お 宮参り 母親 服装。 お宮参りに着ていく母親の服装は?スーツ&ワンピース 正解スタイル

母親・父親のお宮参りの服装はなにを着る?春夏秋冬 季節別にポイントを解説

お 宮参り 母親 服装

冬のお宮参りは暖かさが最優先• 明るい色を選べば冬の服装に映える• ウールやツイード素材で見た目にも暖かく 冬のお宮参りは暖かさが最優先 寒い冬のお宮参りは、暖かさを最優先に洋服を選びましょう。 寒い中のお宮参りは、産後のママにはつらいものです。 神社の室内で御祈祷を受けるときには靴を脱ぐこともあるので、一層寒く感じられます。 暖かい洋服で寒さ対策を万全にして、風邪を引かないように気をつけましょう。 明るい色を選べば冬の服装に映える 濃い色が多くなる冬の洋服ですが、明るい色を選ぶと華やかな印象が際立ちます。 黒いコートやタイツで全体的に暗くなりがちな冬に、あえて白やグレーの洋服を選べば、写真映えも良くなります。 ウールやツイード素材で見た目にも暖かく 冬の素材でおすすめなのが、ウールやツイードなどの暖かい素材です。 羊毛のウールは、繊維が絡みあって空気をたくさん含むので、保温効果が高いという特徴があります。 型崩れやシワにもなりにくい、冬にもってこいの素材です。 自宅で洗濯できるウールも多いのでお手入れも簡単ですね。 冬服の代表格と言えるツイード素材も、太く短い羊毛で織られて暖かく冬におすすめの素材。 生地をうまく選んで、着心地も見た目も暖かく装いましょう。 【写真映え】お宮参りの服装(冬12〜2月)でママにおすすめなワンピース5選 安心と信頼の日本製 メリノウール フォーマル ワンピーススーツセット マタニティセットアップスーツ マタニティから産後もずっと着回せる 膝が出ない安心丈の高級感漂う日本製王道美人ママスーツ.

次の

お宮参り 服装 ママ》春・夏・秋・冬・色・ワンピース・スーツ・黒・フォーマル

お 宮参り 母親 服装

女の子用お宮参りの着物 赤ちゃんの服装では、正式なものだと白羽二重になっている着物の上に、紋付の祝い着をかけます。 祝い着は男の子の場合「熨斗目模様」、女の子は「友禅模様」です。 男の子なら、鷹や兜・武者などの柄が多く、黒色や紺色・灰色・白色になります。 女の子は蝶や手毬・花の柄で、赤色や桃色が多いです。 祝い着の下に着るものは、着物でなくても構いません。 ベビードレスや産着など赤ちゃんが快適なものを着てから、祝い着をかけるのが一般的になっています。 ベビードレスの上にケープをかけるケースも多いです。 ベビードレスなど洋装の場合は、白い帽子と靴下も用意します。 赤ちゃんの服装を選ぶ際には、まだ体温調節がしっかりできないことを考慮した方がいいでしょう。 夏であれば、祝い着の下には薄手のベビードレスや産着だけにします。 厚手の服で体温調節ができないと、体の熱がこもってしまい熱中症になることもあるので、注意が必要です。 冬の場合は、ベビードレスと祝い着以外にもおくるみやアフガンを用意し、体を温められるようにしておきます。 さらに、赤ちゃんは授乳後の吐き戻しなどで服を汚すこともあるので、下着や替えの服も持参していると安心です。 母親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ お宮参りで母親が着る服装は「訪問着」「色無地の着物」「ワンピース」「スーツ」などになります。 昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」が主流でした。 しかし、黒色ではなく赤色や桃色などの着物・訪問着などが多くなっています。 また、母親の服装は、ワンピースやスーツなどの洋装にしても構いません。 黒色や紺色・ベージュなどの色で、無地のワンピースやスーツが適しています。 夏は涼しくなるようにワンピースがいいでしょう。 授乳口が付いているものだと、授乳もしやすくなります。 スーツの場合は、ブラウスとスカートだけでも構いませんが、ジャケットも持参することが望ましいです。 冬の場合はコートを羽織るなどして、体が冷えないようにしましょう。 お宮参りは神社で行うものなので、露出の多い服装は避けます。 スーツやワンピースの時は、丈は膝よりも下にするのが望ましいです。 ノースリーブなどの肩が見える服装も避けます。 アクセサリーや靴に関しては、特に決まりはありません。 しかし、赤ちゃんを抱っこするので、ネックレスなどのアクセサリーは付けないことが多いです。 付ける時は、パールのネックレスやイヤリングなど、フォーマル用にするといいでしょう。 靴は、基本的には黒色や紺色などの落ち着いた色です。 赤ちゃんを抱っこするので、安定感のある靴にしましょう。 父親の服装は? ~お宮参りの服装の選び方~ 父親の服装は、一般的には「スーツ」です。 赤ちゃんや母親などが和装であっても、父親はスーツで構いません。 なるべく礼服を意識し、白色のワイシャツとネクタイを着用するようにしましょう。 スーツ自体の色は、黒色や紺色・チャコールグレーなどのダークスーツにします。 無地のものが好ましいですが、薄いストライプの柄などが入っていても構いません。 靴下は黒色や白色を選び、黒色や茶色のフォーマル靴を履くといいでしょう。 夏も冬もスーツになりますが、スーツの厚みやコートの着用で温度調節をすることになります。 祖父母の服装とは? 祖父母の場合は、赤ちゃんの両親に合わせた服装にするのが望ましいです。 祖母は「色留袖」「訪問着」「スーツ」「ワンピース」などになります。 赤ちゃんの両親が洋装の時は、祖父母も洋装にするのがいいでしょう。 一般的には、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして、お参りをする風習があります。 赤ちゃんが和装の時は、祖母も和装で揃えると見た目のバランスはよくなります。 黒色や紺色・灰色などの落ち着いた色の服装にし、アクセサリーはパールのものです。 祖父の場合は、「スーツ」になります。 カジュアルなものよりは、冠婚葬祭で身に付けるスーツが良いでしょう。 男の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 兜・松・宝尽くしが描かれた深緑地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 男の子らしく勇ましい兜とお祝いにピッタリのおめでたい吉祥柄が描かれた男の子用の祝い着です。 存在感ある紗綾型の地紋と、立派な兜柄が大胆で存在感ある印象を与える逸品。 鷹・松・宝船が描かれた黒の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 海原を行く宝船と、大きく羽を広げた鷹が印象的な、黒色の地色にぼかしが入った着物。 袖や背中にはグレーのぼかしが施されており、黒地でも重くなりすぎない印象に仕上がっています。 鷹・松・鼓が描かれた紫地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは紫の地色と着物全面に広がる鷹や鼓、熨斗目柄が印象的な着物です。 黒や緑とはひと味違った味わい深い紫の地色と、淡く柔らかなぼかしのグラデーションが上品さを演出しています。 兜・小槌・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 黒地ベースの生地に、桶絞りや金彩刺繍が施された高級感溢れる着物です。 勇ましい兜をメインに、小槌や鹿の子模様などが配され、色味も華やかな装いです。 鷹・宝尽くし・鹿の子模様が描かれた黒地の着物 【お宮参り 男の子の着物・祝い着・産着】 こちらは前述の着物の柄違いバージョンです。 華やかさと基本デザインは一緒なので、双子の男の子に柄違いで揃えるのも可愛いです! 女の子におすすめのお宮参り着物5選 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 桜・雲枠・霞が描かれた赤地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 金彩八重桜や吉祥文様が入った雲枠、霞が彩りを添える女の子らしいデザインの着物です。 散りばめられた四季折々の花や随所に施された金彩加工が華やかさもプラスしています。 鼓・毬・牡丹・桜・菊が描かれた紫地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 鮮やかな紫色が目を引く大人っぽい雰囲気をまとった着物。 赤やピンクなどの可愛らしいデザインの着物が苦手な方におすすめの配色です。 花車・鞠・桜・紅葉が描かれたピンク地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ピンクなどの明るい色を基調とした華やかな着物です。 花車に鼓や鞠、桜や紅葉など四季折々のモチーフが着物全面に配された女の子らしい一着です。 梅が描かれた白地の着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 ひときわ目を引く白の地色が新鮮な印象を与えてくれる着物。 紅白の大柄な梅と、金彩が豪華に彩る一着です。 鼓・鈴・菊・藤・牡丹が描かれた黄色グラデーションの着物 【お宮参り 女の子の着物・祝い着・産着】 黄色からピンク、赤へと移り変わるグラデーションが美しい着物です。 友禅のような繊細なタッチと美しい色合いが魅力的な産着です。

次の

お宮参りの母親の服装は和装?洋装?フォーマルじゃなきゃダメ?

お 宮参り 母親 服装

この記念撮影コラムの目次• お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(女の子編) お宮参りの正式な和装は、肌着の上に着せる白羽二重(しろはぶたえ)と言われる真っ白なお着物の上に、色のついた掛け着を掛けます。 掛け着とはお祝いの時に着る晴れ着のことで、祝い着や初着・産着(うぶぎ)とも呼ばれます。 最近では、ベビードレスを着せた上から掛け着を羽織らせたり、フォトスタジオで着物を掛けた写真を撮ることが多いためベビードレスでお参りに行く方も増えています。 女の子の掛け着の色 女の子用の掛け着 祝い着、産着 の色合いは、明るく華やかな色味が多く使われます。 赤色や桃色、薄い黄色や水色などが多く、なかでも華やかで可愛らしい赤やピンクが人気です。 女の子の掛け着の絵柄 女の子のお宮参りの着物によく使われる絵柄は、美しい成長と人々からの祝福を願う気持ちが込められている御所車や花車、蹴鞠が貴族の遊びだったことから高貴さや品を表す華やかな鞠、音を出すことで邪気を追い払い神に呼びかけ祈りや願いを届けると言われる鈴の柄がよく使われます。 また、美しく成長し高く羽ばたく姿をイメージした蝶の柄や、飛躍を表したうさぎの柄が使われることもあります。 加えて、美しさや気品を表した牡丹、日本の国花である桜や梅などがよく使われています。 色味と同じく、女の子用の掛け着 祝い着、産着 は、明るく華やか、可愛らしいデザインのお着物に人気があります。 お宮参りの赤ちゃんの服装、祝い着とは(男の子編) 男の子のお宮参りでは、掛け着の色やデザインに女の子と大きく違いがあります。 男の子の掛け着の色 掛け着の色は男の子の場合、黒・濃紺・深緑などの濃い色合いのお着物が一般的ですが、キリッとしたりりしい色の掛け着だけではなく最近では白やベージュ(生成り)などのやわらかくお洒落な色も人気です。 男の子の掛け着の絵柄 着物のデザインはお祝いごとなので、男の子の出世や大成を意味するおめでたい熨斗目模様(のしめもよう)や兜、軍配、鷹、亀甲花菱や宝尽しなどの縁起物のモチーフが多いです。 スタンダートな柄のほか、個性的な柄としては虎や龍といった、男の子に元気に健康で、そして勇ましく育って欲しいという想いを込めたデザインもあります。 地域によっては男の子のお宮参り着物に家紋を入れるところもあり、この掛け着は仕立て直すことで3歳・5歳の七五三のお参りや記念撮影にも着ることができます。 お宮参りだけでなく、思い入れのあるお着物を成長とともに長く着られることができます。 お宮参りのベビードレスはどう着せる? お宮参りのベビードレスは、お宮参りの季節や天候に合わせて着せてあげましょう。 ベビードレスの上下に着る服で温度調整をしてあげると体温調節が苦手な赤ちゃんも快適に過ごせます。 ベビードレスの下には、短肌着または長肌着・コンビ肌着を着せ、その日の天候や気温よって肌着の上にツーウェイオール(ベビー服)などを着せてあげるのが一般的です。 シーズン別のお宮参りの服装調節 春や夏の汗ばむ時期はベビードレスの下に短肌着を着せます。 特に暑い日の場合、ベビードレスの下は短肌着だけの方が過ごしやすいかもしれません。 また、秋や冬の寒い時期は肌着を重ね着させたり、ベビードレスの下(または上)にベストや胴着を着せたりしてあげましょう。 特に寒い日の場合は、おくるみやアフガンを用意して、ベビードレスの上から体を温められるようにしておくと安心かもしれません。 また、ベビードレスの上にはケープをかけてあげることも多いようです。 取り外しができるケープは冬の寒さだけでなく、夏の冷房の効いた室内の防寒に使用できます。 最近のお宮参りはベビードレスのみ着せるケースも多いので、お着物を着せるかどうかによってもベビードレスの服を調整してあげましょう。 夏の暑い日の場合、お着物は神社で祝詞をあげてもらう時や記念写真を撮るときだけでも良いかもしれません。 お宮参り当日は天候や気温にあわせてベビードレスを着せ、お子様の様子を見てこまめに体温調節してあげることが大切です。 お宮参りの両親の服装は?着物を着るべき? お宮参りの際の服装は、必ずしもこれを着なくてはいけないという格好のルールはなく、赤ちゃんが和装だからといって、参列者も着物を着なくてはいけないというマナーもありません。 しかしながら、赤ちゃんが初めて神様と挨拶をする儀式・お祝いごとでもあるので、着物でない場合はしっかりとしたフォーマルな服装が好ましいでしょう。 母親のお宮参りの服装は 昔は、赤ちゃんの母親と父方祖母は「黒留袖」を着るかたが大半でしたが、現在は着物や訪問着、洋装ならワンピースやスーツを着る方がほとんどです。 お参りの服装を考える上で一番気にしてあげたいのは、赤ちゃんやお母さんの体調です。 お参り当日の体調や動きやすさ、天候や気候などを考えて服装を決めても構いません。 お母さんは授乳も間隔がまだ短い時期ですので、外でも簡単に授乳してあげられる、授乳服のワンピースが便利です。 靴も赤ちゃんを抱っこするので、ヒールではなくフラットシューズなどの安定した靴が安心です。 アクセサリーについても同様に、赤ちゃんの事を考えるとつけなくてもいいでしょう。 父親のお宮参りの服装は 父親の服装は、スーツを着るのが一般的です。 赤ちゃんやお母さんが和装を着ていても、お父さんは和装をする必要はありません。 スーツについては、冠婚葬祭用を着用するのがいいと言われています。 私服を着る場合は、母親、父親どちらもカジュアルになりすぎないように、ブラウスやジャケット、ひざ下丈のスカートやパンツを着るといいでしょう。 なかには、しきたりにこだわるご家庭もありますので、祖父母と服装について話し合い、お参り当日に雰囲気が揃うように事前に相談しておくことが大切です。 お宮参りでママのおすすめの髪型は?和装・洋装・長さ別アレンジ お宮参りのとき、服装と並んで迷ってしまうのがママの髪型。 そこで、忙しいママ必見!のおすすめヘアアレンジをご紹介します。 和装・着物でお宮参りに行く場合 お宮参りは赤ちゃんの一生に一度の大事な記念日だからこそ、しっかり準備をしてママも和装をしたい!という方も多いもの。 お着物を着る場合の髪型で、おすすめなのがアップスタイル。 お宮参りでは、赤ちゃんの掛け着で両手がふさがってしまうからこそ、後れ毛はあまり出さず顔周りをすっきりとまとめるのがおすすめです。 また、お宮参りは赤ちゃんが主役のお祝い事。 可愛いから、と華美な髪飾りをつけたり、盛り髪をすることはあまりおすすめできません。 お参りをする際は、なにかと頭を下げることも多いはず。 お辞儀をした際に前髪が崩れてしまったけれど直すことができない…!なんてことのないよう、長い前髪はすっきりまとめておくと、安心です。 ショートヘアの場合も同様に、顔の横の髪の毛は編み込みなどですっきりと後ろにまとめたり、前髪をポンパドールにしておくと、髪型の崩れを気にせずお参りすることができます。 洋装でお宮参りに行く場合 出産から1ヶ月で、毎日バタバタしてしまってなかなかお宮参りの準備もできない…とお困りのママ。 ワンピースなどフォーマルな洋装でお参りに行く方もいらっしゃいますよね。 お宮参りの産着は、ママの背中で結ぶため長い髪を下したままだと何かと不便になりがちです。 和装ほどでなくとも、すっきりまとめておくのが良いでしょう。 編み込みや三つ編みで少しゆるめにまとめ髪をすると、可愛らしさも演出することができます。 ショート~ミディアムヘアの方は、毛先を巻いて華やかさをプラスしてみましょう。 前髪が長めの方は、ポンパドールにしたり、横に流してピンで留めるなど、両手がふさがっていても気にならないようにしておくことがポイントです。 お宮参りにおじいちゃんおばあちゃんが来る場合の服装は? お宮参りの際の祖父母の服装は、基本的にはフォーマルな服装で参拝するのがよいでしょう。 祖母の服装のポイント 祖母の場合は、黒留袖、色留袖、スーツ、ワンピースなどになります。 赤ちゃんが掛け着の場合、お母様とおばあ様も和装で揃えても素敵ですし、スーツでも問題はありません。 特に、父方の祖母は赤ちゃんを抱っこする役割がありますので、無理のない服装で参列しましょう。 ワンピースやスーツなどの洋装の場合は、黒や紺色、ベージュなどの派手すぎない色で無地のものがよいでしょう。 また、靴も洋服に合わせて黒や紺色など、落ち着いた色合いのものにしましょう。 祖父の服装のポイント 祖父の場合は、冠婚葬祭で着用するようなスーツがよいでしょう。 おじい様のスーツも黒や紺色、グレーなど落ち着いた色合いが好ましいです。 デザインは無地や薄いストライプなど、柄が入っていても構いません。 なお、祖父は赤ちゃんや祖母が着物であっても、和装である必要はありません。 おじい様もおばあ様も体調や天候、季節などによって無理のない服装をしましょう。 両家で相談して統一感ある装いを また、事前に赤ちゃんのご両親やもう一方の祖父母と相談し、参列者の服装を揃えると統一感が出て全体的なバランスが整います。 どちらか一方の祖父母が正装、もう一方がカジュアルな服装で参列した場合、カジュアルな服装で参列した祖父母は恥ずかしく感じてしまうかもしれません。 そのような事態も防ぐため、事前の相談を行い服装を統一することをおすすめいたします。 なお、父方の祖父母より母方の祖父母の方が格の低い服装で参拝するのがよいとされている場合もあります。 (和装の場合は父方の祖母が黒留袖の場合、母方の祖母が色留袖など) 以前に比べしきたりを重んじるご家庭も少なくなってはいますが、赤ちゃんのせっかくのお祝いごとですから、ご家族にとってよき日になるようあらかじめ打ち合わせをするとよいでしょう。 お宮参りの写真撮影は生後何日から?いつごろする? 生まれて初めて外出してのイベントとなるお宮参り。 一般的には男の子は生後31日目、女の子は32日目と言われております。 寒い時期に誕生した赤ちゃんですと少しでも温かくなった時期にずらして撮影する方もいます。 生後1ヶ月の赤ちゃんの撮影では寝ているか、泣いているかの撮影が多いですが、赤ちゃんの体内時計と撮影時間がピッタリとベストの状態だと起きている写真が撮れたり、奇跡の新生児スマイルが見られます。 新生児の面影を少しでも残したい方は生後1ヶ月が良い撮影時期かと思います。 まだ自分で温度調整が出来ないのでしっかりと準備をして外出しましょう。 中には、100日記念や、お食い初めの時に撮影される方もいます。 この時には約3ヶ月の赤ちゃんも色々な表情を出せるようになり、笑ってくれたり首周りもしっかりとして来ている時期でもあるので、色々なバリエーションで撮影ができ、手足をバタバタと動かす赤ちゃんらしい元気な姿も見られ、動きのある写真が欲しい方には良いかと思います。 お宮参りの衣装はレンタルできる? お宮参りの衣装は、フォトスタジオやネット通販などでレンタルを利用される方もいますが、やがて来る3歳の七五三で仕立て直しをして着ることもできるため、購入する方も多いです。 赤ちゃんのお宮参りとは初めて神様に挨拶する儀式というものであり、生まれて初めての公式的な行事ということもあって、親としてもドキドキするもの。 記念撮影のため、いざスタジオを予約し、撮影となったとき「記念に残る写真を撮るなら正式な衣装を着て撮影がしたいけど購入するのはちょっと…」「衣装は持ち込みでなきゃ撮影はできない?」なんて心配になっていませんか? こども写真館プレシュスタジオなら、お宮参り用の撮影衣装も無料でレンタルできます!女の子用、男の子用それぞれに人気のお宮参り用の掛け着のレンタルを承っておりますのでご安心ください。 また、スタジオ内の撮影だけでなくお宮参りの参拝に衣装をレンタルしたいご家族のために、プレシュスタジオでは「来店前掛け着レンタル」や「来店後掛け着レンタル」というサービスもございます。 来店前掛け着レンタルは、撮影の前にご自宅に掛け着をお届けするので撮影前に神社にお宮参りしたいというお客様にぴったりです!反対に、来店後掛け着レンタルではプレシュスタジオでの写真撮影後、そのまま衣装の貸し出しをしますので、撮影を終えてすぐに神社へお参りをしたいお客様にぴったりです。 今回はお宮参りの衣装についてお届けしました。

次の