けっきょ く ぼく が いちばん つよく て すごい ん だ よね。 114. おすすめの日本語学習アプリと教科書について by Learn Japanese with Noriko • A podcast on Anchor

あつめて! カービィ/セリフ集

けっきょ く ぼく が いちばん つよく て すごい ん だ よね

日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. 作家(さっか)田口久人(たぐちひさと)さん👉 yumekanau2 Words: 50万人(まんにん) 出版(しゅっぱん) 詩(し) 自己啓発(じこけいはつ) ちなみに 深める(ふかめる) 悔いなく(くいなく) 後悔(こうかい) やり残す(のこす) 失う(うしなう) 貴重な(きちょうな) 取り戻す(とりもどす) 思い通りにいく(おもいどおりにいく) 捉える(とらえる) 姿勢(しせい) 心(こころ)にしみる 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. なるべく努力します。 できるだけ早く来てください。 なるべく早く来てください。 できるだけ早くお願いします。 早急にお願いします。 至急お願いします。 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Instagram: norijpteacher Email: norijp. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. コーヒーをたくさん飲んだので、なかなか寝られない。 毎日ジョギングしているのに、なかなか痩せません。 何度も書いて練習しているのに、なかなか漢字が覚えられません。 毎日韓国語を勉強しているけれど、なかなか上達しません。 なかなかバスが来ない。 なかなか先生が来ません。 👉「なかなか」without「ない」 1. あのとんかつラーメンは、なかなかおいしいよ。 あの映画はなかなかおもしろかったよ。 Wanikaniというアプリはなかなか便利だよ。 Words: カフェイン ダイエット 痩せる(やせる) 何度も(なんども) 覚える(おぼえる) 上達する(じょうたつする) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Stand out from the crowd and you just invite trouble for yourself. Words: 杭(くい Stakes 釘(くぎ)Nails 日本社会(にほんしゃかい) たたく 打つ(うつ) 飛び出す(とびだす) 目立つ(めだつ) 優れている(すぐれている) 注目を浴びる(ちゅうもくをあびる) 嫉妬する(しっとする) 足を引っ張る(あしをひっぱる) 才能(さいのう) 妬む(ねたむ) 風潮(ふうちょう) 余計なこと(よけいなこと) 人気者(にんきもの) 悪口(わるぐち) 発言(はつげん) アンチ 批判(ひはん) うっとうしい 攻撃(こうげき) 存在(そんざい) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. youtube. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 兄は自分で料理しないくせに、いつも私の作ったものに文句を言う。 妹は怖くて夜眠れなくなるくせに、ホラームービーばかり見ている。 トムさんは貧乏なくせに、ガソリンをたくさん使う高いスポーツカーに乗っている。 昔は「男のくせに泣くのはよくない」とか「女のくせに強すぎる」とか言いましたが、今ではそう思う人は少なくなってきたと思います。 Words: 批判(ひはん) 高級車(こうきゅうしゃ) 固定観念(こていかんねん) 甘いもの(あまいもの) 饅頭(まんじゅう) 偏見(へんけん) 古くさい(ふるくさい) 反論(はんろん) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 夜(よる)に爪(つめ)を切(き)ると親(おや)の死(し)に目(め)に会(あ)えない 2. 霊柩車(れいきゅうしゃ)を見(み)たら親指(おやゆび)を隠(かく)す 3. 北枕(きたまくら)は縁起(えんぎ)が悪(わる)い 4. 耳(みみ)たぶが大(おお)きいと金持(かねも)ちになる 5. 4(死)と9(苦)は縁起(えんぎ)が悪(わる)い Words: 宗教(しゅうきょう) 迷信(めいしん) 言い伝え(いいつたえ) 爪(つめ) 立ち会う(たちあう) 葬式(そうしき) 霊柩車(れいきゅうしゃ) 魂(たましい) 枕(まくら) 縁起が悪い(えんぎがわるい) 七福神(しちふくじん) 大黒天(だいこくてん) 肩(かた) 背負う(せおう) 小槌(こづち) 福耳(ふくみみ) 背景(はいけい) Today I'm talking about ゆるくいきる. What does it mean? 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. そうじゃなくて、もうちょっとばかになって、今日のことしか考えられないと、幸せになりやすいのにね』 『俺は、絶対落ち込まないのよ。 落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。 過大評価しているから、うまくいかなくて落ち込むのよ。 人間なんて、今日できたこと、やったことがすべてやねん』 Words: 目(め)にする 緩い(ゆるい) 隙間(すきま) ぴったりしている 余裕(よゆう) 曲がり角(まかりかど) カーブ 急(きゅう)な 激(はげ)しい 社会人(しゃかいじん) ストレスを抱える(かかえる) しんどい 楽に(らくに) 過大評価(かだいひょうか) 期待(きたい) Today I am talking about what you need during the lockdown. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. youtube. thelinguist. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. edo-tokyo-museum. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. ボウルにバターを入れてハンドミキサーでクリーム状にし、砂糖(さとう)を2回に分(わ)けて加(くわ)えてまぜる。 卵(たまご)をフォークで手早く(てばやく)ほぐして加(くわ)えたら、ハンドミキサーの回転部分(かいてんぶぶん)をはずし、手にもちかえてまぜる。 天板(てんばん)にオーブンペーパーを敷(し)き、ティースプーンで生地(きじ)をすくって落としていく。 上に牛乳をはけでぬる。 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. youtube. youtube. youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. This manga was created by Yuki Kikuchi. The last scene and how to end the story became big trend in Japan and people talked about it a lot. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Please check her YouTube channel to get inspired. instagram. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. しようがないじゃん。 しようがないよ。 しようがないなあ。 Words: 挑戦する(ちょうせんする) ニュアンス 遅刻する(ちこくする) バス停(ばすてい) 乗り遅れる(のりおくれる) 手段(しゅだん) 福岡(ふくおか) 人生(じんせい) それが人生だよ。 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Words: たんぽぽ(dandelion) 雑草(ざっそう) 水仙(すいせん narcissus) 春一番(はるいちばん) 中国地方(ちゅうごくちほう) 春一番が吹く(はるいちばんがふく) 風 かぜ) 桜(さくら) 開花予想(かいかよそう) 開花(かいか) 半ば(なかば) 平均(へいきん) 満開(まんかい) つぼみ 開花状況(かいかじょうきょう) 花見(はなみ) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 何か新しいことをやってみたいですか。 Words: リモートワーク 大雨(おおあめ) 落ち込む(おちこむ) ノートパソコン 同僚(どうりょう) 配られる(くばられる) 早い段階(はやいだんかい) 挑戦する(ちょうせんする) 投稿する(とうこうする) 更新(こうしん) 言い間違える(いいまちがえる) 一歩を踏み出す(いっぽをふみだす) 時差(じさ) トライアル ポジティブ 発信(はっしん) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Words: 配信(はいしん) アメリカンコーヒー ペーパードライバー 聞き返す(ききかえす) 母国語(ぼこくご) サラリーマン OL 文房具(ぶんぼうぐ) ホッチキス マフラー 首に巻く(くびにまく) 毛糸(けいと) パーカー コインランドリー 硬貨(こうか) ホテルのフロント 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 運転免許証(うんてんめんきょしょう)を持っていますか。 words: 売り切れ(うりきれ) 状況(じょうきょう) パニック 様子(ようす) 運転(うんてん) 免許を取る(めんきょをとる) オートマ車(しゃ) マニュアル車(しゃ) 限定(げんてい) 主人(しゅじん) 不便(ふべん) 困る(こまる) まとめ買い(まとめがい) 仕方がない(しかたがない) 駐車(ちゅうしゃ) 経済的(けいざいてき) 維持する(いじする) 保険(ほけん) 展示(てんじ) 目指す(めざす) 自動運転車(じどううんてんしゃ) 実験(じっけん) 操作(そうさ) 衝突(しょうとつ) ぶつかる 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 近藤麻理恵(こんどうまりえ)の本👉 「人生がときめく片づけの魔法」 あなたは片付けられる人?片付けられない人? Words: 片付ける(かたづける) 整理整頓(せいりせいとん) 片付けコンサルタント 魔法(まほう) 方法(ほうほう) やり方(やりかた) 必要(ひつよう) ときめく トレンド 捨てる(すてる) チャリティショップ 寄付(きふ) 古本屋(ふるほんや) ものを増やす(ふやす) 有名人(ゆうめいじん) 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 仕事に行きながらポッドキャストを聞く。 Words: お腹が空いている(おなかがすいている) お腹が鳴る(おなかがなる) やり直し(やりなおし) 通勤(つうきん) 通学(つうがく) 途中(とちゅう) 簡単な作業(かんたんなさぎょう) ながら勉強 集中する(しゅうちゅうする) 気分(きぶん) 邪魔(じゃま) ことわざを勉強しましょう! 千里の道も一歩より or 千里の道も一歩から せんりのみちもいっぽより 意味(いみ): 「大きな目標(もくひょう)でも、まずは目の前(めのまえ)のことを少しずつすすめて、それを着実 ちゃくじつ)に努力(どりょく)すれば成功(せいこう)する」 words: 継続はちからなり(けいぞくはちからなり) 距離 (きょり) 測り方(はかりかた) 一里(いちり) 千里(せんり) 一歩(いっぽ) 着実(ちゃくじつ) 三千里(さんぜんり) 千里の道も一歩からというから大きなプロジェクトは一人一人ができることから始めていこう。 千里の道も一歩からとはよく言ったもので地道な努力を続けていたらプロジェクトのリーダーを任された。 千里の道も一歩からというから英語は基本からしっかり学んだ方が良い。 youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Words: 首都(しゅと) 義理のお父さん(ぎりのおとうさん) 思い浮かべる(おもいうかべる) お菓子(おかし) 名物(めいぶつ) エッグタルト Pastel de Nata たっぷり 路面電車(ろめんでんしゃ) トラム 旧市街(きゅうしがい) レトロ 風景(ふうけい) 余計に(よけいに) 停留所(ていりゅうじょ) スリ Time out Lisboa Market Please also check my Instagram 🤟 norijpteacher 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. You can watch them on Netflix. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Today I'm talking about the famous Japanese Folk Story, 桃太郎(ももたろう). youtube. youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. " 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. bbc. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Words: はまる・ハマる ミントティーばかり飲んでいる。 夢中(むちゅう) 出張(しゅっちょう) 過ごし方(すごしかた) 長時間(ちょうじかん) 乗り継ぐ(のりつぐ) 運がない(うんがない) 飛行機が遅れる(ひこうきがおくれる) 交通事故(こうつうじこ) 遠回り(とおまわり) ひとりぼっち 仲良し(なかよし) 別々の(べつべつの) 寂しい(さみしい) Today I'm talking about ユリコタイガー, a famous YouTuber from Italy. She speaks Japanese in her channel. ユリコタイガーさんは、日本に7年住んでいるコスプレYouTuberさんです。 youtube. youtube. 2.外国人(がいこくじん)は賃貸物件(ちんたいぶっけん)の契約(けいやく)が難しい。 3.なかなか日本人の友達ができない。 4.日本人は外見(がいけん)を気にしすぎる。 ひな祭りについて 3月3日は、日本では「ひな祭り(ひなまつり)」の日です。 女の子の成長(せいちょう)と幸せ(しあわせ)を願う(ねがう)、祝う(いわう)伝統的な行事(でんとうてきなぎょうじ)です。 kilc.   👉Different speech style between men and women. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. よくのむのみものはなんですか) 好きな飲み物は何ですか。 (すきなのみものはなんですか) Words: うるう年(うるうどし) leap year 半日(はんにち) 半休(はんきゅう) 用事(ようじ) 昔 (むかし) 何杯(なんばい) 最近(さいきん) 休憩(きゅうけい) はちみつ 砂糖(さとう) ブラックコーヒー 大盛り (おおもり) 親戚(しんせき) ものすごく 何回も(なんかいもの) Thank you for listening to my podcast. You can check the news on NHK News and BBC. bbc. Words: 新型 (しんがた) 専門的な(せんもんてきな) 感染(かんせん) 政府(せいふ) 議論(ぎろん) 記事(きじ) 臨時(りんじ) 休校(きゅうこう) 要請(ようせい) 実際に(じっさいに) 卒業式(そつぎょうしき) 思いきった(おもいきった) よほど 深刻な(しんこくな) 面倒を見る(めんどうをみる) 共働き(ともばたらき) The text from NHK News 「新型(しんがた)コロナウイルスの感染拡大(かんせんかくだい)を受け、安倍総理大臣(あべそうりだいじん)は来月2日から全国(ぜんこく)すべての小学校・中学校、それに高校などについて、春休みに入るまで臨時休校(りんじきゅうこう)とするよう要請(ようせい)した」 Please also check my Instagram 👉 norijpteacher 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. おかやまべん Okayama dialect Words: 方言 ほうげん 高齢者 こうれいしゃ 世代 せだい お年寄り おとしより 紹介する しょうかいする 指輪 ゆびわ 自慢 じまん 最強 さいきょう 1. -じゃ instead of -です。 でえれえ means すごい。 -せられ means -しなさい。 たいぎーmeans めんどうくさい。 ぼっけえ means ものすごい。 similar with でえれえ。 youtube. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. I recorded this episode at the Starbucks. You hear a lot of background noise, Sorry! I know you are super busy and have to do many things. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. どこに行ってみたいですか。 もう一度行ってみたいところがありますか。 Words: 結婚記念日 けっこんきねんび 食事する しょくじする 旅行 りょこう 旅 たび リスト ベトナム キューバ 作家 さっか 沢木耕太郎 さわきこうたろう 「深夜特急」しんやとっきゅう 「 1号線を北上せよ」いちごうせんをほくじょうせよ ホーチミン ハノイ ラテン音楽 伝説的 でんせつてき ドキュメンタリー フリーダカーロ 美術館 びじゅつかん 画家 がか 独身 どくしん 沖縄 おきなわ 一人旅 ひとりたび 波照間島 はてるまとう 果て はて 端 はし 台湾 たいわん 国内 こくない Please also check my Instagram 👉 norijpteacher Thank you for listening to my podcast. どんなとき ストレスをかんじますか。 ストレスをかんじるとき、どうやって解消(かいしょう)しますか。 なにか方法(ほうほう)がありますか。 Words: 季節 きせつ 四季 しき 待ち遠しい まちどおしい 新入社員 しんにゅうしゃいん やる気 やるき ワクワクする 桜 さくら 理由 りゆう 人間関係 にんげんかんけい 社会人 しゃかいじん 会社員 かいしゃいん 同僚 どうりょう 上 司 じょうし 解消 かいしょう 方法 ほうほう ストレスがたまる 保険会社 ほけんがいしゃ 調査 ちょうさ 健康 けんこう 温泉 おんせん お風呂に入る おふろにはいる お風呂につかる おふろにつかる 日本のサラリーマンがよくするストレス解消方法(かいしょうほうほう)Top 5 1.ぐっすり眠る 2.おいしいものを食べる 3.旅行する 4.ショッピングをする 5.お酒を飲む Please also check my Instagram 🤟 norijpteacher Thank you for listening to my podcast. 文法警察(ぶんぽうけいさつ)とは、ネット上(じょう)にいる人(ひと)たちで、ほかの人の英語(えいご)のレベル(文法ぶんぽう・発音はつおん)を批判(ひはん)し、悪い(わるい)コメントをネット上(じょう)に残す(のこす)人たちのことです。 instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. spotify. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. すきな 日本のたべものは なんですか。 I like Udon, Japanese noodles! Words: 朝型 あさがた 夜型 よるがた 人間 にんげん 寿司 すし 同僚 どうりょう 日本語の先生、のりこです! This is the Japanese Podcast. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. お兄さん (おにいさん) お姉さん (おねえさん) 弟 (おとうと) 妹 (いもうと) Words: 喫茶店(きっさてん) 同僚(どうりょう) カフェ 古い(ふるい) 兄弟(きょうだい) 看護師(かんごし) 病院(びょういん) 夜勤(やきん) 昼間(ひるま) 静か(しずか) 積極的(せっきょくてき) 恥ずかしがり屋(はずかしがりや) 内向的(ないこうてき) バレーボール 部活(ぶかつ) 専門学校(せんもんがっこう) 姉妹(しまい) 日本語の先生、のりこです! Thank you for listening to my podcast. Instead we celebrate our wedding anniversary 結婚記念日、けっこんきねんび , which is next week! instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki.   けいぞくはちからなり Something like : slow and steady wins the race. Or practice makes perfect. Words: 継続は力なり(けいぞくはちからなり) ことわざ 続ける(つづける) 成功(せいこう) 少しずつ(すこしずつ) 単語(たんご) 調子が悪い(ちょうしがわるい) 勉強方法(べんきょうほうほう) 韓国語(かんこくご) 言語交換(げんごこうかん)パートナー 日本語の先生、のりこです! Thank you for listening to my podcast. Words: ぎっくり腰(ぎっくりごし) 頭痛(ずつう) 腰が痛い(こしがいたい) 準備(じゅんび) 持ち上げる(もちあげる) 調子がいい(ちょうし) くしゃみ 同時に(どうじに) 重たい(おもたい) 頭痛(ずつう) 最悪(さいあく) 痛み止め(いたみどめ) オノマトペ 雨がザーザー降っている。 雨がしとしと降っている。 大きな声でわははと笑う。 instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. In this episode I asked some questions to my special guest. 日本語のよくある質問 しつもん)を聞いてみましょう. あなたならどう答えますか。 Questions: 1.どこから来ましたか。 2.ペルーはどこにあるんですか。 3.何語(なにご)を話しますか。 4.日本語を話しますね。 5.英語はどうですか。 6.何年間(なんねんかん)、日本に住んでいましたか。 7.日本で何をしていましたか。 8.日本語はどうやって勉強しましたか。 9.日本人の友だちがいましたか。 10.どうやって友だちをつくったんですか。 11.趣味(しゅみ)を教えてください。 12.毎月(まいつき)何冊(なんさつ)ぐらい読みますか。 instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. Have you watched this movie? What did you think about it? instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. This is the 上級へのとびら series - No. 名所、めいしょmeans famous places. 名物、めいぶつmeans local products, specialty in your town. What is 名所 and 名物 in your hometown, 出身地 しゅっしんち? instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki. instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki.   Words:  社会人(しゃかいじん) 留学生(りゅうがくせい) 接点(せってん) 運命的な出会い(うんめいてきなであい)  Please also check my Instagram 👉 norijpteacher はじめまして、日本語の先生、のりこです!  今日からポッドキャストを始めることにしました。   よろしくお願いします。 instagram. oshaberi gmail. com I teach Japanese on ITALKI. italki.

次の

#ファイアーエムブレム外伝 #ロビン 外伝捏造会話集

けっきょ く ぼく が いちばん つよく て すごい ん だ よね

ゆらゆら日記 ゆらゆら日記 風に吹かれてゆらゆらと気の向くままに生きていきたいもんです。 2008年03月31日 月 きょうあえてよかった。 きょうが桜の日。 桜もいろいろ。 真っ白な花も咲く。 ソメイヨシノではなく。 なんていう名の桜なんだろう。 葉がくっきりと薄緑なのが。 なんだか花を抱くように。 花をささえているようで好きだ。 明日はもうあえないのがさびしい。 今度会えた日にはもう。 葉というなの桜。 きょうあえてよかった。 きょうが桜の日。 早朝から川仕事。 西風が強く吹く。 ざぶんざぶんと船は追い風。 せっせと頑張ったおかげで。 午後から久しぶりに山里の職場へ。 月末なのでなんとしても行ってあげたかった。 母は大丈夫かな。 会社はどうなるのだろう。 あれこれ心配でたまらず車をとばす。 国道から山道へ入ると。 いつのまにかもう田植えがしてあった。 久しぶりに通る道が懐かしい。 山菜採りをしている人もいたり。 ここもすっかり春なんだなって思う。 民家の垣根からは。 急いていた気持ちが。 ふっとゆるむ。 ゆっくりだってかまわない。 母はきっと元気でいるだろう。 会社だってまだきっとだいじょうぶ。 よかった。 元気だった。 少しやつれていたけれど。 私の顔を見るなり。 満面の笑顔。 「まあ、よう来てくれたねえ ありがとう」少し照れる。 だから私も笑顔。 これまで散々ぶつかってきた事なんて。 すっかり昔。 それよりも。 会社の危機に毎日そばにいてあげられないのが心苦しい。 こちらをたてればあちらがたたない。 わたしがふたりいたらいいなあ。 今日のことは今日のことよ。 明日のことはまた明日のことよって言って。 今日を終える。 月末はいつだって山だ。 また谷を越えて行こう。 あした。 あしたがくればまたあした。 いけるところまでずっとあしたがあるんだ。 すっからかんの金庫だというのに。 母がお駄賃をくれるというので。 とっさに突きかえす。 でもあちらも負けずに差し出す。 とうとう頂く。 五千円が重い。 こんなに重いお札は初めてだった。 ありがとう母さん。 「じゃあね。 倒れない程度にがんばって」後ろ髪をひかれるように帰る。 山里から下る坂道。 その道を下りきると。 桜並木の道に差し掛かる。 幾春この道を帰ったことだろう。 桜は散ってもまた来る春がいつも。 いつだってそこにあった。 最後の春かもしれない。 その想いをぐっと。 押し殺すようにしながら。 咲き誇る桜を見上げた。 この道は消えない。 桜という名のひとがいる。 ふとそんな気がした。 きょうが桜の日だった。 2008年03月29日 土 るりらんゆりらんぴょろんとららら。 堤防の土手に。 つくしん坊がいっぱい。 にょきにょきすごい。 下の道から見上げていると。 小人さんのお祭り広場みたいだ。 わたしは巨人。 のっしのっしとゆっくり歩く。 スキップな心。 小人さんたちは歌ってる。 みんな一斉に首をふりながら歌う。 るりらんゆりらんぴょろんとららら。 そよ風の演奏が嬉しい。 お休みのはずのサチコがいない。 夕方には帰るだろうって思った。 けれど帰らない。 どうやらまた『プチ家出』ちょっと遠い所から。 メールが届く。 明日帰りますと言う。 サチコのいない夜は寂しい。 晩酌に。 また純米大吟醸を呑む。 四万十町の地酒『呑みほうばい』 ほうばいは朋輩のこと。 すごい仲良しで気が合うというか。 むかし。 私にも朋輩がいた。 いまは。 今はうちの彼だろうか。 ちょっと違う。 なんだかお兄ちゃんみたい。 時々はお父ちゃんにも似ている。 そしてある時は教官。 厳しい師匠。 病気の時だけか弱い息子のよう。 まあそんなことはもういい。 とにかく呑み朋輩のありがたさ。 ほんの少ししか呑まなかったのに。 また眩暈がする。 ぐるぐると変。 真剣に健康管理しないとなって反省しつつ。 眠くなるまで寝酒が続く。 いかん。 いかん。 ほんとうにいかん。 誰か私をぶって下さいって思う。 だけどくよくよはもうしたくない。 もっとあっけらかんと生きてみたい。 いつもそっとしておいてもらえる。 それが何よりもありがたいこの頃。 2008年03月27日 木 ひとり漫才みたいにしている。 トマトの焼きサンド。 この一週間ずっとそう。 スライスしてお塩ちょっとして。 チーズとか卵とか。 一緒にはさんでこんがりと焼く。 じゅわじゅわっと。 するけどトマトが熱くならないうちに。 出来上がり。 はんぶんこの三角を端っこから食べる。 とろりんと。 トマトがすべり落ちそうになるのを。 しゅるりっと。 すするようにしながら食べる。 おいしいのですこれ。 花冷えというのだろうか。 少し肌寒さを感じたいちにち。 午後には曇り空になり。 ぽつりぽつりと小粒の雨が降る。 そんな雨もすぐに止み。 いまは少しだけ星が見えている。 しーんと静かなので。 なんだかぼんやりが似合う。 ぽけっと。 しながら。 とりとめもなくただなんとなくこうしているうち。 今日買ったお刺身を食べ忘れていたことをさっき思い出した。 イカとホタテとサケとマグロの盛り合わせ。 半額で嬉しくて。 冷蔵庫に入れたまま。 食卓に出すのを忘れてしまった。 サチコの部屋をノックして。 そのことを報告しに行ってくる。 「またやったね」ってあきれてくれた。 彼にも報告しないとな。 なんか最近。 どうでも良いように思えることでも。 なんか話して。 家族にウケたくてしょうがない。 ウケてもらえないと少しショック。 夜はいっつも。 へらへらしている。 ひとり漫才みたいにしている。 笑ってもらえたら嬉しい。 自分もいっぱい笑えるのが嬉しいのだ。 2008年03月26日 水 さあ。 もう暮れてしまおう。 薄ぼんやりと暮れていくところ。 川向の山が。 影絵のようにそこにある。 もうすぐ一番星が見える。 頃だろう。 窓辺にいるとやけにひっそりとしていて。 なんだか時間に取り残された忘れ物みたいなじぶん。 おなじように暮れていく。 かんたんなことのようで。 ときどきふっと心細くなる。 ちゃんとここにいるよ。 誰かに声をかけたくなる。 さあもう暮れてしまおう。 洗濯物を干してから少し時間があったので。 庭いじりをする。 冬のあいだほったらかしにしてあった花の鉢など。 草を引いたりして。 紫陽花の芽を見つける。 枯れ枝のようでいてちゃんと芽吹いてくれた。 そうそう。 この鉢はこの前、飼い犬にひっくり返されていたんだっけ。 あの時はもう駄目かもって思っていたのに。 よかった。 もう大丈夫だ。 十二単という名の花の鉢。 これも飼い犬にほじられてひどいありさま。 だったけれど。 拾い集めて植え直しておいたのが。 ちゃんとしっかり。 根を張ってくれた。 この花はとても好きな花。 とても凛々しく咲く花。 あれこれ嬉しくしていると。 飼い犬が後ろから擦り寄ってきてお尻を。 くんくんしながら舐め始める。 もうやめてよ!って声を荒げたりする。 遊んで欲しいのだろう。 甘えているのだろう。 わかってはいるけれど。 お母さんはご機嫌が悪くてごめんよ。 毎日ほんとに退屈でつまらない。 だから花の鉢をひっくり返したり悪戯をしてしまうのだろうって思う。 彼女は老犬になってから悪戯をおぼえた。 怒っても叱っても「ふん!」 の顔をして見せる。 ちょっと挑戦的だ。 あるいみ私のライバルみたい。 人間だともう80歳くらいだと思う。 私だって悪戯をしてみたいものだ。 そうしてまた気忙しさへと動き始める。 つかのまの庭いじりだった。 愛犬とふれあえたのかもしれない。 いい日だったなって思う。 2008年03月25日 火 なにも変えられないものが。 ここにある。 きょうツバメが帰ってきた。 我が家を忘れずにいてくれて。 嬉しい。 おお帰ってきてくれたかと声をかけたら。 ちちち。 ちちちちっと応えてくれる。 頭上をすれすれに旋回しては。 ちかくちかく飛び回ってくれる。 なんだかとてもいとしい。 あたたかなものが込み上げてきて。 ほろりっと目頭が熱い。 くるぶしの痛みもましになり。 今日も川仕事に精を出す。 汗ばむほどの陽気。 川船で風を切って進むのが心地良い。 潮風のにおい。 霞みがかった空。 山桜も見えるのどかさ。 ふうふうってしながら帰宅した午後。 庭に息子君のクルマ。 ちょうどサチコもお休みで良かった。 今夜こそ焼肉に決定。 久しぶりにサチコとふたりで買物に行く。 町のお肉屋さん。 マルナカにも寄って明日の分も買出し。 なんだかうきうき。 いっつもふたりで買物が出来たらいいなって思う。 なんか。 なんだって作れそうな気がする。 餃子だって手作りしそう。 家族四人でわいわいビール飲みながら焼肉。 やたらしゃべる。 特に息子君は。 やはり独り暮らしが寂しいのか口数が多くて。 後から後から色んなことを話してくれる。 父も母も妹も。 うんそれで。 それからどうしたとか。 大いに盛り上がっていた。 なにも変わらない。 確かに何かがあったのだけど。 この平穏が。 ずっと続くような気がする。 父も母も老いていくけれど。 なにも。 変えられないものがここにある。 おとなになった子供達はずっと。 我が家で暮らした歳月を忘れずにいてくれるだろう。 ここにいる。 父も母もここにいる。 この古巣をきっとしっかり守り続けてみせよう。 2008年03月24日 月 あいたかったのはわたしのほうだ。 白詰め草の花を見つけた。 きのうの雨の露に緑濃くなり。 白いのがぽっかりと咲いた。 誇らしげでいてひかえめに。 見つけてほしいのだけど。 口には出せなくて。 もしやと。 ひとを待っていたかのように。 朝の光のなか嬉しそうな。 愛おしくなる。 あいたかったのはわたしのほうだ。 明け方。 夢うつつのままトイレに行ったような。 その時。 ドアを閉めようとして。 左足をおもいっきりぶっつけた。 ような。 あイタ痛って思ったけど。 夢だと思ってまた眠る。 夜が明けて。 いつものように早起きでお布団から抜け出たけれど。 なんか足が変。 思うように歩けない。 いったいどうしたことだろう。 くるぶしが腫れていたので湿布をして一日を過ごす。 首を傾げながら。 どうしてだろう?って不安にもなったり。 なぜか原因が思い出せない。 そのうち。 まあいいかって思えるようになって。 明日は治るだろうって。 お風呂に入りながらゆったりとしていたら。 とつぜんそれを思い出した。 寝惚けていたのかな。 ほんとドジだなあって笑う。 ほんとしょうもない。 痛いところがあると。 ついつい弱気になってしまうからいけないと思う。 治らないはずはないのに。 治らなかったらどうしようって思ったりして。 そしてめでたく治ったらケロっとしている。 ゲンキンな奴だなわたし。 ああいたかったのはわたしのほうだ。 なんてここらでふざけたりして。 今夜も寝酒がすすむくんです。 あしたはあしたの気分でいけそうだな。 2008年03月22日 土 じぶんのたまご。 大切なたまご。 葉っぱがついてる人参を買った。 緑の葉っぱがふさふさっと。 なんだか観葉植物みたいで好きだな。 人参は親指と人差し指。 みたいにくっついては一本の人参で。 そこが可愛らしい人参。 ぴぴっと根だかヒゲみたいなのも生えてて。 皮を剥いてたら。 痛いって声が聞えた気がした。 ごめんようって言いつつ切る。 葉っぱは捨てられない。 こんな緑に出会ったのってうれしい。 ガラスの花瓶で生きている。 ちゃんと生きてるのがうれしい。 なんか調子いい。 すかっといい感じで今日も川仕事に精を出す。 精ってどこから生まれて来てくれるのだろうって思う。 たまご。 みたいなのがカラダのどこかにあるのかな。 あたためていたら。 殻をやぶって出てくるのかもしれない。 きっとまるい。 きっと。 だとすると。 やっぱ諦めてはいけない。 あるんだあるんだって。 信じてあげたい。 そうしないと可哀相だ。 よしよしたまごって。 まいにち声をかけてあげよう。 じぶんのたまご。 大切なたまご。 精はきっと生まれる。 精を出すことも精を尽くすことも出来る。 うっすらと汗ばんだいちにち。 夕方きゅきゅっと飲むビールが美味しい。 お風呂も気持ちいい。 バブの菜の花がいい匂い。 春だなあってうれしい。 2008年03月20日 木 あなたはわらってとてもうれしそうでした やはり青空が嬉しい。 風の強いいちにちだったけれど。 胸をはって吹かれていると。 すくっとすくっとしては。 なにかがどこかへ飛んでいく。 もやもやちちんぷいの。 おまじない。 魔法使いのほうきにのって空を飛べそう。 午前中の川仕事を終え。 作業場の隣の『彩市場』へ買物に行ってみる。 肩と肩が触れるくらいひとがいっぱい。 ああ今日は祭日なんだと気づく。 清水さばと手作りこんにゃくを買う。 お彼岸のせいか切花がいっぱい。 普段は見かけないような綺麗な花を見つけて。 買いたくてならなかった。 けれど。 この時期、彼の花粉症がひどくて。 家の中に花は禁物だった。 でも庭ならだいじょうぶ。 忘れな草の芽も随分と伸びてきて嬉しい。 いろんな花を植えて育ててみたい。 暇が出来たらきっとそうしよう。 市場の外に人だかりが出来ていて。 なんだろうと思って覗いてみると。 路上詩人の『はまじくん』が来ていた。 出会ったひとの感じた印象を。 インスピレーションで言葉に綴ってくれる詩人さんだ。 音楽を聴きつつ。 それでいて真剣なまなざしで色紙に言葉を書いている。 すごいなって。 感動する。 『出会う』って素晴らしい事だ。 一期一会が言葉になって。 ずっとずっと心に残る。 あのひあなたにあいました。 あなたはわらって。 とてもうれしそうでした。 これがあのひのあなたです。 ぼくもうれしい。 後ろ髪をひかれつつその場を離れる。 もっとちゃんと会いたくてならず。 家に帰ってからも。 もういちどその場所に引き返したくてならなかった。 『ことば』感じたままの素直な言葉が。 わたしはとても愛しくてならない。 考えて選び抜かれた言葉が薔薇の花なら。 それは野に咲く名もない花のよう。 わたしは。 もっともっと野にありたい。 花が咲かなくてもいいのだ。 いつか咲こうともおもわず。 つよくつよく土とともに生きてありたい。 2008年03月19日 水 そっとしておいてあげなくてはいけない もう。 菜種梅雨の頃になってしまったのかもしれない。 だんぞくてきに雨。 春の雨は嫌いではないけれど少し。 ぱあっとしたいのにしぼむ。 ぷうっとするのが。 めんどくさい。 しちゃえばいいのにって思うのだけど。 まあいいかって。 どんなときもある。 こんなのもいい。 好きな花。 白木蓮がなんともいえずうつくしくいっぱいに咲いた。 青空の日。 それは白い小鳥のようで。 今にも空に羽ばたきそうで。 雨ふる日。 それは白い静寂。 雨音に耳を澄ましている真綿の妖精。 そっとしておいてあげなくてはいけない。 誰にも触れさせはせず。 やがて椿のように彼女は落ちる。 その日を知っていたかのように。 痛がりもせず。 苦しみもせず。 嘆くこともしないで。 落ちていく。 さびしいのはひとばかり。 かなしいのもひとばかりかもしれない。 すこし時間をつくり。 むかし通っていた病院へ行ったけれど。 顔なじみだったはずの先生が。 にこっともしてくれなくて。 なぜか。 とても不機嫌なように感じて。 ああ来なければ良かったのかなって。 ちょっとショックだった。 診断は「春先のせいだろう」ただそれだけ。 恋の病とかなら感動するけど。 ただの春の病だなんて。 ああ残念だわ。 ほんの2分くらいの診察で。 追い立てられるように診察室を出ていく。 むしゃくしゃとした気持ち。 来なければ良かった。 ばかだなわたし。 ずっとそのむしゃくしゃが消えない。 やっと冷静になって思うところ。 自分は病気でもなんでもない。 じゃあ仮病かというとそうでもなくて。 もしかしたら弱音吐きたかったのかもしれない。 甘えたこと言ったり。 もっとちゃんと聞いて欲しかったのかもしれない。 でも思うようには。 いかなかった。 ただそれだけのことだったんだなあって。 うんそうだ。 いまは。 はははって笑える。 どこも痛くも痒くもなくて元気あるじゃん。 ちょっと行ってみたかっただけ。 ちょっと確かめてみたかっただけ。 ながく生きていると。 道を間違えることだってあるんだ。 この道は。 間違ってた。 もう二度と行かない。 春だもん。 春の病は方向音痴だ。 2008年03月17日 月 ああこれが順調でなくて何だろう うすぐもり。 霞がかった空から柔らかな陽射しがこぼれる。 ぼんやりと想う。 何かがすごくふくらんでいたようであり。 その何かが。 何なのかわからないまま。 しぼむ。 しょぼん。 ひとの『気』というものは。 天と地のあいだにあるのだと。 いつだったか聞いたことがある。 だいじょうぶ。 いまある。 ちゃんとある。 でもそれをどうやって確かめたらいいのか。 わからない。 わかるのは天と地がなければひとは立てない。 踏みしめる地。 仰ぐ天。 ああこれが順調でなくて何だろう。 気を取り直して。 今日の覚書。 そうそうその調子がいちばん。 今日は。 彼のお誕生日。 27歳だった彼が56歳になった。 眼鏡好きだったな。 でも眼鏡外した時の顔がもっと良かった。 そんなに大好きでもなかった。 好きになろうって思ったっけ。 あと一年で「じょうとう」って言う。 寿命を勝手に決めないでほしい。 彼の父親が生きた57年が目標なのだと言う。 身勝手も程々にしなさい。 そんなことをふと真面目な顔して言っては。 冗談だよって笑いとばす。 そんなことよりもお祝いをしましょう。 焼肉がいいかなお寿司かな。 そしたら。 子供等の食べたい物にしろやって言う。 自分の誕生日なのにな。 サチコは焼肉が良いと言う。 お兄ちゃんも来れたらいいねって。 メール。 よかった。 今夜は夜勤じゃなかった。 仕事が終わり次第来てくれる返事。 やっぱ焼肉にしようって決めかけて。 彼の胃の調子が悪いのが気になる。 息子くんに電話して相談したら。 「おとうの食べたい物にしよう」って。 おとうは。 うん・・俺は寿司のほうがええな。 でも子供等が焼肉ならって。 だからお寿司に決定。 手作りとかじゃなくてごめんよの『小僧寿し』だった。 頂き物の。 京都伏見の純米大吟醸で酔う。 なんとも口当たりの良いお酒で。 小さなグラスが空になると。 すぐさま向かいから彼が注いでくれるので。 誰が主役やらわからないありさま。 おかげでめでたくへろへろになったり。 後片付けをしていたら。 流し台まで彼が来て。 耳元でこっそりささやく。 「あいつ呼んでやってよかったな」って。 一緒に飲めたのが嬉しそうだ。 27歳だった彼は。 父親になり。 息子と酒を酌み交わすのが楽しみとなった。 あといちねんだなんて。 もうそんなこと言わせませんから。 あなたはわたしの仏壇に。 毎晩焼酎を祀るくらい長生きをしなさい。 2008年03月15日 土 お陽さま。 いちにちをありがとう。 うららかないちにち。 たくさんの洗濯物を干す。 いい気持ち。 素直なタオル。 はにかみ顔の靴下。 恥ずかしがり屋のパンツ。 わたしは?わたしはなんだろう。 ぶらさがってゆらゆらっと。 仲間になれたらいいな。 お陽さまの匂いのする緑のTシャツ。 桜桃っていう木なのかな。 サクランボがなる桜が満開になった。 ソメイヨシノとは違って。 枝が見えないくらい花が重なっている。 なんとなく近寄っては行けない。 そっと少し離れた所から眺める。 そのほうがいい。 そのほうが落ち着く。 ほっと心が和む気がする。 お彼岸が近くなり。 姑さんがお墓参りに行けない事を嘆き始めた。 おんぶしてあげたら行けるのだけど。 息子である彼が相手にしない。 姑さんも。 もう諦めていて。 お前達に任せるから頼んだよって言う。 明日行くことになった。 畑の隅に植えてあるシキビの枝を切り準備。 お寺の裏山の墓地。 とても見晴らしの良いところでなんとなく好きだ。 いつだって思うのは。 自分もここに。 遅かれ早かれ必ずここで永眠。 俺が先だからなって。 口癖のように彼は言うけど。 それはわからない。 わからないことをついつい話す。 笑いながら話す。 そんな年頃になった。 大相撲を見ながら。 早目の夕食。 絹ごし豆腐がひんやりと美味しい。 春雨の酢の物とか。 お素麺とかもいいねって話す。 ちゅるちゅるって。 そうして平穏に一日が暮れる。 明日もお陽さまをいっぱいあびたいな。 2008年03月13日 木 木の芽のきもちで生きたいものだ 雨の朝。 沁みるような雨がそぼ降る。 ふと濡れてみるのもいい。 降り止みに風。 沖からの風は潮のにおい。 俯いてなどいられず。 向かう。 なんだか新しい風のなか。 芽になれそうでむくむくと。 向かう。 その芽にまた雨が降る。 恵まれていることに気づけば。 もう求めてなどいられない。 木の芽のきもちで生きたいものだ。 川仕事までの時間に。 茶の間でテレビを見ていたら。 誰かが。 庭にクルマを乗り入れた気配。 よく吠える飼い犬が静かだったから。 もしやって思ったらやはりそうだった。 「おはようさん」って言って。 ずっと待っていた息子くんが。 やっと来てくれた。 母は満面の笑顔だ。 夜勤明けで疲れているふうなのに。 なんか足がこっち向いてしもうた。 そう言って。 腹減ったけん朝飯食べさせてやって。 がってんだあの母。 いそいそと目玉焼き作る。 お味噌汁を温めて。 納豆やらしそ昆布やら。 ちょうどサチコも起きて来て。 兄と妹が仲良く向かい合って朝ごはん。 食べながら仕事の話。 春の人事異動で職種が変わるらしい。 その事を。 真っ先に報告したかったのだろう。 とても嬉しい報告だった。 サチコが。 「お兄ちゃん、悪いことばっかじゃないね。 いいこともあったね」って。 ほんとうにそうだと母も思う。 最悪を過ぎればきっと光にあえる。 転機がきっとおとずれる。 こんなにありがたいことはない。 がんばって。 与えられた仕事を。 これからも精一杯やり遂げて欲しいと願うばかりだ。 四月からは。 もう夜勤もなくなる。 日曜日もちゃんとお休み出来るらしい。 介護職から事務職へと変わる。 気苦労は同じでも随分と楽になる事だろう。 8年間。 ほんとによく頑張ったねって。 母はすごいほめてあげたいきもち。 「ごちそうさん」また来るわって言って。 あっけなく帰って行ったけれど。 我が家に新しい風が吹いた日。 この風のありがたさを母は決して忘れない。 2008年03月11日 火 気の向くままに空 きのうよりも。 もっと春。 信じられないのじゃない。 信じたい春だ。 陽射しを浴びながら思った。 ここに。 きのうじゃないいまのことを。 ぎゅっと想う。 水辺の枯れ葦のなかに鷺がいて。 じっと身動きもせず。 水を見ている。 さらさらと流れる水に陽の光が眩しい。 あしたのことなど知らない。 だけど水は流れつづける。 飛ぼうか行こうかどこに向かって。 気の向くままに空。 だって空しかない。 鷺のこころに。 わたしはなりたい。 寿司飯をひとくち大のおにぎりにして。 卵焼きのにぎり寿司にする。 サチコは海苔が良いと言って。 ふたり台所でおにぎりの奪い合いに。 早いもん勝ちだと母は寿司職人の勢い。 サチコも負けずにがんばる。 おっきめの西洋皿に黄色と黒が寄り添う。 つまみ食いする男も一名。 ビールも飲まなきゃいけないし母は忙しい。 あおさの天ぷらも作る。 でも失敗。 『たにぐち』のとも『いなか』のとも違う。 居酒屋さん。 天ぷら上手だなあ。 どうしたらあんなにカリっと揚がるんだろうか。 それなりに美味しいとサチコのフォローで。 今夜もしゃんと。 夕食を終える。 母はほろ酔い。 へろへろしながら食器を洗い片付ける。 飼い犬に餌を。 ドックフードにお味噌汁のお豆腐を入れてあげたら。 思いのほか喜んで食べてくれる。 随分と日が長くなったなって空を。 一番星を見つける。 太陽があしたに向かいながら。 星を浮かばせて。 その星は。 ずっとそこに動かずにいるのだけど。 きのうではない日。 アタシハホントウニアシタヲシラナイ。 それがきっと順調なことだ。 気の向くままにふわりっと飛びたい。 あっちとか向こうとかじゃなく。 ここにいるなって思える『いま』へ。 2008年03月10日 月 まあるいまあるい風が吹いている 雨上がりの青空。 ぐんぐんと気温があがり春本番の暖かさになる。 春風に会う。 心地良くて胸をはる。 すってみるはいてみるふうと。 紙風船みたいなこころ。 こんな日はほんの少し誰かの手のひらが。 恋しい。 ぽんぽんと跳ねてみたい。 ほうらほうらと空のほうへと。 その手のひらのなかで夢を重ねてみたい。 誰かいませんか?誰か。 今日は。 あおさ海苔の初出荷。 それを『お嫁入り』と名付けている。 収穫の苦労も忘れる日。 箱詰めにしたのをトラックに積み込んで支度。 その山を見上げると。 なんともいえない達成感に満たされてしまう。 頑張ったんだなあって思う。 しんどかったけど。 この門出が嬉しい。 また弱音吐く日もあるだろう。 疲れがたまってくたばる日もあるかも。 でも最後までやり遂げようと思う。 あと二ヶ月。 あと二回のお嫁入り。 そんな今日の川仕事はひと休みで。 朝からまた久しぶりの山里の職場。 峠の遍路道や。 もう田起こしを済ませた田圃には水が張ってあり驚く。 のどかな空気がいっぱいに満ちている。 手押し車の老女が道端に座り。 会釈をするとにっこりと微笑みが返って来る。 まあるいまあるい風が。 吹いている。 ここほんとに好きだなって思う。 まるで故郷のような里。 仕事は。 来るたびに山積み。 殆どに専務オババのメモがくっ付いている。 PCでする仕事ばかり。 伝票処理済み入力のみとかちゃんと書いてある。 おかげではかどる。 毎日来ることが出来なくても。 本当になんとかなる。 気がつけば苛立つことも。 もうない。 言い争うこともぶつかることも。 もうなくなった。 お給金も要らない。 やっと自分なりの親孝行が出来る。 「ありがとう」って今日も言ってもらえて。 すごい嬉しい帰り道だった。 「またね。 また忘れた頃に来るから」ってカタチだけのタイムカード。 「今日もすっかり忘れてたよ」って。 母が愉しそうに笑ってくれた。 そうして。 やけに目に沁みるなって。 いちにちが暮れていった。 2008年03月08日 土 ほんたらほうけっきょう。 きょきょんなほう。 春告鳥。 うぐいすが盛んに鳴く。 なんだか歓喜の声のよう。 がさごそと藪の中にいて。 虫たちを追いかけているのかな。 お腹がいっぱいになったら。 またのんびりと寛いで。 ほけきょ。 ほんたらほうけっきょう。 きょきょんな。 ほうって。 鳴くのかもしれない。 穏やかな風に吹かれては。 ここ数日ちょっと変だった体調が。 今日はずいぶんと楽になる。 なんだか憑き物がとれたような感じで。 一気に軽くなったようだ。 どんな時もあるけれど。 気力と体力が一緒に歩めない時って辛い。 思うようにいかないと悔しくもなるし。 情けなくてくよくよする。 病院へ行くのも怖い。 風邪ではないなら何だろうって不安になる。 しんどい時って誰にだってあるだろうって思って。 だらだら。 ぐたぐたしながら過ごした。 頑張らなくてもいいんだって思うと楽。 ふうふうって。 出来ることだけ精一杯やる。 それがいちばんだと思う。 気分良く。 午後から買い物に行って。 そうだ今夜はカレー作ろうって。 息子君も呼んであげようって思った。 あれから一週間が過ぎた頃だし。 ちゃんと食べてるかなあって心配だった。 そろそろ声かけてあげたい。 メールするのなんか照れる。 どうしてだか胸がドキドキする。 母さんは変だ。 アホみたいだ。 ほんとマジあほじゃん。 なんでやあ。 送信しました。 お返事待ってます。 ああもうほんとドキドキするし。 返事来ました。 即刻来ました。 仲良しのT君が今日結婚するって聞いていたのに忘れてた。 カレーは明日もありますって返信出来ず。 なんか一気に哀愁の母だった。 カレー煮込みながら早目にビール。 らっきょうをつまみ食いする。 カレーお腹いっぱい食べて。 別腹でバームクーヘンとドーナツを食べる。 ほんたらほうけっきょう。 きょきょんなほう。 と母も鳴いてる夜でした。 2008年03月05日 水 なんだか彼は春みたいになった 啓蟄。 冬ごもりしていた虫たちが土の中から出てくる頃とか。 夕方のニュースで。 てんとう虫を見た。 菜の花畑と子供たち。 ほのぼのと心が和む。 むかしサンバを踊るてんとう虫がいた。 そんな歌を思い出す。 軽やかでいられなくても心弾まずとも。 てんとう虫がそっと飛んできて。 手のひらに留まってくれたら。 いいな。 はっと気づくときって。 きっとそんなふうなおとづれ。 夜明け前。 なんだか足の先がじんじんと痛いようで目が覚める。 お布団の中で。 おいちにおいちにっと足を動かしほぐしてみたが。 どうにも治らず。 だんだんと全身がしびれて来たようで不安になる。 「熱じゃないか?」って。 とうとう彼も起こしてしまい。 体温計を。 風邪の症状はまったくなく。 宇宙人だからって自慢していたけれど。 ちょっと熱が出ていた。 まさかって思う。 どうしてなのよって思う。 でも元気。 いつも通りに5時に起床。 お味噌汁と卵焼きを作った。 食欲もある。 納豆も食べてパワー全開。 ほんとうに大丈夫なのに。 今日は寝ていなさいと言われる。 「お願いだから・・」って言う。 おまけに。 今日言う通りにしないと二度と休ませないぞって言う。 だから仕方なくごろごろ寝ていた。 でも気分はそわそわ落ち着かない。 大丈夫なのになあってしつこく思う。 病み上がりの彼のほうが心配だ。 ほんとに申し訳ないと思う。 でも甘えさせてもらったありがたい一日。 じぶんも甘えても良いくらいになったのかな。 すこし成長したのかな。 ずっとずっと厳しいひとだったのに。 なんだか彼は春みたいになった。 もしかしたら。 ずっと土から出ようとしなかったのが私かもしれない。 2008年03月03日 月 やっぱ私は宇宙人だったんだ 黄砂。 空は確かに晴れているようでぼんやりと霞む景色。 空ってふしぎ。 どこまでもつながっているってほんとう。 だけど。 時々ここだけかもって不安になる。 ちっぽけな。 じぶんがぽつねんといる。 その真上だけの空にも思える。 仙人になりたいと。 いつだったかあのひとは言ったのだ。 雲にのってどこまでも流れて行きたいと。 もしかしたら。 もう行ってしまったのかもしれない。 ふっとそう思った。 金曜日からずっと風邪で寝込んでいた彼が。 やっと元気になる。 食欲も出てきてほっとする。 「水炊きのようなものが食べたい」 って言うので鶏とお魚のすり身で作る。 白菜春菊椎茸豆腐うどん。 「うまい、うまい」と喜んでくれる。 子供みたいな顔をしながら。 私は自慢だけどあまり風邪をひかない。 家族がひいてもうつらない。 金曜の朝も彼が食べ残した卵かけご飯を食べたのに。 大丈夫みたい。 「すごいよねあたし」って得意顔。 そしたら「おまえはバ・・」って。 言いかけて「バケモノだ」って言い直して。 おまけに「宇宙人だ」って。 そっか。 やっぱ私は宇宙人だったんだ。 可笑しくて大笑い。 楽しい夕食。 宇宙人はふと真面目に考える。 流れ星にのって地球に落ちてきた日を。 どうして忘れてしまったのだろうと。 どこに落ちてどうやってここに。 辿り着くことが出来たのだろう。 このひとが私を見つけてくれたのか。 どうしてこのひとなんだろう。 このひとじゃないといけなかったのかな。 決まっていたのかな。 そうかもしれない。 これはとても正常なことで。 わたしは順調に人間になった。 ひとっていいな。 ひとになれて嬉しい。 2008年03月01日 土 さあ行かなくちゃ。 始まるんだ。 もう始まったんだ。 別れの季節でもあるらしい。 けれどきっと生まれる。 木の芽や若草や花や蝶や。 陽射しをあびてひとも息をする。 春を待つこころをなくしてはならない。 来ないわけはない。 誰にだって。 どんな冬にだって。 光が届く日がきっとある。 きのう。 やっと息子君の引越しを終える。 大河のほとりに似た。 こじんまりとした住処に。 彼の言う自由空間が出来た。 嬉しい。 なんだかはしゃいでいる。 さあ始めるんだって意気が伝わって。 あれこれ心配ばかりしていた母も。 ずいぶん気が楽になったよう。 新居の女手はサチコに任せ。 私は二年間住んでいたアパートの掃除。 暮らしていたあとがとてもせつない。 小さな染みや床の傷。 髪の毛。 ひとつひとつが『ふたり』だった。 でもなるようになったのだから。 もう未練を残してはいけない。 お風呂場を磨く。 台所の流しを磨く。 カーテンを外す。 若草色の。 私と彼女は好みが本当によく似ていた。 四年前だったろうか。 初めて出会った時も他人には思えないくらい。 彼女は私によく似ていた。 姿かたちも。 ちゃきちゃきしてる性格も。 似ていた。 だからなんだって痛感する。 だから離れていったのかも。 しれない。 ほんとうの娘のように想っていたことが。 もしかしたら。 重くて。 心苦しいことがたくさんあったのかもしれない。 大好きって。 ほんとうはとてもむつかしい。

次の

こぐまのにゅっかくん: 2007年9月

けっきょ く ぼく が いちばん つよく て すごい ん だ よね

---- ぼく の にっき 第5週 「新手」 9月25日 月ようび くもり 今週のおわりには退院します。 ずいぶんおくれた自由研究だけどはやく書かなきゃ。 おじさんと村上さんのしゃくねつのばとるを思うぞんぶん書くつもりです。 村上さんに教えてもらったこともたくさん書こう。 ピカチューよりナマチュー。 よく食べるからブタ。 デブにブタはタブー。 暗いところでピカチューを見たら死ぬ。 たしかこんなかんじでした。 他にもいろいろあったっけ。 べんきょうになります。 9月26日 火ようび あめ 自由研究をやらなきゃ先生に殺されます。 また入院するのはかんべんして欲しいです。 けどちょっとラッキーなことがおこりました。 村上さんに「はたらくおねんさん」をとられました。 「なおや君。 うそはダメよ」って。 本当のことしか書いてないのにな。 代わりに村上さんがしんじつを書いてくれることになりました。 おかげでぼくは何もしなくて済むかもしれません。 たなぼたです。 9月27日 水ようび はれ 退院が近くなったのであつし君がおみまいにきてくれました。 でもなんだか様子がおかしいです。 なやみごとでもあるんでしょうか。 聞いてみると、なにやらトラブルにまきこまれてるらしんです。 「なおや君。 もしかしたら退院しない方がいいかも。 」だって。 そんな事言われてもずっとここにいるわけにもいきません。 しんみょうな顔をしたままあつし君は帰っていきました。 退院しない方がいいなんてよほどのことにちがいありません。 学校でなにかあったのかな。 少し不安になってきました。 なにが起きてるんだろう。 9月28日 木ようび はれ 村上さんが「はたらくおねえさん」を完成させてくれました。 読んでみるとぜんぜんちがう内容にかえられていました。 「村上さんはとても綺麗な人で僕は目が合う度にドキドキしてしまいます」 「真夜中でも患者の様子を見回る姿にはその優しさに心を打たれました」 「時には厳しく叱られます。 でもその度に僕は彼女の愛情を感じずにはいられません」 「僕がここまで快復したのは村上さんのおかげです」 「彼女こそ白衣の天使の名に相応しい」 ほめまくってました。 おじさんの話はひとことも出てきません。 夜中はいつも寝てるっていってたのに。 白衣の天使なんかはつみみです。 これがじょうほうそうさってヤツなのでしょうか。 オトナって・・・こわい。 9月29日 金ようび くもり 明日で退院です。 きょうもあつし君がきてくれました。 村上さんを紹介してあげました。 村上さんはにこにこしながらむかえてくれました。 せっかくなので「はたらくおねえさん」を見せてあげました。 自由研究にね。 この村上さんのことを書いたんだよって。 するとあつし君はきょとんとした顔をして言いました。 「ことしは自由研究なかったよ。 」 あつし君が帰ったあと、村上さんがすっとぼくのところによってきました。 顔はにこにこしてるのにおでこにはあおすじがたってます。 「はたらくおねえさん」をパンパンとたたいたあと、耳もとでささやかれました。 「私のどりょくはムダだったのね?」 そのあとおしおき ・・・・ なんでもないです。 9月30日 土ようび あめ やっと退院できました。 村上さんに見送ってもらったけどはずかしくて目をあわせることができませんでした。 どうしても昨日のことを思い出してしまいます。 村上さんはさいごまでにこにこ笑ってました。 かんどうのお別れシーンになるはずでしたが、ぼくはすぐに帰ってしまいました。 それはそうと、あつし君から新しいじょうほうが入りました。 退院を祝いにきてくれたんですが、またムズカシイ顔をしてたので聞いてみたんです。 そしたらわかりました。 なんでも最近コワイ人にからまれてるらしい。 しかもそれだけではありません。 先生とかにそうだんしてみたらって言ったら すごいいきおいで否定されました。 そしてすごいことが判明したんです。 「ダメだよ。 だって相手はトムクルーズなんだから!」 おじさん!? 10月1日 日ようび くもり トムクルーズにさからうと2ちょうけんじゅうで殺されてしまいます。 あつし君は大事なゆうぎおうのカードをとられてしまいました。 おじさんってばいつのまにポケモンからのりかえたんだろう。 ずいぶんはやくトムクルーズになれたみたいだけど ゆうぎおうのカードをとるのはいただけません。 ぼくからピカチューをうばうようなものです。 ひどすぎます。 これはひとこと言わなければいけません。 村上さんが言ってたのを思い出しました。 トムクルーズがぬすんでいいのは女のハートだけだって。 ・・・おじさんにはムリっぽい。 第6週 「偽物」 10月2日 月ようび あめ ひさびさの学校でした。 でもみんなこころなしかくらい顔ばかりしてました。 トムクルーズのせいです。 あつし君だけじゃなくみんなひがいにあってました。 学校の帰り道にしゅつぼつするらしい。 さっそくあつし君にあんないしてもらったけど今日は会えませんでした。 おかげであつし君はおおよろこびしてました。 「ラッキーだったね。 あいつね、あめがふると出ないんだよ!」 ひきこもりです。 10月3日 火ようび はれ 雨もやんでいよいよおじさんとごたいめん。 と思ったのにおじさんはあらわれませんでした。 あつし君はしぬほどよろこんでだけどぼくはふまんです。 おじさんはせっかくトムクルーズになれたのにぼくにあいたくないんでしょうか。 ぼくがふきげんになってるとあつし君に聞かれました。 「なんであんなやつに会いたいの?」 ぼくはふとおじさんのことばを思い出したのでうろおぼえだったけど使ってみました。 「ラブチック。 こいのやおいサ」 りかいされませんでした。 10月4日 水ようび くもり おじさんらしき人物を見かけました! 遠目で見ただけだけどまちがいありません。 あのふとりっぷりはおじさんいがいかんがえられない。 少し小さくなった気もしたけどそれはトムクルーズになれたおかげでしょう。 あつし君はおびえてたけどぼくはもっと見たかったです。 おじさんはちらっ見えただけで逃げてしまいました。 なんで逃げるんでしょうか。 ぼくがいたせいかな? でも逃げるのだけはいじょうに早かったです。 メタルキングばりです。 10月5日 木ようび くもり あつし君がおそわれました。 なんとふいをついて登校中にやってきたそうです。 「あたらしいなかまをつれてきやがったな」 そう言われてこんどゆうぎおうのレアカードを持ってくるように約束させられたらしい。 ゆるせません。 ピカチューよりゆうぎおうをほしがるなんて。 だいたいゆうぎおうのモンスターはかいわいくないからダメです。 にんげんの絵もなんかかくばってていやです。 あつし君はともだちだから面と向かってはいえないけど おじさんになら言えそうです。 ピカチューをあつめるべきだって。 かえりみちにはあらわれませんでした。 だからあしたわなをはってみようと思います。 スパイだいさくせんです。 10月6日 金ようび はれ あつし君とはわざとはなれてあるきました。 ドラクエで言うしのびあしです。 そしてまんまとでてきました!あつし君ひとりだと思ったらしく にゅるにゅるとにくのかたまりがあつし君によってきました。 やっと会えた。 ぼくはそう思いました。 なのに・・・ ちがう。 あれはおじさんじゃない! おじさんに似たふとりっぷりだけどよく見るとべつじんです。 おじさんを小さくしたようなかんじ。 にせものです。 トムクルーズだなんてろんがいです。 でもおじさんじゃないとしたらいったいあれは? ぼくは思わずにげてしまいました。 あれはだれ? 10月7日 土ようび はれ なぞのトムクルーズ。 せいかくにはトムクルーズのなかまなんだそうです。 あつし君がうらめしそうにぼくを見ながらおしえてくれました。 きのうにげちゃったせいかな。 てへっ さてそれはそうとまたじゅうだいなことがはっかくしました。 あのひと、トムクルーズをこえるせかいてきなスパイだって! やばいです。 そんなこときいてなかったです。 トムクルーズよりつよいなんてぼくのかてる相手じゃありません。 おじさんどころじゃない。 ぼくもピカチューとられちゃう! あつし君とダッシュでかえりました。 さいわいぶじにかえれました。 つかれるけどこれからはダッシュでかえるようにしよう。 ピカチューをとられるなんてしねっていわれるのと同じです。 ごしょうだからそれだけは。 10月8日 日ようび くもり あつし君と公園であそんでるときでした。 ぼくはうしろからはなしかけられました。 「おまえがしんいりだな」 ふちむくとそこにはプチおじさんが。 ぼくはすっかりかんねんしてしまいました。 公園にまでやってくるなんて。 やっぱりせかいてきスパイなのは本当なんだ。 「ボクはここらへんをしはいしてるアッキー様だ。 みつぎものよういしとけよ。 」 きょうはしょにちのあいさつだったようです。 かえりぎわに「持ってこないとトムクルーズよぶからな!」って言われました。 もうダメです。 にげられません。 あつし君といっしょになげきました。 みつぎものは自分がいちばんたいせつにしてるものだって。 ぼくのかわいいピカチューグッズが。 ピカチューまくらにピカチューパジャマにピカチューマスクにピカチューとっこうふく・・・ あげたくない! 第7週 「苦渋」 10月9日 月ようび あめ せっかくのあめなのに学校がやすみです。 あしたあめがやんだらあいつがやってきてしまいます。 やっぱりみつぎものしなきゃいけないのかな。 でも持っていかないとトムクルーズにインタビューされちゃうから。 ぼくのだきつきピカチュー。 あいつのうでなんかにまいたらちぎれます。 ぼくのピカチューざぶとん。 あいつがすわったらつぶれちゃう。 ぼくのピカチューだきまくら。 あいつがだきしめたらあせがじっとり。 おじさんっぽいあのにおいがピカチューに。 イヤだ・・・ 10月10日 火ようび はれ きょうからぼくもアキヤマファミリーのいちいんです。 ボスのアッキー様にはていきてきにみつぎものをしなくちゃいけません。 きょうはぼくのおきにいりだったてのりピカチューをみつぎました。 これでぼくも晴れてみんなと同じなやみをきょうゆすることになりました。 これからはあつし君となぐさめあう毎日です。 だれもボスにはさからえません。 ボスのふとりっぷりはおじさんにはおとるけどかなりすごいほうです。 いぜん「デブ」って言った子はすごいいきおいでたたかれたらしい。 ぼくは思わず「ブタ」って言ってしまいそうでした。 言ってたらなにをされてたかわかりません。 気をつけないと。 10月11日 水ようび はれ ボスのたわむれにおつきあいしなきゃいけないので みんな家にかえるのがおそくなってしまいます。 ボスはあらくれものにふんして女の子をおっかけるのがにっかです。 ぼくたちおとこはそれをうらやましがらなければいけません。 でもさいきんはそれだけではふまんなんだそうです。 「小学生じゃとしまだ。 じだいはようじょだ」って。 妹がいたらつれてくるようにめいれいされました。 へんたいです。 10月12日 木ようび はれ きょうはあつかったのでボスがとってもにおいました。 おじさんを思い出してなつかしかったけどいい気分はしませんでした。 あつし君がきのう言われたとおり妹のまきちゃんをつれてきてました。 まきちゃんもおじさんっぽいあのにおいがダメだったらしく 「この人くさい」とつめたくいいはなってました。 でもボスはそんなまきちゃんを気に入ったようでした。 ボスはようじょになじられることがかいかんらしいのです。 まきちゃんが「ブタさん」とか「おにく」とか言うとかえってボスはよろこびます。 あげくのはてにボスは「まき。 きょうからボクをおにいちゃんとよべ」などと ほざかれていらっしゃいました。 まきちゃんを見る目がいようにぎらぎらしています。 もうついていけません。 10月13日 金ようび くもり だぁいピンチッ レイクエンジェルにまかせたいです。 あつし君とボスのやりとりがぼくのうんめいをきめました。 「なんできょうもまきをつれてこないんだ」 「ボスのにおいがいやだって言って・・・」 「むりやりでもつれてこい」 「むりです。 あいつはいちどきらいになったものはぜったいうけつけません」 「いいからつれてこい。 めいれいだ」 「むりなんです。 あいつ、いやなことにはぜったいうごかないんです。 」 「・・・そうか。 ならすきなものならいいんだな」 「はい。 すきなものにはすぐにとびつきます」 「かわいいやつだ。 」 「そうでしょうか」 「よし。 じゃぁまきのすきなものはなんだ」 「えっと・・・ピカチューです。 」 ぼくのピカチューコレクションがすべてぼっしゅうされることにきまりました。 泣きそうです。 10月14日 土ようび はれ こうえんでボスがまってます。 でもぼくはいけませんでした。 ピカチューたちがぼくをかなしいめでみるんです。 ボクヲステルノ?ミステルノ?心のこえがきこえてきます。 おしゃべりピカチューたちがぼくをせめたてました。 ピッカリピカチューもすぐにきえてしまいそうなさみしい光をはなってます。 バイブDEピカチューなんかはきょうふのあまりガタガタふるえてました。 こんなけなげなやつらをボスにわたすなんて・・・ ぼくはみんなにあやまりました。 わがみかわいさにみんなをてばなそうとしたことを。 ごめんよピカチューたち。 これからもずっと。 ずっといっしょだよ! ダッチピカチューとはげしくだきあい、あついゆうじょうをたしかめあいました。 にげない。 10月15日 日ようび こさめ あつし君によばれてこうえんに行くとボスがいました。 「ピカチューはどうした。 なんでもってこないんだ」 ぼくはくちびるをかみしめてずっとうつむいてました。 ここがしょうねんばです。 もうボスのいいなりにはならない。 「しんいりのくせになまいきだぞ」とかなじられたけどぼくはなにも言いませんでした。 ボスはだんだん声をあらげてさけびはじめました。 「フォロォォーミィィー!!」 みんなはしぶしぶ「おー」って言ってたけどぼくだけはしたをむいたままでした。 ボスがとうとう切れました。 「お前もうゆるさねぇ!トムクルーズよぶぞ!かくごしておけ!」 そう言い残してはしりさりました。 あつし君たちはしんぱいそうにぼくを見てます。 そのなかでぼくはひとり、心のなかでかくごをきめてました。 トムクルーズとたたかうよ! 第8週 「白熱」 10月16日 月ようび くもり ボスは今オーストリアできゅうかちゅうのトムクルーズにコンタクトをとってるらしい。 ぼくもおちおちしてられません。。 トムクルーズたいさくをはじめました。 トムクルーズと言えば村上さんです。 病院に行ったらうんよくつかまりました。 「ひさしブリッ」とあいかわらずでしたが、さいかいをたのしむひまはありませんでした。 ぼくはじじょうをせつめいしました。 おもちゃやをかけめぐってあつめたピカチューたちを守るためにトムとたたうんだって。 ボスのせつめいをしてる時、村上さんはまゆをひそめて言いました。 「その人、ただのバカじゃない?」 ボスをなめちゃいけません!せかいてきなスパイをバカだなんておそれおおすぎです。 村上さんはしゃくぜんとしない顔をしてたけど、とりあえずオススメのトム映画を教えてもらいました。 さっそく見ないと。 10月17日 火ようび くもり 村上さんイチオシの「あいず・わいど・しゃっと」を借りようとしたけど なぜかレンタルやのおねえさんにことわられてしまいました。 はやくトムクルーズたいさくをしなきゃいけないのに!なんでだろう ぐちっててもしかたないのでかわりにトップガンをかりました。 これも村上さんのオススメリストに入ってます。 さっそく見てみました。 なんだかとっても楽しいえいがでした。 かっこいいのにどこかズレてるかんじがさいこうです。 それにしてもトムクルーズってこんなにまゆげがへの字になってたけな。 あったかいショットって意味もよくわからないです。 まぁいいや。 2もあったのでこんどそっちも見てみようと思います。 トムをきわめるぞ! 10月18日 水ようび はれ 2も面白かったです。 でもホットショットって意味はわからずじまいでした。 それにしてもトムクルーズはやっぱつよいです。 にわとりをゆみやではなつなんて・・・てきにまわすとおそろしい。 かてるかしんぱいになってきました。 なにかアドバイスないか村上さんにききにいきました。 きょうもうんよくつかまりました。 てゆうか村上さんはいつもナースセンターでくつろいでます。 しごとしてないんでしょうか。 いろいろ話しててぼくのピカチューグッズを見せてあげることになったりしました。 バイブDEピカチューやダッチピカチューが気になってるようでした。 さらにはトムクルーズとのたいけつのときにはたちあってくれることに! 「どんなバカか見てみたい」だそうです。 りゆうはともかく心づよい! トップガンのはなしもしたかったんですがびみょうにはなしがかみあいませんでした。 なんでだろう。 10月19日 木ようび くもり ついにくるべき日がやってきました。 あつし君がボスからのメッセージをあずかってきてました。 あした。 公園でトムクルーズがまってる。 こわいけどいかなければいけません。 ピカチューのなにかけて! 村上さんにもほうこくにいきました。 あしたはガンガンひまらしい。 いや、むりやりひまにするそうなんでいっしょにきてくれるのは大丈夫でした。 けっせんいそなえ、村上さんがそうびをよういしてくれました。 「トムクルーズと言えばこれでしょ」 えむあいつーごようたしのサングラス!村上さんとのおそろいです。 村上さんはやばいくらい似合ってます。 くうちゅうでまわりげりをくりだしそうないきおいです。 ぼくもかけてみるとなんだかつよくなった気がしました。 おとこレベルあがりまくりです。 これならかてるかもしれない。 トムにはトムでたいこうだ! まってろ!トムクルーズ! 10月20日 金ようび あめ あめの中、ぼくと村上さんはずっとこうえんでまってました。 ずっとまっててもうくらくなってきたころ、こうえんのいりぐちにくろいかたまりが。 トムクルーズ!?いっしゅんそうおもいました。 でもよく見るとちがいました。 ボスでした。 きょどうふしんぎみにこっちのようすをうかがってます。 そのときのボスのかっこう。 くろいコートにサングラス。 かいぞうしたようなじてんしゃにまたがって・・ 「ってたんなるコスプレじゃん!」 村上さんのさけびごえにトムクルーズ(ボスのコスプレ)がびくんとしました。 にゅるりとしたうごきでみがまえるボス。 そしてそのりょうてにはけんじゅうが! だんがんがぼくらをおそいます!よけなきゃ! じかんがスローになり、ぼくはいつのまにかのけぞってました。 だめだっよけきれない!そうおもったしゅんかん、足になにかあたりました。 ぺしってなさけないおとが・・・輪ゴムでした。 ・・・・・・・わりばしてっぽう? 何発くらってもへいぜんとしてるぼくに、ボスはあせったようでした。 くるりとまわれみぎして、じてんしゃにまたがって・・・にげました。 とおくのほうまでいくとふりかえって「まだだっまだおわらんよっ!」とさけんでました。 村上さんは「リアルバカだわっ」っておなかかかえておおわらいしてます。 ぼくはなんかもうどうしようもありませんでした。 かったんでしょうか。 10月21日 土ようび はれ てゆうかもうおわってるっぽいです。 あつし君とこうえんの近くでボスを見かけました。 ぼくと目が合うとボスはきまりがわるそうに手でかおをおおってそそくさとさってしまいました。 「にげたね」「うん。 にげちゃったね」 とおくのボスのせなかがみょうにすすけて見えました。 なんかよくかわらないうちにアッキーじごくからかいほうされたらしい。 あっけないまくぎれでした。 きのう村上さんは「あれはね。 トムクルーズにあこがれるたんなるオタクやろうよ」とかいせつしてくれました。 さらに「あのえんどうブタとおなじ穴のムジナね」とも言ってました。 なっとくです。 ブタはブタどうし同じようにブタなせいかくしてるんだ。 となると、いずれおじさんもトムクルーズのコスプレして「トムになれたよ!」ってほざくんでしょうか。 いや、まさかおじさんにかぎってそんなバカなまねは・・・ やりそう。 10月22日 日ようび はれ やくそくどおり村上さんにピカチューグッズをたんのうしてもらおうと家にしょうたいしました。 見たがってたバイブDEピカチューやダッチピカチューも見せました。 けど村上さんのようすがへんです。 ほおを赤らめて「これ、どこでかったの?」って。 「だいにんのおもちゃや」ってとこでもらったやつです。 ぼくがほしそうにみてたらみせのおじさんが「マニアックすぎてかう人いないから」って言って ただでくれたものです。 ほかにもパックリピカチューやなりきりピカチューももらいました。 せつめいすると村上さんはぼくのかたをポンポンとたたいて言いました。 「これはね。 オトナのおもちゃっていうのよ」 なにそれ。 かえりぎわに「どれかもらってっていい?」と聞かれたので 村上さんにはおせわになったことだしひとつわけてあげることにしました。 とてもしんけんな目でえらんでたんですが、けっきょくなりきりピカチューにしたようです。 「アツいよるをすごしてね」とふしぎなことばをのこして村上さんはかえっていきました。 アツイよるというとピカチューとだきあってあついゆうじょうをたしかめあうことかな? きっとそうだ。 やろうやろう! アツイよるのはじまりです。 やったよピカチュー!ぼくはアッキーにかったんだ! しょうりをいわい、いつまでもダッチピカチューとはげしくだきあってました。 でもこれをやるたびにいつもおもうことがあるんです。 この穴、なんだろう。

次の