コストコ 牛 タン 切り 方。 コストコの牛タン800グラムをまるごと一本、自宅でフライパンで塩釜焼きにしたら激ウマだった

コストコの「牛タン1本」を上手に切り分けておいしく食べる方法

コストコ 牛 タン 切り 方

おすすめの「肉」を選んだ根拠 このページで紹介するお肉は、 ・実際に購入して食べた・使った ・損をしないコスパの高い商品 を厳選しています。 そして何より「何度でもリピートしたい!」って思える商品ですね。 「せっかく行ったし何か買いたい」というお試しの人も「いつも同じ物ばかり買ってしまうしおすすめを教えてほしい」というベテランの人も参考にしてみてください。 変動することもあります。 「牛肉」のコストコおすすめ商品 ステーキ肉から焼肉まで、がっつりと食べたい人におすすめです。 USA ビーフ トップ ブレード ステーキ 牛ステーキ肉をがっつり食べたい人に最強におすすめ。 コストコで販売されているステーキは、どれもまとめ売りなのでいざ買うとなると5,000円~10,000円くらいします。 1人前で考えると高くはないんですが躊躇する価格ですよね。 ところが、このUSA ビーフ トップ ブレード ステーキは、約1. 7kgで3,000円台と買いやすい価格なんです。 「赤身が多くて固そう」と思われるかもしれませんが、全くそんなことはなく、がぶりとかみ切れるほど柔らかいですよ。 ステーキとローストビーフにしていただきました。 容量:1,771g 購入時の価格:3,507円 USA ビーフ 肩ロース焼肉 焼肉用の肩ロース。 そのまま焼いてステーキのように食べてもいいし、一口サイズに切って焼肉にして食べてもいいです。 脂が少ないわりに柔らかいので、いくらでも食べられます。 育ち盛りのお子さんがいるなら重宝しますよ。 かなり量が多いので、大人数のバーベキューにもおすすめ。 容量:1,592g 購入時の価格:2,834円 アメリカ チルドビーフ カワムキ タン タンを丸ごと1本。 好きな大きさにカットできるのが魅力です。 厚切りにして牛タンステーキと焼肉で食べました。 やわらかいので、がぶりと食べられますよ。 容量:0. 74kg 購入時の価格:2,953円 プルコギビーフ 韓国焼肉風 味付けされた牛肉です。 フライパンで焼くだけで食べられてお手軽。 1コーナーを占領するほど大量に販売されていて、買っている人が多かったので試してみました。 やわらかい牛肉とプルコギソースがおいしくて、ごはんによく合います。 卵を落として牛丼風にしても最高ですよ。 容量:1,944g 購入時の価格:2,877円 スポンサードリンク 「豚肉」のコストコおすすめ商品 コストコは、牛肉が多めですが安くておいしい豚肉もあります。 三元豚 肩ロース焼肉 お肉を食べたいけど予算を抑えたいならこれです。 肉厚でやわらかくおいしいです。 焼くだけでも、主食になりますよ。 容量:1,601g 購入時の価格:1,585円 「とり肉」のコストコおすすめ商品 コストコは、さくらどりが大人気です。 国産品さくらどり もも肉 コストコで大人気の国産とりもも肉。 慣れている人は、迷わずカートに放り込んできます。 4kgあるので、冷凍保存しておくと重宝します。 4パックに分かれているので、そのままでも使いやすいですね。 肉質がしっかりしていて食べごたえがありますよ。 親子丼でも野菜炒めでも鍋でも、なんでも使えます。 容量:2,400g 購入時の価格:2,198円 ジンジャーチキンウィング 国産鶏肉の手羽先と手羽元をみそジンジャーソースで調理されています。 ほのかに香るしょうがの風味と甘辛いみそがよく合っています。 電子レンジで温めて、そのまま食べられるのでお手軽。 価格も安いので、コストコのデリカに、もう一品付け加えたいときにもおすすめです。 容量:1,023g 購入時の価格:1,125円 「ラム肉」のコストコおすすめ商品 コストコは、ラム肉を大量に買える数少ないお店です。 その辺のスーパーでは、売ってても少量で高いんですよね。 我が家はラム肉大好きなので、毎回買っています。 オーストラリア チルド ラム肩切り落とし ラム肩切り落としは、使いやすさが魅力。 小分けで冷凍して、ジンギスカンや野菜炒めなどに使ってます。 容量:1,433g 購入時の価格:2,121円 オーストラリア ラムロインチョップ 厚切りのラムチョップ。 焼くだけで豪快なラムステーキを食べられます。 肉厚ですがやわらかく、2枚くらいはぺろりと食べられます。 記念日のディナーにおすすめ。 こんなボリュームのラム肉が安く買えるのは、さすがのコストコです。 容量:996g 購入時の価格:2,171円 オーストラリア チルド ラム肩ブロック 真空パック ラム肉のブロック。 一口サイズに切って、焼いて食べたらめちゃくちゃおいしかったです。 好きな大きさに切れるのもいいですね。 100g当たり112円と激安でした。 容量:1,880g 購入時の価格:2,106円 「加工肉」のコストコおすすめ商品 自家製デミグラスハンバーグ(HAMBURGER STEAK) げんこつのように丸くて大きなハンバーグステーキ。 肉汁がすごいです。 一晩寝かせたというデミグラスソースも甘くて濃厚。 子どもがすごく喜びました。 しかも、1個当たり約350円と安いです。 調理方法は、袋のまま熱湯で7~10分温めるレトルトタイプです。 4パックに分かれていて、使いやすいです。 噛めば噛むほどジューシーで、しっかりとした旨味が口の中に広がります。 スープやグラタン、野菜炒めで使いました。 肉厚なので、主力になるほどのインパクトがあります。 容量:230g(57. 好きな大きさに切って料理に使えます。 容量:230g(57. お肉は空気に触れると傷みやすいので、空気はしっかりと抜いておきましょう。 サランラップに包むとなおよし。 冷凍庫は、コストコで購入したお肉でいっぱいです。 3人家族なので、1回では到底食べきれません。 使うときは、電子レンジで全解凍しています。 大体、1か月以内に消費していく感じですね。 まとめ コストコのお肉はおいしいです。 近所のスーパーより、ちょっと高いなと思っても、味がいいので買ってしまいますね。 アメリカサイズが魅力なので、がっつりとお肉にかぶりついてみてください。 今後もコストコに行くたびに商品を追加・更新していく予定です。

次の

コストコの牛タンについて!焼き方・下処理・血抜きは?レシピ/食べ方も

コストコ 牛 タン 切り 方

全マシニキは今日も全マシィィィッ! 全マシニキです! あなたはBBQは好きですか? まあ、嫌いな人なんてあまりいないですよね。 小人数でしっぽりやるのも良し、大人数でワイワイやるのも良し。 そのBBQがもっと楽しく盛り上がること間違いなし! そんな提案を私からさせていただきます。 そして、ぜひ次回のBBQで試してみてください! コストコ 牛タンブロック 今回はコストコで牛タンブロックを買ってきました。 購入時は100gあたり399円です。 約730グラムで2913円(税込)でした。 控えめに言っても破格の値段です。 スーパーなんかではこの価格でなかなか買えません。 焼肉屋だったら1皿100g程度で1000円超えがザラです。 なのでこちらを買って自分で捌けば超お得なんです。 しかしながら捌き方がわからないから買えない方も多いのではないでしょうか? そんな方は当記事で覚えて試してみてください。 調理方法 まずは真空パックを開封して、クッキングペーパーでドリップをしっかり拭き取ります。 拭き取った後はラップで包んで1時間くらい冷凍庫に入れます。 生のままだとグニャグニャで切りずらいので表面を冷凍して少し締めるのが目的です。 締めた牛タンがこちらです。 これからこれを包丁で切るわけですが・・・ ポイント! 写真の牛タンの右側、先細っている部分が タン先です。 固めなので、できるだけ薄く切ります。 写真の牛タンの左側、太くて白っぽい部分は タン元です。 脂が乗って非常に柔らかいので厚めに切ります。 切った後です。 タン先から半分は薄切り、残りは厚切りって感じでいいと思います。 BBQの人数が多い場合は薄切り多め、少ない場合は厚切り多めがいいでしょうw 美味しく食べるために、もう一手間を加えます。 厚切りにしたタン元は柔らかいですが、噛み切りやすくするために切れ目を入れます。 切り込みはできるだけ深く、けれど切り離さないように切るのがポイントです。 いわゆる 「マンゴーカット」ってやつです。 こういうのは高級な焼肉屋でしか食べられませんよねー。 私はそんなお店行けませんので自分で調理しますw 黙々と切り込みを入れます。 正直、かなりめんどくさいですが、食べる人が喜んでくれるのを想像しながら頑張りましたw これでカットは完了なので、次は味付けです。 味付け 私はいつも塩、コショウ、そして 隠し味に味の素などの化学調味料をもみ込みます。 化学調味料が味付けのポイントです。 しっかり均等になるように混ぜ混ぜしましょう。 混ぜ込んだ後は袋などに入れて一晩漬けこみます。 仙台名物の牛タンは美味しいですよね? 今は無化調で味付けしている店も多いらしいですが、昔はこうやっていたらしいですよ。 だから美味しいってのもあるんです。 しかし仙台名物牛タン定食は非常に高価なので私は自分でやりますw 美味しい焼き方 この牛タンはBBQで炭火焼きするのが一番美味いです。 そりゃあ、炭火で焼けば大抵のものは美味しくなりますけれどねw だからこそBBQでこの牛タンを使うのです! フライパンで焼くのはもったいないですよ。 それと、焼きすぎ注意です。 硬くなって、せっかくの牛タンが台無しになります。 マンゴーカットです。 切れ目を入れているので簡単に噛み切れます。 また、火も通りやすくなります。 タン先も薄く切ってあるので程よい歯ごたえで美味しいですよ。 厚く切ると食べずらいので注意してください。 牛タンと言ったら味噌ダレや塩ダレに漬け込んだものもありますが、この牛タンは美味しいので素材の味を生かしてあまり濃い味付けをしない方がいいと思います。 特にこのタン元は脂が乗っているのでタンの甘味が強烈です。 塩コショウのみで十分過ぎます。 それと化学調味料漬けも1回試してみてください(邪道かもしれませんが) 参加者全員が美味い美味いと笑顔になったので、私も幸せな気持ちになりました。 持って行って良かったです。 他の調理方法 圧倒的にBBQを推奨しますが、冬場はカレーやシチューにするのも良いですよ。 タン先は角切り、タン元はステーキのように切って煮込むといいでしょう。 ホロホロに煮込むと美味しいですよ! 感想 BBQやるなら絶対に用意したいアイテムですね。 牛タンがこの値段でガッツリ食べられますから! この値段は本当に安いです。 品質も悪くないです。 私が振舞ったメンバーには大好評でした。 コストコではこの他にも厚切り牛タンが売っていますが、こちらは美味しいタン元だけのパックなので、100gあたり480円します(それでも安いですが) 捌く手間はかかりますが、ブロックで買った方が断然安いです。 正直、コレを自分で炭火で焼いたら仙台で高い牛タンを食べられなくなります。 スーパーで買った牛タンを食べる際でも、化学調味料漬けで食べてみてください。 私はいろんな人にこの味付けで振舞ってきましたが、みんな本当に喜んでくれました。 この記事を見てくださったコストコ好きのあなた! コレを期に牛タンブロックにチャレンジしてみてください。 捌くのは簡単ですし、安くて美味しいです。 ぜひBBQで試して欲しいですね! モノは違いますがネットでも買えます。 100gあたり400~500円あたりなら買いかな?.

次の

コストコの牛たんの切り分け方

コストコ 牛 タン 切り 方

にはさまざまなお肉が売られていますが、なかでも『USAチルドビーフ カワムキタンVP』は気になりますよね。 牛タンのかたまりがどーんと約900g! でも、焼肉店でも薄切り状態のものしか見たことがないのに、どうやって調理すれば…と躊躇する人も多いのでは? そこで今回、切り分け方や焼き方、さらに保存方法までをご紹介。 「VP」は真空パックのことですね。 お値段は100gで389円(税込)。 購入したものは0. 84kgで2,368円(税込)です。 ちなみに近所のスーパーでは、アメリカ牛のタンスライスは100gで通常時734円(税込)、特売時441円(税込)でした。 それに比べて、コストコのものはコスパが高いと言えますね。 こちらが開封した状態。 きれいに皮むき処理がされており、全部食べられます。 調理の手間が軽く済むのはありがたいですね。 ちなみに、タンの先端部分(歯ごたえがあって、煮込みなどに使われる)もカットされています。 気になる方は、最初に血抜きをしておきましょう。 塊のまま、水につけて30分を3〜4回繰り返します。 とはいえ、本品はそこまでやらなくても大丈夫っぽい。 それでは、この牛タンを「焼肉」としておいしくいただくために、切り分け方から紹介していきましょう。 牛タンの切り分けかた まず、裏側にあるスジ(青色の四角で囲った部分)を、包丁で切り分けましょう。 この部分だけ特に硬いので、取り除いたほうが食感がよくなります。 スジを切ったところです。 このスジは、あとでスープの具にしますよ。 本体の方は、ラップで固く巻いて冷凍庫へ。 3時間ほど待って半冷凍状態にすることで、包丁で切りやすくなります。 ちょっと凍った状態になったので、ラップを外して準備OK。 いよいよ切っていきます! 大まかに3分割してみましたが、脂の入り具合がぜんぜん違いますね。 右側がタン元側、左側がタン先側です。 脂がたっぷりのったタン元は、厚めに切りましょう。 その際、断面の表と裏に、網目状に切り込みを入れておくと、火の通りがよくなり、うまく焼き上がるようになります。 タン先のほうは、薄切りにしましょう。 一切れを大きく取りたい場合は、上の写真のように、1枚めは切り離さず、2枚めを切り落とすことで、観音開き状態にします。 というわけで、1本の牛タン塊から、これだけのスライスが取れました。 右がタン元側、左がタン先側になっています。 最後に、30cmくらいの高さから塩をふりかけます。 裏返して、同様に塩を振ります。 あとは焼くだけ! 焼くだけでうまい! 部位ごとの食感の違いも楽しめる! 熱したフライパンに、油は引かず牛タンを並べていきます。 タン元は特に脂が出るので、キッチンペーパーなどで吸い取りながら調理していきましょう。 表裏とも、1〜2分ずつ焼けばできあがり。 焼き上がったタン元を、包丁で食べやすい大きさに切ってみると…中はほんのりピンク色で、完璧な仕上がり! みずからの脂によって揚げ焼きされた状態になっていて、外はカリカリとこうばしい食感。 しかし、中はふんわりやわらかく、簡単に噛み切れます。 そして肉のうまみが口の中にひろがってきて、味付けは塩だけなのに極上のおいしさ! こちらはタン先側の焼き上がり。 歯ごたえがシャキシャキとしていて、これぞ牛タンという感じですね〜。 脂が少ない分、肉々しさを楽しめます。 今回、付け合せに白菜の浅漬けを添えたのですが、このチョイスは正解ですね。 濃厚な肉の脂をさっぱりとリセットしてくれました。 これはとことんご飯が進む組み合わせですよ! スジはコマ切れにしてスープに 先ほど取り除いたスジは、スープにしていきます。 なにしろ噛みごたえがあるので、食べやすい大きさに切っておくのが肝心です。 お湯を沸かしたら、中華スープの素、生姜を入れ、コマ切れにしたスジを投入。 煮立たせるとアクが出るので取りましょう。 仕上げに刻んだネギ、ごま、こしょうを入れてできあがり。 いただいてみますと、やはりけっこう歯ごたえがありますね〜。 ただ、噛みしめると肉の味わいが出てきて、満足感は高め。 ネギのさわやかさがアクセントとしていい感じです。 食べきれない分はラップを使って冷凍保存 一度に食べきれない場合は、冷凍保存するとよいでしょう。 あとで使いやすい包み方として、以下の方法があります。 ラップを台の上に長めに敷いて、スライスした牛タンを3切れほど並べます。 ラップを手前にくるっと返して、その上にさらに牛タンを並べていきます。 どんどん重ねていくと、写真のようにコンパクトにまとまりました。 これをフリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。 使うときは、ラップをペリペリと剥がしていけば、必要な分だけ取り出せます。 ちなみに、解凍は「前日から冷蔵庫でゆっくりと」がおすすめです。 凍ったまま焼いてしまうとおいしく仕上がらないのでご注意を!商品情報正味量|0. また、紹介している商品は地域や時期等によって扱っていない場合もございます。 あらかじめご了承ください。 外部サイト.

次の