赤 マント 攻略。 『事故物件』『赤マント』『雪女』。Steamで話題の兄弟ホラーゲームクリエイター“Chilla's Art(チラズアート)”インタビュー。なぜレトロ和風ホラーを作り続けるのか

怪人赤マント

赤 マント 攻略

これは戦前から噂される都市伝説である。 現在の60代~70代の方が学生時代に聞いたと証言する事が多い怪談である。 怪人「赤マント」は、学校の古いトイレに入ったときに出るという。 用を足していると、どこからかともなく不気味な声が聞こえる。 「赤い~マントはいらんか~」 まるで消え入りそうな小さな声だ。 このとき、 「いる!!」 というとまるで赤いマントを身にまとったかのごとく、自分の血で衣服を赤く染める事になる。 つまり、怪人「赤マント」に殺されてしまうのだ。 この「赤マント」の怪談にはいくつかのパターンがある。 まずひとつめは、怪談を信じない婦人警官(女教師のバージョンもある)が殺されるパターンである。 「赤マント」が出るという噂のある学校の女子トイレに、婦人警官が一人で張り込む。 彼女が1番奥の個室に入り待っていると 「赤いマント着せましょか?」 という不気味な声がどこからともなく聞こえてくる。 (いったいどこから聞こえてくるのだろう)気性の激しい婦人警官は、こう答えた。 「着せれるものなら着せてみなさい」 その瞬間、婦人警官の悲鳴があがった。 仲間の警官がかけつけて見ると血まみれの彼女の遺体が発見された。 他にもこういう怪談もある。 ある学校で毎晩、誰も入ってないはずの学校のトイレから声が聞こえるという噂があった。 実は柔道部の連中がいたずらでトイレに籠もり、他の部活動の連中を脅かしていたのである。 そうとは知らない剣道部の選手が、日本刀を持ち出しトイレの幽霊退治に出かけた。 そして、声の聞こえるトイレに日本刀を突き刺したのだ。 もんどりうって倒れる柔道部員。 だが時既に遅し、柔道部員はそのまま命を落としてしまった。 それ以来、本当に柔道部員の霊が、そのトイレに出るようになったという。 この「赤マント」は別名「赤いマント」、「赤い紙、青い紙」、「赤いちゃんちゃんこ」、「赤い半纏」、「赤い手 青い手」「赤い髪、青い髪、黄色い髪」などと呼ばれているが、いずれも大筋同じ内容である。 中には青とか、黄色という選択肢が増えている場合もある。 どのバージョンも色に纏わる怪談となっていることが多いようだ。 例外的に設定に、「赤マント」は女性のお尻にかぶりつき、血を吸うというのがある。 この「赤マント」の古い記録は、昭和10年代に、京都の学校に出たというのが最古と言われている。 また戦前には、東京に謎の怪人・赤マントが現れ、警察が出動する騒動があった。 この実際に事件に発展するあたり、「口裂け女」と酷似している、この「赤マント」の噂の成立の要因はどこにあるのだろうか。 その設立原因はいくつか唱えられているが、「紙芝居のキャラ」にあるという説はなかなか有力であるという。 関西地方の紙芝居に、シルクハットに蝶ネクタイ、黒の燕尾服という洋装の怪人が出てくる人気作品があり、その洋装が珍しい昭和初期にそのキャラクターが都市伝説となったというものである。 また、マントを翻した軍人(特に憲兵隊)に対する恐怖心からうまれたという説もなかなか興味深い。 現代で言うなら、帝都物語のキャラクター加藤のイメージがぴったりくるのであろうか。 他にもレッドパージや、共産主義者への偏見から生まれたという説、女子トイレに残る経血の跡から怪談が生まれたという解釈もあるようだ。 ちなみに、最近は「赤いコート」を来て歩いていたら、変質者に間違われ、逆に自分が襲われたという噂も広がっている。 これなどは米国コロンバイン高校で発生した銃乱射大量殺人事件(俗に言うトレンチコートマフィア事件)や、名古屋で起こった赤い割烹着を着た通り魔事件からイメージを受けて発生したものかもしれない。 現在会員募集中なので気になった方はぜひ定期購読をお願いいたします。 【メルマガの登録はこちらまで】 フーミー: まぐまぐ:.

次の

『事故物件』『赤マント』『雪女』。Steamで話題の兄弟ホラーゲームクリエイター“Chilla's Art(チラズアート)”インタビュー。なぜレトロ和風ホラーを作り続けるのか

赤 マント 攻略

コンテンツ• 怪人赤マントの話 伝えられている話は、シンプルなものである。 幽霊が学校のトイレに現れるというのだ。 「赤マント」と呼ばれるそれは、トイレに入ってきた人に、 「赤いマントはいらんかね? 」と、尋ねるそうだ。 「欲しい」と応えると突然、天井からナイフが落ちてきて、体にグサリと突き刺さる。 傷口からドッと血が吹きだす。 まるで、赤いマントをかけられたように体を染めあげていく。 学校の怪談の一種である。 それだけに、日本各地で語り伝えられ以んてんている。 この話は、 「赤いチャンチャンコ」「赤い半纏」とも呼ばれ、1980年代に稲川淳二がよくラジオで喋っていた。 怪人赤マントの別話 また、違う話もある。 「赤いマント売り」というパターンでは、牛万のような刃物を持った男が、問いかけに対する受け答えを間違えた相手に襲いかかる。 赤マントが発する質問は、いくつかのパターンがあり、赤いマントと青いマントのどちらがいいかを尋ねできたりもする。 質問のパターンに応じた正しい答えがあり、間違った受け答えをすると、それぞれの答えに対応した結果がもたらされるというわけだ。 また、赤マントと対をなす存在として青マントが設定されることもある。 最初の質問で赤いマントか青いマントを選ばせ、青マントを選ぶと体内の血を抜かれて真っ青に青ざめて死ぬ、というのもある。 話の起源は古く、第2次世界大戦前の京都から、との説があるが、決定打ではない。 怪人赤マントの話は実際に警察を動かしたこともある 実体を見せない怪異、赤マントとの関連が確認されているわけではないが、昭和ロ年ころ、実際に「怪人赤マント」が現れて、警察が出動する騒ぎがあった。 「赤マントの怪人があちこちで殺人を犯し、軍部や警察が隠密裏に被害者の死体を片づけている」というタレこみがあったのだ。 ただ、この事件は、のちの捜査で、流布したデマを元にした騒ぎであったようだ。 講談社現代新書の「悪魔の話」 池内紀著 に、昭和日年頃に流れた赤マントの人さらいの噂に関する報告がある。 赤いマントを身につけた怪人が少女を誘拐し、暴行して殺すという内容だ。 そういった事件は、東京台東区の谷中墓地の近くで実際に発生したようだ。 噂は東京のみならず大阪にまで伝わっている。 事件発生当時、現場近くで加太こうじ作の紙芝居「赤マント」が上演されていたとの「おまけ情報」まで付け加えられていた。 この話は、発生時期の近い、昭和ロ年ころの「怪人赤マント」の流れを汲むもの、あるいは混同されたものなのだったのだろうか。 怪人赤マントの真相 いずれにせよ、話の発生時期は、 第2次世界大戦の予兆を思わせるキナ臭い動きが見え隠れする時期だった。 昭和の金融恐慌など、暗い話題が多い時期で、先行き不透明な情勢の中、軍部が影響力を増し、陰に陽にプレッシャーをかけはじめた時期でもある。 こういった社会不安を踏まえて、「赤マント」の成立には、当時の子供たちの憲兵隊に対する潜在的な恐怖が関係しているという分析もなされている。 子供にとって、マントは憲兵隊の象徴だった、というのである。 ナチス・ドイツの強制収容所内で、ユダヤ人の子供たちが、親衛隊の悪逆ぶりをまねた遊びをして、根強い抗議を行ったという優れたハンガリー人の研究報告があるように、 時代の鏡のように、子供たちの心は、大人の脅えを映すのである。 確かに話の発生時期は、軍事クーデター 「二・二六事件」「五・一五事件」 や恐慌など、社会不安が噴出した時期と一致している。 ちなみに、情報伝達手段の限られた当時において、ほぼ純粋にクチコミだけで伝播。 1940年1月ころから東京を起点に東海道を経て大阪まで流布したようだから、クチコミの威力もすごいものである。

次の

【Sky 星を紡ぐ子どもたち】ケープの種類と入手方法一覧

赤 マント 攻略

事故物件【2019年10月26日配信】幼なじみのアパートを訪れた女子高校生が、周囲を探索することになる、ホラーウォーキングシム。 CA(以下、 CA) こんにちは、Chilla's Art(チラズアート)です。 兄弟ふたりで、レトロ風和風ホラーゲームを作っています。 CA 僕はもとから3Dアーティストでして、ずっとホラーゲームを作りたいと思っていました。 僕は2年前まではアメリカに住んでいて、日本に戻ると同時に実際に何かを作ってみることにしました。 まず最初にひとりで『』というホラーゲームを作ったのですが、バグが多かったりして、僕にはプログラミング力が欠けていることに気づき、弟の手を借りることにしました。 弟はプログラミング未経験でしたが、英語ができたのでUNITYエンジンとコーディングはそこまでてこずらず、開発すればするほどお互い慣れてきて、いまに至ります。 Evie【2018年2月16日配信】Chilla's Artの初リリース作品。 暗い森へ迷い込んでしまった少女が、近くにある廃墟の謎に迫る。 ゲームデザインやアイデアは、兄弟でいっしょに考えています。 サバイバルホラー系は、『』、『』、『』など人気のあるインディーホラーのタイトルに影響を受けています。 精神的ホラー系はただ単に日本の風景を見て怖いと思ったものを見つけたら、それらをゲーム化しているだけです。 誰もががんばって怖がらせようとするのですが、多くはけっきょくぜんぜん買われずに消えていきます。 そういうゲームたちに魅力があると感じています。 なぜならシンプルな3D背景やチープな演出でそのスリルの心理を追求するおもしろさを味わえているからです。 僕たちのゲームも正直なところほかのインディー作品とさほど変わらないと思っていますけどね 笑。 和風ホラージャンルを作る直前のゲームは、グラフィックスにこだわった『Blame Him』というゲームでしたが、開発に必要な時間と労力がハンパなくて、もう同じことは絶対にしたくないと思いました。 そんなとき、ちょうど周囲で流行り出した のがレトロホラーというジャンルでした。 そして僕たちも「もっとインディーズらしいものを作りたい」と思ったのがきっかけです。 赤マント【2019年9月24日配信】赤いマントと白い仮面を身に着けた怪人にまつわる都市伝説をベースにしたサバイバルホラーゲーム。 このビジュアルはどのようなイメージで制作されているのでしょうか。 CA メインビジュアルには目立つ中心キャラクターのようなものを入れたいという思いで作っています。 よくある漠然としたホラーイラストには少し飽きを感じていたので、アニメの女の子で明るくしたいなと。 この無数のアイデアを早く具体化しなければと思い、短時間で作るようになりました。 この作品が僕たちのちょっとした成功への扉を開いてくれたと思っています。 『おかえり』がなければ、『事故物件』や『犬鳴トンネル』、『』といった作品は生まれなかったと思います。 おかえり【2019年9月7日配信】新居に引っ越した中学生と母親を題材としたホラーゲーム。 レトロテイストのグラフィックを採用。 『』、『』、『』『』『Granny』 などから影響を受けましたし、もちろんホラー実況者さんたちが遊んでいる小規模な作品も全部遊んで影響も受けています。 サイコロジカルホラーの場合は、ボリュームを出すのが難しいので300円。 サバイバルホラーの場合、リプレイバリューがあって少し長めに楽しめるので500円というところです。 ですが、今後内容に応じて値段を変更するかもしれません。 こうした状況をどう感じていますか? CA ゲームプレイと反応を直に見聞きできるので非常に助かっています。 何より純粋に楽しんでくれているのを見ると、とてもうれしい気持ちになりますね。 コンビニエンスストアで真夜中のシフト中に怪しい人が入って来たり、心霊現象を見たりしてじわじわと恐怖を感じていくという内容になっています。 CA Chilla's Artは作品ひとつひとつを学びながら作っています。 最近は毎日楽しんで制作に取り組んでいられるので、ファンの方々やいつも遊んでくださっている方々には感謝の気持ちでいっぱいです。 これからも応援よろしくお願いします。 Evie 【2018年2月16日発売】 兄がひとりで作ったチラズアートでの初リリースのゲームです。 暗い森へ迷い込んでしまった少女が近くにある廃墟の謎に迫ります。 Welcome Back Daddy 【2018年5月10日発売】 おもしろいゲームだと思いますが、かなり難しい内容となってしまい、おそらくいまだにクリアした人はひとりもいないと思います。 サラリーマンの父として家に帰ったら家族全員呪われていたという設定の脱出ゲームです。 Sphaera 【2018年6月27日発売】 唯一のリラックスゲーム。 弟がプログラミングを始めて最初に作ったゲームです。 ただただボールを使って万物を集めていくというゲームです。 Blame Him 【2019年6月3日発売】 旧チラズアートでの最後の作品です。 一度がんばってみようと思い、およそ10ヵ月で作り上げた作品です。 制作面ではかなり苦痛でしたがチラズアートとして大事な変換点となりました。 ステルスとパズル要素をメインとしたサバイバルホラーゲームです。 Okaeri 【2019年9月7日発売】 チラズアートのブランディングの変更と同時に作った作品です。 『赤マント』制作中にどうしても作りたくて出しました。 Aka Manto 赤マント 【2019年9月24日発売】 赤いマントと白い仮面を身に着けた怪人にまつわる都市伝説をベースにしたサバイバルホラーです。 『Granny』、『』、『Monstrum』から影響を受けました。 Stigmatized Property 事故物件 【2019年10月26日発売】 僕たちの初ヒットの作品です。 女子高校生として幼なじみのアパートに行ったものの誰もおらず、探索するハメになります。 Inunaki Tunnel 犬鳴トンネル 【2019年11月19日発売】 作ってていちばん楽しかった作品です。 ビデオブロガーとして犬鳴峠にひとり肝試しをしに行くというウォーキング・シムゲームです。 Yuki Onna 雪女 【2020年1月3日発売】 『赤マント』の精神的続編ですね。 赤マントみたいな都市伝説ではなく、妖怪雪女をベースとしたサバイバルホラーゲームです。

次の