シェリル メイソン。 シェリル X シェリル・メイソン

【DbD】<新サバイバー>シェリル・メイソンの固有パークまとめ『ソウルガード』『血の協定』『抑圧の同盟』【デッドバイデイライト】|Enjoy Gamers

シェリル メイソン

2017年には「Left 4 Dead」シリーズとコラボレーションが行われ「ビル」が生存者として追加された。 そして今回の『サイレントヒル』チャプターでは、別のゲームシリーズから初めて生存者と殺人鬼の両方が『Dead by Daylight』に参戦することとなった。 シェリル(での容姿であるためヘザーとも呼ばれている)と以外にも、初代『サイレントヒル』を元にした新マップの「ミドウィッチ小学校」が追加されている。 この新マップは『サイレントヒル』DLCを購入していなくとも、すべてのプレイヤーが使用できる。 『Dead by Daylight』は非対称PvPマルチプレイゲームであり、1人のプレイヤーが殺人鬼となり、ほかの4人のプレイヤーは生存者となって殺人鬼から逃げて生き残るのが目的だ。 このDLCで使用可能になる殺人鬼と生存者の両方には独自の能力が用意されており、下にあるゲームプレイ動画で確認することができる。 三角頭の最も強力な能力は、サイレントヒルの力を呼び出すトレイルを地面にを作り出すものだ。 もし生存者が近道をしようとしてトレイルを通り抜けようとすると、彼らには「煩悶」のステータス効果が加えられてしまう。 この効果は三角頭だけが使えるものであり、このステータス効果を受けた生存者が殺人鬼に捕まえられると、即座にフックへと移動させられてしまう。 そのためこのステータス効果はこのゲームの中でも、非常に危険度が高いものだ。 IGNはBehaviourのクリエイティブチームと対談を行った。 ゲームディレクターのMathieu Cote氏と、クリエイティブディレクターのDave Richard氏は、三角頭は『Dead by Daylight』の世界の中でもほかに類を見ない存在だということを話してくれた。 Cote氏は、三角頭をこの世界では「自分の意のままに処刑を行える者」だと説明した。 生存者を「生贄」にするために必要な手順のいくつかを、無視することが可能だというのだ。 そして生存者のシェリルも、呪いを受けたときにしか発動できない独自の能力を持っている。 追加されるマップは再構築が行われて新しい見た目になっているが、初代『サイレントヒル』をプレイした人々ならば馴染み深いものになっているはずだ。 「『サイレントヒル』シリーズに関わった仕事ができて、本当にうれしかったです。 」Richard氏は話す。 「印象的な場所が『サイレントヒル』の世界には多くありますが、我々はミドウィッチ小学校を選ぶことにしました。 私にとっては、この場所では初めて『サイレントヒル』の世界へ深く潜り込んで、世界が奇妙で不気味なものになっていくのを体験できたのです」 「我々が別のシリーズからの場所を『Dead by Daylight』の世界で再現するときは、大体の場合はエンティティがある方法でその場所を作り上げたという解釈で行っています」Richard氏は説明する。 「しかし、ミドウィッチ小学校の場合は異なりました。 細かい点まで気を配って、この初代『サイレントヒル』のプレイヤーなら馴染みのある小学校を我々ができる限り再現しようとしました」 このマップには若干の変更はあるものの、ほかの部分は忠実に原作の小学校を再現している。 『Dead by Daylight』でプレイヤーが探索するミドウィッチ小学校は、もし初代『サイレントヒル』が現代の技術でリメイクされた場合の見た目に近いとも言えるのだ。 このマップでは屋外と屋内の両方の部分があり、建物は2階建てであり、「サイレントヒル」に存在する異空間という要素もマップのレイアウトに取り入れられている。 「我々は、『サイレントヒル』シリーズからの謎解きや隠し要素もこのマップに入れておきました。 そのため、原作の小学校にもあったパズルや驚くような要素、そして小さなジャンプスケアといったものをプレイヤーは発見することができるでしょう」 Behaviourは『Dead by Daylight』で「サイレントヒル」シリーズを忠実に再現するため、コナミと協力して開発を行った。 「サイレントヒル」の作曲家である山岡晃も参加し、『Dead by Daylight』の作曲家であるMichel Aprilと合作でこの『サイレントヒル』チャプターのために『Dead by Daylight』のテーマソングの新しいバージョンを作り上げた。 『サイレントヒル』チャプターで追加される新たな要素には、レジェンダリースキンがある。 これは今までのスキンとは異なり生存者のモデルを完全に新しいものに変更し、独自のアニメーションを持っている。 生存者の能力自体はそのままだが、彼らの見た目はまったく新しいものに変更される。 シェリルにはレジェンダリースキンとしてリサ・ガーランドの衣装が用意される予定だ。 IGNは、このコラボレーションはどういったきっかけで行われたのかと質問した。 Mathieu Cote氏は、このコラボレーション以前からBehaviourはコナミとわずかながらも関係を持っていたと説明した。 コナミは、『Dead by Daylight』のパッケージ版の日本販売を担当していたのだ。 「我々には、もうすでにコナミとある程度のコネクションがあったのです。 コナミは日本で『Dead by Daylight』のパッケージ版を販売する公式パブリッシャーでした。 そのため、我々はコナミにいる一部の人々とつながりがありました」Cote氏は話す。 Cote氏はコナミとの問い合わせを行ったあと、『Dead by Daylight』と「サイレントヒル」シリーズのクロスオーバーを「これは完璧なコンビネーションだと両方の会社が気づいた」と言う。 Behaviourが別のシリーズとパートナーシップを結ぶときは、新しく追加されるキャラクターは『Dead by Daylight』に存在しても違和感がないようなものではなくてはいけないし、そのまた逆も同じだとCote氏は説明する。 つまり、『Dead by Daylight』のレザーフェイスは映画でのレザーフェイスと同じように振る舞わなくてはいけないし、「サイレントヒル」シリーズのキャラクターも同様だ。 「今回の場合、『サイレントヒル』のキャラクターの振る舞いを我々のゲームの世界に合わせるために改変する必要がほぼありませんでした」Cote氏は話す。

次の

「Dead by Daylight」最新チャプター「Silent Hill」本日配信

シェリル メイソン

面倒見がよく直情的なシェリル・メイソンは、以前はヘザーと呼ばれており、養父であるハリー・メイソンの死という悲劇から自らの人生を立て直した。 生まれた時から自身に付きまとっていたカルト教団から己を解放した一方で、父の死に罪の意識を感じていた。 不快な悪夢という皮をかぶり、毎晩のように闇が彼女を苛んでいた。 良心の呵責を和らげるため、困窮した若者たちのための危機介入センターでボランティア活動を行っていた。 3か月後、彼女は訓練を終え、監督役がいなくても緊急電話に答えられるようになっていた。 それでも最初の電話には十分な準備ができていなかった。 彼女の聞いた声は静寂だった。 地面からは黒いガスが立ち込め、突然、二度聞くことはないだろうと思っていた女性の声が聞こえた。 どうしてこの堕落した世界にこだわるの?神のみが私たちを救ってくださる、あなたも知ってるはず。 あの女のわけがない、彼女は死んだはずだ。 突然世界が回り、シェリルは気持ち悪さにひざまずく。 熱い胆汁がのどを駆け登り、彼女はその場で吐血する。 その瞬間、世界の回転は止まっていた。 顔を上げたシェリルの目に映ったのは、寒く絶望に満ちた見知らぬ場所だった。 カテゴリー• 本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。 記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。 All rights reserved. All other trademarks are properties of their respective owners.

次の

【DbD】シェリル・メイソン【デッドバイデイライト】

シェリル メイソン

マップを操作する殺人鬼のエクセキューショナーは自ら危険を作り出し、生存者に苦しみを与えることができる。 影響を受けた生存者は特殊なフック贖罪の檻と、固有のメメント・モリ最後の審判に対して脆弱になる。 固有パークの強制苦行、煩悶のトレイル、デスバウンドで獲物を積極的に追いかけながら生存者を惑わせて追跡する。 裁きの儀式:能力ボタンを押すと発動する。 発動したら能力ボタンを押したまま好きな方向に移動し、地面にトレイルを刻み込む。 ボタンを離すとトレイルが完成する。 トレイルの上を歩くか走って通った生存者は、殺人鬼の本能を呼び起こして煩悶のステータス効果を受ける。 煩悶の効果を受けている生存者が瀕死状態になると、贖罪の檻に送り込むことができる。 このアビリティはエクセキューショナーの前方にエネルギーの波動を解き放ち、軌道上の生存者にダメージを与える。 地獄の罰は、障害物を貫通する。 贖罪の檻に入った生存者はフックに吊るされているかのように処刑フェーズが進行し、エンティティに捧げることができる。 贖罪の檻で耐久フェーズを迎えた生存者は、エンティティを退けるためにスキルチェックを行う必要がある。 生存者は、贖罪の檻とフックとの間で処刑進行度を共有する。 贖罪の檻から救出された生存者、あるいは救出した生存者は、煩悶の苦しみから解放される。 強制苦行:任務の妨げになる者たちは、厳しい裁きに苦しむことになる。 煩悶のトレイル:あなたは餌食となる人間を苦痛と罰の道へと誘導する。 この間、その発電機の黄色いオーラが生存者に視えるようになる。 デスバウンド:闇の中で人生が重なり合った者たちは、共に苦しむ宿命にある。 新キャラクター: 生存者『シェリル・メイソン』 シェリル・メイソンは恐怖に立ち向かう若きベテランとして、自分と仲間を勇気づける。 固有パークのソウルガード、血の協定、抑圧の同盟で計り知れない苦難を乗り切り、仲間との接触を保って、目標を立てる。 ソウルガード:これまで計り知れない苦難の道を歩んできたあなたは、強く鍛えられている。 あなたが呪縛のステータス効果に苦しんでいる 呪術パークの効果を受けている 間、瀕死状態から自力で完全に回復することができる。 血の協定:それはまるで、あなたの潜在的な部分が目覚めたかのようだ。 あなたは仲間を助けるために自分を超越できるような感覚を覚える。 あなたかオブセッションが負傷すると、両者とも互いのオーラが視えるようになる。 オブセッションになる確率が低くなる。 血の協定は自分がオブセッションになると無効となる。 抑圧の同盟:悪意に満ちた力によって駆り立てられることに慣れたあなたは、それを自分の有利になるよう利用し始めた。 抑圧の同盟の効果を受けた発電機は、生存者全員に白いオーラで表示される。

次の