プリ デスティ ネーション 解説。 プリデスティネーション

【ネタバレ】プリデスティネーションを時系列と共に解説してみた

プリ デスティ ネーション 解説

キャラクター ジョン 両性具有の得意体質。 ジェーン 頭脳と身体能力に秀でた天才でそれ故に他人を理解できず孤独。 養護施設の前に捨てられていたところを助けられた孤児。 フィズル・ボマー 大量殺戮を行う爆弾魔。 あらすじ 主人公は時間を管理する政府機関に所属し爆弾魔の犯行を阻止することを生き甲斐としてるエージェント。 しかしその任務の最中に失敗、大やけどを負う。 ネタバレ 考察 ウロボロス 自分の尾を咬む蛇というのが作中でてきますが、ウロボロスのことですね。 「死と再生」「不老不死」をあらわすとwikiにあります。 つまり循環を意味します。 始まりが終わり、つまり大きく広がっていった複雑な因果関係が同一の時空に収束するこの作品の本質を表現しています。 「卵が先か鶏が先か」 この冒頭のセリフも同様ですね。 整理 冒頭で任務に失敗し顔を焼かれた男。 彼はジョンです。 名前がないので整理するために「火傷ジョン」とします。 火傷ジョンはフィズル・ボマーの正体は知りません。 彼は正義感に駆られて凶悪犯フィズル・ボマーの逮捕を生き甲斐としていました。 しかしタイムスリップを繰り返して事件を防ごうしても常に先を越されている。 度重なるタイムスリップは身体へのダメージが強く認知症やその他の精神病を引き起こします。 なので一人の人間がこなす任務には肉体的な限界がありました。 火傷ジョンはもう仕事をこなせるような身体ではありません。 フィズル・ボマーの逮捕に執念を燃やす火傷ジョンは自分自身の両性具有という特異体質であることを利用するアイディアを思いつきました。 それは自分自身で自分自身を作りだすこと。 さて整理します。 火傷ジョンは女性「ジェーン」だった頃の自分の元に出産を経て「ジョン」へと変化した未来の自分を送り込みます。 つまりもともと火傷ジョンは女性でした。 そのジェーンが男性のジョンへと変わるのは出産を経験したからなのでこの時点で因果関係が崩壊したおかしな話ではあります。 火傷ジョンは少し過去へと戻り過去の自分ジョンと接触、ジョンはさらに少し過去へ送られ、少し過去にいた自分であるジェーンと恋に落ちました。 ジェーンはジョンとの子供ジェーンを産みます。 そして火傷ジョンはジョンをロバートソンの元へ送り込み、フィズル・ボマー逮捕の仕事を引き継がせます。 その後火傷ジョンは病院で誘拐したジョンとジェーンの子供、「子ジェーン」を孤児院へ送りこみ、仕込みは完了です。 これにより因果関係が一点の時空に収束しました。 ロバートソンの元では火傷する前のジョンがせっせと仕事をこなしていきますが、任務を失敗し火傷。 仕方がないので火傷したジョンはジェーンを作り出すための時間旅行を開始。 次のロバートソンの元へ送り込むジョンを仕込みます。 これが無限に繰り返されます。 どの時空のロバートソンも部下の肉体へのダメージを考慮する必要がありません、さらに因果関係から完全に切り離されたジョンは本来の史実への干渉を最小限に抑え込むことができます。 ロバートソンが火傷ジョンのことを過去と未来から干渉を受けない云々と表現していたのはそのことでしょう。 ロバートソンは次々に送り込まれてくるジョンに仕事をさせることができるので定時であがれますね。 めでたしめでたし。 大仕事を成し遂げた火傷ジョンは元の時空に戻りほっと一息。 とりあえず任務は引き継げましたからね。 そして最後の仕事はタイムマシーンの機能を停止し歴史への干渉をやめること。 しかしエラーが出てしまいました。 魔が差した火傷ジョンはフィズル・ボマーの時間へ。 そこにいたのは老いた自分自身。 度重なるタイムスリップの後遺症で脳と精神に異常をきたしたジョンがいたのでした。 フィズル・ボマーは度重なるタイムスリップでおかしくなったジョン。 だから、つまりフィズル・ボマーが居たのが悪い。 え、でもフィズル・ボマーはそのジョンだから…ジョンが居なければフィズル・ボマーは生まれなかった… じゃあジョンが生まれたないように…ジョンの母親のジェーン、その母親もジェーン、その母親もジェーン。 …というように始点へ戻ってしまいます。 いや、その始まり自体が曖昧で存在していません。 これがこのタイムパラドックスの奇妙なところ。 始まりも終わりも存在せず、ただ循環があるのみ。 巨匠ハインライン 「輪廻の蛇」というハインライン原作の小説が元となっています。 このほかにも「夏への扉」というタイムパラドックスを描いた作品がありますね。 どちらも非常に面白い作品でぜひ読んでもらいたい。 タイムパラドックスどう説明すんねん これは私が生きてる間に解決できるか分かりませんが時々考えてしまう問題です。 過去に戻れるのなら必ず発生する矛盾。 時間て何なんでしょう。 実は連続した時間があるという感覚だけが時間であり、本当は私たちの意識が作り出した錯覚かもしれません。 過去があった、未来があるという証明はできません。 本当は無秩序で不連続で原因も何も存在しない。 あるのは現象の結果だけ。 今が存在しているという認識すら錯覚であり無限の時間の中で絶えず変化する宇宙の刹那の姿であるのかもしれません。 宇宙の始まりは?その始まりは?その始まりは?というように宇宙の始まりひいては存在の本質を考えた時、原因と結果という観点では行き着かない領域を感じます。 「有であり無である」「無限であり0である」という矛盾し定義できない状態にこそ本質が隠れている。 私はそれがこの世界だと感じています。 感想 登場人物がほとんどジョンという風変わりな映画ですがタイムパラドックスを逆手に取った面白いアイディアだと思います。 興味が湧いてきますよね。 時間てどんな風になっているんだろう?って。 そう思った方は私が好きな作家のジェームズ・P・ホーガンの小説「未来からのホットライン」もぜひ読んでください。 これはシュタインズゲートがパクった?作品です。 ホーガン流の時間の解釈、とても面白いです。 現在は過去からだけでなく、未来からも干渉を受ける。 突飛なアイディアですが実際にも考えられているものです。 そして落ちでゾクゾクしてきます。 果たして時間は一方だけに流れているのか、いやもしかすると連続性という秩序すら私たちの主観が作り出した幻影なのかもしれません。 他のタイムパラドックス映画.

次の

プリデスティネーションの解説、難しい、時系列、ネタバレ結末、動画

プリ デスティ ネーション 解説

『プリディスティネーション』は、 2015年に公開されたオーストラリアの映画(97分)。 (約5分で読めます)• 『プリディスティネーション』のネタバレなしのあらすじ では、本作品のネタバレなしのあらすじです。 タイムマシンで過去に戻り、事件を未然に防ぐ時空警察のエージェントとして働く男は、表の顔はバーテンダー(イーサン・ホーク)。 凶悪な連続爆弾魔を捕まえるため、ある青年をスカウトする。 その青年は実は人生に闇を抱え、ある人物に人生を狂わされていた。 「その人物を目の前に差し出してやろうか?」と復讐のチャンスを与えてやると一緒に過去にタイムスリップする。 『プリデスティネーション』を観た感想と見どころ すべてが繋がっていく イーサン・ホーク演じるバーテンダーはたまたま客として来ていた奇妙な青年と会話をする。 その青年は、ある男に人生を狂わされたといい、心に深い闇を抱えていた。 バーテンダーに打ち明ける青年 その悩みを聞いた後に 「その男を目の前に差し出してやろう」と復讐のチャンスを与えるバーテンダー。 このバーテンダーは実は、過去や未来にタイムスリップできる時空警察で、この青年がバーに来ることもわかっていて話しかけた。 目的は最近起きている連続爆弾魔を捕まえるために時空警察にスカウトすることだった。 その話に青年は半信半疑のまま、バーテンダーとともにタイムスリップして過去に戻る。 そこで、自分を苦しめた男との再会を果たすのだが実は・・・ バーで会話するバーテンダーと青年 と言ったように、バーテンダーと青年、そして青年を苦しめた男、爆弾魔、と登場人物はたくさんいるなかでひとつの真実につながっていく。 すべての矛盾がスッキリ解決されるラストはとても見応えあります。 爆弾魔がなぜ、犯罪を犯したのか。 この方の「なんとも言えない感覚」って僕が先ほど書いた切ない感覚と似ているような気がします。 運命やその先をすべて知ってから観るとまた違った感想がでてきそうな映画。 誕生日前日締めは『プリデスティネーション』でした。 パラドックス、タイムルーパーものですが難解!はじめは何を長々とと思ってたけどどんどん紐が解けていく…少しでも話したらネタバレに🤭ネタバレレビュー読んでると頭クラクラしてくるけど 笑 隠れた傑作SFと呼ばれるのもわかります。 お勧めです。 伏線回収が上手い!衝撃に次ぐ衝撃。 卵が先か鶏が先か。 見た後絶対そうだったのか…と唸るはず。 脚本がホントに素晴らしい。 イーサン・ホーク出演作ってほぼハズレ無いよね。 トップクラスに好きなSF映画。 — YOSSY- よっしー GOODWETHERINGER 脚本が本当に素晴らしいと思います。 「ないエンタメがない!」がキャッチコピーで動画本数なら圧倒的にU-NEXTですね! 他の動画視聴サービスより割高ですが、毎月1,200円分のポイントが付与されるのが嬉しいですね。 見放題にない新作映画も2,3本観れちゃいます。 僕もU-NEXTヘビーユーザーです。 笑 CDも借り放題『TSUTAYA DISCAS』『TSUTAYA TV』 正直これはあまりオススメしません(笑) とても難解だからです。。 ラストまで観終わっても意味が分からないタイムリープ系映画でした(笑) ネタバレ解説読んでやっとわかったけど、それでもスッキリしないのは僕だけでしょうか・・・ ぜひ、チャレンジしてみてください(笑) ジェイクギレンホール演じる大学生の青年は、ある日、夢の中に銀色のウサギが出てきて「あと28日と6時間42分12秒で世界が終わる」と告げられる。 そして、目がさめるとなぜかゴルフ場の芝生や上で寝転んでいた。 g4n0323.

次の

Predestination プリデスティネーション 2014

プリ デスティ ネーション 解説

画像出典元URL: ぷらすです。 『日刊オレラ』に『プリデスティネーション』の感想載せてもらいましたー。 というわけで、今回は特別編として、こちらのブログではバリバリネタバレしつつ、もうちょと深い感想を書いていこうと思います! なので、ここで注意事項。 本作は、出来るだけ内容を知らずに見たほうが楽しめます。 さて、いかがでしたか? 『プリデスティネーション』 本編で、「卵が先か鶏が先か」の質問をする、演じる「ジョン」の問いに、サラ・スヌーク演じる「ジョン」が「雄鶏」と答えるシーンと、原作版の「輪廻の蛇」という邦題と映画本編でが言う「自分の尾を追いかける蛇」というセリフが、本作のほぼ全てですよね。 本作エピソードを時系列順に並べ替えると。 でも愛想が悪く嫌われ者。 自分以外はバカだと思って育つ。 (本人には知らされず) 試験に落ちる。 両性具有であること、手術によって男性になったことを知らされ、さらにひとり娘を誘拐され絶望。 そして、1970年、偶然入った酒場で今までの人生を、()に告白。 過去の自分と恋仲になり、妊娠させた男が自分だった事を知る。 そして自分の宿命を知ったジョンは、の『後継者』として仕事に邁進し功績を挙げる。 やがて史上最悪の爆弾魔 フィルズ・ボマーが起こす爆破事件を阻止しようと1970年へ。 ジョンとジェーンを引き合わせると、自分は1970年にジャンプ。 フィルズ・ボマーを殺害しようとするもまた失敗し取り逃がす。 そこで顔と声を失った自分と出会う。 さらに1963年に戻りジョンを連れて未来へ行き、「輪廻の輪」を閉じる。 フィルズ・ボマーが最悪の事件を起こす1975年にジャンプしたジョンは、タイムマシンにパスワードを入力し機能を停止させ、その時代に留まるハズだったが、タイムマシンはエラー。 まだジャンプが可能に。 そこで出会ったのは未来からジャンプしてきた自分。 フィルズ・ボマーは自分だったのだ。 結局、ジョンは未来の自分を殺すことで最悪の事件は未然に阻止した(?)ものの、その目には異様な輝きが……。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 自分から生まれ、自分に恋をして、自分を産み、自分に恋をして、自分の後継者になって自分を追い、自分を殺す。 究極の「全部オレ」状態。 まさに、『鶏が先か卵が先か』というの物語なわけです。 でも、よくよく考えると「じゃぁ、このの『一番最初』はどこなの?」となりますよね? つまりそもそもジョンがフィルズ・ボマーにならなければ、ジョンが彼を追うために輪廻を開く必要はなく、でも、逆にジョンがフィルズ・ボマーにならなければ、そもそもジョン(ジェーン)は生まれないという矛盾。 その答えは劇中では語られませんが、多分 サラ・スヌーク演じる「ジョン」の「雄鶏」という答えがひとつのキーなのかなーって思います。 (いや、そもそも明確な答えなんかないんでしょうけども) ただ、この物語の主題のウエイトはむしろもう一本の柱である、ジェーン=ジョンというひとりの人間の数奇で残酷な運命を描くことにあったのかなーなんて思ったりもします。 女性としても男性としても『世界』に受け入れらずに最小単位で閉じてしまった、ジェーン=ジョンの世界を描くこと自体が本作のテーマだったんじゃないかなと。 そう考えて振り返ってみれば、ジョンがフィルズ・ボマーに執着するのも納得の展開なんですよね。 多分、あの爆弾魔の気持ちを一番理解しているのは、1970年に酒場に現れたジョン( サラ・スヌーク)で、それはジョン自身の望みでもあるんですよね。 (酒場でフィルズ・ボマーを支持するような言動や表情をしてるし) 「こんな(自分が受け入れられない)世界ぶっ壊れてしまえ」という望みを叶えるべく、フィルズ・ボマーが凶行を続けているとも取れます。 なんせ、ジョンはフィルズ・ボマーにとって唯一愛し愛された恋人であり、娘であり、母親であり、父親であり、自分自身であるわけですから。 ラストシーンで、フィルズ・ボマーは訳のわからない理屈を並べ立てて自分を正当化しようとする狂人のような言動をとりますが、実は自分に自分を殺させることで『後継者』にバトンタッチして、輪廻から抜け出すまでがジョンの輪廻の『パッケージ』なのかもなーなんて妄想してしまいました。 あなたは、本作をどんな風に解釈しましたか? ではではー。

次の