デリケート ゾーン 臭い 病気。 【女性必見】気になるデリケートゾーンのにおい!原因と対策

デリケートゾーンの臭いに消臭効果!市販薬局で買えるものは?

デリケート ゾーン 臭い 病気

このページの見出し• 尿のにおいや色などをチェックして健康状態を確認しよう 健康な人の尿の色は、淡黄色から淡黄褐色で、朝起きた時の尿や汗をたくさんかいた時などは、少し色の濃い尿が出ます。 反対に水分をたくさん飲んだ時や寒い時は、色の淡い無色に近い尿がでます。 ただし、見た目だけでは判断できない、血尿がでている場合もあるので、40歳を超えたら定期的に尿検査を受けるほうが良いでしょう。 アンモニア臭というのは、尿を空気中に放置しておくと細菌によって臭うためのものです。 自分の尿の匂いを嗅いでみて、最初から刺激臭があるようでしたら、膀胱などに細菌が繁殖している可能性や尿路に炎症を起こしている場合があります。 又、甘ったるい臭いがする場合も糖尿病の疑いがあるので、尿検査を受けてみる必要があります。 その他、尿の泡立ちの有無も見てください。 尿にたんばく質が漏れ出ている場合、尿が泡立ちます。 このように自分の尿を時々チェックする習慣をつけ、いつもと違うと感じた時は、病院で尿検査を受けることが望ましいといえます。 紙コップを用意していない場合でも、白い便器ならある程度色の変化はわかります。 色付きの洗浄剤などを使用しないでおくと、尿の健康状態もチェックしやすいです。 引用元- 尿が臭いのと病気や年齢との関係について 尿は「なまもの」であること、元来臭いがあること、尿の成分はアンモニアを始め尿素、有機酸類、塩類といったように尿臭の元があり、付着したままの状態では病原体がついて更に臭いを強くすること、水分を摂取しない状態が長く続いた後の尿は濃縮されて尿臭が出る可能性が更に強まることが基本的な事と言えるでしょう。 従って、病気が関係するとすれば尿路感染症(含む・性感染)で濃縮(白血球尿の強い場合、もしくは尿を出さないで我慢した後)に気がつかない時、(女性は感染状態になり易いので、我慢しない、ビデの使用、清拭は尿臭のある時不可欠)がまず挙げられます。 次に疲労状態が続いて水分摂取がままならず、不潔な局部が無意識(汗をかいて仕事をしたとか、臭いの付く食べ物、ニンニク、ニラ等を食べた後など)の内に長時間続いた後の尿はどうしても臭いはつき易いと思われます。 次に何か病気(例えば糖尿病、肝障害等)が始まりかけた初期病態(これは調べれば分かること。 糖尿とかウロビリン体、ケトン体の出現等)でも臭いは強いでしょう。 そして、食べ物とアルコールとが過剰に摂取され不消化を起こしたりした時、特に肝臓の機能に負担をかけ、ケトン体が産生されるとケトン臭としてくさい臭いを呈します。 ですから体調、食事内容、飲み物、生活習慣との関係がありますが、年齢とはそんなに関係しないと言えるでしょう。 尿が臭い時に考えられる病気 女性は膀胱炎になりやすい 明らかに尿の臭いが強くなった、刺激臭がするなどの症状がある場合は病気のサインかもしれません。 では、どのような病気が考えられるでしょうか。 アンモニア臭が普段以上に強くなった場合は脱水症状や膀胱炎の可能性があります。 スポーツやサウナの後に水分補給はしているでしょうか。 酷い下痢や嘔吐の後にアンモニア臭が強い場合は脱水症状があると考えて良いでしょう。 風邪などで発熱した時に尿が臭く感じられるのも、汗や熱で身体の水分量が不足しているサインです。 スポーツドリンクを薄めたものやミネラルが豊富な麦茶を少しずつ飲むか、ひどい場合は病院での点滴も必要です。 また、膀胱炎を含む尿路感染症の疑いも大いにあります。 特に女性は尿を我慢すると尿道の構造上、男性よりも膀胱炎になりやすいとされています。 尿が急に臭くなり、残尿感や排尿時の痛みがある場合は泌尿器科か内科を診察すると良いでしょう。 肝臓が悪くなった時もケトン臭と呼ばれる独特のニオイを発生する場合があります。 食べ物やアルコールを過剰に摂取し、肝臓の機能に負担をかけるとケトン体という物質が生成されます。 このケトン体が出ると口臭や体臭が強まる傾向にあります。 尿だけではなく、体臭も強くなった場合は肝機能が落ちているのかもしれません。 どんな場合でも早いうちに受診すればその分早く回復するので、異変を感じた時は迷わずに診察を受けるようにしましょう。 引用元- 女性のデリケートゾーンのにおいの原因とは? ニオイの原因は、デリケートゾーンで繁殖している雑菌が出す老廃物です。 雑菌が繁殖するためには、まずエサとなる栄養が不可欠ですが、デリケートゾーンにはタンパク質が豊富なおりものをはじめ、尿、汗、垢、経血などが存在しています。 またデリケートゾーンにはアンモニア臭の汗を出す「アポクリン腺」という汗腺が密集しているため、汗から嫌なニオイが発生するだけでなく、汗に含まれているアンモニアや皮脂などが雑菌にとって格好の栄養となってしまうのです。 つまり、デリケートゾーンは常に清潔に保っていないと、雑菌は簡単に繁殖してしまうのです。 引用元- 女性のデリケートゾーンのにおいは病気のサインかも デリケートゾーンのにおいが気になるからといって、真っ先に病気を疑う必要はありません。 ただ、婦人科系の病気のサインとなっている場合もあることは知っておいて下さい。 特に、おりものの量が急に増えたり色が変わったり、或いは臭いが急に強くなったといった場合は要注意です。 早急に医師に相談することをオススメします。 においが強くなり、悪臭だと感じた場合、「子宮頸がん」、「子宮内膜炎」、「淋病」、「細菌性膣炎」、「トリコモナス膣炎」などの可能性があります。 おりものの色も黄色や緑色に変化してくる場合があります。 また、おりものの性状がカッテージチーズの様に変わってきた場合、「カンジダ膣炎」の可能性があります。 これは婦人科領域ではポピュラーな疾患で、かゆみを伴うケースが多い感染症です。 カンジダ菌自体は膣内に常在していますが、膣まで洗ってしまったり、抗生物質を服用したりすることで膣内の善玉菌が除菌されてしまいます。 すると膣内のカンジダ菌が異常増殖してしまうのです。 膣内には「自浄作用」があり、弱酸性で様々な菌が一定のバランスに保たれていますから、石鹸などで洗う行為はかえってトラブルを招いてしまうのです。 引用元-.

次の

デリケートゾーンの臭いの原因・ケア方法!気づかれる前にセルフチェックで対策しよう

デリケート ゾーン 臭い 病気

もくじ• デリケートゾーンで女子の悩み1位は「におい」! デリケートゾーンの悩みはなかなか人に言いにくいので、誰がどんな悩みがあるのか聞いてみたいですよね! あなたが現在デリケートゾーンで気になることをお答えください。 さらに、このほかの悩みも確認しておきましょう。 1位 におい 2位 かゆみ 3位 おりもの 4位 汚れ 5位 むれ やはり、人には言えないものの、多くの女性がデリケートゾーンのにおいやかゆみに悩んでいるということがわかりますね! 特に20代の人では 全体の59%もの人が、デリケートゾーンのニオイが気になるという結果に! また、50代以上になるとデリケートゾーンの臭いが気になる人はかなり少数になり「気になることはない」という人が62%で1位という結果に! 生理が終わることもあり、高齢になるほどデリケートゾーンの悩みもなくなる傾向にあるようです。 デリケートゾーン用の石鹸やソープはドラッグストアにも売っている デリケートゾーン用の石鹸やソープって、普段から使わない人にとっては売られているお店自体を知らないのではないでしょうか。 実は、デリケートゾーン用の石鹸やソープは、ドラッグストアにも売られていることが多いです。 売られている場所は、普通のボディソープのコーナーに売られていることもありますが、生理用ナプキン売り場の近くに売られていることもあるようです。 「でも、男性の店員さんがレジをしていたらちょっと買いにくい…」 そんな人におすすめなのは、通販でデリケートゾーン専用ソープを買うこと。 ただし、見つけにくい! ものがものだけに、目立つ場所には置いてないことが多く、だいたいは 生理用品と一緒に並んでますね。 やはり、においが気になる生理の時期に購入する人が多いのかも? あとは普通にボディソープと一緒に置いているところもあるみたい。 デリケートな肌のためにpHバランスを整えた弱酸性のボディソープ。 昼間はデオドラントで臭いをおさえ、夜はソープで洗い流すという徹底した臭いケアが実現! イビサソープは殺菌作用のある成分と、肌荒れを防ぐ成分のWの成分で、においを防ぎながら肌荒れも防ぎます。 また、昼間はイビサデオドラントで、気になる時にシュッとひとふきすれば、汗と雑菌の繁殖を防ぎます。 昼も夜も徹底して、デリケートゾーンのニオイを防ぎたい! デリケートゾーン石けんの成分について詳しく知って、商品選びの参考にしてみてください! デリケートゾーン石けんには弱アルカリ性と弱酸性がある 2 デリケートゾーン用の石けんやソープを選ぶときに注意したいのは、ph値。 Ph7を中性として、0に近くなるほど酸性に、7より多くなるとアルカリ性になります。 石けんはph7~11程度なので、アルカリ性ということになりますね! アルカリ性は洗浄力が強い反面、肌への刺激も強くなりがち。 そのため、肌が弱い敏感肌の人は、弱アルカリ性の石けんやソープを使用すると乾燥してしまう可能性があります。 肌が弱い人は弱酸性の石けんやソープを選ぼう アルカリ性の石けんはしっかりとデリケートゾーンの汚れを落としてくれるので、デリケートゾーンの臭いケアにはとてもいいのですが、肌の弱い人にとっては肌荒れの危険性も。。 そのため、肌が乾燥しがちな敏感肌の人は、弱酸性のデリケートゾーン石けんを選んで使用するようにしましょう。 ただし、弱酸性だから肌荒れしないというわけではなく、香料などの他の成分が合わないこともあるので、肌荒れが怖い人はできるだけ「無添加」のものがおすすめですよ! 殺菌力があるジャムウの石けんもおすすめ インドネシア発祥の民間療法「ジャムウ」のデリケートゾーン専用石けんも市販されています。 ジャムウは様々な植物を配合して作られたもので、殺菌・消臭・色素沈着など色々な効果を持っているハーブや生薬が配合されています。 そのため、デリケートゾーンの臭いケアだけでなく、黒ずみ対策にもなる場合があるんですよ! ただ、ハーブの香りがかなりきつい場合があるので、苦手な人は注意が必要です。 ミョウバンの石けんもおすすめ ミョウバンといえば食品添加物としても有名ですが、実は消臭効果高いので、体臭ケア商品としてたくさん市販されています。 そのため、デリケートゾーンのにおい対策にもいいんです。 デリケートゾーンだけでなく、脇や足などの体臭予防に使いたい人には得におすすめです! デリケートゾーンのにおいの原因はこれ! デリケートゾーンがにおう原因は、洗い不足という単純なもの以外にもいろいろな原因があります。 病気が原因のこともあるんですよ! デリケートゾーンがにおう原因を紹介していくので、自分が当てはまることはないか確認しておきましょう! デリケートゾーンのケア不足によるもの 体や髪の毛は丁寧に洗っても、デリケートゾーンはそこまで丁寧に洗っていない人も意外に多いのかも? デリケートゾーンは自分で見えにくいので、洗っているようでもきちんと洗えてないことが多い部分。 デリケートな部分なので洗いすぎもダメですが、洗うべき部分はきちんと洗っておかないと、ニオイの原因になってしまいます。 生理中によるもの 女性の場合、生理中はナプキンをあてることで通気が悪くなり、デリケートゾーンの臭いがきつくなってしまいます。 特に生理の経血にも独特の臭いがあるので、生理中はデリケートゾーンのニオイが、他の人までにおっているような気がして嫌になりますよね! 生理中はこまめにナプキンをかえること、デリケートゾーンを清潔にすることが大切ですが、洗い過ぎないように気を付けましょう! 腸内環境の悪化 汗や雑菌、生理中などのほかに、 デリケートゾーンがにおう原因に腸内環境が関係すると言われています。 なぜかというと、腸の悪玉菌が発生する悪臭が全身に運ばれてしまうためです。 体を清潔にしているのに、デリケートゾーンのにおいが気になる人は、腸内環境から改善する必要があるかも? 便秘気味の人は特に注意が必要です。 ストレスや生活習慣によるもの 実はストレスがたまることで、デリケートゾーンの臭いがきつくなることがあります。 この原因は、ストレスによりデリケートゾーンの アポクリン汗腺を刺激してしまうからなんですって。 アポクリン汗腺からでる汗は、わきがと同じようにアンモニアやたんぱく質を含んでいるので、強烈な臭いを発することがあるんです。 「すそわきが」によるもの 「すそわきが」って聞いたことありますか? すそわきがとは、 わきがのような臭いがデリケートゾーンからもしてしまう状態のこと。 汗を分泌する汗腺にはエクリン腺とアポクリン腺があります。 体温調節や体を動かしたときに全身にかく汗はエクリン腺から、強い臭いを発するわきがの時の汗はアポクリン腺から分泌されます。 すそわきがは、陰部にあるアポクリン汗腺から臭いを発している状態なので、臭いが強くなりがちです。 病気によるもの 実は雑菌などが原因以外にも、デリケートゾーンの病気が原因で臭いがきつくなることがあります。 デリケートゾーンの臭いに関連する病気には、「カンジダ膣炎」や「トリコモナス膣炎」などの性感染症や、「細菌性膣炎」「子宮内膜炎」「子宮頸がん」などが考えられます。 臭いがきつくなる以外にも、おりものが増えたりかゆみがあるという人は、一度婦人科で診察してもらうようにしましょう。 「すそわきが」を治したいのなら美容整形 デリケートゾーンのニオイの原因が分かったところで、実は美容整形で治療できるタイプがあります。 それが「すそわきが」。 すそわきがは、アポクリン腺から分泌される汗の臭いが原因ですが、このアポクリス線をどうにかして臭いを防ぐというのが、美容整形での治療方法です。 では、どんな治療方法があるのか、見ていきましょう。 ふたつのすそわきが治療方法 美容整形で、すそわきがの治療法とされているのは2種類あります。 「ボトックス注射」と「レーザー治療」です。 以前はアポクリン腺を除去する方法もありましたが、切除後に圧迫する必要があり、日常生活に支障が出てしまうし、傷跡も残ることから、現在はあまり行われていないようです。 ということで、ボトックス注射とレーザー治療による治療方法について説明していきます。 ボトックス ボトックスというと、シワ改善でよく聞く治療法です。 いわゆる、ボツリヌス菌の毒素が持つ、筋肉の動きを弛緩させるという作用を利用した治療法で、表情筋によるシワの改善や、筋肉で太くなったふくらはぎを細くするといった使われ方をしています。 このボトックスを使用したすそわきがの治療方法とは、アポクリン腺の発汗作用を阻害するというもので、臭いの元となる汗をかかせないことで臭いを予防するわけです。 ただ、 ボトックスの効果は3か月から6か月程度しかないので、1回施術を受けたらそれで治るというわけにはいかず、定期的にボトックスを注射する必要があります。 なお、ボトックスは健康保険が適用されず、自費診療となってしまうため、費用はだいたい4万円から6万円前後かかります。 しかし!ボトックスという名称は、国内で唯一厚生労働省の認可を受けているアラガン社の商標で、通常ボトックス治療というと、このアラガン社の「ボトックスビスタ」という製品を使用していることになるため、費用は10万円を超えるところがほとんどです。 安い価格設定となっているボトックス注射は、アラガン社以外のA型ボツリヌス毒素製剤を使用した治療になり、ボトックスに比べると費用は安くなります。 レーザー治療 切らない治療の2つ目は、レーザー治療です。 簡単に言うと、レーザーを照射してアポクリン腺を直接破壊します。 レーザーの種類によっては1回の照射で完治できるものと、複数回照射をしないといけないものがあるので、治療を受ける時は施術内容をしっかり確認することが重要ですね。 なお、レーザー治療の費用は20万円から50万円前後かかることが一般的です。 まずは気軽にカウンセリングから 美容整形によるすそわきがの治療は、確実にニオイを改善することはできますが、どうしても費用は高額になってしまいます。 高いので、なかなか手が出しにくいかもしれませんが、まずデリケートゾーンのニオイの原因がなんなのかを特定するために、カウンセリングを受けてみるというのも手ですね。 デリケートゾーンの正しい洗い方 デリケートゾーンは、特に意識せずに洗っている人も多いのでは? きちんと洗えていないと、デリケートゾーンの臭いの原因に! でもとてもデリケートな部分なので専用のソープなどをたっぷりと泡立ててから、前後に優しくなでるように洗いましょう。 自分では見えにくいですが、ヒダの間も丁寧に洗いましょう。 ただし肌に傷をつけると思わぬ病気の原因にもなりかねませんし、においを悪化させかねないので、洗いすぎには注意が必要です。 膣内は自浄作用があるので洗う必要はないです。 でもアンダーヘアには汗や汚れ、生理中なら経血など汚れがつきやすい部分です。 アンダーヘアもしっかり泡立てて洗うようにしましょう。 まれに 性病が原因でにおうことがあります。 においだけでなく、なんらかの違和感を感じた場合は、早めに病院を受診しましょう。 洗い過ぎには注意しよう! デリケートゾーンの嫌なにおいが気になりすぎて、そのニオイを消そうとするあまりついついごしごし洗ったり、何度も洗ってしまう人もいるかも。 でも洗いすぎがにおいを悪化させることもあるんです! デリケートゾーンは洗いすぎると必要な潤いまで落としてしまい、肌のバリアがなくなって皮脂が過剰に分泌されるようになったりして雑菌が繁殖しやすくなってしまう原因に! においケアにはしっかり洗うことも必要ですが、くれぐれも洗い過ぎないように気を付けましょう! デリケートゾーンのにおい予防には生活習慣も気を付けよう デリケートゾーンのにおいケアには、洗い方以外にも生活習慣から気を付けることが大切です! 通気性が良くない素材の下着をずっと着用していると、汗やムレなどによってにおいの原因になります。 特にボトムスはできるだけゆったりとしたパンツやスカート、ワンピースなど通気性の良いものだとベストです。 また、ガードルやストッキングなども通気性が悪くなる原因になります。 ストレスをためると、お肌の荒れやホルモンバランスの乱れなど、女性にとっては体調に結び付く原因になることも多いです。 ストレスがたまってきたと感じたら、 自分なりのストレス解消法を見つけて時々発散するようにしましょう! 睡眠不足に気を付ける ストレス同様、睡眠不足もお肌や体調に影響が大きいため、睡眠はしっかり取るようにしましょう。 特に夜寝る時間が遅くなると肌荒れの原因にもなるので、 寝不足は女性の大敵です! デリケートゾーンのにおいで病院に行くべきケースとは? デリケートゾーンが急に臭いと感じた場合には、病気になっている可能性もあります。 考えられる病気について、順番に確認していきましょう。 デリケートゾーンがにおう時に考えられる病気 デリケートゾーンの臭いが急にきつくなった、などの場合に考えられる病気は、下記のようなものです。 トリコモナス膣炎• カンジダ膣炎• クラミジア細菌性膣炎 上記の病気になるとデリケートゾーンの臭い以外にも、とても強いかゆみやおりものの量が増えた、おりものがぽろぽろしているなどの症状もあらわれます。 デリケートゾーンがにおうからといって必ずしも病気とは限りませんが、かゆみがあったり、おりものの形状が違っている場合は、一度診察を受けてみることをおすすめします。 婦人科を受診しよう もしデリケートゾーンの悩みで診察を受けるなら、婦人科にかかりましょう。 婦人科ではデリケートゾーンがにおう原因となる病気を見極めてくれます。 婦人科系の病気は自覚症状がないことも多く、気づくのが遅れがちです。 あと、婦人科を受診すること事態が嫌な人も多いですよね! しかし、もし上のような病気だった場合、放っておくと他の病気を併発したり、妊娠できなくなることもあります。 デリケートゾーンのにおいが突然気になり始めたら、できるだけ早めに婦人科で相談してみましょう!! まとめ デリケートゾーンの臭いは専用のケア商品がたくさん市販されているので、自分でもケアすることができます。 ただし、洗い過ぎには十分に気を付けましょう。 また、少しでも臭いに異常を感じたら、婦人科の受診をおすすめします。

次の

デリケートゾーンのにおいケア商品はどこで買う?おすすめソープ5選

デリケート ゾーン 臭い 病気

デリケートゾーンやおりものから強いニオイがしたときには、性感染症や何かしらの病気にかかっている可能性があります。 子宮頸がんや子宮内膜症といった女性特有の病気、淋病やクラミジアなどニオイに特徴があります。 そこで今回は、 デリケートゾーンの臭いが気になったら、疑って欲しい7つの病気と性病について紹介していきたいと思います。 性感染症は無自覚な場合も多い病気です。 違和感を感じたら放置せず、クリニックなどに受診してみましょう! デリケートゾーンの7つの病気の臭いと特徴 デリケートゾーンには色々な種類の病気や性病があります。 女性は、おりものの臭いに変化が現れる場合もあり、トイレなどの度にチェックできますね。 症状 性交時子宮頚部の刺激による出血、血尿、血便、頻尿、体のだるさなど。 また、性病かな?と思ったら自宅でも性病検査ができます。 病院に行くのが恥ずかしいと思ったら、性病検査キットも試してほしい一つの方法です。 おわりに どうでしたか?あなたに思い当たる症状はありましたか? 性感染症の中には自覚症状がなく、体調不良や一時的なものと見過ごしてしまうことが多いんですよ。 しかし、放っておくと合併症と併発したり、さらに大きな病気へとつながる可能性もあります。 デリケートな部分のことですから、恥ずかしさもあるかもしれませんが、医療従事者からすれば何も特別なことではありません。 また、安易に考えていると大切な家族やパートナーを危険な目に合わせるかもしれません。 検査の結果、何事もなければ安心できますよ。 一人で悩まず勇気を出して、相談してみて下さいね。

次の