ホロスコープ 相性 読み方。 ホロスコープの読み方

【これでわかる西洋占星術】出生図の読み方【ネイタルチャート 性格診断・ホロスコープ講座】│きみのこえが聴こえる。

ホロスコープ 相性 読み方

ホロスコープから相性を読もう。 こんにちは、水澤純です。 ホロスコープって、出世図までは独力で読めるようになったとしても、その先の『相性図』などの『二重円』になった途端に、急にレベルアップする感じがありませんか? 私自身も出世図までは独学で読めるようになったのですが、その後の二重円・三重円については先生に習いにいきました。 とはいえ習ってみて感じたのは、相性図などを読む場合も、出生図と基本は一緒だということ。 もちろん、多少の慣れは必要ですが、そこまで身構えなくても大丈夫! ということで、この記事では ホロスコープから相性を読む方法について解説していきます。 ホロスコープの相性図を読む方法 いくつかのアプローチにて、 ホロスコープを読んでいきましょう。 相性図は、アスペクトを読む 相性図を読むために、もっとも重要なのは、アスペクトです。 というのも、アスペクトがなければ、2人の間にエネルギーの循環が起こりません。 アスペクトというのは、天体のエネルギーを伝える梯子(はしご)であり、アスペクトの種類によって、エネルギーの状態が決まってくるからです。 パートナーというのは、良くも悪くも、何かしらのエネルギー循環が起こっているものです。 喧嘩の絶えないパートナーであっても、穏やかに助け合う関係であっても、2人の天体が共鳴して関係性を築いています。 なお、2人の相性を読むための相性図には次の2種類があります。 シナストリー• コンポジット アスペクトを読むためには、シナストリー・チャートを作成して下さい。 わかりやすくてオススメです。 サインの相性を読む アスペクトが最も大事とお伝えしましたが、同時にサインについても見ていきましょう。 とくに、 サインのエレメントと、 サイン同士の関係性は、無視できません。 というのも、たとえば彼が牡羊座の火のサインで、あなたが蟹座の水のサインだった場合。 火と水は、やはり打ち消しあうような作用があります。 (これは自然界における火と水のイメージと同じです) それに、牡羊座と蟹座というのは、ホロスコープ上において、スクエア(90度)の関係性ですね。 そのため、ぶつかり合ったり、意見が食い違いがち。 もちろん、喧嘩別れをしてしまうカップルもいれば、乗り越えていけるカップルもいるので、一概に相性が悪いというわけではありません。 ですが、それぞれがもつ性質と、その性質同士の関わりを知ることから、 2人の力の共鳴がどのような形で起こりやすいか、見えてくるのです。 なお、夫婦の場合は、 月星座同士の相性をもっとも重要視します。 詳しくは、こちらの記事にまとめたので参考にしてください。 上記にて、水と火は打ち消しあうよ、と解説しました。 たしかに4元素の性質からするとそうなのですが、それらの組み合わせのなかでも『隣り合ったサイン』については、お互い尊敬しあう関係が築きやすいようです。 たとえば、土と風もまた、打ち消しあう元素なのですが(土が固めようとするものを、風が散らすので) 山羊座(土)と天秤座(風)というスクエアの関係よりも、山羊座(土)と水瓶座(風)といった組み合わせのほうが、穏やかな関係になりやすいです。 占星術においては、 自分の次のサインについては好感や憧れを持ちやすい、なんて話もあります。 次に目指すところだからでしょうか。 補足情報ですが、頭の片隅に入れておいて下さいね。 相手の天体が、自分のどのハウスに入るか? さて、ハウスについても忘れずに見ていきましょう。 こちらもシナストリーチャートから見ていくことができます。 なお、ハウスは出生時刻がハッキリしている場合にしか使うことができません。 とはいえシナストリーの場合、二重円の内側のチャートの人のハウスが定まっていれば大丈夫です。 シナストリーにおけるハウスの活用方法 二重円の外側のチャートの人の天体が、内側の人のどのハウスに入っているか? という観点で見ていきます。 たとえば、Aさんの6ハウス(仕事・雇用・奉仕を表す)に、Bさんの木星(拡大の星)が位置しているとしましょう。 この場合、AさんにとってBさんは〈仕事を運んでくる人〉〈仕事を依頼してくる人〉と解釈できるでしょう。 ついつい、Bさんの期待に応えようとして、頑張りすぎてしまうかもしれませんね。 他の例だと、たとえば、Aさんの2ハウス(お金・仕事)にBさんの土星(制限・安定)が位置していれば、Aさんの収入を安定させたり節制させる役割をBさんが担うかもしれません。 このように、 〈内側のチャート(上記の例だとAさん)のどのハウス〉に 〈外側の相手のチャート(上記の例だとBさん)のどの天体〉が入っているか?という観点から、読むことができます。 過去生でのつながりを知りたい場合、ドラゴンヘッドは要確認。 ホロスコープは輪廻転生を前提としていますので、相性図においてもまた、 相手との過去生における関係が見えることがあります。 わかりやすく決まった読み方があるわけではありませんが、相性図において ドラゴンヘッドやドラゴンテイルと他の天体がコンジャンクション(0度)していたり、何かしらタイトなアスペクトを組む場合には、過去生においてのつながりが強い可能性があります。 親子関係であったり、ツインソウル的なつながりであったりするケースもあるようです。 なので、 ドラゴンヘッドやドラゴンテイルについても、アスペクトを見る習慣をつけると、なにかと発見があるかもしれません。 複数人の共同作業を知りたければコンポジットチャートで。 相性とはまた違うのですが、2人以上の人が複数人で何かを成そうとするときの方向性については、コンポジットチャートが向いています。 コンポジットチャートについては、別の記事にまとめていますので、ご覧ください。 だからこそ、 基礎の本質的な理解が大切になってきます。 多くの人が「暗記」や「枝葉の知識」だけで占星術の学習を終わらせてしまいます。 その結果、その後の学習の幅を狭める結果になってしまうのです。 占星術の学びを「お勉強」で終わらせるのは、本当にもったいないです。 基礎を本質的に学ぶからこそ、感性で読むことがでいる土台ができます。 このサイトでは、ホロスコープを感じるをテーマに、さまざまな情報を提供しています。 無料メールマガジン登録【読むだけで、ホロスコープを感じる7日間】.

次の

解説!西洋占星術ホロスコープの読み方

ホロスコープ 相性 読み方

そもそもホロスコープって? ホロスコープとは 「ある時点での天体の位置を記録した天体配置図」をいいます。 円を30度ずつ12星座に切り分けて、そのなかに天体を並べた図です。 主に3種類に分けられます。 出生図(ネイタル・チャート )• 経過図(トランジット・チャート)• 進行図(プログレス・チャート) 順に見ていきましょう。 出生図とはその人が生まれたときに空に散らばっていた天体の配置を書き留めた図です。 ここに描かれた天体と星座の関係、向き合い方が、その人の性格や抽象的な人生の目標を示しています。 占星術を学ぶ人が、まずはじめに勉強するのがこの図です。 経過図は出生図にリアルタイムの天体の位置を照らしあわせて二重円にしたものをいいます。 内側に出生図、外側に現時点の天体配置を書いて、どう作用しあっているかを見ます。 これが読めるようになると、週間占いや今日の運勢を知ることができます。 進行図は出生図をもとに天体配置を一定の時間だけ動かしたものです。 たとえば20歳になったときにどういう天体配置になっているかを読むことによって、その人の未来や運命を知ることができます。 経過図が外からの影響を表しているとすれば、進行図は内面の変化を表しているといえます。 ホロスコープ作成に必要な情報は? これまでの説明からわかるとおり、ホロスコープにはまず出生図が必要です。 作成に必要なのは以下の3つ。 生年月日• 出生時刻• 出生地 出生時刻がネックですね…。 しかしこれがわからないと、あとで説明する ハウスを確定できないため、ホロスコープの情報が欠けてしまいます。 もしわからない場合は正午にセットして読めば、他の大きな情報を読めるので大丈夫です! 読むべきポイントは4つ 複雑に見えますが、読むべきポイントは4つしかありません。 サイン• アスペクト• ハウス 上から順に解説していきます。 サイン 私たちが普段〇〇座と呼んでいるもの、これがサインです。 おひつじ座からうお座まで、それぞれに特別な性質があります。 ホロスコープでは円の外縁を区切って、そこにサインを象徴する記号を書き込みます。 ケーキのように30度ずつ切り分けてありますが、このケーキ1ピース分がそのサインの性質を帯びるわけです。 ところで、サインって動物やモノで示されますよね。 これはあいまいな性格を特定の形象に落とし込んでイメージしようという古代人の知恵なんだろうと、わたしは思います。 慣れてくると、「しし座みたいな性格だね!」と言うだけでイメージがパッと伝わるーーそう考えると便利だと思いませんか? 天体 天体はあなたが生まれたときに空に散らばっていた惑星たちのことです。 天体の数は主に10個です。 基本的には以下の順に並べられます。 たとえば、水星はコミュニケーションを、火星は争いごとを司っているので、会話のスタイルを見るときは水星、怒り方を見るときは火星、というふうに使いわけます。 天体はサインとの関係が深く、ケーキのなかにある天体は各外縁のサインの影響を受けます。 その場合「木星星座がいて座」「木星がいて座のサインを帯びている」なんて言い方をします。 》参考: アスペクト アスペクトとは天体が織りなす角度のことです。 ホロスコープのなかに天体と天体を結ぶ赤と青の線が引いてありますよね?これらの線から天体同士がどんな関係にあるかを見て、いい影響を及ぼしているか、はたまた障害になっているかを読むわけです。 たとえば90度の角度は スクエアと言います。 わかりやすく言えば「角が立つ」関係です。 緊張関係にあるわけですね。 アスペクトには ハード(赤)と ソフト(青)の2種類があります。 (アスペクトの詳細についてはこちら) ハウス ハウスはいままでケーキと呼んでいたものの各ピースのことです。 時計に見立てると9時のところから反時計まわりに30度ずつ切り分けて番号を振ります。 ひとつひとつが部屋になっているので「室」と呼ばれることもあります。 ハウスにはそれぞれ意味があります。 たとえば、第5室は恋愛・娯楽・創造性を司るので、ここに太陽がある人は恋多きロマンチストだったり、娯楽産業やエンターテイメントをライフワークにしていたりします。 しかもこの太陽がさそり座を帯びていると…などと考えていくうちに占星術の深みにはまってていくわけです。 まず天体から入るのがおすすめ! 占星術の入門書を読むと、たいていハウスやアスペクトのことまで書いてあります。 しかし、いままで見てきたようにこのあたりから複雑になってくるので、一気にやるのは根気がいります。 そのため、自分の10天体のサインから調べてみることをおすすめします! わたし自身、天体を知るところからホロスコープに入りました。 なにより出生時刻がいらないから気楽にできるし、おもしろいです。 以下の公式サイトから無料で自分の10天体のサインを調べることができます。 よかったら調べてみてください。

次の

ホロスコープとは

ホロスコープ 相性 読み方

シナストリーとは シナストリーとは、ホロスコープのネイタルチャート間で相性を見るために用いる手法のひとつです。 黄道座標をそろえて二つのチャートを重ね合わせて、そこで成立するアスペクトを読みます。 そこから、相性が良い・悪いといったことも読んでいきます。 2つのチャートを用いるため、二重円でもあります。 より正確に度数が重なるほど、2つのチャート間の繋がりが強くなります。 その他アスペクトも同様にオーブが狭いほうが、より作用が強くなります。 また相性を読むときには、2つのネイタルチャート間にできるアスペクトだけを見るのではなく、そのアスペクトに関わるネイタルチャートとのアスペクトについても読んでいく必要があります。 そのため、シナストリー法で相性を読む場合、双方のネイタルチャートを十分に考慮することが前提となります。 シナストリーにおける注意点 アスペクトは、オポジション(180度)については、ネイタルチャートとは読み方がことなります。 シナストリーにおける男女間での相性という点では、オポジションは互いに強く引き合うことが多くなります。 なお、シナストリーにおいては二重円の感受点間にできるアスペクトのことを インターアスペクトと呼びます。 ホロスコープにおける相性の読み方 一例ではありますが、シナストリーにおけるインターアスペクトの読み方を紹介します。 実際は、相性も出生図を読むときと同様に、総合的にリーディングしていくものですが、リーディングのひとつの観点としてご覧ください。 第一印象を判断する 第一印象の良し悪しは、アセンダントへのアスペクトで判断します。 一方の人のアセンダントに、もう一方の人の太陽か月がオポジションの場合、出会った瞬間に魅力的に映るでしょう。 恋愛感情を抱く相手 恋愛感情については主に、金星へのアスペクトで判断します。 ある人の金星に、もう一人の火星がコンジャンクション(0度)かトライン(120度)となる、あるいは天王星がコンジャンクションとなる場合、金星を持つ人が、火星か天王星を持つ相手に恋愛感情を抱くでしょう。 結婚相手となってほしい人 人生の設計については主に太陽へのアスペクトで判断します。 ある人の太陽に、もうひとりの人のアセンダントか月がコンジャンクション(0度)あるいは木星がコンジャンクション(0度)かトライン(120度)となる場合、太陽の側の人が、もう一人のひとをパートナーとして関わりたい相手と見なしやすいでしょう。 ただし、このインターアスペクトを持っていたからといって、必ずしも結婚に至るというわけではありません。 親しみを覚える相手 親しみや安らぎについては、月を見ます。 ある人の月に、もう一人の太陽がコンジャンクション(0度)かオポジション(180度)、あるいは月と月のコンジャンクションか、月同士のイージーアスペクト。 月に対して、インターアスペクトの木星がイージーアスペクト。 なお、どんな関係においても、 相性においては月がとても大切です。 月の相性さえ良ければ、他に多少の難があっても、上手くやっていけることも多いのです。 苦手・嫌いな相手 ある人の太陽や月に、もう一人の土星がコンジャンクション(0度)かハードアスペクトを形成する場合。 また、太陽・月に対してもう一人の人の、火星・天王星・海王星・冥王星がハードアスペクトを持つ場合も、太陽・月側の人が、苦手意識を感じるでしょう。 リリス、ドラゴンヘッド、アラビックパーツについて 恋愛・結婚の相性の場合、リリスやドラゴンヘッド、アラビックパーツが相手の感受点にコンジャンクションしている場合、深いつながりを示すと言われます。 もちろん、このインターアスペクトがなくてもパートナーシップを築いている人は多くいるので、あくまで一例として考えてください。

次の