどんな人にも使えます。 個人名が分からなくても担当者個人に送りたい場合にも「様」をつけます。 例 「株式会社戦国武将 人事部 ご担当者様」 教師、医師、弁護士など一般的に先生と呼ばれる教育関係者や特定の職業の方に「先生」を使用することもあります。 例 「株式会社戦国武将 黒田官兵衛先生」 「殿」 「殿」は目上の人から目下の人に使います。 社長から社員へ送るものには「殿」を使います。 また、先生から生徒へ送るものにも「殿」を使います。 個人と個人のやりとりであれば「様」をつけるのが無難です。 「殿」を使う場合は主に組織全体 会社や団体 から個人宛に送る文書で使われます。 初めから「殿」と印刷してある返信用の葉書・封筒は「行」に直す必要はありません。 「御中」 個人宛は「様」と「殿」を使いますが、会社や団体など組織全体、または部署全体に送るのであれば「御中」を使います。 個人宛ではないので、 組織の誰もが開封してもいいという意味合いもあります。 正しい例 「株式会社戦国武将 御中」(企業宛) 「株式会社戦国武将 人事部 御中」(部署宛) 「株式会社戦国武将 人事部 信長様」(個人宛) 間違い例 「株式会社戦国武将 御中 信長様」 「株式会社戦国武将 人事部 御中 信長様」 のように「様」や「御中」を重複しないようにしましょう。 「宛」 「宛」「行」の使い分けは、厳密な使い分けがないです。 とはいえ、一般的によく使われているのは「行」です。 「行」を消した後に「御中」を書く位置 横書きの場合 消した「行」の右に「御中」を書くのが一般的です。 下に「御中」を書くケースもあります。 縦書きの場合 消した「行」の真下に「御中」が一般的です。 左斜め下、右横、右斜め下に書いてもマナー違反にはなりません。 封筒を糊付けした所に〆・締などの文字を書く場合 この「〆」文字は封緘(ふうかん)と呼ばれ、とても大事な文書を封入しました。 という意味になります。 宛名以外の人には空けて欲しくない「親展扱い」と同じです。 返信用封筒の差出人の名前・住所は裏に書く 差出人の住所や名前の記載は必要です。 相手にとっても親切です。 返信用封筒の裏面は差出人が書く欄となっています。 そのため何も記入されていないはずです。 また、自分の氏名の後には「行」「宛」「様」「殿」などは付けません。 返信用封筒は様々な場面で登場します。 少しでもお役に立てれば幸いです。

次の

返信用封筒の書き方の書き方|横書き/裏/封筒/就活/宛名

返信用封筒 返信 横書き

返信用封筒の表書きの書き方 「行」「宛」に取消線を引いて「御中」または「様」を書く 返信用封筒にはすでに宛名として住所、会社名、氏名などが印刷され、その末尾にはかならず「 行」(ゆき)か「 宛」(あて)の文字が印字されています。 これを 取消線で消して、その横または下に「 御中」か「 様」を書きます。 「御中」「様」の書き方 「御中」は、宛名が 会社名や 部署名のときに書きます。 宛名の会社名・部署名に 個人名(担当者名)が添えられているときと会社名・部署名の横に 担当者の押印がしてあるときは、三文判の認印の場合でも「様」と書きます。 このとき、会社名などに「御中」は付けないでください。 「御中」や「様」の記入位置は、文字の流れに合わせて、 縦書きなら取消線の左または下、 横書きなら下または右です。 ただし、担当者の押印があるときは、取消線から離れた位置でも構いませんので、印影の下(縦書きのとき)または右(横書きのとき)に「様」を付けてください。 取消線の書き方 取消線は、 一本線よりも 二本線が一般的です。 線の向きは、表書きの美しさを大切にして、宛名が横書きのときは 横向きに、縦書きのときは 縦向きに引くのが常識的な書き方です。 なお、「行」・「宛」のような一文字を取り消すときは 二重斜線を引き、二文字以上のときは 二重平行線を引くことが守るべきルールであるかのように主張する向きもあります。 しかし、婚礼・葬儀のはがきはいざ知らず、 ビジネス上の郵便物における取消線の引き方はルールではなくてガイドラインに過ぎません。 どちらの書き方をしてもけっして失礼には当たりません。 スポンサードリンク 縦書き・横書きを表書きと揃える 返信用封筒は、一般に縦長でフラップが上にある 和封筒タイプが使われていますが、中には 洋封筒タイプやその 変形タイプなどさまざまなものがあります。 しかし、 どのようなタイプの封筒であっても、裏書きの住所と差出人名(会社名、部署名、担当者名)は表書きの印刷方向と同じ向きで書きます。 つまり、表書きが縦書きなら裏書きも縦書きで、表が横書きなら裏も横書きで書きます。 縦書きの住所では、数字は一から九までの漢数字と〇(ゼロ)で書きます。 ただし、ビル名などの固有名詞に含まれる英数字(渋谷109など)は例外です。 裏書きの位置 裏書きする位置は、 縦書きなら左下に、 洋封筒タイプで横書きなら右下に書きます。 また、封筒の裏に 差出人欄が印刷されている場合は、その中に書きます。 封〆(封締め)の仕方 封〆(ふうじめ)とは、封筒のフラップを貼り付けて閉じた後、フラップの端の中央部分に割印を押すように「 〆」(しめ)の字を書くことです。 封〆した部分のことを、「 封じ目」とも言います。 「〆」以外にも、「 封」、「 緘」(かん)の字を書いても構いません。 また、「〆」、「封」、「緘」のスタンプを押しても結構です。 ただし、宛名が 個人名の場合は、封〆をすると宛名人自身が開封することを求める 親展の封書になりますので注意してください。 本人不在のために何日も開封されずに放置される危険性がないとは言えません。 従って、 宛名に担当者の押印があるものも含めて、個人宛の返信用封筒で封〆は無用です。 また、封〆は和封筒での習慣ですので、洋封筒タイプの返信用封筒では封〆は必要ありません。 スポンサードリンク.

次の

返信用封筒の正しい書き方マナー。切手料金や注意すべき点

返信用封筒 返信 横書き

返信用封筒を使って返信するとき 住所の記入について 返信用封筒では、送り先の住所はすでに書かれています。 そのため、返送の際に、住所を記入する必要はありません。 書かれている住所については、変更せずそのまま返送しましょう。 返信用封筒の裏面については、自身の住所を記入しておく必要があります。 差出人の住所については記入していなくとも相手方に封筒は届きますが、記入しておくのがマナーです。 逆に言えば、「宛名の人以外は開封してはいけない」という意味にもなりますので、送付先や送付する内容によって判断しましょう! 02. 返信用封筒の書き方マナー「宛」「行」「係」は「様」「御中」に 縦書きの場合 / 宛名に印鑑が押してある場合 返信用封筒の宛名に「行 いき 」と敬称が書かれている場合、どういった風に訂正したらよいのか解説していきます。 【1】「行」の上から二重線を引く。 【2】正しい敬称を書く 次に「行」の消したあと付ける敬称ですが、「様」、「御中」、「先生」、「殿」等があります。 それぞれどういった場合に使用するのかについてみていきます。 社名や部署名の後につける敬称は「御中」、担当者など個人名の後につける敬称は「様」です。 【3】その他 先生…教師や習い事の先生の氏名につける。 殿…一般的には目下の相手の氏名や、社内の相手の役職名につける。 返信用封筒を自分で作成する場合の書き方 返信用封筒は相手方に自分宛に送ってもらうものであるため、郵送費 切手 は自分で用意するのがよいでしょう。 切手を貼っていない場合、大きな金額ではないものの相手方に負担になってしまうため気を付けたほうが良いでしょう。 【定形郵便】 切手の金額は、 15g以下の定形郵便:82円 25g以下の定形郵便:92円 となっています。 基本的には82円切手で問題ありませんが、不安な場合は92円切手を使うと良いでしょう。 【定形外郵便】 「角形A4号」「角形2号」サイズ 相手方に速達を利用してもらいたい場合 相手方に早く返送してもらいたい場合は、速達で送ってもらいたいですよね。 この場合は、速達の金額分を切手に加算しましょう。 速達の金額は郵便物の種類や重さによって変わるため、相手方に送ってもらう封筒の中身の重さを考えて切手の金額を変えましょう。 まとめ 返信用封筒はビジネスや転職・就職活動など、様々なシーンで活用されます。 返信用封筒で書類を返送する場合は、ビジネスマナーを守って、相手に良い印象を持ってもらえるよう心がけましょう!!.

次の