三重 県 の コロナ ウイルス 感染 者。 【新型コロナ】三重県の感染者は何人?入院先の病院は?移動ルート感染経路は?|*るなわんメモ*

三重県:「新型コロナウイルス感染症に関する三重県緊急総合対策」を策定しました

三重 県 の コロナ ウイルス 感染 者

Contents• 【新型コロナウイルス】三重県の感染者は何人? 三重県での感染者は、 19人となりました! その他で、 三重県在住の方ですが他県で発覚、入院された方が 1名いらっしゃいます! 1月30日に、初めて県内での感染者が出て少しずつ増えてきていますね。 感染された方が行かれた場所や、移動ルートはどこなのでしょうか? 感染経路も気になるところですね! 行かれた場所などは、避けることもできますので参考にして頂けたらと思います。 1月26日:熱下がらず。 1月27日:救急搬送で医療機関受診。 肺炎なく自宅療養。 1月29日:再受診。 肺炎と診断。 新型コロナウイルスの検査。 1月30日 : 新型コロナウイルス陽性。 2 月17日: 退院。 移動ルート 12月24〜1月13日:武漢市に滞在(帰省)。 武漢市の海鮮市場には立ち寄っていない。 1月13日:中部国際空港セントレアから高速船で移動。 船着場からは自家用車で帰宅。 1月19日:買い物に自家用車で行った。 1月14〜24日:自宅と勤務先を自家用車で往復。 感染経路 感染経路はわかっていません。 濃厚接触者は3名。 2名は症状ありでしたが陰性。 もう1人の方は症状なし陰性でした。 感染経路は不明とのことですが、もしかしたら帰省時にもらってしまったのかもしれませんね…。 3 月 3日:37. 医療機関Aを受診。 3 月 4日:39. 再受診。 右下肺に陰影あり。 解熱剤処方。 3 月 8日:帰国者・接触者外来相談センターへ相談。 3 月 9日:医療機関Bを受診し、PCR検査。 自宅待機。 3 月10日: 新型コロナウイルス陽性。 入院調整し後日入院。 移動ルート 調査中。 感染経路 近親者が、2月24日に大阪のライブハウス(Soap opera classics Umeda)でのイベントに参加していた。 その近親者と濃厚接触があった。 近親者は無症状。 大阪のライブハウスに行かれた方は無症状なので、その方から感染したのか?までは微妙ですが、大阪のライブハウスからの感染は各県でもかなり多くなってきていますね。 2人目の濃厚接触者の為検査。 12日に入院。 移動ルート 調査中。 感染経路 感染経路はわかっていません。 自覚症状はなかったとのことですが、 濃厚接触者として検査したところ陽性となり、 入院されています。 大阪ライブに参加&2人目の濃厚接触者の為検査。 3月12日に入院。 移動ルート 2 月24日:大阪ライブハウス(Soap opera classics Umeda)の昼の部に参加。 感染経路 感染経路はわかっていません。 自覚症状はなかったとのことですが、 大阪のライブ参加& 濃厚接触者として検査したところ陽性となり、 入院されています。 注意喚起が行われているライブの時間帯への参加はなかったとのことです。 3 月11日:36. 大阪ライブに参加&2人目の濃厚接触者の為検査。 3 月12日: 入 院。 移動ルート 調査中。 感染経路 感染経路はわかっていません。 症状は発熱のみでしたが、 濃厚接触者として検査したところ陽性となり、 入院されています。 大阪ライブに参加&2人目の濃厚接触者の為検査。 3月12日に入院。 移動ルート 2 月24日:大阪ライブハウス(Soap opera classics Umeda)の昼の部に参加。 感染経路 感染経路はわかっていません。 自覚症状はなかったとのことですが、 大阪のライブ参加& 濃厚接触者として検査したところ陽性となり、 入院されています。 注意喚起が行われているライブの時間帯への参加はなかったとのことです。 医療機関を受診。 3 月 3日:熱はあり。 3 月 4日:解熱。 3 月11日:2人目の濃厚接触者の為検査。 3 月12日: 入院。 移動ルート 調査中。 感染経路 感染経路はわかっていません。 学校や保育所には通っておらず、在家庭。 症状は発熱のみでしたが、 濃厚接触者として検査したところ陽性となり、 入院されています。 2 月16日:下船。 東京都内の医療機関に入院。 3 月 2日: 退院。 3 月12日:39. 全身の倦怠感。 3 月13日:症状が以前なし。 帰国者・接触者相談センターに連絡。 県内の医療機関Aを受診。 3 月14日 :PCR検査で 陽性。 県内の医療機関Bに転院。 移動ルート クルーズ船を下船、入院し退院した後は帰宅。 帰宅後の行動歴は確認中。 感染経路 クルーズ船内での感染。 クルーズ船で感染が確認され、入退院しましたが再度感染が確認された方です。 陰性になったからといって安心できないようですね。 3 月13日:熱が下がる。 3 月14日:発熱と解熱を繰り返す。 様子を見ることに。 3 月16日:熱と軽度の喉の痛み。 帰国者・接触者相談センターへ相談。 医療機関にてPCR検査。 結果が出るまで自宅待機。 3 月17日:検査は陰性。 3 月18日:主治医の指示で再診。 再度検査で陽性。 県内で入院。 移動ルート 3 月6、7日:東京都で陽性となった患者と濃厚接触があった。 その他の移動ルートはわかっていません。 感染経路 渡米経歴なし。 感染経路は恐らく感染者との接触です。 家族は陰性でした。 濃厚接触が確実な感染経路かはわかりませんが、可能性が高いかと思います。 1度目の検査では陰性だったとのことなので、時期によっては陽性にならない場合もあるようです。 医療機関受診。 3 月29日:38. PCR検査。 3 月30日: 新型コロナウイルス陽性。 移動ルート 3 月27日:仕事のため、自家用車で同行者と埼玉県から三重県へ。 陸上競技の練習会の関係者と懇親会に参加した後、鈴鹿市内の宿泊施設【鈴鹿サーキットホテル】に宿泊。 3 月28日:朝、同行者は長野県へ公共交通機関で移動。 本人は日中、鈴鹿市内で開催された陸上競技の練習会で講師を務める。 3 月29、30日:買い物の為、一時的に自家用車で外出。 それ以外は、宿泊施設内で滞在。 感染経路 感染経路はわかっていません。 陸上競技の練習会で講師をされていたので、参加者と関係者が82名いたそうです。 その他に9名。 県内で検査をした方は、その内81名。 1名陽性(13例目)となったとのことでした。 3 月27、28日:市販薬で一時解熱。 後頭部に痛み。 3 月30日: 医療機関を受診し、PCR検査。 3 月31日: 入院。 移動ルート 3 月24日:仕事のため、自家用車で東京都から一人で三重県へ。 津市内の宿泊施設に宿泊。 仕事上、不特定多数との接触はなし。 感染経路 感染経路はわかっていません。 仕事関係の方と、ホテル関係の方での接触者は31名。 県内では19名がPCR検査をしています。 検査結果は掲載がされていなかったので恐らく陰性だったのではないでしょうか。 その後は症状なし。 3 月 2日:痰と息苦しさあり。 3 月 3日:現地の病院受診。 経過観察。 三重県の保健所に国際電話をし、症状を伝え帰国時に検閲所で相談となった。 3 月 4日:咳と息苦しさがあり、検閲所の健康相談室に自主来室。 新型コロナウイルスの検査を実施。 愛知県の病院に搬送入院。 移動ルート 1月21〜2月12日:カンボジアに滞在。 2 月13〜16日:一時帰国し、三重県と愛知県に滞在した。 2 月16日:日本出発。 ベトナム経由でカンボジアへ渡航。 2 月21日:フィリピンへ移動。 2 月28日:カンボジアへ移動。 3 月 4日:ベトナム経由で日本に帰国。 感染経路 感染経路はわかっていません。 海外に行かれていたので、感染がどこからなのかわかりませんが21日に症状が出ているので、期間的に考えますと、カンボジアかベトナムで感染した可能性が高いかもしれません。 感染した方が入院している病院は? 感染が確認されてから入院された病院はどこなのでしょうか? 県内の病院で入院されていらっしゃる方に関して考えていきたいと思います。 三重県・新型コロナウイルスで入院できる病院はどこ? まず、新型コロナウイルスに感染してしまうと、入院できる病院は限られてきます。 それは、 ・特定感染症指定医療期間 ・第一種感染症指定医療機関 ・第二種感染症指定医療機関 この3つに分けられています。 ですが、特定と第一種は必ず感染病床がありますが、 第二種は感染病床と結核病床に分かれており、感染病床がない医療機関もあります。 更にどちらもないという病院もあります。 その場合はどうなるのか…まではわかりませんが、一般病院も受け入れをしていいとなってきている今、空いていなければ結核病床に入院ということも充分あり得ることではないかと思います。 では、特定、第一種、第二種の病院はどこなのでしょうか? 特定感染症指定医療機関は残念ながら、 三重県にはありません。 第一種感染症指定医療機関は 1箇所。 伊勢赤十字病院のみとなっています。 そして、 第二種感染症指定医療機関は、 11箇所。 【感染病床+結核病床あり】 ・独立行政法人国立病院機構 三重中央医療センター 【感染病床のみ】 ・独立行政法人国立病院機構 三重病院 ・三重県立総合医療センター ・市立四日市病院 ・松阪市民病院 ・伊勢赤十字病院 ・紀南病院組合立 紀南病院 【どちらもない】 ・独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター ・三重県厚生農業組合連合会 三重北医療センターいなべ総合病院 ・三重県厚生農業組合連合会 鈴鹿中央総合病院 ・独立行政法人国立病院機構 榊原病院 三重県で新型コロナウイルスに感染した場合、入院できる病院は 12箇所ということになります。 感染した方が入院されている病院は? 三重県までしかわからず、何市までが情報がない方はどこに入院されているか予想ができまませんでした。 その他の方で、 伊賀保健所管内と 桑名保健所管内に在住の方は大体の入院先が絞れそうですね。 伊賀保健所管内というのは、『伊賀市』と『名張市』です。 桑名保健所管内は、『桑名市』『いなべ市』『桑名郡 木曽岬町』『員弁郡 東員町』『 三重郡 菰野町』『三重郡 朝日町』『三重郡 川越町』です。 この地域の病院は?と思い、調べてみたのですが… まさかの、 12箇所の病院で、この地域にある病院はありませんでした! >人<; となると、近くの病院になるかと思います。 伊賀保健所管内に近いのは、 松坂市、津市、亀山市です。 その地域の病院は、 ・独立行政法人国立病院機構 三重中央医療センター(津市) ・独立行政法人国立病院機構 三重病院(津市) ・独立行政法人国立病院機構 榊原病院(津市) 桑名保険所管内に近いのは、 四日市市と鈴鹿市、亀山市です。 その地域の病院は、 ・三重県立総合医療センター(四日市市) ・市立四日市病院(四日市市) ・独立行政法人地域医療機能推進機構 四日市羽津医療センター(四日市) ・三重県厚生農業組合連合会 鈴鹿中央総合病院(鈴鹿市) この病院のどこかで入院されている可能性が高いですね。 ですが、 病床が空いていなければ別の病院に入院されている可能性もあります。 なので、参考程度にお考え下さいね。 亡くなられている方もいらっしゃいますし、若い方でも重症となっている方もいます。 できるだけ、かからないように対策はしっかりしていきましょう! 最後までお読み頂きありがとうございました!.

次の

【三重コロナ】三重県津市で新型コロナウイルス感染者が確認される

三重 県 の コロナ ウイルス 感染 者

翌日も下がらず。 救急車を要請して搬送され、その後帰宅。 肺炎と診断されて入院。 現在入院している病院も 伊勢赤十字病院の可能性が高いですね。 ただ、救急車で緊急搬送される場合は病院の空き状況によって変わります。 1月27日に搬送された病院と、1月29日に再受診した病院は異なるとも言われています。 しかし現在は、武漢市に滞在した経歴がある場合は 受診時に申告する必要があります。 今回の50代男性も申告したはずです。 その場合、医療機関としてはコロナウイルス感染の疑いのある患者を 他の病院に受診させるでしょうか。 おそらく、自分の病院に 『また来るように』と伝えるはずです。 そう考えると、搬送された病院も入院している病院も同じ『伊勢赤十字病院』の可能性が高いです。 行動範囲や移動手段が気になるところですね。 まず、武漢市への滞在歴があるので、確実に中国から日本行きの飛行機を利用しています。 ただ、1月25日に発熱するまでの12日間(1月13日~1月25日)をどこで過ごしたのかは公表されていません。 日常品の買い出しでスーパーマーケットやコンビニに行ったり、 電車やバスを使った移動をした可能性は非常に高いです。 また、コロナウイルスに感染した50代男性が大阪に滞在していたという話もありますが、 調べたところ、こちらは信憑性のない話でした。 伊勢赤十字病院に入院したと考えると、 三重県伊勢市に在住している可能性が高いです。 近辺の市の方は、しっかりと手洗いうがいをして予防することをオススメします!.

次の

三重県|新型コロナウイルス感染症患者の発生について(県内第45例目) 【令和2年4月24日発表】

三重 県 の コロナ ウイルス 感染 者

ご覧の通り、三重県津市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことが報告されています。 感染者は、60代男性と公表されています(詳細はをご覧ください)。 これに対して困惑する声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 「三重県津市で新型コロナウイルス感染者」に対する世間の反応 「津市でコロナ出たんか…」 「津市も感染者出たのか」 「津市にもコロナ出てしまった…」 「三重県また出た。 コロナ感染者止まらない予感…」 「津市もコロナ出たみたい。 危なくなってきた」 などの声があがりました。 やはり世間では、三重県津市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことに対して困惑する声が多く見られました。 最後に 今回は、三重県津市で新型コロナウイルス感染者が確認されたことについてご紹介させていただきました。 三重県内で新型コロナウイルス感染者が増加しているということで、住民の間で不安が広がっています。 都会・地方問わず、日本全国で新型コロナウイルス感染者が急増していますので、自分だけでなく家族や友人のためにも感染症対策を念入りに行いたいですね。

次の