ラインペイ メリット。 「ラインペイ」を海外で使う2つの方法、メリットまとめ!

LINE Pay(ラインペイ)カードの特徴は?メリット・メリットに申し込み方法やチャージ方法も解説!

ラインペイ メリット

スポンサードリンク ラインペイカードが便利な理由 そもそもLINEPayカードって? LINE Payカードというのは、 メールアプリでおなじみの「LINE」が 2016年3月24日からサービスとして 始めたJCBブランドのプリペイドカードです。 カードの中にお金をチャージして クレジットカードのように支払うことが出来るのが 特徴のカードになります。 また、LINEPAYカードは 100円使うこどに2ポイントたまる 高還元率のカードとしても注目を集めています。 クレジットカードのような 審査もなく年会費無料で発行することができます。 ラインペイカードのメリットとは? 還元率の高さ 一時期、還元率が高いクレジットカードが 話題になっていたときもありましたが 今現在のクレジットカードの 還元率は0. 5%程が目安かと思います。 でもLINE Payカードは100円の使用で 2ポイントの還元、2パーセントという高還元率なのです。 色々自分で調べてみましたが 今現在クレジットカードで2%の還元率の カード会社は見つかりませんでした。 あっても年会費が必要なのではないかと思います。 私たち主婦にとっては 還元率ってめちゃくちゃ大事ですよね。 使える店舗が多い ラインペイカードは、コンビニだけでなく 全世界のJCB加盟店のほとんど全ての店舗で 利用することができます。 プリカだけど、使う時の感覚としては クレジットカードと同じような感じで カードを店員さんに差し出して 「1回で」「カードで」というだけで 清算が終わります。 もちろん、クレジットカード感覚で 使えるのでネット通販での買い物でも クレジットカードの欄に ラインペイカードの番号を打ち込めば 決済することができます。 履歴がLINE届く レジでカードを使って清算したら すぐに、自分のLINEに通知が届きます。 個人的な話になってしまって 申し訳ないのですが 私はよくコンビニに行くのですが レシートを貰い忘れることが多々あるんですね。 店員さんによってくれる人と 言わないとくれない人がいますよね? うっかりしていると 貰い忘れちゃって家計簿を書くときに 慌てちゃうのです。 その点、LINEに通知が届けば レシートを受け取らなくても LINEを見れば使用履歴が分かるので 財布の中もパンパンにならないし 家計簿の記入もれも防げちゃうわけです。 ポイントをLINEPAY残高に出来る LINEPAYカードは2%の還元率なので 100円で2ポイントたまります。 食費や日用品などの生活費をはじめ 家計の支出を極力ラインペイカードにて行えば かなりポイントがたまりやすいかと思いますが たまったポイントを 再びLINEPay残高に出来るのが さらなるポイントになります。 他にもラインスタンプに交換したり ラインストアでお買い物したり ナナコやぽんたなど コンビニのポイントにも交換することができますが 手数料等を考えると、たまったポイントは LINEpayカードで使うのがおすすめです。 ラインペイカードのデメリットは? チャージが面倒 もともとプリカを使用していて 慣れている人ならともかく 不慣れな私としてはチャージが面倒で 手間がかかると思ってしまいます。 最初はコンビニで チャージをしてその面倒さに びっくりしたのですが その後、銀行から振り込みを するようになりいくらか楽にはなりますが クレジットカードなら 残高を気にせずに使えたのに できないのにちょっと不便を感じます。 ただ、使いすぎ防止という意味では 家計をセーブできていいのかもしれませんね。 ポイントに有効期限がある ラインペイカードでたまったポイントは 180日の有効期限に設定されています。 半年経過すると 溜まったポイントが消えてしまうとのこと。 なんていうんでしょ。 めちゃくちゃポイントを貯めて ずっと使わずに貯金しておきたいと思っていると 半年だと微々たるものしかたまらないかと思います。 半年で消えちゃうなんておかしいと思って 調べてみたのですが ポイントの有効期限については 最後のポイントを取得した日から180日間 ということでした。 いつまで続くかわからない 2016年から始まったラインペイカードですが いつまで今のメリットである 2%の還元率だったり 審査なし年会費なしの状態が続くか分かりません。 クレジットカード会社も 徐々に還元率を下げて行っているように ラインペイカードもいつ何時 還元率を下げるか分かりません。 突然、利用制限されることだって あるかもしれませんよ。 今は新規の計画として 集客しているだけである程度までいったら やっぱり改訂がはいると予想します。

次の

ラインペイって一体何?特徴やメリット、デメリットを徹底解説!

ラインペイ メリット

タップできる目次• 更新:最新キャンペーン! 実施中のキャンペーンです。 8%/0. 5%)とともに利用できますよ。 過去の実施内容:• 2019年5月:300億円祭の影響で未実施• LINEのユーザーは8,000万人を超えており、その中でもLINE Pay(ラインペイ)登録ユーザー数が3,000万人を突破してます。 (2017年5月時点) なので、現在はさらに増えていることが予想されます。 この登録数は、現在提供されている電子決済サービスの中で1番の登録数です。 通常ポイント還元は引き続き利用可能です。 月10万円以上の利用で2. LINE PayボーナスはLINE Pay残高と同じようにLINE Pay加盟店で買い物をしたり、LINEの友達へ送ることができます。 また、 LINE Payボーナスでの支払い分もマイカラーの利用実績に含まれるため、よりバッジカラーを上げやすくなります。 ただし、LINEポイントのようにLINE Pay残高へ変換し、現金化することはできなくなります。 ワンコイン投資も対象に LINEから投資ができるLINEスマート投資が展開中です。 その中でもワンコイン投資という全自動で資産運用ができるプログラムも対象となっています。 投資しつつもマイカラーの利用実績になり、さらにポイント付与対象となっています…! お得に運用できるので興味のある方はぜひ確認してくださいね。 ワンコイン投資で付与されたLINEポイントはLINE証券で使える LINE証券の入金がLINEポイントからできるようになったそうです!で、気づいたんですけど、 LINEワンコイン投資でLINEポイントがもらえてそのポイントを使ってLINE証券で株が変えちゃうんすよ。 ポイント無駄遣いなく投資ができマクリンですね。 なんかすっげぇなー今まででは考えられない! — のがたか 30代運用男子!! noggylog こんなハックができます。 ワンコイン投資でもらったLINEポイントを使ってLINE証券で株が買えちゃう…!• LINEワンコイン投資する(ロボアド運用)• マイカラー対象なのでランクに応じてLINEポイントもらえる• 生活で必ず発生する公共料金の支払いでポイント還元されるのは LINE Payだけです。 を詳しく解説してあるのでお得に使うにはあわせてご覧ください。 特に、コンビニではファミリーマート、ローソンなどが加盟していますよ。 詳しくは、をご覧ください。 さらにLINEアプリは国内で7,000万人もの方が使っている(=ほぼ使っている)でお金の送金アプリとしての使い勝手は抜群です。 いちいとアプリをダウンロードして登録してもうらう必要はありません。 現金のやりとりなしで、友だちに送金できて便利です。 LINE Payは、クレジットカードを使ったチャージには対応しておらず、クレジットカードで支払いできるシーンは、LINE関連のオンラインサービスに限定されています。 それ以外のオンラインサービスや実店舗では、今のところカードは利用できないので注意しましょう。 の現時点でわかっているポイントをまとめていますので、あわせてご覧ください。 評判は気になりますよね〜。 ポイントが貯まりやすい 【本当にLINE Payは役に立ちますよ!】 LINEペイ使用歴1年2ヶ月。 LINE Payしてみた…。 その他、LINEマンガやLINE MUSICなどを展開するコミュニケーション・コンテンツ事業の売上は前年と比較して30億円ほど減少。 LINE PayやLINE FRIENDSなどを展開する戦略事業は288億円にまで売上が増加。 — 石原 里奈 cavon1017 LINEは伸び続けている会社なので、今後のキャンペーンも期待できそうです。 キャッシュレス決済は群雄割拠時代。 まだまだ加盟店が少ない状況です。 今後も加盟店は増えていくと思いますが、スピードアップして増やしていってほしいですね。 銀行口座からチャージ• セブン銀行ATMでチャージ• コンビニ(ファミリーマート)でチャージ• LINE Payカードでレジチャージ• QRコード/バーコードを表示してレジチャージ• LINEポイントを電子マネーに交換 LINE Payにある「チャージ」をタップすると、それぞれの利用方法について確認できます。 セブン銀行• みずほ銀行• 三菱UFJ銀行• 三井住友銀行• りそな銀行• ゆうちょ銀行• 横浜銀行• 千葉銀行• 福岡銀行• 静岡銀行• 常陽銀行• 七十七銀行• 西日本シティ銀行• 京都銀行• 広島銀行• 住信SBIネット銀行• イオン銀行• 楽天銀行• auじぶん銀行• ジャパンネット銀行 自分の銀行が対応していない場合は がおすすめ。 振込手数料無料などメリット多いですよ。 LINE Payカードってなに? LINE Payカードとは、チャージ式のプリペイドカードです。 しかし、プリペイドカード機能だけではありません。 クレジットカード決済も可能なカードなのです! クレジットカードの種類はJCBで、国内外3300万店舗もある加盟店であればコンビニやスーパーなど、どこの場所でも利用できます。 LINE Payカードがなくても決済できる? LINE Payの加盟店ならスマホのLINEアプリだけでLINE Pay決済ができます。 JCB加盟店でも利用したい場合は、LINE Payカードでチャージ残高までデビット決済でショッピング可能です。 スターバックスで使えるの? 人気のコーヒーショップ「スターバックス」でお得に使えます。 毎日のようにスタバのコーヒーを楽しむ人にとっては絶対見逃せないお得なサービスになっているLINE Payですよ。 マイクーポンてなに? マイクーポンとは、LINE Payでの支払い時に割引を受けられるクーポンです。 特定の店舗で使用できるものが多く、定期的に配布されています。 配布例: めちゃくちゃお得ですね! ゲットする方法などは、をご覧ください。 銀行口座からのチャージで手数料はかかる? いつでも手数料無料でチャージできます。 チャージ金額はリアルタイムでLINE Pay残高に反映します。 LINE Pay(ラインペイ)って危ないの? LINE Pay(ラインペイ)が危ないかどうか、心配する声もあるのではないでしょうか。 新たなサービスを利用する時には、安全性は気になるところですよね。 現在のところ、LINE Pay(ラインペイ)が不正利用されたといったニュースや口コミなどは見当たりません。 LINE Pay(ラインペイ)の利用には6桁の暗証番号の設定が必要となり、ぼくたちが普段利用している4桁の暗証番号より安全性が高く設計されています。 暗証番号は、起動時、支払い、送金の際には毎回入力が必要となっています また、LINEでは、もしLINEの乗っ取りやLINE Pay(ラインペイ)の不正利用などがあった場合には、被害額を保証する制度も用意しています。

次の

ラインペイカードが便利なメリットとデメリットを本音で語る!

ラインペイ メリット

1.LINE Payとは (1)特徴 LINE Payは日本国内で月間7900万人が利用するコミュニケーションアプリであるLINEが展開するQRコード決済サービスです。 スマートフォンにLINEアプリが入っていれば、LINE Payを新たにアプリをダウンロードすることなく利用することができるため、QRコード決済アプリの中ではトップクラスに 見込み客が多いサービスです。 またLINE Payは2019年3月27日にメルカリが運営するQRコード決済の「メルペイ」と業務提携を発表し、2019年4月8日にはスターバックスとも業務提携することを発表するなど今後ますます普及していくことが考えられる勢いのあるQRコード決済サービスです。 (2)お客様のメリット お客様がLINE Payを使うメリットは4つあります。 LINEアプリがスマホに入っていればすぐ始められる 先ほどもお伝えしましたが、LINE PayはスマホにLINEアプリが入っていればすぐに利用を開始することができます。 もともとスマホに入っている親しみのあるLINEに付属しているサービスならやってみようか、ということでLINE Payを始める人は多数いらっしゃいます。 利用可能店舗数が多い LINE Payを利用することができる店舗数が多いということもメリットとして挙げられます。 LINE Payは加盟店約100万店(2019年2月現在)を突破しており様々なところで利用することができます。 後ほど使える主要な店舗をお伝えしますが、大手コンビニエンスストアやドラッグストアから中小規模の店舗まで幅広く利用することができます。 割り勘をはじめとするお金の送り合いが簡単 LINE Payの特徴としてLINE Pay同士でお金を簡単にできるというサービスがあります。 この仕組みを利用してLINE Payが提供している割り勘サービスは、飲み会などで細かい現金のやり取りをすることなくアプリ上だけでお金の受け渡しが行えるということで非常に支持されています。 そのため飲食店など割り勘で支払うことが多いようなお店を経営されている方は、LINE Payを導入することにより、割り勘がスムーズに行える店ということでお客様に自店を選んでもらえる差別化ポイントになります。 ポイントが貯まりやすい LINE Payで支払うとLINEポイントが貯まります。 このLINEポイントはLINE Pay残高に交換することができたりするお得なポイントです。 イベントの種類や開催数も他のQRコード決済サービスと比べても多いので、その点もLINE Payを使うメリットとして挙げられます。 (3)決済方法 LINE Payは、他社と比較して、 決済方法の選択肢が豊富であるのも特徴の一つです。 LINE Payを使って支払う方法は5つあります。 導入にかかるコストは印刷代くらいなので低予算でQRコード決済を始めることができます。 POS連携やタブレットなどを用意する必要がないためこちらも低予算ですぐにQRコード決済を始めることができます。 すでに店舗でタブレットなどを使用してレジ業務を行なっているという方はこれが1番向いています。 特徴として、中国で2大巨頭といわれているQRコード決済サービス「AliPay」「WeChat Pay」でも決済ができるようになります。 「AliPay」「WeChat Pay」が使えるようになると、中国人などインバウンドのお客様にも対応できるようになります。 改修するということは多少費用はかかってきますが、助成金もあるため現在POSレジを導入しているという場合は既存のシステムのままLINE Payを使えるのでおすすめです。 (4)普及状況 LINE Payは加盟店数100万を突破しています。 その中でも使える主要な店舗を紹介します。 コンビニ• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ 飲食店• 白木屋• 上島珈琲店 ドラッグストア• ウエルシア• サンドラッグ• ココカラファイン• ツルハ 家電量販店• ヤマダ電機• ケーズデンキ• ビックカメラ• コジマ この他にも様々なところで利用することができます。 (5)オンライン決済 LINE Payはネット通販サイトなどオンライン上でも決済することができます。 ネットでも商品を売る場合でもLINE Payで支払ってもらえるようにすることができるのです。 オンラインでもLINE Payで支払えることができれば、お客様はクレジットカードの面倒な入力を必要がなくなるので商品購入完了率を高める効果があります。 また、ネット上で決済できるようにするためには決済システムの接続開発は行わなければなりませんが、決済代行事業者を利用すれば自分で開発する必要は無くなるのでおすすめです。 2.LINE Payを導入するメリット (1)低コストで導入が可能 LINE Payを導入するメリットとして、導入費・月額費・決済手数料が無料もしくは低料金なので低コストで導入することができるという点です。 導入する決済方法により、かかる費用が変わってきます。 自分のお店のLINE アカウントの友達になってくれた方に対してお得なセール情報やクーポンなどをLINEメッセージとして送ることができます。 イメージとしては従来のメルマガのような形ですが、消費者側としてはいちいち会員登録をする必要がない、馴染みがあり利用率の高いLINEにメッセージを手軽に送れるという点から効率的にお客様にアプローチすることができます。 (3)決済にかかる時間が短縮 LINE Payを導入すると決済にかかる時間を短縮することができ、回転率の上昇に繋がります。 お客様はお店のQRコードを読み取る、もしくは読み取って金額を入力するだけなので、財布を取り出してお金を出し、従業員はお金を預かってお釣りを返す、という流れよりもスムーズに会計を済ませることができるからです。 (4)若者の顧客増加が見込める LINEというサービスはものすごく身近なサービスで、若者は特に利用している人が多いです。 それに付随したQRコード決済サービスなため、若者のLINE Payの利用率も自ずと高いです。 そのためLINE Payを導入すれば現在よりも若者の顧客増加が見込めます。 実際にLINE Payが紹介している導入事例でも、銭湯や老舗飲食店など普段あまり若者がこないお店がLINE Payを導入したところ、若者のお客様が多数来店するようになったと店主の方が語っています。 (2)必要書類 LINE Pay加盟店の申請を送る際に必要な書類です。 個人事業主の場合• 事業証明書• 本人確認書類• 営業許可証(取得していれば) 法人の場合• 登記簿謄本(履歴事項全部証明書)発行より半年以内• 営業許可証(取得していれば) (3)出店審査 加盟店申請をした後は出店審査が行われます。 審査状況はLINE Pay加盟店サイトの「申請照会」から確認できます。 (4)登録完了 申請が承認されると「申請照会」から加盟店手数料や精算スケジュールを確認できます。 「My Page」からログインしLINE Pay決済に必要な接続設定を行います。 4.LINE Payでの決済方法 いずれの方法もQRコードを利用しますが、大きく分けて以下の2つの方法があります。 方法(1)(2)(3):お客様が自分のスマホで店側のQRコードを読み取る• 「コードリーダー」を起動して、QRコードを読み取ってもらいます。 「コードリーダー」を起動して、QRコードを読み取ってもらいます。 「コードリーダー」を起動して、QRコードを読み取ってもらいます。 「お会計」を選択します。 QRコードが表示されるのでそれをお客様に「コードリーダー」を起動して読み取ってもらいます。 金額を入力します。 お客様に「コード支払い」でQRコードを表示してもらい、POS 端末で読み取ります。 6.注意点 加盟店センター同時ログインについて 加盟店センターは最大3名までユーザー登録できますが、同時にログインできるのは1名のみという点に注意が必要です。 一気にログインするとセッションが切れてしまいます。 加盟店センターのパスワードについて 加盟店センターのパスワードはセキュリティ向上のため90日毎に変更が必要になります。 オンライン加盟店について ECサイト等の登録でオンライン加盟店として登録する場合は加盟店のホームページ Webサイト)があることが必須です。 LINE Pay据置端末について LINE Pay加盟店公式サイトなどで、据置端末を利用すると6ヶ月間端末利用料が無料と記載されていますが、このキャンペーンは2019年6月までです。 5月に申し込んだとしても無料になるのは6月までですので注意が必要です。 LINE について 現在LINE サービスは停止中です。 2019年4月18日にサービスのリニューアルが完了し、サービスを再開すると発表しています。

次の